閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

一人暮らし開始!その時インターネット接続方法はどうする?

一人暮らしを始めた時、インターネット接続手段に悩む人は多いのではないでしょうか。
ここでは、そんな方に向けて、「おすすめのインターネット回線の選び方」を紹介します。

インターネットに接続するための代表的な方法の「光回線」「モバイル回線」の特徴や、それぞれの回線をおすすめする人を解説します。さらに、「新居がインターネット完備or対応か」という重要なチェックポイントについても解説していきます。

インターネット回線は【光回線orモバイル回線】!

インターネットをするためには、インターネット回線の契約が必要です。
現在、インターネット回線は「光回線」と「モバイル回線」の2つが主流です。

「光回線」とは、その名の通り「光ファイバーというケーブルを使用した回線」を指します。例えば、【フレッツ光・ソフトバンク光・NURO光】などは光回線ですね。
この回線を使用したい場合は、「ONU」という機器(=回線とパソコンなどを中継する機器)が必要です。【光回線+ONU+通信機器(パソコンなど)】を接続することでインターネットに接続できます。また、自宅に回線を引くための工事が必要な場合があります。(※後述する「インターネット完備の物件」では工事不要)なお、光回線は、持ち運ぶことができません。

一方、「モバイル回線」とは、その名の通り「携帯電話でも使用されている通信回線」を指します。例えば、【UQWIMAX・BroadWimax】などはモバイル回線ですね。
この回線を使用したい場合は、「モバイルルーター」というスマホより少し小さめくらいの機器が必要です。【モバイル回線+ルーター+通信機器(パソコンなど)】を接続することでインターネットに接続できます。この場合、工事は不要です。なお、モバイル回線は持ち運ぶことができます。

「新居でインターネットに接続したい!」と考えている方は、まずは「固定回線」か「モバイル回線」のどちらの回線を契約したいのかを考えるのが良いでしょう。

光回線のメリット

光回線はモバイル回線よりも通信速度が速い傾向にあり、「最大1Gbps」と謳われていることが多いです。(それよりも速いプランもあります)代表的なモバイル回線のUQWIMAXの「WIMAX 2 +」が440Mbps程度であることが多いことに比べると、圧倒的に速いですよね。
「高速通信したい!」と考えている方なら、まずは光回線を検討してみるのが良いでしょう。

ただし、重大な注意点があります。住宅によっては、光回線の速度が100Mbps程度のプランしか選択できない可能性もあります。(住宅に引き込める回線が100Mbps専用の回線のみ、ということがあるようです)
そのため、光回線を契約しようとしている方は、必ず「どの速度のプランを選択できるのか」を光回線事業者に確認しましょう。

とはいえ、動画視聴やゲームでの通信を行っても100Mbpsの速度でほとんど不自由なく視聴・プレイが可能です。

最大12万円の高額還元キャンペーン実施中!超高速通信を実現!

NURO光がお得なポイント

  • 最大80,000円高額キャッシュバック
  • 初期工事費が実質0円
  • 月額基本料が開始月無料

光回線のデメリット

光回線の使用には、開通工事が必要です。また、室内に回線を引き込む工事ですので、工事には立会いが必要であり、2~4万円程度の工事費もかかります。
また、有線回線のため家の外へ持ち運べません。

高額な工事費を負担したくない人や、フリーWi-Fiのない外出先でインターネットに接続することが多い人は、モバイル回線の方がおすすめです。

モバイル回線のメリット

モバイル回線を使用するための工事は不要で、機器が届いたその日からインターネットに接続することができます。

光回線のような最大1Gbpsとはいきませんが、たいていのモバイル回線で最大通信速度は少なくとも200Mbpsはあることがほとんど。これは動画視聴であれば全く問題なく楽しめる速度です。
また、モバイルルーターを持ち運んで、外出先でもインターネットに接続できます。例えば外出先で携帯電話をモバイルルーター経由でWi-Fi接続することで、携帯電話のパケット通信量を節約することもできます。
さらに、モバイル回線は、固定回線に比べて、比較的月額料金が安い傾向にあります。

このようなことから、工事なしですぐにインターネットに接続したい人や、一般的なインターネット接続にとどまる人(大容量のデータをやり取りすることがそう多くない人)、外出先でインターネットに接続したい人に、モバイル回線はおすすめです。

モバイル回線のデメリット

モバイル回線のデメリットは、通信環境が固定回線と比べて不安定なことです。モバイル回線の電波が届きにくい場所があるからです。(特に地下では電波が届きにくいという評判が多いです)

また、ルーターは充電して使用する必要があり、充電が切れたら使用できなくなることに注意しなければなりません。外出時は、スマホと共用できるバッテリー充電器を持ち歩いたほうがいいでしょう。
また、データ通信量に制限にも注意が必要です。一定の期間ごとに定められたデータ量を超えて通信してしまうと、大幅な速度制限がかかってしまいます。(固定回線の場合は、このような通信量による速度制限はありません)

このようなことから、特に安定した通信が必要な人、データ通信量が多くなる可能性が高く、通信制限を受けたくない人は光回線の方が良いでしょう。

おすすめ窓口月額料金最安級!2,726円~!
broadwimax月額最安トップページ
どこでもインターネット使い放題!
月額料金2,726円~の業界最安級!
工事不要でどこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
いまなら初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

「インターネット完備or対応」 かの確認は、必ずしよう!

最後に、新居のインターネット回線を決める際に絶対やったほうがいいことを紹介します。

それは、新居が「インターネット完備orインターネット対応の物件なのか」の確認です。不動産会社に確認してみましょう。

完備or対応していると言われた場合は、
●どのような条件でインターネットを使用できるのか(光回線事業者名・料金・速度・開通工事は必要かなど)
を必ず確認しましょう。

何故なら、「インターネット完備orインターネット対応」の物件の場合は、非常にお得な金額ですぐにインターネット回線を契約できる可能性があるからです。
「インターネット完備」と「インターネット対応」の違いについては後述しますね。

一方、新居がインターネットに対応していないと言われた場合は、
●開通工事を行ってインターネットを使用することは可能か
を確認しましょう。
何故ならその場合、インターネットの開通工事を行う必要があるからです。開通工事のためには、壁に穴をあけることなどもあるため、家主さんなどに確認を取る必要があります。

「インターネット完備」の物件とは?

「インターネット完備」の物件の特徴は次の通り。
●固定回線
●すぐにインターネットに接続できる
●入居者が個別で接続契約を結ぶ必要がない
●家賃にインターネットの使用量が含まれていることがほとんど
●回線開通工事が不要

引越し後、LANケーブルでPCに繋げばすぐにインターネットが利用できます。
ただし、すでに使える回線も契約内容も決まっているので、通信速度や料金に不満があっても自分では変えることが難しいのがデメリットです。

インターネット対応の物件とは?

「インターネット対応」の物件の特徴は次の通り。
●入居者は個別に接続契約をする必要がある
●建物までは回線が引き込まれているが、室内まで回線を引き込む宅内工事が必要

この場合、確実にインターネットに接続できる物件なのですが、宅内工事が必要で、工事費を払う必要があることに注意しましょう。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事