閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

NTT東日本のフレッツ光の特徴は?西日本とどう違うの?

フレッツ光は、NTT東日本とNTT西日本とでプランや料金が異なります。

NTT東日本が管轄するのは、北海道・東北・甲信越・関東エリアで、この地域に住んでいる人がフレッツの光回線を利用する場合はフレッツ光東日本になります。

ここでは、フレッツ光(東日本)のプランや料金体系と、同エリア内におけるフレッツ光以外の光回線についても解説します。

フレッツ光(東日本)の月額料金と割引

フレッツ光(東日本)で一番通信速度が速い下り最大1Gbps(※)の「ギガファミリー/マンション・スマートタイプ」の月額料金例です。
フレッツ光東日本の割引制度である「にねん割」「ギガ推し!」を適用し、「フレッツ光メンバーズクラブマンスリーポイント」を毎月の支払いに充てた場合の額で記載しています。

戸建て(ファミリー) 4,600円 +プロバイダ料金
(500~1,200円)
マンション 4契約以上 3,950円
8契約以上 3,350円
16契約以上 2,950円

フレッツ光の月額料金に、OCNやSo-net等のプロバイダ(回線接続サービスを提供している業者)料金をあわせた額が、実際の利用料金ということになります。

マンションの場合、どのプランになるかは、同じマンションに何件フレッツ光の契約者が見込めるかで変わってきます。4契約未満の場合は戸建てプランになることもあり、これは自分で決めることはできません。

※下り・上り最大1Gbps。1秒間に1ギガビットの情報量をダウンロード・アップロード可能という意味。

「にねん割」について

2年毎の自動更新契約にすることにより、戸建て700円、マンション100円を月々割引するというものです。
利用期間の途中で解約した場合、戸建て9,500円、マンション1,500円の違約金がかかります。
「東日本のフレッツ光は2年契約がお得!お得な“にねん割”を徹底解説します」

「ギガ推し!」について

「ギガ推し!」は、「ギガファミリー/マンション・スマートタイプ」プラン限定の割引です。利用開始日の翌月から30カ月、300円が月々割引されます。
「にねん割」への加入が前提となっています。

「フレッツ光メンバーズクラブマンスリーポイント」について

フレッツ光を長く使ってくれる人のための会員限定ポイント制度です。
1年目は毎月100ポイント、5年後以降500ポイントまで、毎年100ずつ加算ポイントが上昇します。
1ポイント=1円分としてフレッツ光の支払い料金にあてたり、景品と交換したりすることができます。

フレッツ光の東日本と西日本の違い

利用エリアで東西どちらかになる

フレッツ光はNTTによる光回線インターネットです。NTTに東日本と西日本があるのと同様に、フレッツ光にも東日本と西日本があります。
これは日本国内の東西でエリアが分かれているので、西日本エリアの人がフレッツ光東日本のサービスを利用することはできません。

東日本と西日本はプランも料金体系も違う

フレッツ光西日本も東日本と同じく最大1Gbpsの光回線インターネットを提供していますが、サービスプラン名・月額・適用割引も東日本とは料金体系が異なります。
サービス内容や価格帯は東日本と同じようなものですが、西日本のほうが「Web光もっと×2 割」「光もっと×2 割」を適用させることでファミリー・マンションともに月額利用料が約300~700円ほど安くなります。そのかわり、解約時の解約金は高めに設定されています。
「西日本へ引越したら、フレッツ光契約時に光もっともっと割を適用しよう!」

東日本ではフレッツ光ネクストには、下り最大1Gbpsのギガファミリー/ギガマンションのプラン、下り最大100Mbpsのファミリー/マンション・ギガラインタイプ、下り最大200Mbpsのファミリーハイスピード/マンションハイスピードタイプ、3種類の定額制プランがあります。

一方、西日本で現在提供されているのは、定額制で下り最大1Gbpsのフレッツ光ネクスト隼(はやぶさ)と2段階定額制のフレッツ光ライト(最大100Mbps)のみです。
定額制で下り最大100Mbpsのフレッツ光・プレミアムと、下り最大200MbpsのBフレッツは現在はすでに提供が終了し、光ネクストへの切り替えが進んでいます。

フレッツ光西日本でのサービスや月額についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
「フレッツ光の利用料金はいくら?戸建てとマンション、東日本と西日本での料金の違い」

