閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

電気利用状況の見直しのために。フレッツ光のミルエネを活用しよう!

2016年4月から始まった電力の自由化により、個人で電力契約をする際の選択肢が一気に増えました。

幅広い選択肢の中から電力会社やプランを検討する時に、「自分の家の電力の利用状況はどうなっているのだろう」と悩まれてはいませんか?できれば、自分の電力利用状況と合ったプランのある電力会社と電気契約を結んで、毎月の電気代を削減したいですよね。

まずは自身の電気利用状況を知らなければなりません。そこで役に立つのがフレッツ光のオプションで選べる「ミルエネ」です。

今回の記事では、「ミルエネ」の設置方法、初期費用、月額料金、ミルエネの持つ機能などについて解説します。

なお、ミルエネはNTT東日本だけのサービスであり、NTT西日本のフレッツ光では利用できないことにご注意ください。

2016年4月にスタートした電力の自由化

2016年4月に電力の自由化が解禁されました。

これまで自宅の電気契約ができたのは、自身が住んでいる地域を管轄する電力会社のみ。しかし法改正により、2016年の4月から、大手電力会社はもちろん電力会社以外の業種の企業も、日本全国どこでも自由に電力を販売できるようになりました。
これが2016年4月から始まった、通称「電力の自由化」です。

電力の自由化を有効利用するにはまず、自身の家庭の電気利用状況を知ることが第一歩。そのためにおすすめの方法がフレッツ光の「ミルエネ」の利用です。

フレッツ光の「ミルエネ」とは?


出典:NTT東日本公式ホームページ

フレッツ光はNTTが提供するインターネットの光回線サービスです。
フレッツ光には色々なオプションサービスがあり、自宅の電気使用量が確認できる「ミルエネ」もその一つです。

ミルエネに加入すると「フレッツ・ミルエネ対応機器」の設備を自宅に設置します。「フレッツ・ミルエネ対応機器」が家中の電力の使用状況を計測し、計測結果はインターネットのブラウザ画面(パソコン、スマホ、タブレットPC、など)から確認できます。

ミルエネは自宅の電気使用量と他ユーザーとの比較も可能

ミルエネの設備を自宅に設置すると、インターネットブラウザのミルエネの専用ページから自宅の電気使用量を確認することが出来ます。電気使用量は1分刻みでグラフ化して表示可能で、まさに電気使用量の「見える化」が可能になります。

ミルエネで計測した電力使用量はインターネット経由でフレッツ光のサーバーにデータとして集計されます。このデータは個人情報を含まないレベルで公開されるため、自宅の電気使用量と全国(地域別も可)の平均利用料の比較なども出来ます。

自宅の電気使用量は一日単位でデータ化され、データが蓄積すれば1年間の利用状況をグラフ化することも可能です。年間の利用状況をグラフ化することで、一年の内のどの時期にたくさん電力を使っているか、などが一目でわかるようになります。

ミルエネは電気代、太陽光発電の売電価格、CO2の排出量なども算出

ミルエネは自宅内で使った電力利用はもちろんですが、自動で電気料金を算出してくれる機能もあります。さらに電気利用によっては排出されるCO2の排出量も算出し、確認が可能です。

自宅に太陽光発電システムがある場合は、自宅で発電した電力を電力会社に買い取ってもらうことが出来ますが、ミルエネは自宅の太陽光発電システムにも対応しているため、太陽光発電の売電価格も算出可能です。

以上のようにミルエネは単純に電力量を知るだけなく、自宅の電力利用に関する様々なデータの確認ができます。

フレッツ光東日本なら、にねん割で2年間月額料金最大700円割引き!

フレッツ光東日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • ギガ推しキャンペーン併用で月額料金1,000円以上割引き!

ミルエネで一部の家電の遠隔操作が可能

上述の通り、ミルエネに加入すると自宅のパソコンやスマホで自宅の電気利用料を確認することが出来ます。さらに一部の家電はミルエネの専用ページから遠隔操作が可能になります。
遠隔操作はインターネット通じて行うため、ミルエネに対応している機種ならインターネットアクセスできる場所からどこでもOKです。
遠隔操作できる主な家電は以下の通り。
●エアコン
●電動シャッター
●ガス給湯器
●エコキュート家電

ミルエネの利用料金は?

ミルエネの加入・使用にかかる費用は次の通り。

●初期費用・・・2,000円(フレッツ光の新規契約と同時に加入の場合は1,000円)
●月額料金・・・400円(専用機器をレンタルした場合)

フレッツ・ミルエネの専用機器を購入した場合は、フレッツ・ミルエネの月額料金は200円になります。

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

「電力スマートメーター」を自宅に設置する方法

「電力スマートメーター」は自宅の分電盤(自宅内にあるブレーカーなどの装置)に取り付ける必要があるのですが、この作業は基本的に自分で行うことになります。取り付け作業のためには分電盤を開き、ケーブルを引っ張り出す必要があります。

分電盤に専用機器を取り付けた後は、フレッツ光のモデムにも電力使用量のデータをアップロードする「無線親機」をUSB接続します。これは簡単な作業ですね。

分電盤に取り付けられた専用機器が自宅の内の電力を計測し、そのデータを無線で「無線親機」に送信します。そして「無線親機」が使用電気量をフレッツ光のサーバーにインターネット経由でアップロードし、その結果を自宅のPCなどのブラウザで確認できる、という仕組みです。

なお、分電盤に専用機器を取り付ける方法や、使用電気量を確認するためのブラウザでの初期設定の方法などは、NTTのホームページに動画が公開されています。

この一連の取り付け作業は任意でNTTの業者に取り付け工事をしてもらうことも可能です。工事費は工事内容によって異なり、500~4,500円になります。
ちなみにフレッツ光の新規契約と同時にミルエネに加入するとこの工事費は無料になります。

まとめ

自身にピッタリの電力契約を見つけるには、まず自身の電力利用状況を正しく把握することが大切です。
ミルエネは自宅内に電力計測器を取り付け、電力の利用状況を細かくデータ化することが出来るサービスです。
初期費用2,000円、月額料金400円という、リーズナブルな価格のため、自宅の電力利用状況を知る手段としておすすめです。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事