閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光とNURO光を利用料金と速度で比較

フレッツ光とNURO光のどちらを契約するか悩んでいる人に向けて、2つの光回線サービスの利用料金と速度を比較しました。結論から言ってしまえば、NURO光がおすすめです。

比較した結果、戸建てプラン、集合住宅プランのどちらの場合も、フレッツ光よりもNURO光のほうが、利用料金が安く・通信速度が速かったからです。

ただし、フレッツ光とNURO光はそれぞれ提供エリアが異なります。また、提供エリア内であっても一部地域では利用できないおそれがあるので、記事を読む前に利用する場所が提供エリア内であることを確認しておきましょう。

フレッツ光とNURO光の月額料金を比較

フレッツ光とNURO光の月額料金を戸建てプランと集合住宅プランとでそれぞれ比較すると、どちらの場合もNURO光のほうが安くなりました。そのため、これからインターネットを利用するという人は、NURO光を利用することで利用料金を抑えることができます。

さらに、NURO光は、フレッツ光では実施されていない、「セキュリティサービスの無料期間」、「Wi-Fiルーターの無料レンタル」、「スマホや携帯電話とのセット割」が適用されます。

そのため、フレッツ光よりもNURO光を利用したほうが、月額料金だけでなく、インターネットの利用に必要な費用やスマホや携帯電話の料金も抑えられます。

それでは、2社の利用料金を比較した場合に、金額の差がどれくらいの出るのか確認していきましょう。

戸建てタイプの料金比較

フレッツ光とNURO光の戸建てプランの料金比較は以下の通りです。

【戸建てタイプの月額料金比較】

回線名 NTTフレッツ光 NURO光
プラン名 フレッツ光ネクスト NURO光 G2V
料金 東日本:4,500円~4,700円
西日本:4,300円
※プロバイダ料金別途(500円~1,200円程度)
4,743円
※プロバイダ料金込み

※価格は全て税抜きです。
※月額料金は、いずれも2年契約プランの場合を記載

戸建てタイプの月額料金を比較すると、NURO光のほうが高くなっています。これは、NURO光の月額料金の中にプロバイダ料金が含まれているからです。プロバイダとはインターネットを接続するために必要な事業者のことです。

インターネットを利用するには、インターネット回線だけでなく、プロバイダとも契約する必要があるため、光回線の利用料とは別にプロバイダ料金がかかります。フレッツ光でインターネットを利用するには、フレッツ光の料金とは別に、おおよそ500円~1,200円のプロバイダ料金が必要です。

一方、NURO光は、光回線とプロバイダのSo-netが一体型になったインターネット接続サービスなので、別途プロバイダ料金がかかることはありません。

そのため、インターネットを利用するために必要な料金を合計すると、フレッツ光よりもNURO光を利用したほうが、プランによっては毎月50円~1,200円ほど、インターネット料金が安くなります。

集合住宅タイプの料金比較

フレッツ光とNURO光を集合住宅で利用した場合の月額料金の比較は以下のようになります。

【集合住宅タイプの料金比較】

回線名 NTTフレッツ光 NURO光
プラン名 フレッツ光ネクスト NURO光forマンション
料金 東日本:2,950円~4,050円
西日本:2,650円~3,950円
※プロバイダ料金別途(500円~1,200円程度)
1,900円~2,500円
※プロバイダ料金込み

※価格は全て税抜きです。
※月額料金は、いずれも2年契約プランの場合を記載しています

集合住宅タイプの月額料金を比較すると、プロバイダ料金を考慮しなくても、フレッツ光よりNURO光の方が安くなっています。

NURO光の集合住宅タイプである「NURO光forマンション」は、同じ建物内の利用者数によって月額料金が変わるプランです。利用者数によって月額料金が1,900円~2,500円に変動しますが、いずれの利用料金になった場合でもフレッツ光よりも安くなります。

そのため、集合住宅の場合も、NURO光を利用することでインターネット料金を毎月650円から3,400円ほど抑えることが可能です。

  • 戸建てタイプ月額4,743円
  • マンションタイプ月額1,900円~2,500円
  • マンションでも戸建てタイプは導入可能

ただし、NURO光forマンションは、設備が導入された建物でなければ契約できません。マンションがNURO光 for マンションに対応しているかどうかはNURO光公式ページで確認できます。