フレッツ光東日本の現状

ここまでフレッツ光のプランについて解説しましたが、実は現在、フレッツ光を運営するNTT自体は、新規の光回線ユーザーを積極的には集めていません。
NTTは他社にフレッツの光回線を卸売し、回線を買った携帯キャリアやプロバイダ業者が独自のサービスを付加して販売する「光コラボレーション」のほうに力を入れているからです。そのため、現在では東日本も西日本も、フレッツ光の公式では新規契約キャンペーンや限定特典などをほとんど実施していないのです。
フレッツ光公式からの申込みでは、通常よりお得になる特典はありませんが、フレッツ光の代理店を経由すれば、キャッシュバックや初期工事費の割引などの特典は狙えます。

おすすめ窓口にねん割で月額料金最大700円割引!
フレッツ光東日本トップページ
さらにギガ推しキャンペーンで30ヶ月割引き!
1Gbpsの高速インターネット!
サポート体制万全!
ひかり電話・フレッツテレビ等オプションサービス充実!
キャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

東日本エリアでのフレッツ光以外の選択肢

少し前までは、光回線はほぼフレッツ光のみで、回線とは別にプロバイダを契約してインターネットを使うのが主流でした。

独自の光回線サービスauひかりやNURO光(So-net)、フレッツ光回線を使ったプロバイダ一体型サービスである光コラボのOCN光やBIGLOBE光、光コラボの中でもドコモ光やソフトバンク光といった携帯キャリアが提供しているもの、ケーブルテレビなど、光回線サービス自体は多岐に渡ります。

光コラボレーションサービスの内容について、少し紹介しましょう。

光コラボレーション

NTTが卸売したフレッツ光の光回線をそのまま使って(転用)各社が独自のサービスを付加して提供しているのが「光コラボ」サービスです。フレッツ光との違いは、契約先がNTTではなく、光コラボ提供会社になること、プロバイダも一括で契約すること、NTTにはない各社の付加サービスや割引・特典などが豊富なことです。
フレッツ光の場合と同じ条件で代表的な光コラボの料金を見比べてみましょう。

(フレッツ光からの転用/ネットのみ契約/特筆なければ2年契約) 

フレッツ光 3,350円(+プロバイダ料金) 4,600円(+プロバイダ料金)
事業サービス マンション(集合住宅) ファミリー(戸建て)
ソフトバンク光 3,800円 5,200円
ドコモ光  4,000円 5,200円
So-net光 3,500円 4,800円
ビッグローブ光 3,980円(3年プラン) 4,980円(3年プラン)
OCN光 3,600円 5,100円
@スマート光 3,300円 4,300円

光コラボの料金で最大の特徴はプロバイダ料金が含まれた金額であることです。プロバイダ料金が500~1,200円と考えれば、ほとんどの光コラボがフレッツ光より安くなります。
さらにここに、各社のセット割(ソフトバンク光のおうち割やauスマートバリューなど)を付けることでスマホ代と一緒に月額割引がされます。
回線はフレッツ光のものなので、同じく通信速度は最大1Gbps/200Mbps/100Mbpsのいずれかになります。
東日本エリアで料金を最優先で考えるなら、光コラボはぜひ検討したい選択肢です。
光コラボの詳細な料金比較はこちらの記事で解説しています。
「フレッツ光から光コラボに転用!料金は安くなるのか、速度は遅くなるのか」

おすすめ窓口乗換えはお得な光コラボレーション!
フレッツ光-光コラボトップページ
ネット代も携帯代も安くなる!
ネット料金月額2,800円~!
携帯代金最大2,000円割引!
フレッツ光からの転用なら工事費不要!
さらにお得なキャンペーンも!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

まとめ

フレッツ光は住んでいる地域で東日本と西日本に分かれています。東西でプランや料金の内容が異なり、東日本のほうが300~700円ほど料金が高いようです。しかし、契約更新月での解約では西日本に比べて解約金はそこまで高くありません。

東日本エリアでフレッツ光以外の光回線を選ぶなら、フレッツ光の回線を使っている光コラボが最もどの地域でも利用できる可能性が高いです。
混雑による通信速度低下が少なく、フレッツ光の1Gbps を超える高速通信環境を手に入れるならauひかりかNURO光の独自の光回線サービスを選ぶことになります。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事