閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

「フレッツ光」の料金を解説-月額料金・初期費用・プロバイダ・オプション料金も!

引越しや他の光回線からの乗り換えで、フレッツ光を契約したい。そんな時に気になるのが、利用するにあたって毎月かかる「月額料金」ですよね。

フレッツ光やプロバイダの利用料金は、お住まいが戸建て住宅か集合住宅(マンションなど)かで大きく変わってきます。また東日本エリアと西日本エリアでも若干異なるので、注意する必要があります。

この記事では、2018年5月現在のフレッツ光の月額料金のほか、プロバイダ料金やオプションの料金についても解説していきます。

東日本エリアにおけるフレッツ光の月額料金+プロバイダ料金

まずはNTT東日本エリアで契約できるフレッツ光(フレッツ光ネクスト)の利用料金をチェックしていきましょう。

NTT東日本で利用するフレッツ光のプランは主に、

・戸建て住宅だと「ギガファミリー・スマートタイプ」
・集合住宅だと「ギガマンション・スマートタイプ」

となります。それぞれ最大1Gbpsで通信できる光回線が提供され、別途プロバイダを契約すれば、自宅でネットに接続できるしくみです。

戸建て住宅と集合住宅、それぞれにおけるフレッツ光の料金を、チェックしていきましょう。

NTT東日本のフレッツ光、戸建て住宅の月額料金は?

戸建て住宅におけるフレッツ光ネクストの通常月額料金は、5,700円(税抜)です。さらに別途プロバイダ料金が500〜1,200円程度かかります。

しかしここから割引が発生します。プロバイダはOCNを契約する場合を例に、月額料金の内訳を表にまとめたので、ご覧ください。

内訳 月額料金(税抜)
フレッツ光 5,700円
プロバイダ料金(OCN、2年契約時) 1,100円
ギガ推し!割引(30ヶ月間適用される割引) -300円
にねん割(2年契約が前提となる割引) -700円
マンスリーポイント(ポイントを割引として反映、1年間) -100円
合計 5,700円

このように、長期契約をすると月額料金は少々お得になります。

なお戸建住宅でフレッツ光を契約するにあたり、この他に契約料が800円(税抜)、初期費用として工事費が18,000円(税抜)かかることも覚えておきましょう。
工事費は、初回3,000円、2回目以降は500円/月×30回の分割払いとなります。

NTT東日本のフレッツ光、マンションタイプの月額料金は?

続いて、NTT東日本においてフレッツ光ネクストのギガマンション・スマートタイプを契約する場合の月額料金をチェックしていきましょう。

マンションタイプで注意したいのは、建物内で見込める契約数によって、プランや月額料金が変わってくることです。
マンションタイプのプランは以下の通り。

・4契約以上→ミニ
・8契約以上→プラン1
・16契約以上→プラン2

それぞれにおける月額料金をチェックしていきましょう。選択するプロバイダはOCNを例に説明します。

プラン2(16契約以上)(税抜) プラン1(8契約以上)(税抜) ミニ(4契約以上)(税抜)
フレッツ光 3,350円 3,750円 4,350円
プロバイダ料金(OCN、2年契約時) 900円 900円 650円
ギガ推し!割引(30ヶ月間適用される割引) -200円 -200円 -200円
にねん割(2年契約が前提となる割引) -100円 -100円 -100円
マンスリーポイント(ポイントを割引として反映、1年間) -100円 -100円 -100円
合計 3,850円 4,250円 4,600円

このように、3,850〜4,850円と最大で1,000円ほどの差があります。マンションでフレッツ光を契約する際は、契約する建物がどのタイプに当てはまるか確認しましょう。

集合住宅の初期費用としては、契約料が800円(税抜)。さらに工事費が15,000円(税抜)かかることも、忘れずに覚えておきましょう。
工事費を分割払いにする場合は、初回3,000円、2回目以降は400円/月×30回となります。

フレッツ光東日本なら、にねん割で2年間月額料金最大700円割引き!

フレッツ光東日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • ギガ推しキャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

西日本エリアにおけるフレッツ光の月額料金+プロバイダ料金

続いて、NTT西日本エリアにおけるフレッツ光ネクストの月額料金をチェックしてみましょう。NTT西日本で利用するフレッツ光のプランは主に、

・戸建て住宅向けの「ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」
・集合住宅向けの「マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼」

となり、どちらも通信速度は最大1Gbpsです。

NTT西日本のフレッツ光、戸建て住宅の月額料金は?

