閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ソフトバンク光を契約すると請求はいくらなの?いつくるの?

ソフトバンク光を契約すると、月額利用料金だけでなく、初期費用やオプション料金などの費用が請求されます。また、解約のタイミングによっては工事費の残債や解除料などがかかり、思ったよりも高くなってしまうこともあります。そのため、契約時や解約時には請求金額がいくらになるのか不安な人も多いと思います。

ここでは、ソフトバンク光の契約時と解約時の請求金額がいくらになるのかを解説します。

ソフトバンク光の請求金額の確定日と支払日

ソフトバンク光の請求金額は、毎月末日に確定し、翌月の26日または27日に支払います。支払日が2日に分かれているのは、支払方法によって異なるためです。支払方法の違いによる支払日の違いは下記の通りです。

【ソフトバンク光の支払方法による支払い日の違い】
支払方法 支払日
ソフトバンク請求 銀行他民間金融機関 毎月27日
Yahoo!ウォレット請求 銀行他民間金融機関 毎月27日
Yahoo! JAPAN指定銀行
ジャパネット銀行・みずほ銀行・三菱UFJ・楽天銀行
毎月26日
ソフトバンクまとめて請求 銀行他民間金融機関 毎月27日
合算請求 携帯電話の支払方法に準じます 合算請求時期を確認

請求金額の支払日が毎月26日になるのは、Yahoo!ウォレット請求でYahoo! JAPAN指定銀行の支払いを設定している場合のみです。それ以外の方法だと、毎月27日が支払日になります。

ソフトバンク光の請求金額は、すべての支払方法でクレジットカードの使用が可能です。クレジットカード払いにした場合は、ソフトバンク光ではなく、クレジットカードごとの支払日に清算が可能です。

ソフトバンク光の請求金額が確定すると、登録したメールアドレスにメールが届きます。そのメールからマイソフトバンクにログインすることで、支払日前に請求金額が確認できます。なお、26日27日が休日だった場合は、支払日が翌営業日になるので覚えておきましょう。

ソフトバンク光の請求金額

では、ソフトバンク光を契約した場合、月額利用料金やオプション料金とは別に初期費用として開通工事費と契約事務手数料がかかります。

月額利用料金の中に初期費用が含まれると、請求金額が上がってしまうので注意しましょう。

月額利用料金

ソフトバンク光の月額利用料金は、契約プランごとに下記のように設定されています。

【ソフトバンク光の月額利用料金】
ホーム(戸建住宅) マンション(集合住宅)
月額利用料金 自動更新なしプラン :6,300円
2年自動更新プラン :5,200円
5年自動更新プラン :4,700円
自動更新なしプラン :6,300円
2年自動更新プラン :5,200円

自動更新プランとは、契約期間が定められている代わりに月額利用金が割引されるプランです。たとえば、戸建住宅の場合、2年自動更新プランを契約することで、契約期間が定められてしまいますが、自動更新なしプランよりも月額利用料金が1,100円割引されます。そのため、長期契約する予定であれば自動更新プランをおすすめします。

開通工事費と契約事務手数料

ソフトバンク光を契約した際には、電柱を通っている光回線を室内に引き込むための開通工事と、登録手続きを行うための契約事務手数料がかかります。

【ソフトバンク光の開通工事費】
工事の種類 費用
屋外・室内工事あり 24,000円
室内工事のみ(宅内の設備を再利用する場合など) 9,600円
開通工事なし(光ファイバーが導入済みのマンションなど) 2,000円

契約事務手数料は、契約プランに関わらず発生する料金は一律3,000円です。

開通工事には、建物の最寄りの電柱から建物の外壁まで光回線を引き込むための屋外工事と、光回線を建物の外壁から室内に引き込むための屋内工事の2種類があります。

開通工事費は工事内容によって金額が変わります。光回線の設備が全くない建物では、屋外工事と屋内工事が必要になるため、工事費は24,000円かかります。マンションなどの集合住宅で建物まで光回線が引き込まれている場合は、室内工事だけなので、工事費は9,600円です。なかには、光回線の設備がすでに導入されている建物もあります。

