閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

引っ越しの際は、フレッツ光の「移転」がカンタンでお得!

フレッツ光の引っ越し、移転の際には、どのような手続きが必要になるのでしょうか。移転手続きには、移転元と移転先の住所によって、手続き方法と連絡先が変わってきます。引っ越し先が、NTT東日本のエリア内・NTT西日本のエリア内での移転になるのか、それとも、「NTT東日本からNTT西日本」「NTT西日本からNTT東日本」とエリアを超えての引っ越しになのるのか。ちなみに、移転先が同一のNTTエリア内であればそのまま継続利用ができますが、NTTのエリアをまたぐ場合は、現在契約しているフレッツ光を一旦、解約し、新規契約をする必要があります。ここでは、フレッツ光の移転に伴う手続き、費用等も含めて、詳しくご紹介しましょう。

継続利用の「移転」は手続きがカンタン

フレッツ光の引っ越し、移転手続きには、3つの選択肢があります。移転先でも継続利用するか、それとも一旦解約して、新規契約をするか、あるいは、他の回線事業会社に乗り換えるか(転用)です。これまでの契約を転居先でも継続利用する場合は「移転」となり、手続きもシンプルです。管轄のNTTに引っ越しする旨を伝え、レンタルしていたモデム等の機器を返却し、転居先で開通工事を実施する、という流れになります。移転のメリットは違約金等がかからないこと。ただし、西日本エリアから東日本エリア等、グループの管轄をまたいでの移転は、契約先の会社が変わるため、解約した後、新規契約となるので、現契約の解約手続きから始めましょう。

【NTT東日本サービスエリア】

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県

【NTT西日本サービスエリア】

富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

〈NTT東日本〉

・インターネットでの手続き(公式サイト):https://flets.com/first/move/iten.html
電話での手続き:0120-116116(受付時間:午前9時~午後5時)

〈NTT西日本〉

・インターネットでの手続き(公式サイト):http://flets-w.com/support/purpose/move/
・電話での手続き:契約書に書かれてある連絡先

フレッツ光の解約手続き先:電話番号:0120-116116
受付時間:午前9時~午後5時
※NTT東日本、NTT西日本ともに同じ連絡先

移転先での開通工事はどうしても必要

移転手続きには、電話とインターネットの2つの方法があります。手続きに関しては、以下の情報が必要となります。いずれの手続き方法においても、契約者ID(お客様ID)があるとスムースです。ただし、どうしても避けられないのが、転居先での開通工事です。開通工事には、工事費がかかります。転居先が戸建てなのか、マンション・アパートなのか、前の住人が配線工事を既に行っている場合、新たに配線工事を行う必要があるかないかによっても、費用は違ってきます(後述)。利用開始については、早めに連絡すれば、引っ越し当日から利用することもでき、インターネットが使用できない期間も短くて済みます。移転が決まったら、早めの手続きをおすすめします。

①現在利用中の電話番号
②契約者名義(+お客様ID)
③移転元の住所
④移転先の住所
⑤移転先の建物(戸建て、集合住宅か)
⑥引っ越し予定日
⑦工事希望日

移転工事費は、新規工事の費用の半額以下!

現在、移転に伴う開通工事には、下記のように割引料金が適用されています(平成30年1月31日までにフレッツ光の移転を申し込みの場合。以後、変更の可能性あり)。ちなみに、戸建て住宅の場合、新規の回線工事で、18,000円程度、既に配線工事がされている建物で8,000円程度。マンション等の集合住宅の場合、それぞれ15,000円程度、8,000円程度となっています。新規工事と比べ、移転工事費は、新規工事の費用の半額以下となっているのはメリットでしょう。ただし、工事日が土日祝日の場合、別途、3,000円が加算されてしまうので注意して下さい。

移転工事費(割引適用後の料金)

戸建てへ引っ越し
(3戸以下の建物)
集合住宅へ引っ越し
(4戸以上の建物)
9,000 7,500

 

継続利用で長期割引 NTT西日本の「光もっともっと割」

また、移転して継続利用するメリットとしては、NTT西日本フレッツ光が実施している「光もっともっと割」があります。これは、あらかじめの申し込みが必要になりますが、「フレッツ光」の利用年数に応じて、月額利用料金が割引になるサービスです。長く使えば使うほど、月額の利用料金の割引金額が大きくなります。ファミリータイプとマンションタイプによって割引金額は異なりますが、ファミリータイプの場合、当初の2年間は1,100円の割引となり、8年後には、最大1,790円まで割引されます。ただし、いずれも途中解約をすると、解約金が発生してしまいます(http://flets-w.com/cpn/motto2/)。

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

NTT東・西の会員制プログラムでポイントがたまる!

他にも、「移転」のメリットを享受できるものに、NTT東・西の会員制プログラムがあります。NTT東日本では「フレッツ光メンバーズクラブ」(https://members-club.flets.com/pub/)、NTT西日本だと、「CLUB NTT-West」(http://flets-w.com/point-otoku/index.html#news)です。これらのプログラムは、フレッツ光を段階的に利用すればするほど、ポイントが付与され、ポイント数も多くなる仕組み。お得なサービスや商品交換ができるようになっています。いずれも入会金、年会費などの利用料金は一切かかりません。ただし、ポイントの有効期限、ポイントの失効もあります。なお、フレッツ光の解約、フレッツ光メンバーズクラブ退会後のポイント交換はできなくなりますのでご注意を。

プロバイダへの移転手続きも忘れずに

フレッツ光の移転に際しては、プロバイダへの連絡と移転手続きも当然、必要となります。プロバイダへの移転に伴う連絡は、登録住所を移転先の住所に変更したら完了となりますが、注意しなければならないのが、引っ越し先の地域が、これまでと同様、サービスに対応しているエリアかどうか。もし、引っ越し先の住所が対応エリアから外れている場合、解約手続きをして、転居先で利用できるプロバイダを探さなければなりません。そうした確認は、もちろん、電話でもできますし、プロバイダのホームページでも確認することができます。最近は全国でサービスを展開しているプロバイダが多いと思いますが、こちらも併せて、確認しておきましょう。

手続きが簡単な「移転」、特典狙いの「乗り換え」

上記では、「移転」にまつわる情報について紹介してきましたが、フレッツ光の引っ越し、移転に合わせて、これまでの契約プランを見直す、あるいは、光回線を別の事業者に乗り換えることも検討の余地があるでしょう。というのも、月額利用料が安くなったり、事業者によっては、様々なキャンペーンや特典を設定しているため、工事費が無料になったり、商品券がもらえたりすることで、コストを低く抑えることができるからです。中には、解約に伴う違約金を支払っても、新規契約でのキャッシュバックを加味すると、トータルコストが低くなる場合も多いようです。なお、オプションサービスであるひかり電話、ひかりテレビ等の移転は基本、引き継ぐことができます。ただし、転居先によっては、別途工事費用が発生する可能性もありますので、NTTに問い合わせましょう。

〈ひかり電話の移転〉
http://web116.jp/shop/iten/guide/proc_g2.html

〈ひかりTVサービスでの住所変更〉
https://my.hikaritv.net/cgi-bin/hikari_tv/mypage/agent.cgi?atesaki=u

使用機器の再設定:設定マニュアル
https://www.hikaritv.net/user/tuner/

おすすめ窓口乗換えはお得な光コラボレーション!
フレッツ光-光コラボトップページ
ネット代も携帯代も安くなる!
ネット料金月額2,800円~!
携帯代金最大2,000円割引!
フレッツ光からの転用なら工事費不要!
さらにお得なキャンペーンも!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事