NURO光はセキュリティサービスが無料で使える

NURO光とフレッツ光は、パソコンやスマートフォンをコンピューターウィルスや不正アクセスから守るセキュリティサービスを提供しています。それぞれの利用料金は以下の通りです。

【セキュリティサービスの比較】

回線名 フレッツ光 NURO光
サービス名 フレッツ・ウィルスクリア カスペルスキーセキュリティ
月額料金 400円 無料
※NURO光forマンションは500円
適用台数 3台 5台

※価格は全て税抜きです。
セキュリティサービスは、家電量販店で購入しても年間5,000円程度の費用がかかるため、フレッツ光の「フレッツ・ウィルスクリア」を利用しても金額の差はあまりありません。

しかし、NURO光では「NURO光forマンション」を除きセキュリティサービスが永年無料で使えるため、フレッツ光と比べて毎月400円(年間4,800円)の費用を抑えられます。

NURO光はWi-Fiルーターが無料で使える

インターネットを無線接続するために必要なWi-Fiルーターは、フレッツ光は月額750円に対し、NURO光では無料でレンタルできます。

【Wi-Fiルーターのレンタル料金の比較】

回線名 フレッツ光 NURO光
月額料金 750円 無料

※価格は全て税抜きです。

Wi-Fiルーターを持っていない人は、レンタルを利用することで機種を選定する手間や購入費を抑えることができます。ただし、Wi-Fiルーターの購入費用は、5,000円~10,000円程度なので、フレッツ光でWi-Fiルーターをレンタルする期間が長いと、購入した方が安くなる場合があります。

一方、NURO光だと、契約期間中はWi-Fiルーターを無料で提供してくれるため、インターネットを利用開始するときの費用を抑えられます。

NURO光のONUについては下記の記事を参考にしてください。

NURO光はWi-Fiルーターを買わなくてもインターネットの無線接続ができる


NURO光はソフトバンクのスマホ料金が割引される

NURO光は、「おうち割 光セット」が利用できるので、ソフトバンクのスマホや携帯電話の料金が割引されます。

おうち割光セットとは、ソフトバンクのスマホや携帯電話の利用料金が割引されるサービスです。割引額は、契約プランによって1台につき500~1,000円が割引されます。対象になるのは、契約者だけでなく家族のスマホも対象になり、最大10台まで割引するというものです。

おうち割光セットの適用には、NURO光の有料オプション「NURO光でんわ」を付けることが条件です。NURO光でんわの利用料金は、利用する地域によって以下の金額が設定されています。

【NURO光電話の利用料金】

  • 北海道、関東:500円
  • 九州、東海、関西:300円

※価格は全て税抜きです。

そのため、NURO光を利用すると、インターネットだけでなくスマホや携帯電話を含めた毎月の通信費を抑えることができます。

おうち割光セットの適用条件やプランごとの割引額については、下記の記事を参考にしてください。

おうち割適用するならNURO光がおすすめ!ソフトバンク光と徹底比較!

フレッツ光とNURO光の初期費用を比較

フレッツ光とNURO光では、利用開始前に初期費用として、契約手数料と回線工事費がかかります。戸建てと集合住宅でそれぞれ必要な初期費用は以下の通りです。

【初期費用の比較】

回線名 フレッツ光 NURO光
契約手数料 800円 3,000円
回線工事費 戸建て:7,600円~18,000円
集合住宅:7,600円~15,000円
※配線設備の再利用の場合は2,000円
40,000円(実質無料)

※価格は全て税抜きです。

フレッツ光の回線工事費は、利用する建物の設備状況によって異なります。工事内容は屋外工事と屋内工事に分かれていて、両方の工事が必要な場合の費用は、戸建て18,000円、集合住宅15,000円です。

建物の屋外配線がすでに済んでいる場合は、屋外工事のみになるため、回線工事費は7,600円になります。また、建物にフレッツ光の設備が導入されている場合は、基地局内の切り替え工事のみになるため回線工事費は2,000円です。

