閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光からNURO光に乗り換える前に!知っておきたい基礎知識

インターネット回線で最も有名な光回線といえば、フレッツ光。そのフレッツ光より通信速度の速いNURO光に乗り換えを検討している人に向けて、料金・速さを比較した上で、NURO光を使う際の注意点をまとめました。

結論から言ってしまえば、NURO 光が利用可能なエリアに住んでいる場合はNURO光がおすすめです!NURO光なら、フレッツ光より安く・速くインターネットが使えることは確実です。ただし、残念ながらNURO光を利用するにはエリア・建物に条件があります。自分の場合でもNURO光を使えるのかを、この記事を通じてしっかりと把握しましょう。

フレッツ光とNURO光の月額料金を比較!

フレッツ光とNURO光の月額料金を比べると、戸建て・マンション両方の場合においてNURO光の方が料金は低く設定されています。特に、初期費用は12,000円以上NURO光の方が安くなるので、新規でインターネット接続を検討している人はもちろんのこと、フレッツ光からNURO光に乗り換えたい人は初期費用をかなり抑えられますよ。

戸建てタイプの料金

 戸建てタイプの料金の場合、NURO光の方が月額料金や契約事務手数料は高額に設定されています。しかし、無線LAN付きルーターが無料でレンタルできるほか、開通工事費も実質無料になるので、総額としてはフレッツ光よりもNURO光の方が料金を抑えて利用できます。

《戸建てタイプの料金比較》

(月額料金や解約料は、いずれも2年契約プランの場合を記載)
※1.フレッツ光の月額料金には、別途500~1,200円程度のプロバイダ料金がかかる。また、表の料金は、それぞれ東日本(ギガファミリー・スマートタイプ)と西日本(ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼)を記載。
※2.カスペルスキー(ロシア製のウイルス対策ソフト)最大5台まで
※3.工事費実質無料キャンペーンについては、1-3で解説

集合住宅タイプの料金

集合住宅タイプの場合、フレッツ光、NURO光ともに、物件内の契約戸数(いずれも4戸以上)によって料金が変わりますが、契約戸数が多いほど利用料金を抑えられます。なお、フレッツ光は月額料金にプラスしてプロバイダ使用料を毎月支払う必要があるので、マンション・アパートに住む場合であっても、NURO光の方が毎月の使用料を抑えられます。
《集合住宅タイプの料金比較》

(月額料金や解約料は、いずれも2年契約プランの場合を記載しています)
※1.フレッツ光の月額料金には、別途500~950円程度のプロバイダ料金がかかる。表の料金は、それぞれ東日本(ギガマンション・スマートタイプ)と西日本(マンション・スーパーハイスピードタイプ隼)を記載。NURO光の場合は、マンションミニプランの料金を記載。
※2.カスペルスキー(ロシア製のウイルス対策ソフト)最大5台まで
※3.工事費実質無料キャンペーンについては1-3で解説

なお、NURO光でマンションを契約する場合は、その建物が何階建てかによって契約できるプランが異なります。NURO光をマンションで使う場合のプランの概要とキャンペーンについてはコチラを参考にしてください。

NURO光の工事費無料キャンペーンが凄い!

NURO光では、工事費が実質無料になるキャンペーンを行っています。無料ではなく「実質無料」というのは、工事費を請求した上で、全く同じ金額を月額料金から割り引くことで、工事費を相殺する仕組みだからです。

工事費は30ヶ月にわたって分割払いするので、もし30ヶ月以内にNURO光を解約した場合、残りの期間で支払うべき工事費用を一括で払わなくてはなりません。工事費を月額料金から割り引いて実質無料にするのは、長く使ってもらうための工夫というわけです。
また、NURO光では、工事費が実質無料になるのに加えて、10,000円がキャッシュバックされ、さらに最初の一年間の月額料金が1,980円になるキャンペーンを行っています。2年以上NURO光を利用する方は、こちらの公式キャンペーンを利用するのをお薦めします。

(画像出典:NURO 光公式ホームページ
対象:NURO光 G2V(戸建/マンションミニ)新規入会・コース変更
内容:・工事費実質無料
・開通4ヶ月後に10,000円キャッシュバック
・設定サポート(9,000円相当)が無料
・月額料金1年間 1,980円
条件:公式ホームページから申し込みの上、申し込みから12ヶ月後の月末までにサービス利用開始
期間:なし (※2018年9月現在)

Softbankユーザーならもっと安くなる!

NURO光は、Softbankの携帯電話とのセット割「おうち割 光セット」が適用できます。おうち割とは、対象の固定回線と同一住所で契約している人、およびその家族の携帯電話料金を、1台につき500~1,000円、最大10台まで割引するというものです。なお、おうち割適用には、NURO光に光でんわをオプションで付けることが条件となっています。家族全員がSoftbankの携帯電話を利用している場合は、おうち割適用で月々の通信料金を大幅に下げられますよ。
プランごとの詳しい割引額やプランについては、コチラの記事で解説しています。

同じNTTの回線を使っていても、フレッツ光よりNURO光の方が速い!

