閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光の光プレミアムから光ネクストへの切り替え時-ネットに自動接続できない場合の対処法!

2019年1月31日(木)にサービス終了予定の「フレッツ・光プレミアム」。「フレッツ光ネクスト」へ、すでに切り換えを行っている人も多いはずですね。「フレッツ光プレミアム」に既に切り換えた人からは、「切り換え後、パソコンを起動したときに自動でインターネットに接続できなくなってしまった」との声が聞かれています。

パソコン起動時に自動でインターネット接続できないのは非常に不便です。そのような場合に非常に便利な、NTT東日本・西日本提供の無料アプリ「スタートアップツール」の設定方法について説明します。

自動接続できなくなった理由は「ONU(光回線終端装置)」

フレッツ・光プレミアムではインターネット接続に必要な情報を「CTU(加入者網終端装置)」という機器に設定して、インターネットに自動的に接続していました。
一方、フレッツ光ネクストでは、ひかり電話の契約がない場合、「ONU(光回線終端装置)」という機器のみを利用しています。

基本的に、ONUにはインターネットの接続情報を設定する機能がない(ホームゲートウェイをレンタルする場合を除く)ため、パソコンをインターネットに自動的に接続することができなくなります。

自動接続するにはスタートアップツールの機能を利用する

ONUのみを利用している場合でも、フレッツ光を提供しているNTT東日本・西日本の無料アプリ「スタートアップツール」の機能を利用することで、インターネットへ自動的に接続できるようになります。

スタートアップツールの機能を利用するには、パソコンにプロバイダーから提供された情報(ユーザー名やパスワード)を設定する必要があるため、それらの情報をあらかじめ手元に用意することが必要です。

具体的な設定手順は次のとおりです。

設定方法

1.デスクトップ画面左下の「スタートボタン(旗のマーク)」をクリック→表示されたメニューから「設定メニュー(歯車のマーク)」をクリック。
2.「Windowsの設定」画面が表示されるので、「ネットワークとインターネット」をクリック。
3.表示された設定画面の左側にある「ダイヤルアップ」をクリックし、右側の項目内から「新しい接続を設定する」をクリック。
4.「接続またはネットワークのセットアップ」というウインドウが表示されるので、「インターネットに接続します」を選択して「次へ」をクリック。
5.表示されている「ブロードバンド(PPPoE)」をクリック。
6.契約しているプロバイダーから提供された「ユーザー名」と「パスワード」を入力。「このパスワードを記憶する」にもチェックを入れておく。「接続名」は任意の情報が設定可能ですが、ここで入力したものをスタートアップツールで指定するためプロバイダー名などわかりやすいものにしておくとよいですね。全ての情報の入力が終了したら「接続」をクリックする。
7.入力した情報でインターネットへ接続できるかどうかのテストを行う画面になるので、しばらくそのまま待つ。
8.「インターネットに接続されています」の表示が出たら「閉じる」を押してプロバイダー情報の設定を完了する。

ここから、NTT東日本・西日本の無料アプリ「スタートアップツール」の設定に入ります。
※「スタートアップツール」のダウンロードはこちらから
NTT東日本の場合:https://flets.com/next/square/connect/win/
NTT西日本の場合:https://flets-w.com/user/support/startup_tool/

9.スタートアップツールの左下に表示されている「設定・変更」をクリック

10.表示されたメニュー画面から、「インターネット等接続方法の選択」をクリック

11.「ホームゲートウェイまたはルータの利用有無」では、「ホームゲートウェイもルータも利用しない」にチェックを入れ、「ホームゲートウェイもルータも利用しないお客さま」の項目では「WindowsのPPPoEクライアントを利用する」にチェックを入れる。
※「ご利用プロバイダー」は、上の<手順6>で指定した「接続名」を選択
最後、入力が完了したら「設定」をクリックする。


※もし、Windowsのシステムからパソコンの設定に変更を加える許可を求めるウインドウが表示されたら、「はい」をクリックします。
※画像は全てNTT西日本公式ホームページ(https://flets-w.com/user/point-otoku/knowledge/pc-operate/pc-operate92.html)から引用

まとめ

いかがでしたか?せっかくフレッツ光ネクストに切り替えをしたのに、インターネットの使い勝手が不便になってしまっては本末転倒ですよね。
パソコン上でのプロバイダー情報の設定と、NTT東日本・西日本の無料アプリ「スタートアップツール」の設定を行うことにより、フレッツ光ネクストでもインターネットの自動設定が可能になります。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事