閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光からOCN光へ転用したい方へ!OCN光の特徴を解説

「フレッツ光」は光回線事業者として最大手です。その「フレッツ光」の光回線を利用したサービスを受けられる「光コラボレーション事業者」は、数多く存在しています。「光コラボレーション事業者」にはドコモ光やソフトバンク光、OCN光などがあります。
今回は、フレッツ光からOCN光へ転用を検討している方に向けて、OCN光の特徴や、フレッツ光からOCN光へ転用する方法について解説します。

そもそもOCN光とは?

OCN光とは、大手プロバイダーであるOCNが、NTT東西のインターネット光回線の提供を受け、ネット回線(設備)とプロバイダー(回線への接続)を一括で担う「光コラボレーション」サービスです。

これまでは、インターネットを使うためには回線業者とプロバイダーそれぞれと契約する必要がありましたが、OCN等の光コラボでは、回線業者とプロバイダーを一括で申し込むことが可能になりました。

インターネット回線の契約を、フレッツ光からOCN光やソフトバンク光等の回線業者に乗り換えることを「転用」といいます。

光コラボのメリットとしては、一般的に
・料金が安くなる
・契約が一本化される
ということが挙げられます。

また、ソフトバンク光やドコモ光等、業者によっては、キャリア提供の携帯・スマホとセット割にすることで、スマホ料金の月額料金が安くなる場合が多いです。

今回は、そうした光コラボのひとつ「OCN光」をフレッツ光と比べた場合の料金や速度、「OCN光」に乗り換えした際の工事費等のコストについて解説していきます。

「OCN光」の速度と料金

OCN光の回線速度は、最大1Gbpsとなっており、厳密には回線タイプによって3通りに分かれます。

フレッツ光回線と同じ回線を使っているので、回線速度もフレッツ光の回線タイプに準じるのです。

以下は回線速度と、それに応じた光回線の名前です。
・最大1Gbps:ギガスマートタイプ(NTT東)/スーパーハイスピードタイプ隼(NTT西)
・最大200Mbps:ハイスピードタイプ
・最大100Mbps:(ファミリー/マンション)タイプ

次に月額料金についてですが、2年自動更新型と自動更新しない場合とで料金が異なります。

  2年自動更新型 自動更新しない
戸建て(ファミリータイプ) 5,100円 6,200円
集合住宅(マンションタイプ) 3,600円 4,700円

回線タイプ(※)による料金の変動はなく、一律です。
※最大速度下り200Gbps・上り100Gbpsの回線か、上り下りともに1Gbpsの回線か。bpsとは通信速度の単位であり、下り速度とは受信速度、上り速度は送信速度を表す。

料金が同じなら、回線タイプも速い方がいいのは当たり前ですが、現在フレッツ光に加入していて回線タイプ(光サービスメニュー)を変えたい場合、別途工事費がかかります。
フレッツ光ネクストでなく、フレッツ光ライトやBフレッツに加入している場合も、同じく工事が必要です。工事担当者が立ち会わない場合は2,000円、立ち会いが必要な場合7,600円です。

また、2年自動更新型を申し込んでいて解約する場合、契約更新月に解約しないと、別途11,000円の違約金がかかるので注意しましょう。

ちなみに、2年自動更新型と自動更新なしの月ごとの差額は1,100円ですから、10カ月で利用料金のトータルコストが横並びになります。契約から11カ月目以降に解約するなら、2年自動更新型を選んだほうが安く済みます。

乗り換えなら料金がお得な光コラボレーション!ネット代、携帯代が安くなる!

光コラボレーションがお得なポイント

  • ネット料金月額2,800円~!
  • 携帯代金最大2,000円割引!
  • フレッツ光からの転用なら工事費不要!
  • さらにお得なキャンペーンも!

