閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

アパートで快適なインターネット環境を手に入れるには?

一年で最も引っ越しが多い3月から4月。進学や就職を期に実家を出て念願のアパート暮らし、という人も多いことでしょう。
そこで重要になってくるのが、いかにして快適かつリーズナブルにインターネット環境を手に入れるか、ということ。

ここでは物件選びの際のチェックポイントのほか、現在アパートで主流である「光回線」と、新たな選択肢として注目の「モバイル回線」について紹介していきます。

物件選びのチェックポイント-物件のインターネット対応状況には3つある

アパートを探すとき、「インターネット完備」などの言葉を目にすることが多いと思いますが、賃貸物件のインターネット対応状況は主に下記の3つのタイプに分かれます。ただし不動産屋さんによって表記方法が異なる場合があるので、必ず確認してくださいね。

タイプ①:「インターネット対応」の場合

電線からアパートの共用スペースまでの回線工事(多くの場合は光回線)が完了している状態の物件こと。

このタイプの場合、これから自分でしなければならないのは、共用スペースから自分の部屋まで回線を引き込む工事です。基本的にそんなに時間がかかるものではなく、アパートでは引っ越しのたびに発生している、工事というより「作業」といったのもの。しかしながら、申し込みや工事費の負担は自分で行わなければならず、引っ越しシーズンの場合申し込みから工事までに時間がかかってしまう場合も。工事費については長期利用を前提とした大幅なキャンペーンが行われているケースも多いので、申し込み時に確認しましょう。
あともう1つ、プロバイダの申し込みも自分で行う必要がありますね。

フレッツ光東日本なら、にねん割で2年間月額料金最大700円割引き!

フレッツ光東日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話、フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • ギガ推しキャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

タイプ②:「インターネット完備」「インターネット導入済み」の場合

最近増えてきたタイプですね。これは、大家さんが提携した光回線がすでに各部屋まで来ている状態です。

あらかじめ部屋の各場所にLANコンセントが設置してあり、提携先の業者に申し込むだけですぐにインターネットを使用することができます。料金も3000円程と安めのことがほとんどでプロバイダに加入する必要もありません。更に解約金もなし。LANケーブルとパソコンを繋げば入居後すぐにインターネットの利用が可能です。

タイプ③:「インターネット付き」の場合

アパート代にインターネット料金が含まれているタイプです。

②と同じように回線がすでに各部屋まで来ているためインターネットを手軽に始めることができますが、インターネットを使わないからといって家賃が安くなるわけではありません。また、後述のWiMAXなどモバイル回線を利用するなら、まったムダになってしまいます。

「モバイル回線」という新たな選択肢

今まで述べてきた①~③は、全て固定回線の1つである「光回線」の対応状況でした。ですが、インターネットを楽しむ方法は光回線だけではありません。高速でインターネットを楽しむ手段として新たに注目を浴びているのが、最近TVのCMでもよく見かける「UQ WiMAX」などの「モバイル回線」です。

どのようなものなのか、詳しく調べていきましょう。

モバイル回線のメリット

①工事不要
ルーターさえ届けばすぐにネットにつなげられ、退去時もカンタン

②持ち運びできる
アパート内だけでなく、外出先でも利用できます

③料金が安め
光回線と比べて月額料金が安く設定されていることが多いです

モバイル回線のデメリット

①電波が入らないエリアがある
住む場所によっては利用できないので自分のアパートが対象エリア内か、事前に確認が必要です

②通信が不安定なことも
電波の状況により通信速度が遅くなる場合があります

③通信制限がある場合あり
光回線の場合は利用に上限がありませんが、モバイル回線の場合、利用に上限がある場合があります

主なモバイル回線

UQ WiMAX
auグループのUQコミュニケーションズが提供。申し込みはプロバイダと契約をすればよく、UQコミュニケーションズとは契約しなくてもよい。主なプロバイダはビッグローブ、ニフティ、GMOとくとくBBなど。プロバイダによってインターネット接続機器無料や初月利用料無料などのキャンペーンを実施しているので、プロバイダは選んだほうがお得。
速さは日々進化していて光回線と遜色のない程度、動画もサクサク楽しめる。月額利用料は3000円台がメイン。

ワイモバイル
ソフトバンク系列で、「おうち割 光セット」の適応可能。これは、ソフトバンクのスマホとセットで利用することで月額料金が割り引きになるサービスです。最新機種では、一度に通信できるデータ量を増加させることで高速通信が可能になっています。

おすすめ窓口月額料金最安級!2,726円~!
broadwimax月額最安トップページ
どこでもインターネット使い放題!
月額料金2,726円~の業界最安級!
工事不要でどこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
いまなら初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

少ししか使わないなら、「テザリングでしのぐ」のも1つの手

ネットをあまり使わない、というならスマートフォンのテザリング機能を使うのも1つの手。これなら申し込みも設定も追加の月額使用料もなく、手軽にパソコンやタブレット端末をネットにつなぐことができます。

ですが、テザリングにはいくつかの欠点が。例えば、

・通信量制限がある
・バッテリーの消費が激しい

などです。中でもネックなのは通信量の制限ですね。YouTubeを高画質で見ると1時間で4GB程度を使用する、と言われています。Huluなどの定額制動画サービスで映画を楽しみたい、という人も多いでしょうが、動画サービスは定額制でも、通信量に制限がかかったり追加料金がかかったりするならもったいないですよね。

テザリングはあくまで一時的な利用、動画を見たりゲームをしたりするならどうしても固定回線やモバイル回線が必要になってきます。

まとめ

せっかくのアパート、せっかくの一人暮らし。快適に過ごしたいなら、やはりインターネット回線は必要でしょう。とにかくすぐに手軽に始めたいなら「モバイル回線」、動画も楽しみたいなら光回線などの「固定回線」、と目的に応じた回線を選びましょう。

また、アパートを決めるにあたり、不動産屋さんに、その物件のインターネットの対応状況を確認することも重要です。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事