閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光のマンションタイプの速度を上げる2つの方法

「フレッツ光の導入マンションに住んでいるけど、夜とか休日にすごく速度が落ちるんだよね…」とお悩みではないでしょうか?

フレッツ光のマンションタイプの速度を上げるには、「配線方式を変える(※要工事)」「無料オプションを利用する」という2つの方法があります。

ここでは、マンションタイプの速度が落ちる原因と、その改善方法を解説します。

マンションタイプの速度は「配線方式」に左右される

フレッツ光マンションタイプでは、電柱からマンション(の共有設備)まで光ファイバーケーブルを引き込みます。

しかし、共有設備から各部屋までの配線は、光ファイバー/電話線/LANケーブルのいずれかを用いて行われます。

マンションタイプの速度に大きく影響するのが、この共有設備から宅内までの配線です。

配線が変わると、回線の最大速度も変わりますし、周囲の環境等の影響を受けた実際の速度も変わります。

配線方式 光配線 VDSL方式 LAN配線
電柱~共有設備 光ファイバー
共有設備~各戸 光ファイバー 電話線 LANケーブル
壁の差込口 光コンセント モジュラージャック LANコネクタ
回線終端装置 ONU モデム なし
最大速度 1Gbps 100Mbps 100Mbps
速度の落ちやすさ

電柱から宅内までをすべて光ファイバーで接続する「光配線方式」は、原理的には戸建てと同じ速度が見込めます。光配線方式は周囲の電波等に影響されにくく、長距離でも速度が落ちにくいという特徴があります。

一方、宅内までを電話線で繋ぐ「VDSL方式」は、導入が容易なものの、他の配線方式より、共有設備からの距離やノイズ等によって速度が落ちる可能性が高くなります。

配線方式を変更する方法と工事費、料金変化

VDSL方式だと最大速度も遅ければ速度も落ちやすい、となれば、最大速度が速くて速度の落ちにくい「光配線方式」に変えたいと思うのは当然のことでしょう。

マンションの配線方式を変えたい場合、まずマンションの大家さんや管理会社に相談してみましょう。というのも、配線方式を変えるには、マンションの共有設備に立ち入ったり、物件内の設備を使用したりする許可が必要だからです。

管理会社の許可がとれたら、NTTにマンションのプラン変更を申し込みましょう。

・NTT東日本「プラン変更の手続き
・NTT西日本「プラン変更のお申し込み
・電話窓口(東西共通):0120-116116(9:00~17:00、年末年始除く)

配線方式を変える工事では、建物内の設備を使う工事のほか、宅内の通信機器も変わります。
VDSLから光配線に変えた場合は、通信機器も「モデム」から「ONU」に変更です(宅内工事の際に工事業者が交換してくれることがほとんどです)。

では次に、VDSLやLAN配線から光配線(1Gbps)に変更した場合の、月額料金の変化や工事費を見ていきます。

NTT東日本エリア

NTT東日本における月額料金の変化は以下の通りです。

光配線の料金は、最大速度1Gbpsで無線LAN(Wi-Fi)付きルーターが無料の「ギガスマートタイプ」の場合を記載しています。

物件内の契約戸数 VDSL/LAN配線 光配線
16戸以上(プラン2) 2,650円 2,950円
8戸以上(プラン1) 3,250円 3,350円
4戸以上(ミニ) 3,850円 3,950円

NTT東日本の月額料金は、光配線でもそう高くはならないようです。 ただし工事費は、VDSL/LAN配線から光配線に変える場合、新規開通時と同じく、15,000円の工事費がかかります。

NTT西日本エリア

続いて、NTT西日本エリアも見ていきましょう。

光配線の料金は、最大速度1Gbpsの「スーパーハイスピードタイプ隼」の場合です。

物件内の契約戸数 VDSL/LAN配線 光配線
16戸以上(プラン2) 2,850円/2,250円 2,850円
8戸以上(プラン1) 3,250円/2,650円 3,250円
4戸以上(ミニ) 3,950円/3,350円 3,950円

NTT西日本の場合、LAN配線のみ料金が低く、VDSLと光配線の月額料金は同じになっています。

ただし工事費は、NTT東日本の場合と同じく、VDSL/LAN配線から光配線へ変更で15,000円かかります。

フレッツ光東日本なら、にねん割で2年間月額料金最大700円割引き!

フレッツ光東日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話、フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • ギガ推しキャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

VDSL方式でも速度を落とさない方法

しかし、マンションの設備上の問題等で配線方式を変えられないこともあるでしょう。

その場合、無料オプション「フレッツ・v6オプション」を申し込み、プロバイダの提供する「v6プラス」等の接続サービスを使うことで、VDSL方式でも速度改善が見込めます。

この「v6プラス」は、通信方式が混雑の激しい従来の方式ではなく、「IPv6 IPoE」という新しい通信方式で通信の混雑が少なくなります。

(ちなみにIPv6サービスには他に「IPv6 PPPoE」がありますが、これはIPv6用の自宅IPアドレスが追加されるだけで、速度は特に改善しません)


出典:So-net 光公式ホームページ


出典:Twitter

「v6オプション」を使って速度を上げる方法は以下の通りです。

  1. NTTの「フレッツ・v6オプション」に申し込む(プロバイダが代理で手続きしてくれることもある)
  2. 「v6プラス」等の対応プロバイダ(※後述)にサービス申し込み
  3. 「IPv6対応」のルーターを準備し、セットアップ画面で「IPv6パススルー設定」を有効にする

IPv6高速通信サービス対応プロバイダ

IPv6接続で速度が上がるプロバイダは以下の通りです。

プロバイダ マンションタイプ
月額料金
IPv6高速通信サービスの名称 初期費用・月額料金
@nifty 950円 v6プラス 無料
So-net 900円 v6プラス 無料
GMOとくとくBB 右記参照 v6プラス 月額991円
(プロバイダ料含む)
AsahiNet 700円 IPv6接続機能 無料
au one net 1,970円 IPv6接続サービス 無料
Yahoo!BB 950円 IPv6高速ハイブリッド 無料
BIGLOBE(※) 650~900円(東)
650~850円(西)
IPv6オプション ひかり電話もしくは月額500円の専用ルーターが必要

※マンションの契約戸数(ミニ/プラン1/プラン2)でプロバイダ料金が変わる

もしこれらのプロバイダを利用していない場合は、違約金等を確認しつつプロバイダを解約し、上記プロバイダに変更すると良いでしょう。

特におすすめなのは、「v6プラス」にプロバイダ料金と高機能無線LAN付き・IPv6対応ルーター(BUFFALO製)が含まれて月額991円で利用できる「GMOとくとくBB」です。

月額料金もそれほど高くはありませんし、自分でルーターを準備したり、設定したりする手間もかかりません。自宅のモデムに繋ぐだけで簡単に利用を始められます。

まとめ

フレッツ光のマンションタイプは、配線方式によって速度の低下しやすさが異なります。

最大速度が速く、速度が落ちにくいのは「光配線」、最も速度が落ちやすいのは「VDSL方式」です。
光配線方式の場合も、月額料金はVDSL方式とあまり変わりませんので、可能ならマンションの管理会社に相談して、配線方式を変更すると良いでしょう。

ただ、設備の関係等で、配線方式が変えられないこともあります。その場合、フレッツ光の「フレッツ・v6オプション」(無料)を利用することで、VDSL方式でも速度アップが見込めます。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事