閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

東日本エリアのソフトバンク光の料金は?他のおすすめ回線と比較!

ソフトバンク光はNTTのフレッツ光回線を利用していますが、フレッツ光とは異なり、東日本エリアと西日本エリアの月額利用料金は同じです。
ただし、東日本エリアと西日本エリアでは、一部のプラン内容やオプションサービスが異なるので、ソフトバンク光の申込前に確認しておきましょう。

なお、東日本エリアだと関東限定ですが、ソフトバンクユーザーにはNURO光もおすすめです。NURO光は、ソフトバンク光と同様に毎月のスマホ代が安くなる「おうち割 光セット」が利用できるからです。
契約内容によってソフトバンク光よりも月額料金が安くなることがあるので、ソフトバンクユーザーはNURO光も検討してください。

ソフトバンク光の提供エリアはフレッツ光と同じ

NTT東日本またはNTT西日本が管轄する地域であれば、ソフトバンク光の申し込みが可能です。

【東日本エリア】
  • 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県
【西日本エリア】
  • 富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

ソフトバンク光は日本全国から申し込みを受け付けていますが、人口密度が低い過疎地や、設備状況が対応していない一部のマンションは、サービス対象外の場合があります。
そのため、ソフトバンク光の申し込みを検討している人は、NTT東日本の「光アクセスサービス 提供エリア検索」から、事前にサービスの対象かどうかを確認しましょう。

なお、西日本エリアでソフトバンク光の利用を検討中の人は、「ソフトバンク光(西日本)の料金を解説!同エリアのおすすめ回線は?」をご覧ください。

ソフトバンク光の初期費用・工事費・月額料金は東日本と西日本で同じ

NNTが提供するフレッツ光はエリアごとに料金が異なりますが、ソフトバンク光の初期費用・工事費・月額料金は、東日本エリアと西日本エリアで同一です。

そのため、東日本と西日本のどちらのエリアでソフトバンク光と契約しても、契約内容が同じなら料金は変わりません。

【ソフトバンク光の初期費用】
料金
新規申し込みの初期費用 3,000円
Yahoo! BBからのサービス変更費用
フレッツ光からの転用

ソフトバンク光に申し込むと、契約事務手数料が一律3,000円かかります。新規申込でもサービスの変更・転用であっても、支払いが必要なので注意しましょう。

【ソフトバンク光の開通工事費】
料金
立ち会い工事あり 24,000円
室内工事のみの場合 9,600円
立ち会い工事なし 2,000円

土日祝日に工事する場合、工事費に加えて、土日休日工事割増金3,000円がかかります。
なお、工事費は代表例であり、契約内容やインターネット環境によって、別途工事費が発生することがあるので事前に確認してください。

【月額利用料金(戸建住宅※)】
エリア 回線タイプ 月額料金
東日本エリア ファミリー・ギガスピード
ファミリー・ハイスピード
ファミリー
5年自動更新プラン:4,700円
2年事項更新プラン:5,200円
ファミリー・ライト 2年自動更新プラン:3,900円~5,200円
西日本エリア ファミリー・スーパーハイスピード
ファミリー・ハイスピード
ファミリー
5年自動更新プラン:4,700円
2年事項更新プラン:5,200円
ファミリー・ライト

マンション(集合住宅)の場合、ソフトバンク光は、エリアにかかわらずすべての回線タイプで2年自動更新プランであり、月額利用料は3,800円です。

なお、ソフトバンク光は、回線タイプの名称が東日本エリアと西日本エリアで一部異なりますが、基本的なサービス内容と料金は変わらないので覚えておきましょう。

ソフトバンク光の東日本エリアと西日本の違い

ソフトバンク光は、東日本エリアと西日本エリアで同一料金ですが、一部異なる点があります。

【東日本エリアと西日本エリアの違い】
  • 一部のプランの名称と上がり回線の最大通信速度
  • IPv6通信の追加オプションの内容

上記以外にも、ソフトバンク光では、東日本エリアまたは西日本エリア限定のキャンペーンを行うことがあります。
東日本エリアでソフトバンク光の申し込みを検討している人は、事前に公式サイトを確認しておきましょう。

東日本エリアのほうが一部のプランの最大通信速度が遅い

ソフトバンク光では、契約内容に応じて最大通信速度が変わりますが、同じ契約内容でも東日本エリアのほうが西日本エリアよりも最大通信速度が低下することがあります。

【東日本エリアだと最大通信速度が低下するプラン】
プラン名 西日本エリア 東日本エリア
ファミリー・ハイスピード 上がり最大速度200Mbps 上がり最大速度100Mbps
マンション・ハイスピード 上がり最大速度200Mbps 上がり最大速度100Mbps

ソフトバンク光のハイスピードプランの場合、戸建て住宅でも集合住宅でも、東日本エリアは上がり最大速度が100Mbpsまでに制限されます。

上がりとは、いわゆるアップロードのことで、パソコンやスマホからインターネット上にデータを送信する際の通信のことです。
一方、インターネット上からデータをダウンロード(受信)する際の通信は、下がりと言います。

