閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光では050IP電話を利用できる?それで料金はお得になるの?

個人の携帯電話とは別に、家庭用や仕事用に電話が必要だという人も多いでしょう。

電話代を安く抑えられるイメージのある「050IP電話」は、フレッツ光で利用できるのでしょうか?

また、050IP電話に替えることで本当に料金がお得になるのか、どの固定電話がもっともお得なのかについても解説します。

フレッツ光では050IP電話サービスは実施していない

いきなり結論ですが、フレッツ光を提供するNTTとしては050IP電話サービスを実施していません。

050IP電話は、プロバイダが提供するサービスなので、050IP電話を利用したい人は、プロバイダ業者で契約を行います。

ただし、フレッツ光ネクストやフレッツ光ライト、フレッツ・ADSLなどのNTTのインターネット接続サービスを利用している人は、NTTから「050IP電話対応機器」をレンタルすることができます。050IP電話対応機器と無線LANカードがセットになった「050IP電話対応機器無線LANセット」もありますので、必要に応じてレンタル商品を選択しましょう。

050IP電話とひかり電話の違い

NTT東日本・西日本のフレッツ光の公式サイトを見ると、ひかり電話サービスを「ひかり電話(IP電話)」と表示しています。ひかり電話も、IP電話(Internet Protocol電話。インターネット回線を利用して接続する電話)の一種であることからあながち間違った表記とは言えないのですが、ややこしい印象を受けますよね。

現在のところ、一般的に利用されているIP電話には、050で始まる従来のIP電話と光回線を利用した光電話(NTTでは「ひかり電話」と表記)の2つがあります。今回は、両者を明確に区別するために、従来のIP電話は「050IP電話」、NTTのフレッツ光回線を利用したIP電話は「ひかり電話」を表記しています。尚、両者には次のような違いがあります。

・「050IP電話」の電話番号は「050」で始まる。一方、「ひかり電話」は地域の市外局番から始まる。
・「ひかり電話」は、NTTの加入電話で利用していた電話番号を引き継ぐことができる。
・「050IP電話」はフリーダイヤルや緊急ダイヤルにかけることができないが、「ひかり電話」はフリーダイヤルや緊急ダイヤルにもかけられる。
・「050IP電話」と比べると「ひかり電話」は音質が良く、NTTの加入電話と同等の音質で通話ができる。

050IP電話サービスの契約手順

NTTの050IP電話対応機器を使って050IP電話サービスを利用する方法を見ていきましょう。

1.プロバイダが050IP電話サービスを実施しているか確認する

まず、現在利用中のプロバイダが、050IP電話サービスを実施しているか確認する必要があります。プロバイダの公式サイトにも記載されていますが、プロバイダのお客さまセンターに電話をかけて確認する方が手早く確認することができるでしょう。

尚、NTT東日本では、NTT東日本のフレッツ光に対応しているプロバイダの中で050IP電話サービスを実施しているプロバイダ業者を紹介しています。利用中のプロバイダが該当するのか確認してみて下さい。
NTT東日本「050IP電話対応機器 対応プロバイダ」

2.NTTに050IP電話対応機器を申し込む

NTTに電話(0120-506-116、年末年始を除く毎日9:00~17:00)をかけ、「050IP電話対応機器」もしくは「050IP電話対応機器無線LANセット」を申し込みます。機器設置を契約者自身で行わない場合は、工事日を設定する必要があります。かならず工事日と工事費を確認するようにしてください。

3.プロバイダに050IP電話サービスを申し込む

利用中のプロバイダに050IP電話サービスを申し込みます。050IP電話対応機器の設置方法についての案内が送付されますので、案内に従い機器設置を行いましょう。

050IP電話サービスの初期費用

050IP電話サービスを利用するときには、初期費用はかかりません。しかし、050IP電話対応機器の設置をNTTに依頼する場合は、基本工事費と機器工事費が請求されます。NTT東日本では基本工事費として税抜4,500円がかかります。機器工事費は設置する機器によって変わりますが、約5,000~20,000円が請求されます。

フレッツ光東日本なら、にねん割で2年間月額料金最大700円割引き!

フレッツ光東日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • ギガ推しキャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

050IP電話サービスは本当にお得か?

