閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

通信速度が速くなるらしい「IPv6」って何?フレッツ光のv6オプションの活用方法を解説

「v6プラス」とは、従来のIPv4接続の後継として使われるようになったIPv6接続を行えるようになるサービスです。従来の接続とは経由する装置が違うので、回線混雑時にも接続が安定し、通信速度が上がるのが特徴です。ここでは、IPv6接続を行うための「v6プラス」の概要と、申込み方法や必要になるものを紹介していきます。

v6プラスでIPv6接続をするメリット

通信速度が速くなる

v6プラスを利用してIPv6接続にすることでの最大のメリットは、通信速度が速くなることです。通信速度が速くなる理由は、ユーザーが増えて混雑している従来のIPv4通信装置とは違う装置を経由して通信を行うからです。
このIPv6用の装置はIPv6に対応しているプロバイダ側で設置しており、増設することも可能だそうです。今後v6プラス通信を使うユーザーが増えても、ある程度は混雑で通信が遅くなる可能性は低いでしょう。

さらにv6プラスの「IPoE +IPv4 overIPv6」での接続であれば、今契約しているフレッツ光のプランが200Mbpsの場合でも、v6プラスを付けることで1Gbpsまで速度が上がるのです。これは、PPPoE接続で200Mbpsに制限されていたデータが、IPoE接続では制限されないためです。

IPv6アドレス同士での直接通信ができる

一般的なインターネット利用ではあまり必要ありませんが、IPv6アドレスを持っている人同士であればプロバイダを経由せずにNGN網内で直接通信を行うことができます。第三者に洩れてはいけない仕事のデータや情報のやり取りで、秘匿性の高い通信が可能です。

v6プラスを利用するために必要なもの

 ・フレッツ光の「v6オプション」加入
 ・v6プラス対応プロバイダへの申込み
 ・IPv6対応モデム・ルーター

フレッツ光の「v6オプション」加入

フレッツ光でv6プラスを利用するには、「v6オプション」を付ける必要があります。

1.フレッツ光ネクストはv6オプション付き

フレッツ 光ネクストには、何もしなくても最初からこの「v6オプション」が付いていますので、特に申し込みや別途料金は発生しません。v6プラス対応プロバイダに申し込めば利用のための手続きは完了です。

2.v6オプションに対応しているプラン

NNT東日本フレッツ光の契約プランでv6プラスに対応しているのは以下の3つのプランです。
・フレッツ 光ネクスト
・フレッツ 光ライトプラス
・フレッツ 光ライト
上記の3つは、v6オプションを付けても月額利用料は無料です。
初期工事費用も、NTTの「サービス情報サイト」から申し込めば0円で済みます。

※この「サービス情報サイト」は利用環境で接続方法が変わります。詳しくは以下のURLをから自分の利用環境を調べて接続してみてください。

【参考】サービス情報サイト設定ナビゲーション
https://flets.com/square/con_index.html

フレッツ光東日本なら、にねん割で2年間月額料金最大700円割引き!

フレッツ光東日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話、フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • ギガ推しキャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

v6プラス対応プロバイダへの申込み

v6プラスに対応しているプロバイダには東日本・西日本含め、以下のプロバイダが挙げられます。(対応プロバイダは今後増えていく可能性があります。)
@nifty
BIGLOBE
GMOとくとくBB
HAL
晴れの国ネット
JANIS (長野県協同電算)
KISNET
また、フレッツ光の回線を使った光コラボではソフトバンク光、DMM光がv6プラスに対応しています。

【参考】フレッツ光ネクストIPv6 PPPoE 対応プロバイダ
東日本 https://flets.com/next/ipv6_pppoe/isp.html

IPv6対応モデム・ルーター

フレッツ光のv6オプションと、プロバイダでのv6プラスへの申し込みが完了したら、次に必要なのはIPv6接続に対応したルーターの準備です。今使用しているルーターが対応していないとv6プラスを付けても従来のIPv4接続でしか端末との通信が行えません。
NTTからレンタルして使用中のホームゲートウェイや、ルーターの中には、対応ファームウェアをダウンロードし、アップデートすればIPv6対応可能になるものがあります。
今使用しているモデムやルーターがIPv6対応かどうかは、各メーカーのサイトや、以下の一覧を参考に調べることができます。

【参考】IPv6動作確認済ルーター一覧(NTT東日本)
https://flets.com/customer/ipv6_router.html

また、IPv6対応しているルーターは、NTTからレンタルすることも可能です。
しかし、現在市販されているルーターはIPv6対応のものがほとんどで、価格帯も5,000~8,000円程度です。店舗や通販でもすぐに手に入るので、レンタルよりコスパの良い新規購入をおすすめします。

IPv6接続での注意点

追加料金が発生せず、申込みにもそこまで大きな労力がかからないのに通信速度が上がるv6プラスは、メリットばかりにも見えますが、いくつか注意すべきことがあります。

対応していないサイトはIPv6接続では閲覧できない
IPv6に対応していないWEBサイトは、接続しても閲覧できないことがあります。通信速度を上げてストレスフリーに動画を見たいので、v6プラスに入ったのに肝心のサイトがIPv6に対応してない!というケースもあります。
すでにYou Tube、NetflixはIPv6対応していますが、FC2動画、ニコニコ動画、dTV、huluなどの動画配信サイトは残念ながらIPv6接続には対応していないようです。
今のところ、IPv6対応しているサイトのほうがまだまだ少ないのが現状です。

もちろん、IPv6に対応できないからといってサイトが全く閲覧できないわけではありません。v6プラスは、「IPoE +IPv4 overIPv6」接続ですので、IPv6対応していないサイトに行くと、自動的に従来のIPv4接続に切り替わります。急にページや動画の読み込みが遅くなる場合を除けば、普通は接続方法が切り替わっていることにも気づかないかもしれません。
v6プラスにしたからと言って、全てのインターネット通信が高速になるわけではないことさえ念頭に置いておけば、ストレスフリーで快適なネット環境を作ることができます。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事