閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

固定電話回線でインターネット接続する方法と光回線の紹介

固定電話の回線を使用して、インターネットに接続する方法は、使用している回線の種類で違いがあります。固定電話回線は「アナログ回線」「ISDN回線」「ADSL回線」の3種類です。今回は固定電話回線を利用したインターネット接続方法について解説します。あわせて光回線を使用したインターネット接続についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

インターネットの接続には回線とプロバイダが必要

インターネットに接続するには、回線とプロバイダが必要です。
・回線:データの通り道
・プロバイダ:使用している回線とインターネットを結びつける接続サービスを提供してくれる業者のことです。

固定回線の接続方法

固定電話回線にはアナログ回線、ISDN回線、ADSL回線があり、それぞれインターネットへの接続方法に違いがあります。自宅の電話回線の種類がわからない方は、まず回線の種類を調べる必要があります。

自宅の電話回線を調べる方法

・電話料金の明細書を確認する
電話回線業者から送られてきた電話料金の明細書に、INSという表記がある場合

・電話機周辺の機器
 電話機の近くにADSLモデムかターミナルアダプタという機器がある場合、その機器に
・ISDNと表示されていたらデジタル回線
・ADSLと表示されていたらアナログ回線
電話機周辺に機器がない場合はアナログ回線です。

①固定電話のアナログ回線を用いた接続方法

固定電話がアナログ回線の場合、アナログデータしか回線を通ることができません。そこでインターネット接続する際に必要になるのが、「アナログモデム」という機器。アナログモデムとは、パソコンから出たデータ(デジタルデータ)を、電話線に通るような形(アナログデータ)に変換したり、逆に電話線から戻ってきたデータをパソコンが認識できるデータに変換したりする機械です。

パソコンからのデジタルデータをアナログモデムがアナログデータに変換し、アナログ回線を経由してプロバイダに接続され、インターネットが使用可能になるというわけです。

アナログ回線接続のデメリット
・「使った時間に比例して電話代がかかる」こと、
・電話、インターネット同時には利用できず、どちらか一方しか使えない
・通信速度が最大56kbpsとほかの回線に比べ遅い

②固定電話のISDN回線を用いた接続方法

出典:NTT東日本公式
ISDN回線とは、デジタル回線による電話サービスです。パソコンをUSBケーブルまたはRS-232Cケーブルでターミナルアダプタに接続し、そこからモジュラージャック(電話線の接続部)に接続することで、インターネット通信が可能になります。

ISDN回線では、1つの電話番号に2回線あるためインターネットと電話が同時に利用でき、通信速度については最大64kbpsとアナログ回線より多少速くなります。

ちなみに、フレッツ・ISDN の月額利用料は、NTT東・西日本ともに、月額2,800円、マイラインプラスとのセット割引きで2,520円です。ただし、実際にはこの料金にプロバイダ利用料、通話料金などがプラスされます。

NTTでは、フレッツISDNの受付を終了し、IDSN回線のユーザーに対して、「フレッツ光」への移行を勧めています。移行時には初期工事費が無料になるなど、割引サービスを実施しています。

③固定電話のADSL回線を用いた接続方法


出典:NTT西日本公式
ADSLは、アナログの電話回線を使ってインターネットに接続するサービスです。
ADSL回線の特徴は、電話の周波数帯以外の高周波数帯を用いて、データ通信を行っていることです。スプリッタという
接続方法は、パソコンをLANケーブルでADSLモデムに接続し、さらにADSL

ADSL回線を用いてインターネットに接続するときに
必要なのが、「ADSLモデム」です。
ADSLモデムは、電話回線を通じて送られてくるADSL信号をEthernetの信号に変換したり、その逆の作業をする機器です。パソコンからADSLアダプタとADSL回線を経由してプロバイダに接続することで、インターネットが使えます。

NTTの「フレッツ・ADSL」の料金(電話共用型の場合)は、モアIII(47Mタイプ)で2,800円、マイラインプラスのセット割引き適用で2,520円です。

その他のインターネット接続方法

固定電話の回線を使用したインターネット接続方法の他に、新たに「光回線」を引く方法があります。

光回線とは

「光回線」とは、光ファイバーと呼ばれる通信用のケーブルの中を、光信号が通って通信を行う回線のことです。光回線のメリットは、通信が安定しており、接続が途切れにくいこと。
光回線の通信速度は最大1Gbpsと、ADSL回線よりも通信速度は速いです。

光回線を用いた接続方法

使用するためには開通工事が必要になることです。またインターネットを接続の際は、ISDN回線・ADSL回線同様、プロバイダと契約する必要がありますが、フレッツ光の光回線を利用した「光コラボレーション」なら、回線とプロバイダが1つになっているので、料金は割安に設定されています。

光回線については、「フレッツ光」を例に、ADSL回線との比較、速度、料金体系などについて、以下で詳しく紹介しています。こちらも参考にして下さい。

「フレッツ光でインターネットに接続したい!知っておくべきポイントを説明します」

「そもそも「フレッツ光」とは?-特徴や料金まとめ」

<固定電話を使うなら、ひかり電話がおすすすめ>

ひかり電話はフレッツ光が提供するIP電話サービスですが、フレッツ光に限らず、他社の光回線でインターネットの契約をすることで利用できます。たとえば、「auひかり」であれば、「auひかり 電話サービス」、「ソフトバンク光」なら「ホワイト光電話」です。

フレッツ光に切り替えたとしても、これまでと同じように固定電話が使えます。それが、フレッツ光の「ひかり電話」です。ひかり電話とは、フレッツ光を契約すると、そのオプションとして利用できるIP電話サービスのこと。IP電話とはIP(Internet protocol)の技術を利用して通話を行う電話サービスです。

フレッツ光のひかり電話の標準プランなら、月額500円から利用可能。しかも、電話機や電話番号はそのままでOK。料金プランは他にもあり、選ぶプランによっては無料通話分が付いたり、他の電話サービスも付加できます

なお、ひかり電話はフレッツ光が提供するIP電話サービスですが、フレッツ光に限らず、他社の光回線でインターネットの契約をすることで利用できます。たとえば、「auひかり」であれば、「auひかり 電話サービス」、「ソフトバンク光」なら「ホワイト光電話」です。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事