一方、NURO光の回線工事費は、居住形態や設備状況に関係なく一律40,000円がかかります。

初期費用を比較すると、フレッツ光では2,800円~18,800円なのに対し、NURO光では43,000円になるため、NURO光の方が高いです。

しかし、2020年7月時点でNURO光は、申し込み特典を行っているため、回線工事費が実質無料になります。申し込み特典は、毎月分割で請求される回線工事費と同じ金額が割引される特典です。割引は回線工事費の残債が無くなるまで継続されるため、実質無料になります。

そのため、NURO光の初期費用は契約手数料3,000円のみになるので、フレッツ光の回線工事費が2,000円になる場合を除けば、NURO光のほうが初期費用を抑えられます。

※注意
  • NURO光の申し込み特典は、NURO光を解約した時点で終了します。そのため、回線工事費の残債があるとNURO光の解約時に一括請求されます。

フレッツ光とNURO光の通信速度を比較

下記は、フレッツ光とNURO光の最大通信速度を比較した表です。

【最大通信速度の比較】

回線名 フレッツ光 NURO光
最大通信速度 1Gbps 2Gbps

最大通信速度を比較すると、フレッツ光は上り下り1Gbpsなのに対して、NURO光は上り1Gbps下り2Gbpsと、フレッツ光の下りと比べて2倍の速さがあります。

最大通信速度は理論値なので、通信速度が補償されているわけではありません。しかし、最大通信速度が速いほうが一度に通信できるデータ量が多くなるため、フレッツ光よりもNURO光のほうが、実測の通信速度が速くなる可能性があります。

また、NURO光が使用している光回線は、NURO光の利用者しか使えない独自回線です。そのため、他社光回線サービスの契約者も利用しているフレッツ光の光回線よりも利用者が少ない傾向があるため、混雑しにくい環境でインターネットに接続できるという利点があります。

NURO光の通信速度の実測値については、下記の記事を参考にしてください。

NURO光の通信速度2Gbpsの実測値はどれほどか

フレッツ光とNURO光の解約費を比較

フレッツ光とNURO光の解約時には、契約時期や内容によって以下の解約金が発生することがあります。

【解約費の比較】

回線名 フレッツ光 NURO光
解約金 フレッツ光東日本
戸建てプラン:9,500円
集合住宅プラン:1,500円
※「にねん割」を途中解約すると解約金が発生
NURO光G2Vまたは、NURO光forマンションの途中解約
9,500円
フレッツ光西日本
戸建てプラン:10,000円
集合住宅プラン:7,000円
※「はじめ割」を途中解約すると解約金が発生

※価格は全て税抜きです。

フレッツ光の解約金は、「にねん割」と「光はじめ割」を解約すると発生します。

「にねん割」とは、フレッツ光東日本限定の割引サービスです。フレッツ光の利用料金から、戸建てプランでは毎月700円、集合住宅プランでは毎月100円が24か月間割引されます。

にねん割には2年の契約期間が定められており、契約期間の途中で解約すると、戸建てプランで9,500円、集合住宅プランで1,500円の解約金が発生します。

また、「光はじめ割」は、フレッツ光西日本限定の割引サービスです。フレッツ光の利用料金から、戸建てプランで毎月1,290円、集合住宅プランではプランによって毎月520円~720円の割引が24か月受けられます。

光はじめ割の契約期間は「にねん割」と同じ2年間になり、途中解約すると戸建てプランで10,000円、集合住宅プランで7,000円の解約金が発生します。

一方、NURO光の場合は、NURO光G2VとNURO光forマンションのどちらも2年間の契約期間が定められており、途中で解約すると9,500円の解約金が発生します。

解約金を比較すると、戸建てプランでは、NURO光と東日本では同じ金額で、西日本ではNURO光のほうが500円安いです。

一方、集合住宅ではフレッツ光東日本では8,000円安く、フレッツ光西日本では2,500円安いです。

ただし、NURO光とフレッツ光のどちらを契約した場合でも解約するタイミングによっては解約金が発生するため、契約前に利用料金と通信速度を比較してから長く契約できる回線を決めましょう。

インターネットおすすめ光回線

 

ドコモ光

     

ドコモ携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

auひかり

     

au携帯電話の割引特典あり

月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス
 

関連記事