OCNプロバイダーとフレッツ光回線を別々に使う場合との比較

プロバイダーと回線業者が一括になる「OCN光」のほか、OCNには「OCN 光 withフレッツ」や「OCN 光『フレッツ』」というサービスがあります。

「OCN 光 withフレッツ」と「OCN 光『フレッツ』」の違いは、料金の請求が一緒になるかどうか。料金は変わりません。どちらもフレッツ光回線とOCNプロバイダーを別々で契約することになります。

「OCN 光 withフレッツ」の場合、プロバイダー料金と回線料金が一括で「NTTファイナンス」もしくは「NTTコミュニケーションズ」から請求されることになっています。
請求会社は、申し込み時期によって異なります(2010年3月1日以降、2月28日以前の申し込み)。

回線をフレッツ光から「OCN光」に乗り換えた場合、「NTTファイナンス」と「NTTコミュニケーションズ」の両方から請求が来て驚くことがあるかもしれません。

これは転用前のフレッツ光の月額料金、転用対象にならない「フレッツウィルスクリア」「IP電話対応機器」等を「NTTファイナンス」が請求し、OCN光の利用料を「NTTコミュニケーション」が請求しているためです。

OCNプロバイダーとフレッツ光回線を別々に申し込んだ場合の料金は、以下のようになっています。
こちらはNTT東日本、西日本別で料金が一部変わり、また東日本の場合、回線タイプによっても料金に幅が出てきます。マンションタイプでは、契約する世帯数によっても料金が違います。

<NTT東日本の場合>

  1Gbps 下り200Mbps・上り100Gbps
戸建て(ファミリータイプ) 6,100円 5,600円
集合住宅(マンションタイプ) 4,150~4,900円 3,650~4,400円

<NTT西日本の場合>

  回線タイプによる料金変動なし
戸建て(ファミリータイプ) 5,400円
集合住宅(マンションタイプ) 3,660~4,760円

※表の数値はOCNの「2年割」と、NTT東西の2年自動更新型割引を適用。

これを見ると、どの速度、住宅プランでもOCN光のほうが安いといえますね。

OCN光は速度が出ない?

OCN光をはじめ、光コラボレーションモデルは速度が遅いという意見があります。

これは簡単に言えば、「NTTの光回線を使っている人がとても多いから」です。

OCN光やドコモ光、ソフトバンク光など魅力的な光コラボの登場により、フレッツ光ネクスト回線の接続数がとても多くなりました。
各プロバイダーに接続するためのフレッツ光ネクスト内の装置を「網終端装置」と言い、これが日常的に混雑状態にあるのです。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000483145.pdf
((一社)日本インターネットプロバイダー協会による2017年4月26日付資料)

この装置はNTTのネットワーク内にあって、プロバイダー側が増設することが難しく、コスト面の問題もあり、ユーザーがインターネットに接続しづらい状況が発生しています。

ただし、「OCN光」では、網終端装置を使わない接続方式「IPoE」を使う機能も提供されています。ちなみに、IPoE方式を使うための手続きは不要です。
現在は2017年7月25日以降にOCN光を利用し始めた人に提供されていますが、順次それ以前に申し込んだ人にも提供が拡大されていく予定です。
https://support.ntt.com/ocn/information/detail/pid2500000h9b?_ga=2.67762199.769369277.1519090851-1195214755.1519090851

一方、通信速度を落とさないために、同じNTT回線でも光コラボの光回線を使っていない「auひかり」や「NURO光」を使う方法もあります。
auひかりやNURO光は、ダークファイバーという使用されていない光回線を利用しているため、光コラボ回線の制限を受けないのです。
そのため、速度が欲しい場合は、auひかり、NURO光を検討するのも手です。

ただ、NURO光は対象エリアに制限がありますが、auひかりにはありません。
auひかり、NURO光ともに、光コラボで転用の場合と違って、工事等、開通手続きに日数がかかる可能性が高いです。早めの手続きをおすすめします。

OCNモバイルONEとセットにすると、1契約あたり200円/月割引

OCNが出している格安スマホ、格安SIM 「OCNモバイルONE」とOCN光をセットにすることで、スマホ1契約あたり200円が割引になる「OCN光モバイル割」があります。

適用条件はOCN光と同一住所で契約し、契約数は5契約までです。

1契約の割引額は、ソフトバンク光、NURO光の「おうち割」やauひかりの「auスマートバリュー」、ドコモ光の「ドコモ光セット割」と比べると少ないですが、格安スマホに変えることで月々の通信料金を大きく削減できる可能性があります。

