閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光プレミアムが終了!フレッツ光ネクストへの切り替え方法

※注意

フレッツ・光プレミアムは2019年1月31日にサービス提供を終了しました。
フレッツ・光プレミアムを契約中の方は、「フレッツ光 ネクスト」またはフレッツ光以外の光コラボレーションへ切り替えましょう。

フレッツ光プレミアムは2005年3月から長い間展開されていたNTTの光回線サービスでしたが、2019年1月31日でサービスが終了しました。NTT西日本エリアでフレッツ光プレミアムを利用している場合、フレッツ光ネクストへ切り替えなければインターネットが使えなくなってしまいます。

フレッツ光ネクスト以外では、光コラボレーションに乗り換えるのも良いでしょう。光コラボなら、スマホ代の割引やキャッシュバック特典などが利用できてお得です。

この記事ではフレッツ光プレミアムの終了と、フレッツ光プレミアムからの切り替え先はどこにするべきかについて解説します。

フレッツ光プレミアムに続いて契約するならフレッツ光ネクスト!

フレッツ光プレミアムからフレッツ光ネクストへは、公式ホームページから申し込むことでスムーズに乗り換えられます。

フレッツ光プレミアムは戸建住宅・集合住宅共に通信速度が最大100Mbpsほどのサービスですが、フレッツ光ネクストなら最大1Gbpsと速度も速くなります。

フレッツ光ネクストの月額料金や、切り替え手続きの内容をチェックしてみましょう。

NTT西日本エリアにおけるフレッツ光ネクストの料金プラン

フレッツ光プレミアムからフレッツ光ネクストに切り替えても、月額料金は変わりません。

ただし「どーんと割」や「Web光もっともっと割」などフレッツ光・プレミアムに適用できた割引サービスは提供を終了しています。フレッツ光ネクストを契約する場合は「光はじめ割」という新しい割引サービスを適用することになります。

フレッツ光プレミアムを契約できたNTT西日本エリアでは、光はじめ割引適用時におけるフレッツ光ネクストの月額料金が以下の金額に設定されています。

【光はじめ割適用時の月額料金】
戸建住宅 集合住宅(ひかり配線方式)
月額料金(税抜) 2年目まで:4,300円
3年目以降:4,110円
プラン1:2,650円
プラン2:2,300円
ミニ:3,110円

以上の金額に契約したプロバイダの月額料金を足したものが、フレッツ光ネクストで契約した場合の、月々の支払額です。

フレッツ光ネクストなら月額料金はフレッツ光プレミアムと変わらないままに、通信速度が向上します。切り替えない手はないでしょう。

フレッツ光プレミアムからの切り替えなら、工事費はかからない

フレッツ光プレミアムからフレッツ光ネクストに切り替える際は、基本的に工事費はかかりません。

工事担当者が自宅に来て工事を行うのも、基本的にはマンションタイプを「LAN形式」で契約している場合に限られます。

公式ホームページから切り替えを申し込んだら、あとは送られてきた機器を自宅に設置されている機器と付け替えるだけで工事は終了です。

作業は自分で行うことになりますが、とてもかんたんなので説明書を読みながら作業をすれば迷うところはないでしょう。

何かわからないことがあっても専用窓口に電話をかければ対応してもらえるので、工事に対してとくに心配することはありません。

フレッツ光西日本の窓口
キャンペーンを詳しく見る

フレッツ光西日本の窓口
キャンペーンを詳しく見る

フレッツ光ネクストはスタートアップツールの機能を利用する

「フレッツ光ネクスト」に切り替えたとき、「切り換え後、パソコンを起動したときにインターネットに接続できなくなってしまった」との声が聞かれています。

理由は仕組みに違いがあるからです。

フレッツ・光プレミアムではインターネット接続に必要な情報を「CTU(加入者網終端装置)」という機器に設定して、インターネットに自動的に接続していました。
一方、フレッツ光ネクストでは、ひかり電話の契約がない場合、「ONU(光回線終端装置)」という機器のみを利用しています。

基本的に、ONUにはインターネットの接続情報を設定する機能がない(ホームゲートウェイをレンタルする場合を除く)ため、パソコンをインターネットに自動的に接続することができなくなります。そのため、ONUのみを利用している場合は、フレッツ光を提供しているNTT東日本・西日本の無料アプリ「スタートアップツール」の機能を利用することで、インターネットへ自動的に接続できるようになります。

スタートアップツールの機能を利用するには、パソコンにプロバイダーから提供された情報(ユーザー名やパスワード)を設定する必要があるため、それらの情報をあらかじめ手元に用意することが必要です。

具体的な設定手順は次のとおりです。

設定方法

1.デスクトップ画面左下の「スタートボタン(旗のマーク)」をクリック→表示されたメニューから「設定メニュー(歯車のマーク)」をクリック。
2.「Windowsの設定」画面が表示されるので、「ネットワークとインターネット」をクリック。
3.表示された設定画面の左側にある「ダイヤルアップ」をクリックし、右側の項目内から「新しい接続を設定する」をクリック。
4.「接続またはネットワークのセットアップ」というウインドウが表示されるので、「インターネットに接続します」を選択して「次へ」をクリック。
5.表示されている「ブロードバンド(PPPoE)」をクリック。
6.契約しているプロバイダーから提供された「ユーザー名」と「パスワード」を入力。「このパスワードを記憶する」にもチェックを入れておく。「接続名」は任意の情報が設定可能ですが、ここで入力したものをスタートアップツールで指定するためプロバイダー名などわかりやすいものにしておくとよいですね。全ての情報の入力が終了したら「接続」をクリックする。
7.入力した情報でインターネットへ接続できるかどうかのテストを行う画面になるので、しばらくそのまま待つ。
8.「インターネットに接続されています」の表示が出たら「閉じる」を押してプロバイダー情報の設定を完了する。

