閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

レンタル中のルーターは交換できる?それとも自分で購入するの?フレッツ光のルーターを交換したいとき

光回線なのに通信速度が遅い、接続が切れやすい、そういったトラブルの原因はルーターにあることも。
自宅にフレッツ光の光回線を導入している人が、接続を安定させるためにルーターを交換したいときは、どうすればいいのでしょうか? 
ここでは、ルーターの交換方法をいくつかご紹介していきます。

今あるルーターを交換したい

現在フレッツ光を利用しており、すでにルーターを使って自宅でWi-Fiも使っている方がルーターを交換したい場合の多くは、インターネット回線やひかり電話の接続不良や通信速度の低下を改善するためだと思います。

ルーターの交換には、レンタルしているNTTに交換してもらうか、自分でより適したルーターを購入して交換する、2種類の方法があります。

フレッツ光から送られてくる「ホームゲートウェイ」

フレッツ光で「フレッツ光ネクスト」「フレッツ光ライト」「フレッツ光ライトプラス」を利用している場合、月額料金と一緒に毎月使用料金が請求される有料レンタルでの「ホームゲートウェイ」と呼ばれる端末を使用することになります。

このホームゲートウェイはONUという光終端装置と無線LANカードが一体型になっています。(Bフレッツなど契約したプランや時期によっては、終端装置とホームゲートウェイが別々になっている場合もあります。)

以下の記事で、ホームゲートウェイについて詳しく解説しています。

フレッツ光のホームゲートウェイとは?レンタルするメリットやレンタル料金を解説

レンタル機器仕様

フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ
https://flets.com/next_giga/fm/hgw.html

フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ
https://flets.com/next_giga/mn/hgw.html

レンタルで貸してもらえる機器は、上記のページで紹介されています。どの機器でも内蔵無線LAN機能があり、PCやスマホで動画を視聴する程度のダウンロード通信では不自由なく使えるスペックです。

レンタル中のルーターを交換してもらう

ひかり電話の契約をしていない場合で、自宅内でWi-Fiを使いたい場合は無線LANルーターを別途用意する必要があります。この場合、NTTから有償でレンタルするか自分で購入したルーターを使うかの選択肢があります。

接続機器を自分で設定する自信がない、手間を省きたい人には、レンタルをおすすめします。

ひかり電話も契約している場合

ひかり電話を導入している場合も、ホームゲートウェイとは別に、「ひかり電話ルータ(PR-500やRT-S300NE、古い型だとRT-200KIなど)」がレンタルできます。しかし、このままでは無線LANは使用できません。
別途で専用無線LANカードをレンタルするか、ホームゲートウェイのルーター機能をオフにし自分で用意したルーターを取り付けて使うこともできます。(※自分で用意したルーターを使う場合は、PPPoEプロトコルのブリッジ機能を有効にする設定が必要です。)

このホームゲートウェイは故障した場合に限り、無償で交換してもらえます。最近多いパターンでは、最初の契約で借りて何年も使い続けていた「RT-200KI」タイプでの接続が不安定になり、NTTに問い合わせて自損故障でないと判断してもらえれば新しいタイプの「RT-S300NE」と交換してもらえるようです。

新しいルーターを自分で購入する

NTTフレッツ光から無線ルーターをレンタルすることもできますが、こちらは月額750円となり、12ヶ月で9,000円、24ヶ月なら18,000円とかなり割高になってしまいます。
一方、市販のルーターは、マンションでの一人暮らし用なら5,000円前後、一戸建てで家族で無線LANを共有する場合でも15,000円前後で購入できます。ガイドを読みながらであればほとんどの方が自分でPCと機器の接続は可能です。
接続設定が自分でできそうで、無駄な出費をおさえたい人には、ルーターの購入をおすすめします。

最新規格11acのWi-Fiルーターに交換する

フレッツ光の通信速度を無線で最大限活かしたいならば、最新のWi-Fiルーターを導入するのが一番おすすめです。

数年前のWi-Fiルーターだとダウンロード速度は最大でも50Mbps程度。せっかくの1Gbps光回線を活かせません。少し前まで多く使われていたルータの規格11nでもダウンロード最大で450Mbpsでした。現在最新規格のWi-Fiルーターは11acというもので、これは規格上最大6.9Gbpsまで対応しているそうです。(もちろん、フレッツ光の通信速度は最大1Gbpsですので、実際はそこまで必要ありませんが、そのくらい最新規格のものはキャパシティが増えているということです。)

例として、現在人気のある無線LANルーターをご紹介しましょう。

AirStation HighPower Giga WHR-1166DHP4(バッファロー)
価格:4,680~6,998円
http://www.buffalo-direct.com/directshop/products/detail.php?product_id=20325

無線LAN規格はIEEE802.11a/b/g/n/acと、古い規格から最新規格までをカバーしており、2階建て3LDKで3人での利用を想定した接続環境に対応しています。
光回線自体やプロバイダの混雑などさえなければ、常時で通信(転送)速度が204GHzなら300Mbps、5GHzなら866Mbpsと、非常に快適な無線インターネットが利用できるのです。

以下の記事では、市販のおすすめのルーターを紹介しています。

自宅の光回線を無線LANで快適に!おすすめ光回線用Wi-Fiルーター(2018年版)

このように、通信速度を安定させられる無線ルーターは低コストで簡単に購入して導入できます。ルーター交換を考えている人には、ぜひこういった機器の購入を検討してみてくださいね。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事