閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光が断線したらどうする?最短で復旧させる方法

「ネット回線が断線した…。」と、困っている方。

ここでは、一刻も早く断線したフレッツ光のネット回線を復旧したい方へフレッツ光のONU(光回線終端装置)の仕組みと最短で復旧させるための方法をご紹介します。

フレッツ光が断線するとどうなる?

フレッツ光が何らかの理由で断線するとネット環境がいきなりストップし、かなりストレスが溜まりますよね。では、備え付けられているONUはどのようにその警告を知らせるのでしょうか。

機器により多少違いはありますが、通常であれば点灯しているはずのランプが消灯している場合、断線を知らせている状態となります。

1.認証(AUTH)ランプが消灯している

認証(AUTH)ランプが消灯している場合は、周りの配線などは関係なく、ONU自体がなにかしらの原因でエラーを起こしている可能性が高いです。ノイズなどによって一時的な不具合と認識している場合もあり、何度かコンセントや電源プラグを入れ直すことで改善されることもあります。改善しない場合は、交換や修理を申し込む必要があります。

2.UNIランプが消灯している

ONUとLANケーブルで繋がれているルーターやパソコンとの接続が切れている可能性が高いです。LANケーブルの抜き差しや交換を試しましょう。一見すると問題がなさそうでも、LANケーブルが断線している場合もあります。

3.光回線ランプが消灯している

NTTから送られる信号をONUが受け取れていない状態です。NTTが宅内まで引き込んでいる光ファイバーが断線している、または外の設備になにかしらの故障が起こっている可能性があります。その他、接続不良も考えられますので光ファイバーの抜き差しを試しましょう。

4.電源ランプが消灯している

ONUに必要な電力が供給されていない状態です。ONU本体の不具合ではなく、電源ケーブル、コンセントの状態を確認しましょう。電源ケーブルを交換する、他の電化製品をコンセントに繋いでみるなどの方法を試してください。問題がないことが確認されれば、ONUの電源ケーブルの接触の不具合と考えられます。

断線は自分で直せる?確認すべき3つのこと

1.NTT自体のトラブルの場合はフレッツ光のサポートサイトを確認

インターネットに接続できない状態になったときは、真っ先にフレッツ光のサポートサイトを確認しましょう。フレッツ光のサポートサイトでは、台風や豪雨などが起こった際に断線が起こっているエリアを掲載しています。NTTそのもののトラブルの場合はNTT局舎の復旧を待ちましょう。

2.フレッツ光やプロバイダの窓口へ問い合わせ

ONUの状態を確認し、原因を特定できたらまずはフレッツ光やプロバイダの窓口へ電話しましょう。数時間で訪問可能、無償で対応可能な場合もあるので、下手に自分で解決しようとするより速く復旧できます。

3.光ファイバーケーブルを交換する

自分でできる対処としては、光ファイバーケーブルの交換があります。光ファイバーケーブルは量販店などで購入できます。コンセントなどの配線と同じ要領で簡単に交換可能ですよ。一見問題がなさそうに見えても光ファイバーケーブルが内側で折れてしまい、断線してしまっているケースがあります。

フレッツ光やプロバイダの窓口で相談した上で、光ファイバーケーブルの断線が原因と考えられる場合は自分で交換してみましょう。しかし、自分で修理しようとしてレンタル品であるONUを壊してしまうというケースも少なくありません。その場合、余計な費用が生じてしまうことになるので十分注意しましょう。光ファイバーケーブルは高くても4000円程度です。

ケーブルの交換方法を、以下の記事でも解説しています。

断線や接続不良が発生…フレッツ光のケーブルを付け替える方法って?

フレッツ光の断線修理費用と修理時間

フレッツ光が断線したら、修理にかかる費用と時間はどれくらいなのでしょうか?窓口への修理申込み後の流れは、業者が自宅へ訪問し現地調査、その後復旧作業へ入ることになります。どこで断線しているかなど、状態によって金額や時間は変動しますが、どこに依頼するかで自宅へ来るまでの手配時間や費用に違いがあります。お金も時間も節約するために、断線の修理依頼を行える窓口がいくつかあることを把握しておきましょう。

〇契約しているプロバイダへ依頼する

フレッツ光が断線した場合、契約しているプロバイダに修理を依頼することが可能です。ただし、プロバイダへの修理依頼は、故障対応を保証する契約をあらかじめ結んでいる場合のみにしましょう。プロバイダは会社側の設備に問題がある際には、すでにそれを把握しています。そのため、現地調査をして初めてプロバイダの落ち度であることが分かるようなケースはなく、基本的に訪問した翌日くらいに1万円〜2万円の金額で修理を行うことが多いようです。

〇NTT東日本・西日本へ依頼する

NTT東日本・西日本へ依頼をした方がお得に断線を修理できる傾向にあります。NTTはフレッツ光の提供元なので、相談内容によってどこで断線しているのかを確認してくれます。出張した段階で有償になるケースが多いですが、レンタル品であるONUの交換は無償で行えます。また、ランプの消灯状態を伝えることで現地調査を行わずに改善されるケースも少なくありません。一点注意しておきたいのは、サポート窓口の営業時間です。17時を過ぎてしまうとオペレーターと通話ができませんので、フレッツ光を仕事で利用する際は24時間対応のオプションに加入検討すると良いでしょう。

まとめ

フレッツ光が断線したら、まずはONUの光回線ランプが点灯しているか確認しましょう。また、基本的に自分できる修理は光ファイバーケーブルの交換までです。光ファイバーケーブルの交換はNTTやプロバイダへの問い合わせ後、断線が確認できてから行いましょう。自分で間違った修理を行いONUが故障した場合は自己責任となります。リスクを把握した上で最短の復旧方法を選びましょう。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事