ここから、NTT東日本・西日本の無料アプリ「スタートアップツール」の設定に入ります。
※「スタートアップツール」のダウンロードはこちらから
NTT東日本の場合:https://flets.com/next/square/connect/win/
NTT西日本の場合:https://flets-w.com/user/support/startup_tool/

9.スタートアップツールの左下に表示されている「設定・変更」をクリック

10.表示されたメニュー画面から、「インターネット等接続方法の選択」をクリック

11.「ホームゲートウェイまたはルータの利用有無」では、「ホームゲートウェイもルータも利用しない」にチェックを入れ、「ホームゲートウェイもルータも利用しないお客さま」の項目では「WindowsのPPPoEクライアントを利用する」にチェックを入れる。
※「ご利用プロバイダー」は、上の<手順6>で指定した「接続名」を選択
最後、入力が完了したら「設定」をクリックする。


※もし、Windowsのシステムからパソコンの設定に変更を加える許可を求めるウインドウが表示されたら、「はい」をクリックします。
※画像は全てNTT西日本公式ホームページ(https://flets-w.com/user/point-otoku/knowledge/pc-operate/pc-operate92.html)から引用

光コラボレーションなら割引やキャンペーンも利用できる

フレッツ光プレミアムからフレッツ光ネクストに切り替える以外に、光コラボレーション(光コラボ)に転用(設備はそのままで契約を切り替える方法)したり、フレッツ光プレミアムの解約後に新規契約をしたりする方法もあります。

光コラボとは、フレッツ光の光回線とプロバイダ、そしてキャッシュバックや割引などの特典がセットになっているサービスです。通常のフレッツ光よりも、料金やサービスの充実度は上がります。

ただしドコモ光など例外はありますが、ほとんどの場合、後からプロバイダを変更することができません。また光コラボを一度契約すると、フレッツ光に戻すことはできません(解約して再度契約し直す必要あり)。

光コラボの契約後、通信速度などに不満を持った場合は一度解約してから乗り換えなければいけないなどデメリットもあるので、光コラボはじっくり検討してから申し込みましょう。

通常はフレッツ光から光コラボに転用する場合工事不要ですが、フレッツ光プレミアムから転用する場合は、工事が必要になることもあるので注意しましょう。

最後に、スマホ代を割引にできる光コラボと、キャッシュバックなどの特典がある光コラボをそれぞれまとめます。

スマホ代を割引にできる光コラボレーション

スマホ代を割引にしたい場合オススメの光コラボを表にまとめました。

【スマホとセット割がある光コラボの例】
光コラボ名 割引内容
ドコモ光 ドコモのスマホ代が最大1,000円(税抜)割引(最大20回線まで)
So-net光プラス auのスマホ代が1台ごとに最大1,000円(税抜)割引(最大10回線まで)
ソフトバンク光 ソフトバンクのスマホ代が1台ごとに最大1,000円(税抜)割引(最大10回線まで)

ドコモ、au、ソフトバンクそれぞれに対応した光コラボレーションがあるので、これらの大手キャリアでスマートフォンを契約している場合、検討してみてはどうでしょうか。

最大15,000円のキャッシュバックとdポイント最大5,000pt還元!

  • 最大15,000円キャッシュバック
  • dポイント最大5,000pt還元
  • ドコモ光パックで携帯料金から毎月割引

キャッシュバックなどの特典がある光コラボレーション

光コラボの中には、フレッツ光からの転用でキャッシュバックや割引の特典があるものもあります。いくつか例をまとめました。

【転用時の光コラボのキャンペーン・割引例】
光コラボ名 特典内容
ドコモ光 dポイント5,000pt(期間・用途限定)プレゼント
So-net光 ネット月額料金を24か月間割引(戸建て:2,600円/月、マンション:2,500円/月)
So-net v6プラス対応ルーター同時申し込みで、ルーター月額料金 永年無料
無料訪問設定サポート(パソコン1台相当の設定につき、1回分のサポートが無料)
ソフトバンク光 乗り換え費用キャッシュバック(新規契約時)
最大24,000円キャッシュバック(新規契約時)

このように各社で様々な特典が展開されています。

特典はすべて適用できる場合と、どれか1つなど数が限られる場合があります。また特典獲得の条件が設定されていることもあるので、事前にしっかり確認してから申込みましょう。

乗り換えなら料金がお得な光コラボレーション!ネット代、携帯代が安くなる!

  • ネット料金月額2,800円~!
  • 携帯代金最大2,000円割引!
  • フレッツ光からの転用なら工事費不要!
  • さらにお得なキャンペーンも!

インターネットおすすめ光回線

 

ドコモ光

     

ドコモ携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

auひかり

     

au携帯電話の割引特典あり

月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス
 

関連記事