閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光(西日本)は 転用で光コラボレーションに移行が可能!ではプロバイダ契約などの引継ぎは?

フレッツ光はNTTが運営する光回線によるインターネット接続サービスです。
フレッツ光とはNTTが保有する光回線網の総称です。日本では、全国レベルで光回線網を保有しているのはNTT(フレッツ光)とKDDI(auひかり)のみです。全国規模ではなく、地域限定の光回線網を保有する回線業者ならいくつか存在します(NURO光、コミュファ光、等)

現在はフレッツ光、auひかり以外でも、「SoftBank光」や「ドコモ光」など、多くの光回線事業社が存在します。実はフレッツ光とauひかり以外の、全国規模の光回線事業社は2015年にNTTがスタートした「光コラボレーション」に参入して光回線事業を開始した事業社です。
光コラボレーションの回線はフレッツ光の回線を流用しています。そのためフレッツ光を利用しているユーザーは光コラボレーションの回線業者に「転用」する事が可能です。
光コラボレーションの事業社の中には携帯電話キャリアの会社もあり、携帯電話と契約をまとめると割引の対象になる場合もあります。

本記事はフレッツ光から光コラボレーションに転用する方法や、転用するメリット、デメリットを解説します。

フレッツ光の転用対象となる「光コラボレーション」とは?

「光コラボレーション」はNTTがフレッツ光の回線を他社に卸売し、回線事業を委託する形の業務形態です。
NTTが光コラボレーションをスタートとした主な理由は、ユーザー数の伸びが2010年くらいから頭打ちとなり、光回線事業自体が飽和状態になった事が挙げられます。
そこでNTTはユーザーを増やすよりはフレッツ光の回線を他社に卸売りする、という新たなビジネスを打ち出しました。

光コラボレーションに参入した事業社はフレッツ光の回線を使い、インターネット接続事業を始めることが出来るようになりました。
現在、豊富に存在する光回線事業社は光コラボレーションに参入した事業社です。光コラボレーションに参入した企業は収入の一部をロイヤリティとしてNTTに支払う、という形で、NTTは光コラボレーションによる利益を得る仕組みです。

フレッツ光から光コラボレーションの回線業者に「転用」が可能です

光コラボレーションの最大の特徴はフレッツ光の回線を流用しているということです。このためNTT(フレッツ光)から光コラボレーションの回線業者に契約を切り替えても、やはり使うのはフレッツ光の回線です。そのため工事などの手間が不要になります。このことから、フレッツ光は光コラボレーションの事業者に契約変更する際は解約→新規契約の流れが必要のない方法を設けています。これがフレッツ光からの「転用」です。

光コラボレーションへの「転用」とは?

本来、インターネット回線契約を別の回線に変更する場合は、現在の回線契約を解約し、別の回線業者と新規契約、という手順が必要でした。
解約には解約金が必要になる場合が多く、さらに新規契約する場合は工事費などの初期費用がかかる場合が多く、何かと費用がかかります。

フレッツ光も光コラボも、どちらもフレッツ光の回線を使っています。そのためフレッツ光から光コラボへの移行は改めて工事の必要がなく、実質的には回線の書類上の契約変更とプロバイダの契約変更で済みます。

乗り換えなら料金がお得な光コラボレーション!ネット代、携帯代が安くなる!

光コラボレーションがお得なポイント

  • ネット料金月額2,800円~!
  • 携帯代金最大2,000円割引!
  • フレッツ光からの転用なら工事費不要!
  • さらにお得なキャンペーンも!

転用した場合、契約内容は引き継がれるの?

フレッツ光の回線契約は単純にインターネットの接続以外にも様々なオプションプラン(付加サービス)を提供しています。オプションはほとんどが有料のため、ユーザーは任意でオプションに加入し、付加サービスを利用します。

フレッツ光のIP電話サービスの「ひかり電話」やチャンネル配信サービの「ひかりTV」はフレッツ光のオプションの代表例です。これらの、フレッツ光のオプションは光コラボの事業者に転用した後も引き継ぐことが出来ます。

転用後のフレッツ光のオプションは、フレッツ光(NTT)が提供し続ける形となります。

例えばフレッツ光から光コラボの一つである「ドコモ光」に転用したとします。
転用の際、工事などは不要のため、基本的に手続きだけで転用出来ます。しかしフレッツ光時代に契約しているプロバイダは一度解約し、改めて新規絵規約が必要です(詳細は後述)

プロバイダは引き継ぎ不可能です

転用の際、契約しているプロバイダは一度解約し、新しく光コラボと回線契約する際に新規契約する必要があります。プロバイダの解約はタイミングによっては違約金が発生することもありますので、注意しましょう。

