閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

通信速度が速くなるらしい「IPv6」って何?フレッツ光のv6オプションの活用方法を解説

フレッツ光回線は「PPPoE」という接続方式でインターネット通信を行っています。この接続方式では、利用者が増えると混雑する原因となる網終端装置という設備を介してインターネット接続します。この設備がフレッツ光回線の通信速度が遅くなる原因となります。しかし「v6プラス」という接続サービスを利用すると網終端装置を介さずにインターネット接続できるため、通信速度が改善されます。

v6プラスとは

v6プラスとは、「IPv6のIPoE」接続を利用して、IPv4インターネット接続も可能になるサービスです。フレッツ光のインターネット接続はIPv4のPPPoE接続方式でインターネット接続しており、この接続方式では、網終端装置というプロバイダとフレッツ光回線の境目にある設備を介してインターネット接続を行います。この設備は利用者が増える時間帯になると、混雑し通信速度が遅くなる原因となります。

一方IPv6のIPoE接続方式の場合、インターネット接続する際、網終端装置を通らずに通信するため、通信速度が遅くなるリスクが低いと言えます。しかし、IPoE接続はIPv6でしか使用できません。そこで「v6プラス」が開発されました。v6プラスを利用すると、IPv4通信が変換されIPv6IPoE接続方式で、通信できるようになるため通信速度が遅くなる原因となる網終端装置を介さずにインターネット接続できるようになります。そのため通信速度が遅くなる原因がなくなり、通信速度が改善されます。


出典:日本ネットワークネイブラー株式会社公式

「v6プラス」の利用に必要な条件

「v6プラス」を利用するには、v6プラスに対応した、回線、プロバイダ、通信機器を使用していなければいけません。

フレッツ光のv6プラス対応プラン

フレッツ光でv6プラスに対応しているのは「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」「フレッツ 光ライトプラス」です。これら以外の、フレッツ・ADSLなどを利用している方は、まずは回線の切り替えが必要です。フレッツ光切り替えについて
「フレッツ 光ライト」、「フレッツ 光ライトプラス」でv6プラスを利用する場合は。実際の利用量にかかわらずによらず、当面の間40MBの通信量が加算されるので、月額料金に注意して下さい。

v6プラス対応プロバイダでないとv6プラスは利用できない

v6プラスを利用するには、プロバイダがv6プラスに対応している必要があります。
NTT東日本地域のv6プラス対応プロバイダは、こちらから確認できます。
NTT西日本地域のv6プラス対応プロバイダは、こちらから確認できます。

現在利用しているプロバイダがv6プラス対応プロバイダでない場合、プロバイダを変更する必要があります。契約期間内に解約する場合、3,000円~10,000円のプロバイダ違約金が発生する場合があるため、解約するなら違約金の発生しない契約更新月をおすすめします。

v6プラスに対応しているプロバイダの中でも、v6プラス対応ルーターとセットで月額991円で利用できる、GMOとくとくBBがおすすめです。月額料金を他社プロバイダと比較すると、@nifty1,000円、BIGLOBE800円と大差ありませんが、ルーターを購入する必要がない分、v6プラス導入にかかる費用を抑えられます。また、提供されるルーターの接続方法は、NTTのONUと接続するだけで、接続IDやパスワードを入力する必要がなく、簡単です。
現在利用してるプロバイダがv6プラス対応プロバイダでない場合、プロバイダを変更する必要があります。その場合、3,000円~10,000円のプロバイダ違約金が発生する場合があるので注意が必要です。

IPv6対応モデム・ルーターが必要

まずは自宅のルーターがIPv6対応のものか確認する必要があります。NTTからルーターのレンタルをしている場合、ファームウェアをダウンロードし、アップデートすればIPv6対応が可能になるものもあります。ファームウェアのアップデート方法はこちらで確認できます。また、フレッツ光の、ひかり電話を契約している方は、既にIPv6に対応したホームゲートウェイが提供されているため、準備の必要はありません。それ以外の、他社ルーターを使用している方は、ルーターの側面や裏面にある機種名を確認しIPv6に対応しているか確認してみてください。
フレッツ光IPv6対応機器一覧
BUFFALO IPv6対応機器一覧
I.O DATA IPv6対応機器一覧

IPv6対応機器でない場合は、機器のレンタルまたは購入する必要があります。現在、市販されているルーターのほとんどがIPv6対応で、価格帯も5,000~8,000円程度です。一方レンタルする場合は月額300円から1,000円かかり、1年以上使う場合だと、レンタルするより機器にかかる金額を抑えられるため、購入をおすすめします。
価格の安い、IPV6対応ルーター

https://www.amazon.co.jp/%E7%84%A1%E7%B7%9A%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-300Mbps-iPhoneX-Echo%E5%8B%95%E4%BD%9C%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E6%B8%88-WN-AX1167GR2/dp/B07FVZT85M/ref=sr_1_1_sspa?ie=UTF8&qid=1535455903&sr=8-1-spons&keywords=ipv6%E5%AF%BE%E5%BF%9C+%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC&psc=1

https://www.amazon.co.jp/BUFFALO-%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9-%E6%9C%89%E7%B7%9ALAN%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-BHR-4GRV2/dp/B00KMIIW0K/ref=sr_1_26?ie=UTF8&qid=1535455903&sr=8-26&keywords=ipv6%E5%AF%BE%E5%BF%9C+%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

申し込みと工事

v6プラスを利用するには、に申し込みが必要です。申し込みは、NTTのサービス情報サイトからでき、このサイトから申し込むと、本来かかる2,000円の工事費が無料になります。
NTT東日本サービス情報サイト
NTT西日本サービス情報サイト

申し込みの際は、NTTの「お客様ID」と「アクセスキー」が必要になる場合があります。これらは開通時に送られてくる「開通案内のお客様情報」に記載されています。

フレッツ光の通信速度で悩んでいるなら、NURO光への乗り換えもおすすめ

NURO光は、下り最大2Gbpsとフレッツ光の最大通信速度1Gbpsのより速いので乗り換えをするのも1つの手です。月額料金においても、フレッツ光はプロバイダ料と合わせると6,000円ほどかかるところ、NURO光はプロバイダ料込みで4,743円です。さらに代理店から指定プランで申し込むと最低35,000円のキャッシュバックを受け取れ、開通にかかる工事費が実質無料になるキャンペーンも行っています。こちらの代理店を確認してみてください。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事