フレッツ光の最大通信速度は1Gbpsなのに対して、NURO光の最大通信速度は2Gbps。実に2倍も速度の違いがありますが、実は使っているのは同じNTTの回線です。両方ともNTTの回線を使用しているのに、なぜこれだけの差が生まれるのでしょうか?

フレッツ光とNURO光の回線の違い

フレッツ光もNURO光も、同じNTTの回線を使用していますが、使っている回線は違います。ここが
大事なのですが、混乱してしまう部分でもあります。NURO光は、NTTの回線を借りてサービスを提供
していますが、フレッツ光とは違う回線を利用しています。つまりNTTが持っている光回線は、フレッツ光で使用され
ている回線だけではなく、二種類あるということです。

NURO光が使用しているのはダークファイバーという元々NTTが敷設しつつも使われていなかった回線です。光回線を引く場合、今後の利用を考えて多めに敷くのが一般的なのですが、多めに引かれたものの利用されずにいる光ファイバーを、ダークファイバーと呼びます。使われていない=光が無い、ということから「ダーク」と呼ばれているのですね。これをNUROが借りて提供しているのが、NURO光です。したがって、光コラボ事業者が使用しているフレッツ光の回線よりも、元々利用されていなかったダークファイバーを使用しているNURO光の方が、回線が混雑せずにインターネットに接続できるという利点があります。

速さを増しているのは、伝送技術

フレッツ光とは異なる光ファイバー網を利用しているからといって、それだけでは基本的な回線速度は変わりません。
NURO光で2Gbpsが出ているのは、フレッツ光が利用している「GE-PON」ではなく、「G-PON」という接続方式を利用しているためです。NURO光は通信局の設備を整えるにあたり、最新の伝送技術を採用しているため、フレッツ光と同じタイプの回線を使用していてもより速い通信が可能となりました。

画像出典:NURO光 公式ホームページ

NURO光の通信速度の実測値については、こちらの記事で紹介しています。

NURO光は、IPv6が標準仕様

フレッツ光では、通常「NGN IPv4」という方式を用いて通信を行っています。しかし、このIPv4という接続方式では利用者の増加に対応できず、個々のユーザーに割り振れるIPアドレスが足りなくなってきてしまいました。そこで注目されたのがIPv6接続方式です。この接続方式を採用することにより、膨大な量のIPアドレスを個人に割り当てることができるようになりました。一部のプロバイダでは、フレッツ光でもIPv6方式で通信できるサービスを提供している会社が増えてきましたが、すべてのプロバイダがIPv6方式に対応しているわけではありません。
NURO光ではIPv6が標準仕様となっているので、特別な申し込みやプロバイダの選定の必要もなくIPv6接続方式でインターネットにアクセスすることができます。
NURO光のIPアドレスについてさらに詳しく知りたい方は、コチラの記事を見てみてください。

NURO光は専用ONUが無料!

NURO光は自社回線の能力を最大限に引き出すため、回線接続装置(ONU)と一体になった無線LAN(Wi-Fi)付きルーターを無料で提供してくれます。工事が終わったらすぐに有線・無線でネットができ、自前ルーターが要らないのでコストもかかりません。NURO光のONUについてはコチラの記事で解説しています。
フレッツ光の場合は、有料オプションとしてONUをレンタルするか、自分でONUを購入して準備する必要があります。フレッツ光よりも、NURO光の方が機器レンタルの面で考えても良心的ですね。

フレッツ光からNURO光に乗り換えるときの注意点

速さや安さという点でフレッツ光よりもお薦めできるNURO光ですが、利用を検討する際には何点か注意しなければならない点や、理解しておきたい点があります。

転用ではない

フレッツ光から光コラボに契約を変更することを転用と言います。それに対して、元々使用していた回線業者を解約し、新規で別の回線業者と契約することを乗り換えと言います。転用の場合には、工事費や違約金がかからない他、手続きも乗り換えに比べて簡単であるというメリットがあります。
 しかし、NURO光は光コラボ事業者ではないため、転用ではなく乗り換えの手続きが必要です。自分でフレッツ光の時に契約していたプロバイダを解約するなどの手間が発生してしまうので、気を付けましょう。

エリアが限定されている

フレッツ光が全国的に展開しているのに対して、NURO光は現状、関東・東海・関西エリアのみで提供されています。

(注:2018年9月現在)

対象外のエリアについては、NURO光によってエリアの拡大が行われていないのが現状です。NURO光がNTTのダークファイバーを使用した回線なので、エリアを拡大するためには回線のレンタル数を増やさなければなりません。レンタル費用が増えることや、設備投資も考えると、NURO光がエリアを拡大するのには時間がかかってしまいます。NURO光のサービス対象エリア外の人は、エリア拡大を待つのではなく、他のインターネット事業者を検討するのが賢明です。

NURO光の場合、プロバイダはSo-net一択!

