閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光のインターネットが繋がらないときの原因と対処法

「何もしていないのに急にインターネットが使えなくなった」
「今まで問題なく繋がっていたのにWi-Fiが切れた」

このように、突然インターネットが繋がらなくなったときには、フレッツ光の設備やWi-Fiルーターなどの通信機器にトラブルが発生しています。
トラブルの原因は様々ですが、フレッツ光のサポートセンターや修理業者に依頼すると、原因の特定に時間がかかることや、修理費用を支払わなければならないことがあります。

そこで、フレッツ光の利用者向けに、インターネットが繋がらない原因や、自宅でできる対処法を解説していきます。

メンテナンスや通信障害の情報を確認する

s今まで使えていたのに急にインターネットに繋がらなくなったときは、フレッツ光のメンテナンスや通信障害が原因となっていることがあります。
通信設備のメンテナンスや、落雷や突風などによる故障が原因である場合、フレッツ光の工事が終わるまではインターネットが使えません。

そのため、パソコンやWi-Fiルーターなどの通信機器を確認する前に、フレッツ光の公式サイトからメンテナンスや通信障害の情報を確認してください。

なお、フレッツ光のメンテナンスや通信障害の情報は、「工事故障情報」のページから、以下の手順で確認できます。

【工事故障情報の確認方法(NTT東日本)】
  1. フレッツ光(NTT東日本エリア)の公式サイトにアクセスする
  2. 電話番号または郵便番号を入力する
  3. 工事情報または故障情報を選択する
  4. 「フレッツ光ネクスト」を選択する
  5. 「回線」を選択する
  6. 「一覧ページへ」を選択する
【工事故障情報の確認方法(NTT西日本)】
  1. フレッツ光(NTT西日本エリア)の公式サイトにアクセスする
  2. 都道府県と市区町村を選択する
  3. フレッツの工事情報または故障情報を確認する
  4. 「フレッツ光ネクスト」を選択する
  5. 「表示する」を選択する

また、フレッツ光では、プロバイダの通信設備が原因で、インターネットが繋がらないときがあります。フレッツ光の工事故障情報のページに記載がない場合、契約中のプロバイダの公式サイトにアクセスして、通信障害やメンテナンスがないかを確認しましょう。

パソコンやスマホなどの通信機器を再起動する

フレッツ光やプロバイダがメンテナンスなどではない場合、パソコンやスマホが原因でインターネットに繋がらないことがあります。
たとえば、パソコンやスマホを長時間利用していると、内部に熱が溜まって処理速度が低下するため、Wi-Fiが繋がらないなどインターネットに関係する動作不良が起きやすいです。
また、セキュリティソフトやOS(システム)が最新のバージョンではない場合、正常に動作せず、インターネットに繋がらなくなることがあります。

そのため、フレッツ光の利用中にインターネットが繋がらなくなったときは、以下の手順で通信機器を再起動しましょう。

【通信機器の再設定】
  1. 作業中のデータを保存する
  2. 電源を切ってシャットダウンする
  3. 1分ほど待つ(※)
  4. 電源を入れて再起動する
  5. Wi-Fiの設定から接続中のネットワーク名(SSID)を確認する
  6. セキュリティソフトやOSのアップデートを行う
  7. 終了

※本体が熱くなっているときは日の当たらない涼しい場所で10分以上クールダウンさせる。

【参考リンク】

パソコンやスマホを再起動した人は、接続中のネットワーク名と自宅のWi-FiルーターのSSIDが一致しているかを確認してください。SSIDとは、Wi-Fiに接続する際に必要な英数字のことで、Wi-Fiルーターの側面または上面ラベルに記載されています。

接続中のネットワーク名とSSIDが異なる場合、近隣の住宅やWi-Fiスポットの電波を受信しているため、自宅で契約しているフレッツ光のインターネットに繋がりません。Wi-Fiの設定からSSIDを切り替えて、アクセスポイント(インターネットの接続場所)を変更しましょう。

利用するSSIDを使い分けると繋がりやすくなる

フレッツ光が繋がらない時は、スマホやパソコンのWi-Fi設定からSSIDを切り替えると、インターネットに接続できることがあります。
Wi-Fiルーターには、2.4GHzと5GHz、2種類のSSIDが記載されており、以下のような違いがあります。

【2.4GHzと5GHzの違い】
2.4GHz 5GHz
電波の種類 家電製品でも使用されている電波 Wi-Fiルーター専用の電波
通信速度 5GHzより遅くなりやすい 2.4GHzより速くなりやすい
電波が届く範囲 5GHzより広範囲に電波が届く 2.4GHzより電波が届く範囲が狭い

2.4GHzは、電子レンジや、アレクサなどのスマートスピーカーといった家電製品にも使用されています。電波干渉が起こりやすいという特徴があるため、インターネットが急に繋がらなくなったときには、5GHzに切り替えるといいでしょう。

一方、5GHzは、Wi-Fiルーターでしか使われない種類の電波なので、電波干渉が起こりにくいです。ただし、2.4GHzよりも電波が届く範囲が狭いので、Wi-Fiルーターから離れるとインターネットに繋がらないことがあります。そのため、Wi-Fiルーターの近くで通信するなら5GHz、離れた場所で通信するなら2.4GHzで接続しましょう。

Wi-Fiルーターの再起動を行う

パソコンやスマホを再起動しても、フレッツ光のインターネットに繋がらない場合、Wi-Fiルーター(ホームゲートウェイ)が原因のことがあります。
たとえば、フレッツ光のメンテナンスや通信障害で工事が行われた後に繋がりにくい場合、Wi-Fiルーターが正しく通信できていないおそれがあります。また、電源プラグやLANケーブルなどの接続不良や劣化によっても、インターネットに繋がらないことがあるのです。

不具合が考えられる場合、以下の手順でWi-Fiルーターの再起動を行ってください。

【Wi-Fiルーターを再起動する方法】
  1. 配線の緩みがないよう各ケーブルを挿し込む
  2. Wi-Fiルーターの電源プラグをコンセントから抜く
  3. 10秒ほど待ってから電源プラグをコンセントに差し込む
  4. 5分ほど待つ
  5. パソコンやスマホからインターネットに接続する

動画で手順を確認したい人は、フレッツ光「インターネットにつながらなくなった」を参考にしてください。

なお、度々インターネットに繋がらないことがある場合、Wi-Fiルーターやケーブルが経年劣化しているおそれがあります。目安として3年~5年以上、フレッツ光を契約してから一度もWi-Fiルーターやケーブルを交換していない人は、買い替えを検討してください。

それでも繋がらない場合はサポートセンターに連絡する

機械を触ると壊しそうで怖い、設定をいじって元に戻せなくなるのが怖いという人は、フレッツ光のサポートセンターに連絡をしましょう。

フレッツ光のサポートセンターの故障窓口は、下記の通りです。

【フレッツ・サポートセンター故障窓口】
  • 東日本:0120-000113
  • 西日本:0120-248995
  • 受付時間:24時間、年中無休

サポートセンターに連絡する場合、契約している回線の種類や住所などのお客様情報が必要になります。そのため、フレッツ光に契約した際に送られてきた契約書など、契約者情報が記載された書面を事前に用意しておきましょう。

インターネットおすすめ光回線

 

ドコモ光

     

ドコモ携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

auひかり

     

au携帯電話の割引特典あり

月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス
 

関連記事