050IP電話は本当にお得な固定電話サービスと言えるのでしょうか。NTTの加入電話とフレッツ光のひかり電話と比較して、お得かどうか見極めていきましょう。

月額基本料金は050IP電話が最安

050IP電話の月額基本料金は無料です。どのプロバイダの050IP電話を契約する場合でも、無料で利用できます。一方、ひかり電話は月額税抜500円の基本料金が発生します。一度も電話を利用しない場合でも500円はかかりますので、滅多に固定電話を利用しない人はもったいないと感じるかもしれません。また、加入電話の基本料金は、住宅用の場合、月額税抜1,450~1,950円です。頻繁に電話を利用する人以外にとっては、割高な料金設定だと言えるでしょう。

通話料金は050IP電話とひかり電話がお得

050IP電話は、同じプロバイダの050IP電話に対しては無料で電話をかけることができます。つまり、ぷららの050IP電話「ぷららフォンforフレッツ」を利用する場合、通話する相手も「ぷららフォンforフレッツ」を利用している場合のみ、通話料金が無料になるのです。050IP電話を利用している人はいても、同じプロバイダの050IP電話を利用している人と話す機会はそこまで多くはないと考えられますので、実際には無料で通話することは難しいといわざるを得ません。

しかし、050IP電話の場合、同じプロバイダの050IP電話に電話をかけるとき以外も、通話料金は低く設定されています。固定電話には3分間で8円程度、携帯電話には3分で50円程度でかけられますので、NTTの加入電話(日中の市内通話は3分で8.5円、日中に60kmを超える地域に電話をかけるときは3分間で160円)と比べると非常に安いと言えます。また、ひかり電話も固定電話には3分間で8円程度、携帯電話には3分で50円程度ですので、050IP電話と同程度に通話料金は低く設定されています。

初期費用が安いのはひかり電話

加入電話を利用するためには、最初に「施設設置負担金」が必要になります。施設設置負担金は税抜36,000円と非常に高額ですので、気軽には手を出せないという人も多いでしょう。施設設置負担金なしの「加入電話・ライトプラン」もありますが、施設設置負担金がない代わりに工事費(2,000円以上。設置環境によって異なります)を請求されます。

また、050IP電話も最初に工事費(基本工事費と機器工事費で10,000~25,000円ほど)が必要になります。毎月の基本料金はかからないものの、最初にまとまった金額が必要になりますので、あまり気軽には申し込めないかもしれません。

一方、ひかり電話も工事費はかかりますが、3,000~10,000円ほどで収まることが多いです。初期費用を低く抑えたい人は、ひかり電話が適していると言えるでしょう。

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本がお得なポイント

  • 1Gbpsの高速インターネット!
  • サポート体制万全!
  • ひかり電話・フレッツテレビなどオプションサービスが充実!
  • キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

レンタル機器代が安いのは加入電話

電話機を自前で準備するなら、加入電話には一切のレンタル機器代がかかりません。一方、ひかり電話と050IP電話は、電話機を自前で準備しても、接続機器代やモデム料金が月々500円程度発生します。

トータルでお得なのはひかり電話

通話料金と基本料金、初期費用、レンタル機器代をトータルで見ると、ひかり電話がもっともお得と言えます。基本料金が無料の050IP電話もお得なのですが、初期費用が高いこととフリーダイヤルや緊急ダイヤルが使えないこと、音質が良くないことを考え合わせると、決してお得な選択肢とは言えません。

ひかり電話は国際電話も安く設定されています。例えばハワイ以外のアメリカなら1分間でわずか9円、韓国や中国へも1分間30円で電話をかけられます。現在、フレッツ光やその他のインターネット回線に契約しているのなら、基本料金500円と格安な通話料金で利用できる「ひかり電話」を利用してみてはいかがでしょうか。

【おまけ】固定回線の中で唯一契約数が増加しているのも「ひかり電話」系のIP電話

下の、総務省の発表しているデータを見てみましょう。


画像出典:「図表5-2-2-1 電気通信サービスの加入契約数の推移」(http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc252210.html

水色で示されているのが加入電話、黄緑色で示されているのが050IP電話、黄色で示されているのがひかり電話など「光回線を利用したIP電話」です。
この表から、加入電話と050IP電話は2005年度以降減少し続けているのに対し、ひかり電話系のIP電話が増加しているのがわかります。

ちなみに、ピンク色は、携帯電話です。

前項で、トータルに考えてお得なのは「ひかり電話」と述べましたが、実績ベースで見ても、固定回線のトレンドがひかり電話系のIP電話になっていることがお分かりになると思います。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事