フレッツ光やNURO光を含めた光回線サービスでは、光回線を提供する回線事業者への月額料金の支払いの他に、インターネット接続サービスを提供するプロバイダ事業者にも支払いをする必要があります。NURO光を契約すると、プロバイダは選択できず、So-netがプロバイダとして設定されます。このため、プロバイダの比較で頭を悩まされる必要が無い他にも、回線事業者とプロバイダの利用料金の支払いが同時にできる・問い合わせ窓口が一本化するなどのメリットが生じます。

マンションの場合は、7階建て以下が基本!

NURO光をマンションなどの集合住宅で利用する場合、2通りの導入方法があります。一つは7階建て以下の集合住宅向けのNURO光(マンションミニ)、もう一つは8階建て以上も対応できるNURO光 for マンションです。
7階建て以下が対象のNURO光はマンションミニとも言われています。ここで言う7階建てとは導入部分ではなく建物自体の階数の事です。つまり、仮に1階に住んでいたとしても、マンション自体が8階建てだとNURO光 for マンションしか申し込みができません。なお、NURO光forマンションを契約するのは、マンションミニを契約するよりも条件が厳しいです。
《NURO光forマンションを利用する条件》
・同マンションで、4人以上の利用希望者がいる
・NURO光の設備をマンションに導入する必要がある。
・契約が3人以下になり、自動解約となった場合、解約金9,500円+宅内工事費40,000円の残りの支払い+マンション内設備導入工事費60,000円の残りが請求される。

マンションがNURO光 for マンションに対応しているかどうかはNURO光公式ページで確認できます。対応していない場合には、設備を導入する必要があります。一方、7階建て以下の集合住宅が対象のNURO光であれば1人でも申し込みが可能です。
戸建てタイプのNURO光を入れるのと原理は同じなので、月額料金は戸建てタイプと同じ4,743円かかりますが、NURO光 for マンションのように他の住人と回線を共有する必要がないので、戸建てタイプ並みに安定した高速回線が利用できるという利点があります。

NURO光は引っ越し時に解約&新規申し込みが必要

NURO 光は、引っ越しに対応していません。引越し時の工事費を割引くキャンペーンは無いため、移転の際は現住所の契約をいったん解除し、新住所で改めて申し込みする必要があります。また、NURO光の入会キャンペーン(工事費無料やキャッシュバックなど)は、過去に利用したことがある人は再度キャンペーンを利用できません。
フレッツ光の場合は、NTT東日本または西日本の同一エリア内で引っ越しする場合、違約金が無料になるほか、移転先の工事費も半額または無料になります。
※NURO光の引越しについて、詳しくはコチラでも解説しています。
※フレッツ光の引越しについて、詳しくはコチラでも解説しています。

代理店からの契約で、高額キャッシュバックも!

NURO光は、正規店からだけではなく、代理店からも契約できます。公式キャンペーンを利用するだけでも十分割引額の大きいNURO光ですが、代理店を経由して契約すれば、代理店独自のキャンペーンとして高額なキャッシュバックやゲーム機を受け取れることも。
例えば、ライフバンクという代理店では、「最大12万円もお得になる!」というキャンペーンを行っています。

ライフバンク 公式ホームページ
このキャンペーンの12万円の内訳は、「月額基本料金最大40,000円割引」と「ライフバンクのキャッシュバック最大80,000円」を合わせた総額です。
《ライフバンクのキャッシュバック最大80,000円をもらう条件と方法》
・NURO光に加入+電話を契約+ひかりTVを契約+友人紹介4人
・開通月+10ヶ月後にキャッシュバック申請書を送付→開通月+12ヶ月後末にキャッシュバック振り込み

NURO光だけではなく、電話やひかりTVも申し込もうと考えている方や、紹介できる友人がいる場合には、代理店からの契約を検討すると良いでしょう。
NURO光の申し込み代理店を比較している記事は、コチラです。代理店のキャッシュバックキャンペーンが気になる方は、チェックしてみてください。

まとめ

フレッツ光RO光の料金・速さについて比較・解説しましたとしてはともにフレッツ光よりもNURO光の方がお薦めです。ただし、NURO光は対応エリアが関東・東海・関西のみであることと、マンションに住んでいる場合には建物が7階建て以下でないと導入が難しいという点に注意しなければなりません。
NURO光の対応エリア内に住んでいる場合には、フレッツ光からNURO光への乗り換えをお薦めしますが、もしエリア外の場合にはフレッツ光の回線を利用した「光コラボ」事業者への転用を検討するのが良いでしょう。使っている携帯電話とのセットで携帯電話の月額料金が割引になる他、月額料金が安くなるキャンペーンを行っている光コラボ事業者があります。光コラボが気になる方は、コチラの記事を参考にしてください。光コラボへ転用するとどのようなメリットがあるのかを、利用にあたっての注意点を併せて解説しています。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事