すでに室内まで光回線が導入されている場合、開通工事は不要になりますが、手続き費用として2,000円がかかります。

開通工事費は、一括払いの他に24回、36回、48回、60回の分割支払いができます。ただし、分割払いができるのは、屋外工事または屋内工事が発生した場合のみです。手続き費用のみの場合は一括払いのみになるので覚えておきましょう。

オプション利用料金

ソフトバンク光のオプションを契約した際の利用料金は、月額額利用料金と一緒に請求されます。ソフトバンク光のオプションの種類と利用料金については、公式サイトをご確認ください。また、オプションの種類によっては、ソフトバンク光と同時に契約すると、開通工事が終わった日から1か月間は無料で利用できる特典があります。

特典が利用できるオプションの種類の確認はこちら

利用開始月からの請求額

それでは、ソフトバンク光を契約した際の請求金額を確認していきましょう。

下記は、ホーム(戸建住宅)プランで2年自動更新プランを契約した場合の利用開始月から3か月までの請求金額です。利用開始日は2019年4月15日で、開通工事費の24,000円は60回の分割払いです。オプションは、おうち割光セットを適用するために、オプションパック(500円/月)だけを契約しています。

【ソフトバンク光の請求金額】
契約月 4月(利用開始月) 5月 6月
支払日 5月27日 6月27日 7月27日
月額利用料金 2,600円
(4/15~4/30で日割)
5,200円 5,200円
契約事務手数料 3,000円 0円 0円
開通工事費 0円 400円 400円
ユニバーサルサービス料 3円 3円 3円
オプションパック利用料金 0円 500円 500円
請求金額 5,603円 6,103円 6,103円

利用開始月の月額利用料金は日割り計算になり、初期費用として契約事務手数料がかかります。オプション料金や開通工事費は利用開始月の翌々月から請求されます。

ユニバーサルサービス料とは、加入電話、公衆電話、緊急通報などのサービスを維持するために、利用者が負担するための費用です。ユニバーサルサービス料は半年に一度料金が見直されます。ちなみに2019年8月時点でのユニバーサルサービス料は3円です。

ただし、ソフトバンク光を契約していても、固定電話サービスに加入されていなければ、ユニバーサルサービス料はかかりません。

解約時の請求金額

ソフトバンク光を解約するタイミングによっては、解約月の月額利用料金の他に、自動更新プランの解除料と開通工事費の残債を請求される場合があります。どちらも解約時には一括で請求され、金額が高額になる場合があるので注意しましょう。

解除料

ソフトバンク光の自動更新ありプランは、契約期間内で途中解約すると解除料が発生するので注意しましょう。自動更新プランは、契約期間が決められている代わりに月額利用料金が割引されているプランです。そのため、契約期間内で解約すると、解除料が発生します。

自動更新プランの途中解約することで発生する解除料は下記の通りです。

【自動更新プランの解除料】
プラン 解除料
自動更新なしプラン 0円
2年自動更新プラン 9,500円
5年自動更新プラン 15,000円

自動更新プランを解約する場合は、契約満了月で解約すれば解除料がかかりません。契約満了月は、自動更新プランで決められている契約期間の最終月です。
たとえば、2017年8月にソフトバンク光の2年自動更新プランを契約した場合、2019年8月が契約満了月です。契約満了月内であれば、仮に月初めに解約しても解除料は発生しません。また、解約月の月額利用料金も日割り計算になるので、月初めに解約した方が解約時の請求金額が少なくなるので覚えておきましょう。

基本工事費の残債

開通工事費を分割で支払っている場合、ソフトバンク光の解約時に工事費の残債が残っていると解約時に一括返済されるので覚えておきましょう。

たとえば、24,000円の開通工事費を60回分割で返済していたが、契約してから24か月後に解約した場合、24,000円からすでに支払った9,600円を差し引いた14,400円が解約時に一括請求されます。

そのため、自動更新プランの契約満了月に解約した場合でも、開通工事費の残債は請求されるので解約時の請求金額には注意しましょう。

ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに、Web申込で最大70,000円キャッシュバック!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン!

お申込みサイトを見る

関連記事