閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光ネクストの料金・割引・契約時の注意点・オプションなどについて徹底解説!

フレッツ光など光回線によるインターネットサービスを契約していても、契約中の内容を意外と把握していなかったりしますよね。

しかし、引っ越しするタイミングなどで、基本的な光回線サービスや、オプションなどを再確認したいという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、インターネットを何時間使用しても料金が変わらない「フレッツ光 ネクスト」の料金を始め、割引・注意点・オプション・引っ越しの際の「転居」手続きなどについても解説していきます。

「フレッツ光 ネクスト」の料金と割引、注意点を解説!

現在、フレッツ光の最もスタンダードなプランが「フレッツ光 ネクスト」です。これは、インターネットを何時間利用しても料金が変わらない定額制です。
また、「フレッツ光 ライト」というプランもあります。これは、インターネットの通信量に応じて月額料金が決まる2段階定額制です。
今回は、「フレッツ光 ネクスト」の料金について解説します。

フレッツ光 ネクストの料金を解説

フレッツ光は東日本エリアをNTT東日本が運営し、西日本エリアはNTT西日本が運営しています。
NTT東日本とNTT西日本では料金が違います。そしてフレッツ光は大きく分けて一戸建ての契約の「ファミリータイプ」と、集合住宅の契約の「マンションタイプ」に別れ、ファミリータイプかマンションタイプかでも料金が異なります。

フレッツ光ネクストの東西別料金
  NTT東日本 NTT西日本
ファミリータイプ 5,700円 5,400円
マンションタイプ プラン1 3,750円 3,700円
プラン2 3,350円 3,200円
ミニ 4,350円 4,500円

上記の表からわかるように料金は総じてNTT西日本のほうが割安になります。
マンションタイプのプラン1、2とミニとは、その集合住宅の規模によって決まるプランです。

表の料金は回線契約の料金のため、すべての料金は別途でプロバイダ料金が上乗せされます。プロバイダ料金は選ぶプロバイダ業者によって変わりますが、安いプロバイダなら800円程度、高い場合は1,500円程度の場合もあり、概ね1,000円程度と考えればOKでしょう。

フレッツ光の公式割引特典

上記の料金はいわゆる正規の料金です。
フレッツ光はほぼ恒常的に公式の割引特典を実施しているため、実質的な料金はもう少し安くなります。割引特典はNTT東日本とNTT西日本でそれぞれ違います。

NTT東日本が公式に実施している割引特典は以下の3つです。
●ギガ推し!割引(300円割引)
●にねん割(700円割引)
●マンスリーポイント(100円割引)

上記3つの割引をすべて合算すると1,100円の割引となります。例えばNTT東日本のファミリータイプは5,700円です。これに1,100円の割引が適用されるので、実質的には4,600円+プロバイダ料金、が正味の利用料金となります。

おすすめ窓口にねん割で月額料金最大700円割引!
フレッツ光東日本トップページ
さらにギガ推しキャンペーンで30ヶ月割引き!
1Gbpsの高速インターネット!
サポート体制万全!
ひかり電話・フレッツテレビ等オプションサービス充実!
キャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

NTT西日本が公式に実施している割引は以下の通りです。
●光もっと×2 割り

「光もっと×2 割り」は一年目から2年間、1,100円の割引が適用されます。3年目からは1,290円の割引となり、4~8年目にかけて100円ずつ割引額が増え、8年目になると1,790円の割引となります。8年目以降は1,790円割引で永続します。つまり「光もっと×2 割り」は8年間かけて、1,100~1,790円の割引が続く、ということです。
例えばNTT西日本のファミリータイプは5,400円なので、「光もっと×2 割り」の適用で一年目は4,300円+プロバイダ料金、となり8年目には3,610円+プロバイダ料金、になります。
割引額の大きさを見ても、フレッツ光はNTT西日本のほうが割安といえますね。

おすすめ窓口光もっと2割で月額最大1,790円割引!
フレッツ光西日本トップページ
フレッツあっと割でさらに月額料金が割引!
1Gbpsの高速インターネット!
サポート体制万全!
ひかり電話・フレッツテレビ等オプションサービス充実!
キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

解約金に注意!

NTT東日本の「にねん割」と、NTT西日本の「光もっと×2 割り」はそれぞれ適用すると年単位での契約となり、契約更新月に解約しないと自動更新となります。そして契約更新月に解約しないと解約金が発生します。
例えばNTT東日本の「にねん割」の場合、文字通りで2年契約となり、2年毎に自動更新となります。
「にねん割」の場合、契約更新月以外に解約するとファミリータイプは9,500円、マンションタイプは1,500円の解約金が発生します。

NTT西日本の「光もっと×2 割り」の場合、最初契約から2年で契約更新、その後は3年毎に契約更新となります。こちらも契約更新月以外に解約すると、そのタイミングによって5,000~30,000円の解約金が発生します。

これらの解約金を免れるには、契約更新月に解約する方法と、そもそも「にねん割」と「光もっと×2 割り」を適用しない、という方法があります。しかしフレッツ光の料金はこれらの公式割引を適用させることで他社と比べて同じくらいの価格帯になるように設定されているため、ほとんどの人が公式割引を適用させます。

以上のことから、フレッツ光の定額プラン、「フレッツ光ネクスト」を利用する場合は公式割引を適用することがほぼ前提となり、契約更新月と解約金の存在を意識する必要があります。