たとえばOCNモバイルONEの
・「10分かけ放題プラン」……10分以内の国内電話が回数無制限で0円
・「10GB/月コース」……月々10GBまで通信制限なし
というプランを申し込むと、月額費用は3,850円です。「OCN光モバイル割」を適用した場合3,650円になります。

フレッツ光+他プロバイダーから「OCN光」に乗り換える場合、違約金がかかる可能性

フレッツ光回線+OCNプロバイダーから「光コラボ」OCN光にする場合、回線の工事費や解約時の違約金はかかりません。

フレッツ光の回線設備をそのまま使いますし、プロバイダーは変わらないので当然ですね。
ただし、新規に光回線を敷く場合や、回線タイプを変更する場合は料金がかかります。

一方、プロバイダーをOCN以外から変更する場合、契約時のプロバイダーからの違約金がかかる可能性があります。契約書類を確認し、解約の手続きをしましょう。

その場合、プロバイダーが変更になるので、プロバイダーからもらっていたメールアドレスやインターネット接続設定が変わります。併せて、設定を変更しましょう。

OCN光を引っ越し先で使いたい場合

OCNの引っ越し手続きは、OCNに電話するか、サイトから簡単に申し込めます。

現在OCN公式で新規開通工事費が無料になるキャンペーン「OCN光 2018 新生活キャンペーン」が行われており、おトクに開通の手続きを進めることができます(2018年2月1日~5月31日まで)。

工事の日程が込み合うことも考えられますので、早めに手続きをしておきましょう。引っ越しの1カ月前から申し込めます。

乗り換えなら料金がお得な光コラボレーション!ネット代、携帯代が安くなる!

光コラボレーションがお得なポイント

  • ネット料金月額2,800円~!
  • 携帯代金最大2,000円割引!
  • フレッツ光からの転用なら工事費不要!
  • さらにお得なキャンペーンも!

OCN光を解約する場合の注意点

 
OCN光を解約して他の光コラボ等に乗り換えたいときがくるかもしれません。

その場合、2年自動更新型を更新月以外に解約した場合にかかる違約金(11,000円)のほか、いくつかの注意点があります。

OCN光から他の光コラボへの回線転用はできない

フレッツ光回線からOCN光にする場合、既存回線をそのまま使える「転用」が可能でしたが、OCN光から他の光コラボにすることはできません。

「同じ回線を使っているんだから、転用してもいいじゃない!」と思う気持ちはわかりますが、回線とプロバイダーを一括契約しているため、回線だけ使いまわすということができないのです。

そのため、現在の回線を解約、新たに回線開通工事をすることになります。
もちろん費用がかかりますが、光コラボ業者によっては他社違約金負担・工事費0円のキャンペーンを行っていますので、費用自体の心配はそれほどしなくても良いでしょう。

それより面倒なのが、一時的にネット回線が使えなくなることです。なるべく早めに、新規光コラボ会社に工事を申し込み、解約の日付から間が空かないよう工夫しましょう。

初期の工事費用を分割で支払っている場合、未払い分がまとめて請求される

フレッツ光からの転用でなく、OCN光契約時に新規に光回線を開通させた場合、工事費用を30回払いで、月々の利用額に上乗せして支払っていると思います。

この30回払いを解約時に支払い終えていない場合、残りの工事費用がまとめて請求されます。ただし、新規開通工事費無料のキャンペーンを申し込んでいる場合は、このような請求はありません。

OCNひかり電話の電話番号を変えないで使いたい場合、アナログ回線への加入(アナログ戻し)が必要

OCN光の「OCNひかり電話」では、既存の電話番号をそのまま使う(番号ポータビリティ)ことが可能でした。

ひかり電話は固定電話と比べて、月の基本料金や通話料(とりわけ固定電話にかける際)が安いため、OCN光にしたとき同時に申し込んだ人もいるかもしれません。

ですが、OCN光を解約した場合、OCNひかり電話も同時に使えなくなります。

ひかり電話解約後も同じ電話番号を使い続けるためには、過去にNTTの固定回線を使っており、休止もしくは一時中断の手続きをしていることが必要です。その場合、電話を止める際と取り付けする際にそれぞれ2,000~10,000円の工事費用がかかります。

それ以外では電話番号を変えないで使うことはできませんので注意しましょう。 

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事