閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光でのネット接続に必要な「ONU」の役割・ネット接続方法を解説!

フレッツ・ADSLを契約して、回線を使用するためには、モデムという通信機器が必要です。
では、フレッツ光ネクストを契約した場合、モデムは必要になるのでしょうか?

フレッツ光ネクストで、インターネットに接続するためにはモデムと似た役割を持つ「ONU」という機器が必要になります。

今回の記事では、ONUとモデムの違いは何か、ONUの接続方法などについて解説していきます。

ONUとモデムの違い

モデムとONUは、回線を通る信号を変換するための装置。ですが、機器として行っていることはそれぞれ違っています。その違いを以下にまとめました。

●モデム—「電話回線などで使われているアナログの信号」を「パソコンで使うデジタル信号」に変換する。フレッツ・ADSLなどで使われる。

●ONU—「光ファイバーを通る光信号」を「パソコンで使うデジタル信号」に変換する。フレッツ光ネクスト・フレッツ光プレミアムなどの光回線サービスで使われる。

フレッツ光のONUでインターネットに接続するまでの流れ!

フレッツ光でONUを使ってインターネットに接続する手順は、自宅でWi-Fiを使って無線通信を行うか、パソコン1台に有線接続するかで変わります。それぞれの設定方法を解説しましょう。

無線LANルーターを経由してインターネットに接続する場合

①Wi-Fiを利用する場合は、まず無線LANルーターを用意しましょう。フレッツ光ネクストなら最大1Gbpsで通信できるので、1Gbpsでの通信に対応しているルーターを購入するのがおすすめです。
       ⇓
②次に、自宅のONUにルーターを接続しましょう。ONUにLANケーブルを接続し、無線LANルーターのWANポート(WANと書かれている差し込み口)とつなぎます。
       ⇓
③続いて、ルーターとONUの電源が入った状態で、ルーターにWi-Fi対応のパソコンやスマートフォンなどの無線対応機器を接続しましょう。
       ⇓
④この時点で、パソコンなどのWi-Fi対応機器でアクセスポイント検索を行います。これはつまり、Wi-Fi対応機器をどのアクセスポイント(=ルーターなどの、ネットワークに接続させるための無線機)と接続させるのかを調べる、という作業です。
機器によって、アクセスポイントの検索の仕方は異なりますが、パソコンの場合では、デスクトップの通知領域にある「ネットワーク」アイコンをクリックすると、購入したルーターのSSIDが表示されま す。(SSIDはルーターの背面や説明書に記載されているので、確認しておきましょう。)
       ⇓
⑤SSIDを選択し、ルーターや説明書に記載されているパスワードを入力するとルーターに接続されます。さらに、接続を行った機器のブラウザのアドレスバーに説明書やルーター背面に記載されているルーター設定用のURLを入力して検索しましょう。
       ⇓
⑥あとはルーターの管理画面が開くので、インターネット接続設定画面において、プロバイダから送付された資料に記載されている「認証ID」や「認証パスワード」を入力・保存すれば設定は完了です。
    
一度設定を行えば、今回設定を行った以外の機器でも、ルーターのSSIDに接続することでインターネットを利用することができます。

フレッツ光東日本なら、にねん割で2年間月額料金最大700円割引き!

フレッツ光東日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • ギガ推しキャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

パソコンと有線接続をして使う場合(Windows10)

パソコンとONUを有線接続する場合の設定手順を、Windows10を例に解説します。パソコンのLANポートとONUのLANポートをLANケーブルで接続した後、設定を始めましょう。

①まずパソコンのデスクトップ画面左下にあるWindowsのロゴマークをクリックして歯車マークの「設定」を開き、設定項目の中の「ネットワークとインターネット」をクリックしましょう。
      ⇓
②続いて「ダイヤルアップ」の項目にある「新しい接続を設定する」をクリック、「インターネットに接続します」→「ブロードバンド」と進んでいきます。
    ⇓
③あとはプロバイダから送られてきた書類に記載されている、「認証ID」と「認証パスワード」を入力して保存すれば設定は完了です。

なお、有線接続でモデム(ONU)とパソコンを接続した場合は、パソコンでしかインターネットを利用できません。
スマートフォンなどでもWi-Fi接続でインターネットを利用したい場合は、無線LANルーターを購入して、前項で解説した手順での設定を行いましょう。

自宅でまだADSLを使っているなら、フレッツ光ネクストへ切り替えよう

自宅にモデムが設置されている場合、フレッツ・ADSLで契約をしているはず。できれば早めにフレッツ光ネクストに切り替えましょう。

フレッツ・ADSLは、2023年にサービスを終了することが決定しています。サービスが終了してしまうと、自宅でインターネットを利用できなくなってしまいます。

フレッツ・ADSLから、フレッツ光へ移行するにあたり、それぞれの特徴や移行時の注意点を以下で解説しています。ぜひ参考にしてみてください。
https://hikari.netde-pc.jp/11331.html

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

まとめ

フレッツ・ADSLに契約した場合の通信機器はモデム、フレッツ光なら、ONUが自宅に設置されます。これらの機器とパソコンや無線LANルーターを接続・設定すれば、自宅でインターネットを利用することができます。

フレッツ・ADSLのサービスは2023年に終了する予定です。ADSLの契約している人は、光回線のフレッツ光に切り替えましょう。

フレッツ光東日本なら、にねん割で2年間月額料金最大700円割引き!

フレッツ光東日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話、フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • ギガ推しキャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事