フレッツ光のオプションを解説

ここまでは「フレッツ光 ネクスト」の基本料金について解説してきました。フレッツ光は基本料金を払ってインターネット利用が可能で、それ以外にも任意でオプションに加入し、付加サービスを受けることが出来ます。
フレッツ光のオプションには以下があります。

●フレッツ・あずけ~る (クラウドによるデータ保存サービス)
●MS Office Online on あずけ~る (Officeソフトのクラウド利用サービス)
●ひかり電話 (IP電話サービス)
●フレッツ・ウィルスクリア (ウィルス対策サービス)
●フレッツ・テレビ (テレビチャンネル配信サービス)
●リモートサポートサービス (電話と遠隔操作によるサポートサービス)
●なおせ~る (インターネット利用の周辺機器の修理サービス)

上記のオプションの中でも特に人気の高いオプションプランをいくつか解説します。

ひかり電話

ひかり電話はフレッツ光が提供するIP電話サービスです。インターネットの光回線はIP電話の運用が可能なため、フレッツ光以外でも多くの光回線事業社がIP電話サービスを提供しています。

ひかり電話のオプションに加入すると月額500円+通話料でIP電話の利用が可能になります。電話機は自身で用意することになります。
最安のプランは月額500円ですが、一定の無料通話分があり、通話料が安く設定されている「ひかり電話A(1,500円)」や「安心プラン(1,400円)」、など、いくつかのプランが用意されています。
最安プランの500円~、はNTT東西で共通です。

フレッツ・テレビ

「フレッツ・テレビ」は本来、アンテナ設置が必要なBS、CS、などの衛星放送を視聴が可能になるオプションです。
基本料金は660円ですが、これは衛星放送視聴のための環境を維持すための料金です。基本料金のみでは地上波とBSの無料放送しか視聴できません。
スカパー!などの、有料放送を見るためにはそれぞれ別途で視聴料金を払う必要があります。

「フレッツ・テレビ」の加入で一般的な衛星放送の視聴が可能、と考えてOKです。
基本料金の660円はNTT東西で共通です。

フレッツ・ウィルスクリア

フレッツ・ウィルスクリアはパソコンのウィルス対策が出来るオプションです。
本来、パソコンのウィルスは自分でウィルスソフトを用意してインストールする必要があるのですが、「フレッツ・ウィルスクリア」に加入すれば、インターネットに接続していれば遠隔操作でパソコンを保護してくれます。

「フレッツ・ウィルスクリア」に加入すれば遠隔でパソコンを保護してくれるため、自身のパソコンにウィルスソフトを導入する必要が無く、パソコンの動作が軽くなるというメリットもあります。

ちなみに「フレッツ・ウィルスクリア」はNTT東日本のみのオプションプランで、月額400円(パソコン4台目からは1台毎に+150円)です。
NTT西日本は「セキュリティ対策ツール」という独自のウィルス対策ソフトを無料で提供しています。

引っ越しの際の「転居」手続き

もしも引っ越し先でも引き続きフレッツ光を使いたい場合は「転居」手続きをすれば現在のフレッツ光の契約を継続する形で利用可能です。
「転居」手続きで継続契約するメリットは、引っ越しの際に解約し、引っ越し先で新規契約するよりも費用が安く済む点です。特にフレッツ光の解約は上記でも解説したような高額な解約金が発生する可能性が高いため注意が必要です。

転居の申し込みは電話でもWEBでもOK

転居手続きの申し込みは電話でもWEBのNTTの公式サイトからでも手続き可能です。
転居手続きの際は引っ越し先の住所を伝える必要があるため、引っ越し先の住所が決まったタイミングで転居手続きをするのが良いでしょう。
電話番号はNTT東西のどちらも【0120-116-116】です。

NTT東西のエリアが変わる場合は転居手続きが出来ない

フレッツ光はNTT東日本とNTT西日本の運営に分かれています。つまり同じフレッツ光でも運営会社が違うのです。
もしもNTT東日本のエリアからNTT西日本のエリアに引っ越す、またはその逆の場合は運営会社が変わるため、転居手続きは出来ません。その場合は解約して引っ越し先で新契約するしかありません。

まとめ

フレッツ光はスタンダードな定額プランの「フレッツ光 ネクスト」と従量制プランの「フレッツ光・ライト」の2種類のプランがあります。
契約世帯が一戸建てか集合住宅かによって料金は異なり、またNTT東日本とNTT西日本によって料金が異なります。NTT西日本のほうが総じて割安に設定されています。

任意で選べるオプションは基本的に有料ですが、光回線を利用した様々な付加サービスで快適なインターネット利用が可能になります。

引っ越しの際は転居手続きをすることで現在のフレッツ光の契約を継続することが可能です。しかしNTT東日本とNTT西日本のエリアが変わる場合、転居手続きはできません。

フレッツ光は公式割引を適用することで他社と比べても大きな遜色のない料金設定となります。割引適用することで年単位での契約となってしまいますが、このようなルール縛りは多くの光回線契約で存在し、フレッツ光が特に厳しいわけではありません。
フレッツ光の基本料金は業界全体で比べても、高くもなく安くもなくといった感じなので、オプションプランの内容で決めるのも一案です。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事