閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光のメリットとデメリットを解説

フレッツ光のメリットは、他社光回線と比較した時にはありません。フレッツ光の主要なサービスは、他社光回線でも使えます。一方、フレッツ光のデメリットは、他社回線に比べて携帯とのセット割が無く、導入工事費に関するキャンペーンなども充実していないことです。

そのため、フレッツ光以外の光回線の方がおすすめです。通信速度を求めるならNURO光がおすすめで、料金も安いので一度エリア確認してみることをおすすめします。

フレッツ光のメリット

フレッツ光回線を他社の光回線と比較したときのメリットはありません。
例えば、フレッツ光の速度最大1Gbpsは、他社の光回線でも一般的な速度です。なお、NURO光やauひかりでは、最大10Gbpsが可能なプランを提供しています。(ただし、この速度のプランが使用できるエリアはフレッツ光に比べると大幅に限られています)

フレッツ光には「ひかり電話」という、アナログ電話よりも高品質な電話サービスなどが用意されていますが、そのサービスは他社光回線でも展開されています。

また、【フレッツ光のデメリット】の章でも解説しますが、フレッツ光では他社回線では可能な携帯電話とのセット割キャンペーンや工事費相当額負担のキャンペーンを行えません。

そのため、基本的に光回線サービスの契約を検討している人は、フレッツ光以外の光回線を選択肢に入れることをおすすめします。

フレッツ光のデメリット

公式で工事費のキャッシュバックや無料キャンペーンが基本的にない

フレッツ光は、導入工事費を無料にするキャンペーンは基本的にありません。唯一、フレッツ光の導入工事費を無料にできるのは、フレッツ・ADSLからフレッツ光に乗り換えるときのみです。

フレッツ光回線以外の回線だと、導入工事費のキャッシュバックや無料キャンペーンが充実していることが多いです。
例えば、ソフトバンク光は他社インターネットから乗り換えた場合は、工事費相当額を最大24,000円キャッシュバックするキャンペーンを行っています。

数年縛りのプランでは解約時に違約金が発生することがある

フレッツ光には、契約期間を数年単位に縛って契約すると月額料金が安くなるキャンペーンがあります。例えば、NTT東日本のフレッツ光の、戸建て向けプランの「にねん割」に加入した場合は、毎月700円の割引を2年間受けられる代わりに、指定期間外で解約した場合は、9,500円の解約金を支払う必要が発生します。

ただし、このような数年縛り契約の違約金は、フレッツ光から光コラボレーション回線に転用した場合は発生しません。また、万が一違約金が発生してもその違約金を負担してくれるキャンペーンを行っている回線もあります。

そのため、もしフレッツ光を契約予定で、解約時期が不確定な人も、解約後に他の回線に変更する予定があるのなら、違約金のことは心配する必要はないと考えて良いでしょう。

携帯電話とのセット割がない

フレッツ光には、携帯電話とのセット割がありません。
この「セット割」とは、「特定の携帯電話と光回線を同時に契約した場合に、毎月の月額料金が割り引かれる」サービスです。

携帯電話会社は、インターネット接続のための光回線サービスも展開していることがあります。例えば、携帯電話会社のソフトバンクは「ソフトバンク光」という光回線サービスを提供していますし、携帯電話会社のauは「auひかり」という光回線サービスを提供しています。

「ソフトバンクの携帯電話+ソフトバンク光」をセットで契約した場合は、毎月500~1,000円の割引の「おうち割」を適用可能です。
「auの携帯電話+auひかり」をセットで契約した場合は、毎月500円~1,000円割引の「auスマートバリュー」を適用可能です。

契約する光回線を決めるときには、自分の契約している携帯電話とセット割が適用できる光回線を一度は検討することをおすすめします。

固定回線なので持ち運べない

フレッツ光は固定回線で、使用できる場所は導入工事が行われている宅内だけです。
そのため、外出時に、フレッツ光でインターネットに接続できません。

この問題を解決できるのは、「モバイルルーター」です。携帯電話と同じくらいのサイズの持ち運べる小型の機器を通してインターネットに接続します。
モバイルルーターの代表的なものには、UQ WimaxやBroad Wimaxなどがあります。

このモバイルルーターは、通信量により速度の大幅な制限(例:3日で10GBまでは440Mbps、それ以上の通信量を超える場合は通信速度を制限する)があるデメリットはありますが、外出先でインターネットに接続したい人にはおすすめです。

光回線の申込みは代理店がおすすめ

光回線の申込みは、代理店経由で申し込むと最も安くなる可能性が高いのでおすすめです。
代理店経由での申込みの場合、公式のキャンペーンと代理店のキャンペーンを併用できる可能性があります。この場合、サービスの申込み先が代理店になるだけで、受けられるサービスは公式のものと全く変わりません。

例えば、ソフトバンク光の代理店のLifeBankでは、公式のキャンペーンに加えて必ず10,000円または24,000円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンを行っています。ただし、適用条件として、キャンペーンの申し込み期間や開通日に注意する必要があります。

なお、光回線の代理店のキャンペーンには、キャッシュバック料金が非常に高額なものがあり目を引くことがあるかもしれませんが、その際はキャッシュバック条件が非常に厳しく、高額なオプションの契約が必須の可能性もあります。そうした高額なキャッシュバックキャンペーンで契約したとしても、そのオプションが不要で高額だった場合、かえって損をしかねません。そのため、契約する代理店を選ぶときには、オプション加入が必須ではないのかなどの条件を必ず確認するようにしましょう。

ちなみに、NURO光の場合に限っては、公式限定のキャンペーンが充実していて、公式の窓口限定でしかそのキャンペーンを適用できないので、NURO光の契約を検討している人は、必ずNURO光の公式ページを確認することをおすすめします。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事