閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

未成年はフレッツ光の契約はできるの?また、お得な学割はあるの?

大学・専門学校への進学で1人暮らしを始めるに際して、新たに「フレッツ光」などのインターネット接続サービスを契約しようとしている人も多いのでは?
履修登録やレポート作成などのためにも、インターネットは必要不可欠です。

とはいえ、「未成年はフレッツ光の契約をできるの?」と疑問に思っているかもしれませんね。

ここでは、未成年がフレッツ光の契約をする場合はどうなるかについて解説します。

また、合わせて「フレッツ光には学割があるの?」という疑問にも答えていきたいと思います。

未成年は保護者名義で契約可能

未成年がフレッツ光の契約を結ぶ際、基本的に親権者が名義人になる必要があります。

また、契約の際には、親権者の同意や本人確認書類が必要です。

未成年でも、就業者か学生かによって契約条件が異なる場合もあるので、一度オペレーターへの問い合わせをオススメします。

成人した際に、自分名義に変更可能

最初は保護者名義で契約をしていたという人も、成人後は自分への名義に変更し、請求書の送付先も変更することができます。

学生が利用者のとき、フレッツ光の請求先はどうなる?

フレッツ光の使用料の支払いは、口座振替・クレジットカード・振替用紙から選べます。
指定の口座・クレジットカードの番号を契約時に記入すれば、問題ありません。
振替用紙を選んだ場合は、請求書の送付先を契約時に決める必要があります。

では、名義人=親権者で、利用者=未成年者の場合、請求書の送付先がどこになるかが気になるところですよね。

フレッツ光の請求書の送付先は、「名義人」と「利用者」のどちらの住所でも対応可能です。参考例で確認していきましょう。

<請求書の送付例>

未成年の学生の1人暮らし。名義人は父親、利用者は未成年の学生の場合。
以下の①の方法でも②の方法でも請求書の送付が可能。

① 名義人の父親に請求書が届くが、利用者に請求書は届かない
② 名義人は父親だが、利用者に請求書が届く
※②の場合、支払いが滞った場合は、名義人の父親に請求書が届く

フレッツ光の学生割引、現在はナシ…

以前は、NTT西日本で開通から最大で4年間、マンションタイプの月額料金が2,550円割り引かれる「どーんと学割」という割引サービスがありました。
しかし現在は、「どーんと学割」は実施されておらず、NTT東日本・西日本ともに、学割などのキャンペーンは行っていません。

もし、学生割引を利用したいのであれば、プロバイダ業者を比較することをオススメします。

何故なら、インターネットに接続するためには必ず回線(=データの通り道)とプロバイダ(=回線とインターネットを結びつける業者)の契約を行う必要があるからです。

プロバイダはインターネット接続に必須なのですから、どうせなら学割キャンペーンのあるところを探してみてはいかがでしょう?

フレッツ光東日本なら、にねん割で2年間月額料金最大700円割引き!

フレッツ光東日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • ギガ推しキャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

学割キャンペーンがある!オススメのプロバイダ

お得な学割キャンペーンがあるプロバイダを紹介します。

学生は毎月500円安い!BIGLOBE

「BIGLOBE」の学割キャンペーンは、高校・予備校・専門学校・短大・大学など、学生証が交付されている方が対象です。

上記の条件なら年齢制限はありませんが、Bフレッツ・コミュファ光・フレッツ・ADSL・使いほーだいコース(フレッツ・ADSLとBフレッツのオプションに申し込んだ人もOK)を利用している人に限られます。

BIGLOBE公式サイト↓
http://support.biglobe.ne.jp/jimu/keiyaku/gakuwari.html

大学生協のプロバイダ「生協インターネット」

大学生協に入会していると利用できるプロバイダサービスもあります。
このプロバイダのプランは、月々払いだと1,700円と他より割高ですが、フレッツ光2年契約で、2年分24,000円のプロバイダ料金を一括で支払う2年プラン(安心タイプ)だと月々換算で1,000円になります。他のプロバイダより安いわけではありませんが、大学生協に加入している大学であればキャンパス内の窓口で申し込みもできます。ネットにあまり詳しくなく、検討する時間の余裕がないという学生さんにはこういった選択肢もあります。

また、この大学生協は学校を卒業してもサービス利用は継続ができるようです。
生協インターネット 接続コース・料金↓
http://www.sings.jp/service/course/index.html

プロバイダの月額料金やキャッシュバックキャンペーンの内容は、それぞれです。
フレッツ光をできるだけ安く利用したいのなら、プロバイダ各社を比較してください。
各社独自の特典サービスを提供しているので、内容をよく調べつつ、問題がなければ料金で選んでも良いでしょう。

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

まとめ

フレッツ光を未成年者が契約したい場合は、親権者の方に名義人になってもらいましょう。
未成年者が成人したタイミングで、名義変更や請求書の送付先を変更することができます。
フレッツ光の学割サービスは、現在はありません。
ただし、インターネット接続に必要不可欠なプロバイダでは学割サービスが行われていたりすることもあるようです。学割サービスの存在するプロバイダも、検討してみてはいかがでしょうか。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事