閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光のマンションタイプの速度を上げる2つの方法

「フレッツ光の導入マンションに住んでいるけど、夜とか休日にすごく速度が落ちるんだよね…」とお悩みではないでしょうか?

フレッツ光のマンションタイプの速度を上げるには、「無料オプションを利用する」と「光回線を乗り換える」という2つの方法があります。

ここでは、マンションタイプの速度が落ちる原因と、その改善方法を解説します。

マンションタイプの通信速度は「配線方式」に左右される

フレッツ光マンションタイプでは、電柱からマンション(の共有設備)まで光ファイバーケーブルを引き込みます。

しかし、共有設備から各部屋までの配線は、光ファイバー/電話線/LANケーブルのいずれかを用いて行われます。

マンションタイプの速度に大きく影響するのが、この共有設備から宅内までの配線です。

配線が変わると、回線の最大速度も変わりますし、周囲の環境等の影響を受けた実際の速度も変わります。

配線方式 光配線 VDSL方式 LAN配線
電柱~共有設備 光ファイバー
共有設備~各戸 光ファイバー 電話線 LANケーブル
壁の差込口 光コンセント モジュラージャック LANコネクタ
回線終端装置 ONU モデム なし
最大速度 1Gbps 100Mbps 100Mbps
速度の落ちやすさ

電柱から宅内までをすべて光ファイバーで接続する「光配線方式」は、原理的には戸建てと同じ通信速度が見込めます。光配線方式は周囲の電波等に影響されにくく、長距離でも速度が落ちにくいという特徴があるためです。
Twitter上の口コミで、多く見られた光配線方式のフレッツ光マンションタイプの実測は200Mbps~300Mbpsでした。

一方、光ファイバーと電話線の2種類を使用している「VDSL方式」は、導入が容易なものの、他の配線方式より、共有設備からの距離やノイズ等によって速度が落ちる可能性が高くなります。
Twitter上の口コミで多く見られたVDSL方式のフレッツ光マンションタイプの実測は、10Mbps~30Mbpsでした。VDSL方式は環境によっては1Mbps未満の速度しか出ない場合もあります。

なお、VDSL方式から光配線方式への変更など、マンション内の配線方式を変更できる可能性は低いです。
マンション内の配線方式の変更は、他の住人の回線契約内容が変わるのとマンションの共用設備内で大規模工事が必要なため、住人と管理会社の許可が必要だからです。

VDSL方式でも速度を落とさない方法

VDSL方式のマンションでも通信速度を改善する方法が2種類あります。

【通信速度の改善方法】

  • 通信方式を「v6プラス」に切り替える
  • ホームタイプの光回線に乗り換える

通信速度が落ちやすいのがVDSL方式の特徴ですが、無料オプション「フレッツ・v6オプション」を申し込み、プロバイダの提供する「v6プラス」等の接続サービスを使うことで、VDSL方式でも速度改善が見込めます。

この「v6プラス」は、通信方式が混雑の激しい従来の方式ではなく、「IPv6 IPoE」という新しい通信方式で通信の混雑が少なくなります。
(ちなみにIPv6サービスには他に「IPv6 PPPoE」がありますが、これはIPv6用の自宅IPアドレスが追加されるだけで、速度は特に改善しません)

【実際にIPv6オプションを利用した人の口コミ】

出典:Twitter

また、マンションタイプの光回線ではなく、ホームタイプの光回線に乗り換えることで、光配線方式と同程度の通信速度を出せます。

なぜなら、ホームタイプは電柱から自室に直接光ファイバーを引き込むので、VDSLなどのマンション内の配線方式の影響を受けないからです。

ホームタイプの光回線は乗り換え時に開通工事が必要ですが、マンション内の配線方式を変更するほどの大規模な工事ではないため、管理人への確認だけでいいでしょう。

IPv6オプションへの切り替え方

IPv6オプションへの切り替え手順を紹介します。

  1. フレッツ光のお客様IDとアクセスキーを用意
  2. フレッツ光に「フレッツ・v6オプション」の利用を申し込む
  3. プロバイダにIPv6のIPアドレス発行を申し込む

IPv6を利用するには、フレッツ光で「フレッツ・v6オプション」への申込みと契約プロバイダへの申し込みが必要です。

IPv6オプションに申し込む前にフレッツ光のお客様IDとアクセスキーを用意

IPv6オプションに申し込む際、フレッツ光のお客様IDとアクセスキーが必要です。お客様IDとアクセスキーは契約時の書類に記載されています。

契約書類を紛失した場合は、カスタマーセンターに電話をしましょう。

NTT東日本カスタマーセンター:0120-116116
NTT西日本カスタマーセンター:0120-685-310

フレッツ光に「フレッツ・v6オプション」の利用を申し込む

IPv6オプションに切り替える場合、フレッツ光への「フレッツ・v6オプション」の利用申し込みが必要です。
申し込み方法は、電話手続きかWEB申し込みの2種類から選べます。

