閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

「フレッツ光を光コラボへ転用しませんか?」勧誘電話が来たらここをチェック!

「フレッツ光を光コラボへ転用したほうがお得です!」
…そう言われたとしても、光コラボが何か、本当にお得なのか、分からない人も多いはず。

ここでは、そもそも光コラボとは何かや、光コラボへの転用をすすめる勧誘電話が来た時の対処法を解説します。

光コラボ転用の勧誘電話が来た…!

「NTTの光回線の件でご連絡しました」「今よりもっと光回線の料金がお得になるサービスのご案内をさせていただきます」こんな電話はフレッツ光から光コラボへの切り替えを勧める光コラボ代理店からの勧誘電話です。

そもそも「光コラボ」「転用」とは何かを知る

「光コラボ」とは、2015年から始まった「光コラボレーション」の略称です。
NTT東日本・西日本が提供している「フレッツ光」の光回線をそのまま使った光回線サービスのことで、よく知られている光コラボサービスには携帯・スマホキャリアによる「ソフトバンク光」「ドコモ光」やプロバイダサービスによる「OCN光」「So-net光」「BIGLOBE光」などがあります。

実際はフレッツ光の回線を使っていますが、携帯キャリアやプロバイダが事業者となって、商品名を変えて販売しています。同じフレッツ光の回線でも、月額料金やオプションサービスなどが販売する事業者で様々に違い、ユーザーが自分のネットの使い方に合わせてそれらを選べるメリットがあります。
「フレッツ光の転用」とは、光コラボにフレッツ光の回線を転用することを指します。すでに引いてある光回線を使うので、新たな開通工事をせずに切り替えができる手軽さが転用の特徴です。

光コラボへの転用について、以下の記事でも詳しく解説しています。

フレッツ光から光コラボに転用!料金は安くなるのか、速度は遅くなるのか

おすすめ窓口乗換えはお得な光コラボレーション!
フレッツ光-光コラボトップページ
ネット代も携帯代も安くなる!
ネット料金月額2,800円~!
携帯代金最大2,000円割引!
フレッツ光からの転用なら工事費不要!
さらにお得なキャンペーンも!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

光回線の転用は簡単だが、フレッツ光には戻せなくなる

フレッツ光をすでに利用している人が光コラボに切り替えるのは、実は簡単です。

NTTに電話やWEB経由で「転用許諾番号」を発行してもらい、転用先の光コラボにこの番号を伝えると、工事などもなく、事務手数料3,000円だけで転用は完了します。フレッツ光の更新月以外であっても、光コラボへの転用であれば解約金はかかりません。

ほとんど電話だけで光コラボへの転用の手続きは完了してしまうのです。

しかしながら、転用を行うと、光コラボからNTTフレッツ光に再び戻すことができません。どうしてもフレッツ光に戻すなら、一度全て解約し、光回線も再び新規開通工事を行ってもらわなければいけないのです。
このとき光コラボの解約金や新規開通工事費が発生してしまいます。

光コラボ自体は、各社で割引やキャンペーンなどの特典を設けていますが、お得だからと安易に切り替えてしまうと、あとから取り返しがつかないことに注意しましょう。

電話の相手に不用意に伝えてはいけない情報

・フレッツ光のID・ひかり電話番号
・住所(フレッツ光を使っている場所)
・名前(契約者名)
・転用許諾番号(取得している場合)

もしもこれらを聞き出そうとしてくる場合は、詐欺まがいの販売を行う悪質な代理店の可能性が高いです。速やかに電話を切ってしまうことをおすすめします。

【実際に勧誘電話を受けた事例】

電話で促されて転用許諾番号を発行させられたケース


すでに契約してる会社だと勘違いさせる電話応対

回線とプロバイダの関係が理解できてないと騙されそうなケース

知らないうちに第三者に契約させられる可能性を指摘する声も

代理店の会社名がはっきりしてるからと言って安心はできない

知らない番号でも「いつもご利用ありがとうございます」や「NTTの~」のフレーズを出されると、重要な連絡なのかと思ってしまいがちですが、電話の内容をよく聞いて対応する必要があります。

NTTや総務省からもこのような注意喚起がなされています。
参考:「NTT東日本をかたった強引なセールスにご注意ください」
https://www.ntt-east.co.jp/info/detail/kanyu.html
http://www.soumu.go.jp/main_content/000388714.pdf

「光コラボへの転用」のメリットとデメリット

勧誘電話と聞くと、どうしても悪質な業者のイメージを持ってしまいがちですが、実際のところ、全ての勧誘電話が悪質なわけではありません。

住まいや家族構成、スマホのキャリアや普段のネットの使い方を見直しながら自分のプランに合ったサービスを選べば、確かに今までよりもインターネット通信費がお得になります。

注意すべきは、サービスの詳細がよくわかっていないのに勧誘電話で言われるがまま転用手続きを行ってしまうことです。

悪質と言われる代理業者の勧誘には、例えば次のようなものがあります。

●知らないうちに余計なオプションサービスを付けられ以前より高い料金を払わされる
●途中解約に高額な違約金が発生することを伝えないまま契約させる
●転用の手続きや設定に高額な技術料を請求する

もちろん全ての勧誘や代理店が悪質なわけではありませんが、光コラボへの切り替えは、少し調べれば自分で全ての手続きが完了でき、すぐに利用が開始できます。

【光コラボへの切り替えで月額料金以外にかかる可能性のある費用】
・契約の事務手数料3,000円(※必須)
・プロバイダ変更による以前までのプロバイダ解約金(※プロバイダによる)
・初月無料の強制加入オプション(※光コラボ事業者による)

少なくとも上記3つの費用がかかることを念頭に置いておくとよいでしょう。

この勧誘電話は悪質?フレーズをチェック!

最後に、光コラボへの転用を勧めてくる勧誘電話でよく聞くフレーズを元に、その勧誘電話の相手が悪質かそうでないかを見極めるフレーズをまとめてみました。

「NTTから委託を受けて連絡いたしました」

光コラボのサービス提供についてNTTが委託して契約者に電話連絡してくることはありません。電話でこのようなフレーズを使われた場合は、もし光コラボへの転用を検討していても、この電話の相手から手続きをすることは避けるべきです。
光コラボ転用をNTTが契約者にお願いすることはありません。転用に関する連絡をしてくることもありません。

「今この電話で簡単に転用の手続きが完了します」

先程解説したように、転用の手続きには、契約した本人がNTTから取得した「転用許諾番号」が必要です。
悪質な業者での勧誘電話では、「フレッツ光のIDと電話番号を教えてくれれば転用許諾番号をこちらで取得して手続きをします」と聞き出した番号で業者側が転用手続きを完了してしまうケースがあります。
IDも立派な個人情報ですから、本来は電話で相手の個人情報を聞くことはありえません。自分で申込みする手間が省けるからといって、不用意に電話の相手に個人情報を渡さないように注意してください。

「フレッツ光の制度が変わりました」

光コラボ事業者の提供するサービスにフレッツ光の回線をそのまま転用できるようになった、という点では仕組みは変わりました。ですが、今のまま継続してフレッツ光を使っていたい契約者がなにか変更手続きなどをしなければいけないことはありません。誤解をさせる言い回しですので、気をつけるべきです。

「光コラボに変更しなければネットが使えなくなるかもしれません」

光コラボに変更しなくても現在のフレッツ光のままでもネットが使えなくなるわけではありません。このフレーズが出てきたら、悪質な勧誘と考えて良いでしょう。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事