NTT西日本のフレッツ光ネクスト・戸建て住宅向けプランである「ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」の月額料金は、月額5,400円(税抜)。

ここにプロバイダ料金が追加され、さらに割引である「光はじめ割」が適用されます。プロバイダでOCNを契約した場合を例に、月額料金をまとめましょう。

月額料金(税抜)1・2年目
フレッツ光 5,400円
プロバイダ料金(OCN、2年契約時) 1,100円
光はじめ割(2年契約を前提とする割引) -1,100円
合計 5,400円

このように、西日本におけるフレッツ光の月額料金は、OCNのプロバイダ料金を含めると5,400円です。

「光はじめ割」は、フレッツ光の長期利用を前提とする割引。1.2年目は月額料金から1,100円、3年目以降は1,290円割引かれますが、この割引は2年毎の自動更新。契約満了月とその翌月以外に解約すると、解約金10,000円が必要になります。

なおNTT西日本では、戸建住宅の場合フレッツ光契約時に契約料が800円(税抜)、工事費が18,000円(税抜)かかります
工事費は、初回3,000円、2回目以降は500円/月×30回の分割払いとなります。

NTT西日本のフレッツ光、マンションタイプの月額料金は?

次に、NTT西日本の「フレッツ光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼」の月額料金をチェックします。

NTT東日本と同様に、NTT西日本の集合住宅向けプランも建物の規模によって月額料金が異なります。

・8契約以上→プラン1
・16契約以上→プラン2
・6契約以上→ミニ

となりますが、よく見ると、東日本とは契約数が若干違っていますね。

それでは、月額料金を表にまとめたのでご覧ください。なおフレッツ光の月額料金はVDSL方式やひかり回線方式の場合、プロバイダはOCNを例にまとめています。

プラン1(8契約以上) 1・2年目 プラン2(16契約以上)1・2年目 ミニ(6契約以上)1・2年目
フレッツ光 3,700円 3,200円 4,500円
プロバイダ(OCN、2年契約時) 810円 810円 810円
光はじめ割 -450円 -350円 -550円
合計 4,060円 3,660円 4,760円

月額料金は以上の通りで、プランによって最大1,100円の幅があります。契約予定の建物がどのプランにあてはまるかを、チェックしておいた方が良いでしょう。

なお集合住宅では、契約時に800円(税抜)の契約料、さらに工事費として15,000円(税抜)も別途請求されるのでこちらも覚えておきましょう。
工事費は、初回3,000円、2回目以降は400円/月×30回の分割払いとなります。

1Gbps以外のプランは月額料金が異なる

ここまで解説したのは1Gbps契約における月額料金ですが、1Gbps以外のプランや二段階定額制と呼ばれる料金体系のプランもあります。

そのようなプランの月額料金については、各公式ホームページで確認をしてください。

●NTT東日本:https://flets.com/service/
●NTT西日本:https://flets-w.com/price/

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

主要プロバイダの月額料金

今まで、プロバイダとしてOCNを利用する場合の月額料金について検討してきましたが、フレッツ光で選べるプロバイダは、OCN以外にもたくさんあり、料金も月額500円~1,200円と幅があります。セキュリティソフトの有無やメールアドレス付与の料金なども各プロバイダで異なっています。

主要プロバイダの月額料金については、以下の記事を参考にしてください。

https://hikari.netde-pc.jp/10886.html

「プロバイダパック」とは?

プロバイダパック(NTT西日本では「withフレッツ」の名称)とは、「フレッツ光」とプロバイダの「プロバイダサービス」がセットで申し込めるパック。Web申し込みをすると各プロバイダからの特典がつき、フレッツ光の料金とまとめて請求されます。
2018年5月現在、下記がプロバイダパックで申し込めるプロバイダ。「16カ月無料」「23カ月475円」など各々特典が異なるので、プロバイダを選ぶ際にはきっちり確認しましょう。

・@nifty ・Asahiネット ・BB.excite ・BIGLOBE ・DTI
・hi-ho ・OCN ・plala ・So-net ・WAKWAK

●詳しくは、フレッツ光の公式ホームページから
・東日本:https://flets.com/next_giga/fm/isp_index.html
・西日本:https://flets-w.com/new/withflets/

フレッツ光のオプション料金は?

フレッツ光には、アンテナなしで地デジや専門チャンネルが見られる「フレッツ・テレビ」「ひかりTV」、光回線を利用した電話サービスである「ひかり電話」など、さまざまなオプションサービスが用意されています。

料金は、NTT東日本・西日本ともに、
・フレッツ・テレビ 月額660円
・ひかりTV 月額1,000円~3,500円
・ひかり電話 月額500円

となっています。
それぞれの詳しいサービス内容については、以下の記事を参照してくださいね。

https://hikari.netde-pc.jp/11479.html

料金は公式ホームページのマメなチェックがGood!

フレッツ光の料金に関しては、技術の進歩により新しいサービスが生まれたり、新たなキャンペーンが始まったり…、とさまざまな要因により、わりと頻繁に変動します。

中には、フレッツ光をすでに契約中の人でも申し込みをすれば加入できるキャンペーンも!
なので、フレッツ光に新規に契約しようと考えている人はもちろん、すでに契約中の人も、マメに公式ホームページをチェックするのがおすすめ。
月額料金の削減につながる可能性ありです!

●フレッツ光公式ホームページ(東日本):https://flets.com/?link_id=home
●フレッツ光公式ホームページ(西日本):https://flets-w.com/

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事