【電話申し込み】
NTT東日本:0120-116116
NTT西日本:0120-685-310
受付時間:午前9時~午後5時 土日・休日も営業

【WEB申し込み】

契約プロバイダにIPv6のIPアドレス発行を申し込む

フレッツ光への「フレッツ・v6・オプション」の利用申し込みが完了したら、プロバイダにIPv6のIPアドレスの発行を申し込みます。

自身が契約しているプロバイダを確認して、IPv6のIPアドレスの発行をプロバイダの公式サイトから申し込みましょう。

【IPv6 プロバイダ別申し込み案内】

プロバイダ 申し込みページ
nifty @nifty with フレッツ v6プラス
So-net So-net v6プラス
GMOとくとくBB とくとくBB v6プラス
au one net au one net v6プラス
Yahoo!BB ヤフーBB v6プラス
BIGLOBE ビッグローブ v6プラス

なお、契約しているプロバイダが分からない場合は、契約書類か料金の支払い明細から契約プロバイダを特定しましょう。

IPv6オプションを利用しても通信速度が遅い人は独自回線を導入する

IPv6オプションを利用しても通信速度が上がらない人は、フレッツ光回線ではなく、独自回線に乗り換えることで通信速度が改善する可能性が高いです。

通信速度が速い独自回線は、auひかりとNURO光のみであり、ソフトバンク光とドコモ光はフレッツ光回線を利用しているので、フレッツ光マンションタイプと通信速度が変わらない可能性が高いでしょう。

通常、auひかりマンションタイプとNURO光マンションタイプは既にマンションに独自回線が引き込まれていないと契約できませんが、auひかりホームタイプとNURO光ホームタイプなら、VDSL方式のマンションでも導入が可能です。
光ファイバーを電柱から自室へ直接引き込む光回線ホームタイプは、VDSLの影響を受けないため、実測300Mbpsを超える通信速度が出る可能性が高いです。

なお、auひかりは3階以下のマンションにしか導入できませんが、NURO光なら8階以上のマンションでも導入できます。

回線乗り換えは工事費や解約金が発生する可能性がある

回線乗り換えをすると、乗り換え先の開通工事費やフレッツ光の解約金が発生する可能性があります。

ホームタイプの光回線に乗り換えた場合、電柱から光ファイバーを部屋に引き込むので、立ち会い工事があり、開通工事費が発生します。

また、フレッツ光を更新月以外で解約した場合、違約金が発生する可能性があります。

しかし、乗り換え先の違約金負担キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンを利用することで、工事費、違約金を安くすることができます。

NURO光は工事費が実質無料

NURO光は開通工事費40,000円が30ヶ月分割(1,300円程度/月)で月額料金に上乗せされますが、月額料金から同等額(1,300円程度/月)を30ヶ月間割引きます。
そのため、NURO光を30ヶ月以上利用すれば、開通工事費が実質無料です。

また、NURO光の最大通信速度は2Gbpsであり、Twitter上の口コミでは、多くの人が実測300Mbps~900Mbps出ているのを確認できます。自宅でオンラインゲームを頻繁にプレイする人や高画質動画視聴をする人は快適に利用できるでしょう。

NURO光ホームタイプの月額料金は、プロバイダ料やルーターレンタル代込みで4,743円(税抜)です。

なお、ソフトバンク携帯を利用している人は、「おうち割」を利用することで、携帯料金が1台につき毎月最大1,000円安くなります。

通信速度を速くしたい人、携帯がソフトバンクの人はNURO光を利用するといいでしょう。

★☆NURO光の割引キャンペーン情報☆★
キャンペーンを詳しく見る

★☆NURO光の割引キャンペーン情報☆★
キャンペーンを詳しく見る

auスマホが毎月最大1,000円安くなるサービスを利用できるauひかり

auひかりはauスマホを安くするスマートバリューというサービスが利用できます。

スマートバリューとは、auスマホ1台につき、月額料金が毎月最大1,000円安くなるサービスです。
auスマホ最大10台まで割引対象なので、たとえば、4人家族ならauスマホ4台で毎月最大4,000円安くなります。

また、auひかりの最大通信速度は1Gbpsで、Twitter上の口コミでは、多くの人が実測300Mbps~700Mbps出ているのを確認できます。

回線乗り換えを検討していて、au携帯を使用している人は、通信速度が速く、au携帯の月額料金が安くなるauひかりを検討してみるといいでしょう。

なお、auひかり乗り換えは、auひかりの開通工事費と解約違約金を負担するキャンペーンを利用できます。
3,7500円の開通工事費から7,500円割引する工事費割引と解約違約金が発生した場合は最大30,000円分を還元するキャンペーンです。
auひかり契約時に工事費割引と解約違約金負担キャンペーンの申し込みが完了するので、auひかり乗り換えの金銭的負担が減ります。

★auひかりの割引キャンペーン情報★
キャンペーンを詳しく見る

★auひかりの割引キャンペーン情報★
キャンペーンを詳しく見る

インターネットおすすめ光回線

 

ドコモ光

     

ドコモ携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

auひかり

     

au携帯電話の割引特典あり

月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス
 

関連記事