フレッツ光の割引特典「光もっと×2 割」は引き継ぎ不可能です

フレッツ光(西日本)の公式割引特典に「光もっと×2 割」があります。
「光もっと×2 割」はフレッツ光を年単位で契約することで毎月利用料から1,100〜1,790円の割引を適用することが出来る特典です。この「光もっと×2 割」は転用後に引き継ぐ事は出来ません。

基本的に転用で引き継げるのはフレッツ光が提供するオプションサービスのみで、割引サービスは引き継ぐことが不可能です。
また、「光もっと×2 割」は転用での解約でも規約に基づく解約金が発生することに注意しましょう。

転用でも場合によっては工事費が必要になるケースもあります

光コラボへの転用は基本的に工事費がかからないという点が大きなメリットですが、一戸建て世帯の場合は例外的に工事費がかかるケースもあります。そのため転用の際は工事費がかからないかどうかをフレッツ光に問い合わせることをおすすめします。
ちなみに光コラボの転用先によっては転用で発生する工事費を補填してくれる場合もあります。

乗り換えなら料金がお得な光コラボレーション!ネット代、携帯代が安くなる!

光コラボレーションがお得なポイント

  • ネット料金月額2,800円~!
  • 携帯代金最大2,000円割引!
  • フレッツ光からの転用なら工事費不要!
  • さらにお得なキャンペーンも!

フレッツ光から光コラボに転用する際のメリット、デメリット、まとめ

転用のメリット

●移行のための手続きが簡単でスムーズ
●工事費がかからない
●フレッツ光で利用していたオプション(付加サービス)は、引き続きフレッツ光が提供するという形で引き継ぎ可能

転用のデメリット

●「光もっと×2 割」やプロバイダ解約の解約金は免れない
●フレッツ光契約時の工事費の分割払いが残っている場合は残債を一括返済
●例外的に転用後、工事費が発生するケースもアリ

上記のデメリットはフレッツ光を解約する際に必然的に発生します。
デメリットというよりは、事前に確認しておきたい解約時の出費、と考えるべきかもしれません。

光コラボの携帯電話キャリアの事業者と契約するメリット

日本の携帯電話の3大キャリアといえば「docomo」、「au」、「softbank」です。この内の2つは光コラボレーションで回線事業を行なっており、フレッツ光から転用が可能です。
docomoが運営するのが「ドコモ光」、softbankが運営するのが「softbank光」です。
ちなみにau(KDDI)は「auひかり」という独自の回線を保有する光回線事業社で、フレッツ光の長年のライバルという立場です。

携帯電話とインターネットの契約をまとめるとセット割でお得に

「ドコモ光」も「softbank光」も携帯電話キャリア会社の提供する光コラボです。携帯電話契約とインターネット契約を同時に結ぶと「セット割」という割引特典が適用され、携帯電話料金が安くなります。
docomoのセット割は「ドコモ光パック」、softbankのセット割は「スマート値引き」です。
さらにdocomoもsoftbankも家族で携帯電話を契約して、データ定額プランを一つの契約でシェアすることができます。

携帯電話の契約は家族でまとめるとお得です

セット割の割引額は定額データプランの容量が大きいほど多くなります。このため家族数人でシェアすることを前提に、容量多めのデータ定額プランを選ぶことでセット割の恩恵を最大限に利用出来ます。

以上のことから、家族数人で携帯電話キャリアをまとめ、さらにインターネット回線もまとめることでセット割を最大限に活用することが可能になります。

この仕組みはsoftbank光(おうち割り光セット)でも、auひかり(auスマートバリュー)でもほとんど同じで、大切なことはインターネット回線と携帯電話の契約を一つにまとめることです。

ドコモ光とsoftbank光はどちらも光コラボのため、フレッツ光からの転用で上記のようなセット割り活用へのスムーズな移行が可能になるのです。

まとめ

フレッツ光と光コラボレーションは同じ回線を利用しているため、スムーズに契約移行出来る「転用」が可能です。転用してもフレッツ光のオプションサービスは、NTTからサービス提供を受け続けるという形で引き継ぎが可能です。
なお、転用で引き継げるのは基本的にオプションだけで、プロバイダ契約やフレッツ光の割引特典は継続不可能です。

転用先の光コラボ事業社の中にはドコモ光、softbank光のように携帯電話キャリアの会社があります。
携帯電話キャリアの携帯電話契約とインターネット契約を一つにまとめることでセット割りが適用され、利用料金がお得になります。
セット割は大容量の定額データプランを選ぶとより割引額が大きくなりため、家族数人の携帯電話契約とインターネット契約を一つにまとめることが料金を割安にするコツです。

おすすめ窓口最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光トップページ
携帯もインターネットもdocomoにまとめるとお得!
CMでも話題で大人気のドコモ光!携帯とインターネットをセットでdocomoにする「ドコモ光パック」で毎月最大6,000円割引♪今ならこの窓口からの申し込みで最大15,000円キャッシュバックも実施中

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事