閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光で自宅にWi-Fi環境を!レンタルする「無線LANカード」ってどんなもの?

自宅のフレッツ光でWi-Fiを利用する3つのパターン

・レンタルしたホームゲートウェイの無線LAN機能を使う
・レンタルした無線LANカードを設置して使う
・自分で購入した無線LANルーターを設置して使う

無線LANを構築し、自宅にWi-Fi環境を作るなら、少しネット機器に詳しい人なら自分でルーターを用意してフレッツ光のONUやホームゲートウェイに接続して使っているかもしれません。では、フレッツ光での「無線LANカード」とは一体どのようなものなのでしょうか? ここでは、レンタルでの無線LANカードについてご紹介していきます。

ひかり電話とレンタル無線LANカード

フレッツ光ユーザーでひかり電話にも加入している人は、光回線のみの契約と違い、最初に貸し出される機器もONU一体型の「ひかり電話対応ホームゲートウェイ」を使用しています。この環境でWi-Fiを使うには、別に「無線LANカード」という専用のものを有償レンタルして機器に取り付ける必要があります。

無線LANカード月額(NTT東日本の場合)
ひかり電話新規申込みの場合

ひかり電話対応機器
+
無線LANカード(1枚)
300円/月
(機器工事費0円)

ひかり電話利用中の場合(戸建/集合住宅ともに)

無線LANカード(1枚) 300円/月
(訪問サポートサービスを利用した場合の機器工事費8,900円)

無線LANカード月額(NTT西日本の場合)
フレッツ光ネクスト&ひかり電話 利用の場合

ホームゲートウェイ
無線LANカード(1枚)
100円/月

フレッツ光ネクストのみ 利用の場合

ホームゲートウェイ
無線LANカード(1枚)
100円/月
ホームゲートウェイ本体機器※ 250円/月

※ひかり電話を利用していない場合は、ONUが独立した機器とホームゲートウェイが別々になっているので、無線LANカードをレンタルする場合はホームゲートウェイ本体も一緒にレンタルすることになります。

フレッツ光東日本なら、にねん割で2年間月額料金最大700円割引き!

フレッツ光東日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • ギガ推しキャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

ルーターより無線LANカードのほうがよい場合

ひかり電話を利用中である場合

これらの月額料金や設定の手間を考えると、現在NTT西日本でフレッツ光とひかり電話を利用している場合は、Wi-Fi環境を整えるなら無線LANカードをレンタルしたほうが手間も少なくコスパも良いといえます。

光回線の接続方式がVDSLやLAN配線方式の場合

フレッツ光での無線LANカードのスペックを見ると、Wi-Fi無線インターネットでの転送速度は最大でも300Mbpsです。

ひかり電話対応機器 SC-40NE「2」の速度スペック

無線LAN 伝送速度
(2.4GHz帯)
IEEE802.11b 11~1Mbps(自動切換)
IEEE802.11g 54~6Mbps(自動切換)
IEEE802.11n [HT20]144.4~6.5Mbps(自動切換)
[HT40]300~13.5Mbps(自動切換)

「せっかくの光回線なのに300Mbpsまでしか出ないなら、別で購入した高機能の無線LANルーターのほうが光回線の速度をもっと活かせる」と考えがちですが、ここで注意すべきポイントがあります。契約しているフレッツ光の接続方式がVDSLの場合です。マンションタイプで多いのですが、このVDSL方式ではそもそもの光回線の最大速度は100Mbpsとなっています。この場合、ルーターがどれほど最新規格であっても光回線の最大速度を超えることはできません。この場合は、最新のルーターを購入してもあまり意味がありませんので、無線LANカードをNTTからレンタルしてしまったほうが確実でしょう。

戸建で光配線方式ならルーターは購入するのがおすすめ

逆に、フレッツ光でも戸建住宅や、光配線方式の集合住宅の場合は最大1Gbpsの光インターネットの速度をWi-Fiにフル活用できるように、レンタルできるホームゲートウェイの内蔵無線LANか、別で購入した無線LANルーターをおすすめします。
特に、別で購入した無線LANルーターでのほうが、数年使用するならNTTからのレンタルよりも機器にかかる金額はかなり安く済みます。
ルーターの購入については、以下の記事で詳しくご紹介しています。

フレッツ光ユーザー、Wi-Fiルーターは購入かレンタルか?スペック比較でどちらがいいのか考える

一昔前までは、ポケットWi-Fiを使うためにノートPCなどにも無線LANカードをスロットに差し込むことも多かったのですが、最近では、無線LANカードを差し込むタイプの機種はPCにもスマホにもほとんどなく、機種にWi-Fi受信機能が内蔵されています。あまり効かなくなった無線LANカードですが、フレッツ光のひかり電話対応機器でのWi-Fi利用には必要になるものですので、ひかり電話を利用中の方がWi-Fiを設置したい場合は、レンタルの金額について調べてみてください。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事