閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

NURO光のONUはルーター一体型!工事したその日から無線LANが使える

NURO光を申し込むと、宅内工事の際にONU(※)が設置されます。
このONUは、ONUとしての役割だけでなく、ひとつの回線から複数の端末に接続するために必要なルーター(有線・無線)の機能も併せ持っています。

これにより、自前でルーターを準備する必要がなく、工事が完了したその日から家じゅうの端末でインターネットを使うことが可能です。

ここでは、NURO光のONU(NURO光ではONUホームゲートウェイと呼んでいます)に内蔵されたルーター機能について解説します。

※光回線の光信号をデジタル信号に変換する装置。回線終端装置とも言われる。ADSL回線におけるモデムと同じ役割。

NURO光のONUのルータースペックを詳しく解説

NURO光のONUは5種類で、ルーターとしてのスペックは以下のようになっています。
(表の下にいくほど新しい機種となります)

型番 LANポート USBポート 無線LAN規格 無線周波数
ZXHN F660T 3個 1個 IEEE 802.11a/b/g/n
(最大速度450Mbps)
2.4GHz
5.0GHz
HG8045j
HG8045D
ZXHN F660A IEEE 802.11a/b/g/n/ac
(最大速度1.3Gbps)
HG8045Q

それぞれの項目について詳しく解説します。

有線LANポート数は3

NURO光のONUには、最大3つまで端末を有線接続して使うことができます。

もし3つでは足りない場合、「スイッチングハブ」を別途用意し、ONUのLANポートに繋いで使うとよいでしょう。
スイッチングハブとは、多数のLANポートが並んだネットワーク中継機器です。

5ポートのスイッチングハブで約2,000円、8ポートハブだと3,000円程度で手に入ります。

USBポートに接続したHDDのデータを共有できる(NAS機能)

NURO光のONUには、すべての機種で本体にひとつ、USBポート(USB 2.0に対応)がついています。

このUSBポートに外付けHDDやUSBフラッシュメモリを繋ぐと、LAN内の端末でデータを共有する「簡易NAS機能」が使えます。

この機能を使うと、たとえば、デジカメをUSBポートに繋ぎ、写真を取り込んでプリンタで印刷したり、パソコンで編集したりすることができるようになるなど、とても便利です。

無線LAN規格は最大速度1.3Gbps

5種類のONUのうち、新型の2機種F660AとHG8045Qは、無線LAN(Wi-Fi)規格IEEE 802.11acに対応しています。
11acは2018年3月現在最新の無線LAN規格であり、最大速度は433Mbps~6.93Gbpsとなっています。

NURO光のONUは最大速度1.3Gbpsです。これは市販のルーターだと、7,000~12,000円クラスに該当します。

旧機種のIEEE 802.11n(最大450Mbps)でも十分速いですが、NURO光の高速回線の長所を生かすためにも、新型のONUに交換するとよいでしょう(交換方法は後述します)。

IEEE 802.11ac(または旧機種で11n)通信に切り替えるには、ONUのセットアップ画面にログイン後、それぞれのONUの手順に従って設定します。

<ログイン方法>
・セットアップ画面アドレス:「192.168.1.1」を検索バーに打ち込む
・ユーザー名:admin
・パスワード:admin

・F660A、Tの設定…「ネットワーク」→「無線LAN RF5G」→「基本設定」で「動作モード」を「IEEE 802.11ac Only」または「IEEE 802.11n Only」に設定

・HG8045jの設定…「無線LAN」タブから「5Gワイヤレス」→「基本設定」→「802.11モード」を「802.11n のみ」に設定

・HG8045Q、Dの設定…「WLAN」タブから「5G詳細ネットワーク設定」→「モード」を「802.11a/n/ac」または「802.11a/n」に設定

混雑しにくい5.0GHz帯域を利用できる

NURO光のルーターでは、すべての機種で混雑の少ない5.0GHz帯域を利用できます。

無線LANで利用できる周波数帯には2.4GHz帯と5.0GHz帯がありますが、このうち2.4GHzは、産業科学医療用(ISM)の周波数帯とかぶっており、家の中の電子レンジやコードレス電話、Bluetoothの電波と混雑しやすいという特徴があります。

2.4GHz帯と比べ、5.0GHzは生活上の電波と干渉しにくいのが利点です。


画像:総務省電波利用ホームページ「我が国の電波の使用状況」平成29年6月PDFより

2.4GHzから5.0GHzへの切り替えは、アクセスポイント(ネットワーク名)を選択することにより行います。

スマホやパソコンで接続可能なアクセスポイントを探すと、以下のように2つのネットワーク名が表示されます。
末尾Aが5.0GHz、末尾Gが2.4GHzのネットワーク名です。
ネットワーク名はONU側面のラベルにも記載されていますので、確認して接続しましょう。


出典:NURO光公式「NURO 光で無線 LAN 接続ができない」(https://support.so-net.ne.jp/supportsitedetailpage?id=000011106

最大12万円の高額還元キャンペーン実施中!超高速通信を実現!

NURO光がお得なポイント

  • 最大80,000円高額キャッシュバック
  • 初期工事費が実質0円
  • 月額基本料が開始月無料

旧型ONUは新型ONUへ交換可能

無線LAN規格が最新のものを使えることから、NURO光のONUはなるべくなら最新機種にしたいところです。

出典:Twitter
Twitterでも、新型ONUに交換して早くなった、との声が聞こえますね。
ただし、ONUの機種をNURO光の工事前に選ぶことはできません。工事の時には工事業者の持ってきた機器が設置されてしまうので、交換は工事完了後に申し込むことになります。

以下は、ONU交換申し込み方法と交換時の手順です。

NURO光のONU交換申し込みは電話かメールで

ONUの交換窓口には、サポートデスクと会員ページのお問合せフォームがあります。

・NURO光サポートデスク:0120-65-3810(9:00~18:00、年始とメンテ日を除く)

交換費用は基本的に無料です。ただし、2015年9月以前に申し込んだ人は、交換費用10,800円がかかるようです。

ONU交換時の手順と注意点

ONUの交換は、以下の手順で行います。

(1) 旧ONUをスタンドからはずし、光コネクタカバー(ファイバーカバー)をはずす
(2) 新ONUに光ケーブルを差し込み、スタンドに取り付ける

ONUの交換時に、光ケーブルの先や差込口をのぞき込まないように注意しましょう。光回線に使われる光は、人の目によくない影響をもたらすからです。

他の光回線とONU、ルーターの月額料金を比較

最後に、NURO光と他の光回線のONU、ルーターのレンタル料金(月額)を比較してみます。

また、参考までに戸建てタイプ(他回線は最大速度1Gbps、NURO光は2Gbps)の月額料金も載せておきます。

  ONU(ホームゲートウェイ) 無線LAN 戸建て料金
フレッツ光(東日本) 750円 4,600円(※)
auひかり 500円 5,100円
ソフトバンク光 467円 990円 5,200円
OCN光(西日本) 無料 100円 5,100円
NURO光 無料 4,743円

※フレッツ光の場合、これにプロバイダ料金(500~1,200円)がプラスされます。

他の光回線では、ONU+ルーターか、ONUとルーターが一体化したホームゲートウェイに、無線LANカードを差し込んで使います。

これを見ると、ONU、ルーター、無線LANが無料で使えるNURO光のサービスは珍しいといえます。
また月額料金も他回線に比べて安く、価格面と利便性の両方で優れているのがNURO光の特徴です。

関東エリアならnuro光!おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

最大速度2Gbpsの圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!人気窓口なら最大120,000円おトクなキャンペーン中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事