閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

今の賃貸物件にネット回線がない!常時接続環境を作るにはどうする?

インターネットは、今や生活の必需品として無くてはならないものになり、ネット環境が使えるか否かは物件に選ぶ際の重要な基準になりました。

しかし、築年数の古いマンションやアパートなどのなかには、インターネット回線が整備されていない賃貸物件もあります。

結論から述べると、インターネット回線が繋がっていない賃貸物件に住んでいる方、もしくは引越し先として検討している方は、自分自身でネット環境を整備する必要があります

とはいえ、初めてインターネットを契約する方は、どのように手続きを進めればよいのか分からない方もいますよね

当記事では、賃貸物件でインターネット環境をつくる方法について解説していきます。

光回線を利用できない賃貸物件がある

一般的に光回線を利用するには、回線工事(開通工事)を行わなければならないので、賃貸物件のなかには光回線を利用できない物件があります

光回線の回線工事は、光ケーブルを通すための穴を壁にあける必要があるため、管理会社や家主(オーナー)の工事許可が下りない危険性があるからです。

また、マンションやアパートなどの集合住宅で回線工事を行う際は、共有部分の工事が必要になるため、開通工事自体ができない物件もあります。

どうしても光回線を利用したいと考えている方は、賃貸物件の管理者に「光回線の回線工事を行ってよいのか」の確認を取ったのちに光回線を繋げる手続きを始めましょう。

なお、回線工事の許可を管理者から取る前に、開通工事を始めてしまった場合は、賃貸契約に違反するため、契約解除または違約金請求などのリスクがあります

回線工事行わずにネット環境を作るなら「Wi-Fiルーター」

賃貸物件で回線工事を行わずにインターネットを繋ぐならWi-Fiルーターを使いましょう。そして、Wi-Fiルーターは主に2つの種類があります。

【Wi-Fiルーターの主な種類】

  • 据え置き型の「ホームルーター」
  • 持ち運び型の「モバイルルーター」

「ホームルーター」は、自宅のコンセントに機器を接続するだけで、インターネットを繋げられる据え置き型のWi-Fiルーターです。外に持ち運びができませんが、無制限で通信できるため、通信容量を気にせずにネットを楽しめます。

一方、「モバイルルーター」は、持ち歩き型のWi-Fiルーターであるため旅行や出張などの出先でもネット環境を作れます。場所を問わずにネットを利用できますが、通信容量が設けられているので、ネットを無制限に利用できません。

「ホームルーター」「モバイルルーター」どちらも回線工事不要でインターネットに繋げられますが、自宅で通信容量を気にせずに利用したい方は、「ホームルーター」を契約するのをおすすめします。

ただし、Wi-Fiルーターは光回線と異なり短期間で過剰な通信容量(3日間で10Gbpsを超える通信量)を使用した場合、一時的に速度制限がかかるので覚えておきましょう。

ホームルーター・モバイルルーターを契約するなら「WiMAX」

ホームルーター・モバイルルーターを契約するなら「WiMAX」がおすすめです。

WiMAXは、インターネットを高速・大容量で利用できるので、YouTube・Netflix・Amazon Primeなどの動画再生からアプリやファイルのダウンロードまで快適に行えます

そして、WiMAXの月額利用料金は3,000円前後なので、光回線などの固定インターネット回線の月額利用料金4,000円~6,000円と比較しても費用を節約することが可能です

また、WiMAXは「Try WiMAX」という契約前に機器を貸し出すサービスを提供しているので、インターネットの回線状況なども事前に確認できます。

携帯電話会社(NTTドコモ・au・ソフトバンクなど)などの業者がWi-Fiルーター端末を取り扱っていますが、賃貸物件でインターネット環境を整備したい方は、WiMAXが提供しているインターネットサービスが良いでしょう。

なお、WiMAXは最短で契約完了した当日からWiMAXのWi-Fiルーターを利用できます。

Broad WiMAX

注目ポイント!

  • WiMAXなら工事不要!どこでもインターネット使い放題!
  • Webフォームからの購入で初期費用18,857円割引き
  • 月額料金2,726円~
  • 違約金保障サービス!

Wi-Fiルーターの申し込みから利用開始までの流れ

Wi-Fiルーターの申し込みから利用開始までの流れは、下記の通りです。

【契約から利用開始までの流れ】

  1. Wi-Fiルーターを選ぶ
  2. 賃貸住所が通信対応可能エリアであるか確認する
  3. WEBフォームから申し込みを行う
  4. Wi-Fiルーターを受け取る
  5. 初期設定を行い、Wi-Fiルーターの利用を開始する

Wi-Fiルーターの契約を行う際は、申込者の賃貸住所が通信対応可能エリアに含まれているのか確認してから申し込みを行ってください。通信対応地域に属していなければインターネットを繋げられないからです。

通信対応エリアの確認は、各Wi-Fiルーターの公式サイトから確認でき、専門スタッフによって電話またはメールによって報告が来ます。

そして、Wi-Fiルーターの申し込み手続きを行う際は、「本人確認書類」と「支払手続書類」を提出する必要があるので、事前に準備しておくことで申込完了までの流れをスムーズに行うことができます。

Wi-Fiルーターの申し込みから利用開始までの期間は個人差がありますが、申込完了日から7日(1週間)程度かかるので覚えておきましょう。

Wi-Fiルーターの申込時に必要になる書類

Wi-Fiルーターの申し込み時に必要になる、「本人確認書類(身分証明書類)」と「支払手続書類」の詳細は、以下のとおりです。

【本人確認書類】※各項目1点

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 健康保険証 + 住民票または公共料金領収証

【支払手続書類】※各項目1点

  • カード支払いの場合は、クレジットカード
  • 口座振替の場合は、通帳またはキャッシュカード

WEBサイトから申し込みを検討している方は、各種書類の情報を入力するか、専用フォームまたは専用アプリで書類をアップロードする必要があります。

書類に誤りや不備があった際は、契約完了までの時間が長くなるほか、最悪の場合にはWi-Fiルーターの契約ができない危険性もあるので注意してください。

Broad WiMAX

注目ポイント!

  • WiMAXなら工事不要!どこでもインターネット使い放題!
  • Webフォームからの購入で初期費用18,857円割引き
  • 月額料金2,726円~
  • 違約金保障サービス!

オンラインゲームや超高画質動画鑑賞が目的なら光回線

インターネットの利用目的が、高画質動画を視聴する・オンラインゲームで遊ぶなどである方は、Wi-Fiルーターではなく光回線の工事を行うか、光回線が整っている賃貸物件に引っ越しましょう。

賃貸物件でネット回線がなくとも、「ホームルーター」「モバイルルーター」などのWi-Fiルーターを利用することでインターネットは利用できますが、通信速度や通信容量は光回線に劣るからです。

実際に、光回線の回線速度は下最大1Gbps~上10Gbpsで、通信容量は無制限です。また、Wi-Fiでの無線接続ではなく、有線での接続であるためWi-Fiが繋がらないなどのトラブルもありません。

仕事やプライベートで通信速度・通信容量を有する方は、Wi-Fiルーターは適していないので光回線をご検討ください。

NURO光

注目ポイント!

  • 最大12万円の高額還元キャンペーン
  • 初期工事費が実質0円
  • 月額基本料が開始月無料

インターネットおすすめ光回線

 

ドコモ光

     

ドコモ携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

auひかり

     

au携帯電話の割引特典あり

月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス
 

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事