閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光の料金を節約する3つの方法

フレッツ光の料金を節約したい場合は、不要なオプションの解除、料金プランの変更、プロバイダの変更の3つの方法があります。しかしフレッツ光の基本料金はもともと安くはないので、安く利用できる「NURO光」への乗り換えをおすすめします。

使用しないオプションを外し料金を抑える

フレッツ光申込時にキャッシュバックキャンペーン等の適用条件として必要なオプションに加入し、解除するのを忘れている可能性があります。オプションを使用していない場合は、解約しましょう。また、インターネットの利用は、サイト閲覧、動画視聴などの用途でしか利用しない方はほとんどのオプションを解約してしまっても問題ありません。
解除手続きはフレッツ光の契約関係窓口(0120-116-116)でできます。

解除しても大丈夫なオプション

・リモートサポート(ネットの設定・操作方法サポート、500円/月):
・なおせ〜る(ネット周辺機器修理、500円/月):
・ひかり機器保証(ネット周辺機器修理、200円〜/月):
・MS Office Online on あずけ〜る( Microsoft OfficeがNTT東日本のクラウドで使えるサービス、350円/1ライセンス/月)
・フレッツ・あずけ〜る(オンラインストレージサービス、0〜5,000円/月):
「MS Office Online on あずけ〜る」を使用している場合は解除できません。
・フレッツ・セッションプラス(1回線複数プロバイダー接続サービス、300円/月)
・フレッツ・v6アプリ(ブロードバンドパワーアップツール、480円/月)
・iRemocon for フレッツ(スマホを家電のリモコンにするサービス、300円/月)
・フレッツ・スポット(公衆無線LANアクセスサービス、200円/月)

解除をしない方がいいオプション

インターネットのセキュリティに関するオプションは、自分でセキュリティソフトを導入していない限りは解約はしないのが賢明です。

・セキュリティサービス:
フレッツ・ウイルスクリア(ウイルス対策など、400円/月)
セキュリティ機能見張り番(不正沿革操作をブロックするサービス、190円/月)
セキュリティ機能まるごとWebフィルター(有害サイトをブロックするサービス、190円/月)

セキュリティ機能ライセンス・プラス(複数の端末へのウイルス対策など、380円〜/月):
*指定端末をもう使用しない場合のみ解約しましょう。
Wi-Fi・モバイルサービス(NTT西日本のみのサービス):
ホームゲートウェイ無線LANカード(無線LANカードレンタルサービス、100円/月)

料金プランを「フレッツ 光ライト」に変更する

インターネットをあまり利用しない方は、通信量に応じて料金が請求される「フレッツ 光ライト」へと料金プラン変更すると、フレッツ光の月額料金が抑えられます。

フレッツ光ライトは月額2,200円(200MBまでの利用)から利用でき、10MB当たり30円課金され、1.2GBの使用で上限金額の5,200円になります*。上限金額は定額サービスより高くなってしまうので注意が必要です。

2,200円で使用できる200MBは、たとえば、動画では5〜10分ほどで消費されます。そのためメールのやり取り程度にしかし異様しない場合歯科おすすめできません。

月額料金が安いプロバイダに変更

利用料金が安いプロバイダに変更すると利用料金を抑えられます。中でも「BB.excite」。月額料金が元々500円という安さですが、特典を適用させれば開通月は無料・その後の23ヵ月間は月額が250円という、更に安い価格で利用が可能です。メールアドレス付与などのその他サービスがほとんど付いていないプロバイダなので、インターネット接続をするだけで充分という方におすすめです。

サービス名 月額利用料金
BBExcite 500円
AsahiNet 780円

メールアドレス付与などのその他サービスも必要という方にはAsahiNetがおすすめです。メールアドレスがひとつ付与されて月額780円。特典適用で開通月は無料、その後の11ヵ月間は月額500円で利用が可能です。混雑による通信速度の低下が起こりにくいIPv6に対応しています。

「プロバイダを変更手順」は、下記のような3ステップになります。
新たなプロバイダへの申込。
新たなプロバイダからIDとパスワードを受け取り、設定手続き。
  (設定手続きがすめば新しいプロバイダでフレッツ光が利用可能に。)
以前のプロバイダの解約
プロバイダを解約する際は、解約費が発生する場合があるので現在利用しているプロバイダに確認することをおすすめします。

光コラボ回線へ転用

オプション解約、プロバイダの変更、契約プランの変更をしても料金が高いと感じる方は、スマホとのセット割のある光コラボへ転用するのも手です。フレッツ光から光コラボの回線へ転用する場合は工事費がかからないので料金を抑えて回線を変更できます
スマホキャリアごとのおすすめ光回線についてはこちらの記事で確認してみてください。

通信速度を気にしないなら、BroadWiMAXもおすすめ

BroadWiMAXは固定回線ではなく、携帯電話の電波を利用してインターネット接続をするサービスで、月額2,726円で利用できます。フレッツ光の最大通信速度1Gbpsに対し、WiMAXの最大通信速度は708Mbpsで、通信速度は固定回線に比べ劣ります。しかし動画視聴や、インターネット閲覧をするには十分です。
BroadWiMAXについてはこちらで確認できます。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事