上がりの最大速度が遅いとデータの送信に時間がかかります。YouTubeやTikTokなどの動画投稿サイトを利用している人や、仕事で自宅からデータをアップロードすることが多い人は、最大通信速度が1Gbpsのギガスピードプランに契約しましょう。

なお、ソフトバンク光の最大通信速度は、上がり下がりともに最大1Gbpsであり、東日本エリアと西日本エリアで違いはありません。

東日本エリアはIPv6通信の追加オプションが制限される

ソフトバンク光にはIPv6通信機能オプション(N)がありますが、西日本では最大10台利用できるのに対し、東日本では1台の端末(パソコン)でしか利用できません。

IPv6通信機能オプション(N)を利用している人は、西日本エリアから東日本エリアに引っ越すと、利用台数が制限されるので注意しましょう。

IPv6通信機能オプション(N)とは、IPv6通信時、IPアドレスの代わりに予め登録されているネーム(固定ドメイン/固定ホスト名)を利用し、インターネットではなくNGNに接続する機能のことです。

なお、NGN(Next Generation Network)は、NTT東日本・西日本が提供する電話網とインターネット網が一体化されたネットワークのことです。

【NGN通信の仕組み】


引用:フレッツ光ネクスト

【NGNのセキュリティ】


引用:フレッツ光ネクスト

通常、インターネットを通じてデータのやり取りをおこなうと、ハッキング(不正アクセス)・改ざん・なりすましなどのリスクがあります。
しかし、NGNは発信者IDをNGN側で管理するので、セキュリティが高い通信が可能になります。

なお、東日本エリアでも西日本エリアでも、1台目のネーム登録は無料です。不正アクセス等の対策をしたい人は、IPv6通信機能オプション(N)の利用がおすすめなので、ソフトバンク光の申込時に光BBユニットをレンタルしましょう。

ソフトバンク光でIPv6通信機能オプション(N)を利用するには、光BBユニットのレンタルやIPv6ハイブリッド通信の申し込みが必要になるので、忘れないようにしてください。

ソフトバンク光の利用者がエリアを超えて引っ越す場合の注意点

西日本エリアから東日本エリア、または東日本エリアから西日本エリアに引っ越す場合、契約内容の変更に伴い、契約事務手数料が3,000円かかります。

また、エリア間の引越し時には、新居での工事費が無料になる公式特典の「SoftBank光引っ越しのお手続き」が利用できません。継続してソフトバンク光を利用するには、2,000円~最大24,000円の工事費がかかります。

そのため、工事費を節約したい人は、引っ越しを機にソフトバンク光から他の光回線に乗り換えることも検討してください。NURO光など、他社からの乗り換えまたは新規契約で工事費が無料になるキャンペーンを行う光回線に申し込みましょう。

ソフトバンクユーザーならNURO光もおすすめ

NURO光は、ソフトバンク光以外で「おうち割 光セット」が利用できる唯一の光回線サービスです。おうち割光セットが適用されれば、ソフトバンクで契約中のスマホ・携帯電話・タブレット端末1台につき、月額利用料金が最大1,000円割引されます。

なお、NURO光は、ソフトバンク光よりも下りの最大通信速度が速く(最大2Gbps)、月額利用料が安くなることもあるので参考にしてください。

【ソフトバンク光とNURO光の月額料金の比較】
ソフトバンク光 NURO光
戸建住宅 3,900円~5,200円 4,743円
マンション 3,800円 1,900円~2,500円

ソフトバンク光およびNURO光の月額料金は、契約内容によって変わります。
NURO光は、同じマンションに10人以上利用者がいた場合に月額料金が1,900円になります。ただし、NURO光設備未導入のマンションだった場合、戸建住宅と同様に月額料金が4,743円かかるので注意してください。

自分が住んでいるマンションがNURO光設備を導入しているかは、「導入済み物件検索・お申込み」から確認しましょう。
戸建住宅や設備導入済みのマンションに住んでいる人は、ソフトバンク光よりも月額利用料金が安くなるので、NURO光に申し込みましょう。

NURO光へのお申し込みは こちら

東日本エリアでNURO光を利用できるのは関東地方だけ

NURO光は、NTT及びソフトバンクと提携する光回線サービスです。NURO光もフレッツ光回線を利用していますが、サービスの提供地域はNTT及びソフトバンク光とは異なるので、注意してください。

【NURO光の対象エリア(東日本)】
  • 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県
【NURO光の対象エリア(西日本)】
  • 愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・大阪府・兵庫県・京都・滋賀県・奈良県・福岡県・佐賀県

東日本エリアのうち、関東地方(1都6県)は、NURO光に申し込みが可能です。北海道や東北地方などではNURO光は利用できないので注意しましょう。

ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに、Web申込で最大70,000円キャッシュバック!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン!

お申込みサイトを見る

関連記事