閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

NURO光のONUって?提供中のONUのスペックや利用時の注意点を解説!

NURO光を契約すると、宅内にONU(光回線終端装置)が追加料金不要で設置されます。NURO光のONUは5種類あり、そのうち1つが提供されます。

ONUさえあれば、無線LANカードやルーターがなくてもすぐに無線LANインターネットができます。これは、大きなメリットです!

ここでは、NURO光の光インターネット利用で提供されるONUのスペックや機能、注意点を解説します。

NURO光で提供されるONUの特徴

NURO光の契約を申し込むと、宅内工事の際にレンタルのONUが設置されます。ONUの利用料金はNURO光の月額料金に含まれているため、追加料金は不要です。

ONUとは、光ファイバーケーブルを通る「光信号」をパソコンなどで使われる「デジタル信号」と相互変換できる機器です。パソコン等で直接光信号を読み取ることはできないので、ONUがなければインターネットを利用できません。

ちなみに、ONUは便宜上「モデム」と呼ばれることも。
「モデム」というものは「アナログ信号」と「デジタル信号」を相互変換する機器で、NURO光で提供されるONUと役割は似ていますが、正確には少し違う機器です。

提供されるONUは5種類のうち1つ


画像出典:(https://www.nuro.jp/device.html

NURO光で提供されるONUは以下の5種類のうち、どれか1つです。

型番 無線LAN規格 下り最大速度 上り最大速度
ZXHN-F660T 11a/b/g/n 2Gbps 1Gbps
HG8045j 11a/b/g/n 2Gbps 1Gbps
HG8045D 11a/b/g/n 2Gbps 1Gbps
ZXHN F660A 11a/b/g/n/ac 2Gbps 1Gbps
HG8045Q 11a/b/g/n/ac 2Gbps 1Gbps

ONUの通信速度は上下ともに、全て同じです。

スペックの大きな違いは、後で詳しく解説する無線LAN規格です。有線接続ではあまり差はありませんが、自宅内で無線LANを使ったWi-Fi接続をする場合は、無線LAN規格をチェックしておきましょう。

5種類のONU全てに共通する特徴

どのONUが設置されたとしても、以下の3点の仕様は共通しています。

●ルーター機能が一体型
●無線LAN機能を搭載している
●有線接続時の最大速度は下り2Gbps

ONUはルーター機能一体型の「ホームゲートウェイ」タイプ

NURO光を契約して設置されるONUは、ルーター機能も備えている「ホームゲートウェイ」タイプです。ルーターとは、複数の通信機器を同時にネット接続する機器です。

どのONUも3つのLANポートを搭載していて、パソコンやゲーム機などの端末をLANケーブルで有線接続できます。

ONUのLANポートは3つなので、4つ以上の端末を同時につなぎたい場合は、有線接続したい台数が多い場合は別途LAN用ハブを購入し、LANポートを増やして使いましょう。

無線LAN機能搭載

NURO光のONUは、無線LAN機能を標準搭載しています。
スマートフォンやタブレットなど、有線接続ができない機器をインターネットに接続する時はONUの無線LAN機能を使いましょう。

通信速度は最大2Gbps

NURO光のONUは、どれが設置されても「ネットワークから宅内のONUまでの最大速度」が2Gbpsです。

5種類のスペックの違い

NURO光のONUのスペックの違いは以下の通り。

●型番の違い
●無線LAN規格の違い

無線LAN規格の違いは、宅内での無線接続時の最大通信速度に大きな影響を与えるため、特に重要です。

最新のONUは最新規格11acで高速通信に対応

NURO光で提供されるONUのうち、以下の2種類。

●ZXHN F660A
●HG8045Q

この2機種は無線LANの最新規格である「11ac」に対応しているので、無線LAN通信でも、NURO光の最大速度である下り2Gbpsを最大限に活かせます。

他のONUでの無線LAN規格は「11n」までにしか対応していないので無線LAN通信は最大でも450Mbpsまでしか出すことができないのです。

設置されたONUが11ac非対応だった場合は、別途「最大1.3Gbps」などに対応する無線ルーターを購入すれば、無線LAN規格が11nまでのONUでも1Gbps前後の速度での高速通信ができます。

特定のONUを選ぶことはできない

NURO光を契約した際に、設置されるONUを自分で選ぶことはできません。そして、希望しないONUが設置された際に後から希望のものへ交換できる保証はないので、注意しましょう。

どうしても速度などに不満がある場合は、NURO光の公式サポートセンター(0120-65-3810)に交換の可否を問い合わせることをおすすめします。

無線通信で最大1.3Gbpsでの高速通信に対応する新しいONUが設置されることもあれば、最大450Mbpsの少し古いONUが設置されることもあります。

高速化のためにはLANケーブルにも注意!

ONUからPCやゲーム機器に繋げる際、無線LANよりも通信速度の速い有線接続であっても、NURO光の高速通信を活かすためには、高速通信に対応できるLANケーブルが必要です。

ここで注意すべきは、無線LAN規格と同じようにLANケーブルにも最新規格があるということです。

LANケーブルには「CAT(カテゴリー)」と呼ばれる規格があります。
CAT 5e /6/6A(6e)/7のいずれかであれば1Gbps以上の高速通信に対応しています。NURO光ユーザーであれば、市販されていて価格もお手頃なCAT6またはCAT6A(6e)のLANケーブルを選ぶとよいでしょう。

市販のLANケーブルには必ずこのカテゴリーが表記されていますので、店頭で購入する際も、迷わずに選べるでしょう。

下り最大2Gbpsはネットから宅内ONUへの最大通信速度

NURO光の「下り最大2Gbps」は、ネットワークから宅内のONUに提供される最大速度です。実際にスマートフォンやパソコンなどで使う場合に出る速度は、異なります。

公式には、宅内での速度は「有線接続時は最大1Gbps、無線接続は最大450Mbps」とされています。さらにそれぞれあくまで「最大速度」であるため、速度が説明以上に遅くても仕様通りです。

利用する時間帯など、環境によっても速度が変化するので、常に2Gbpsで通信できると考えていた人は注意しましょう。

下の画像は、NURO光の速度のイメージです。

ONUが不調の場合はNURO テクニカルセンターへ

NURO光で使っているONUの調子が悪くなった時は、「NURO テクニカルセンター」に問い合わせましょう。電話番号は以下の通り。

0120-300-260
受付時間:9時~21時

ONUが故障している場合などは、機器の交換対応が行われる可能性があります。トラブルの際は早めに連絡し、対処しましょう。

NURO光のONU機器まとめ

NURO光を契約する際の、ONUに関する注意点をまとめます。

●高速で通信するためにはONU以外の機器も重要
NURO光を契約すると、5種類のうち1つのONUが設置されます。無線LAN通信の最大速度に若干仕様が異なりますが、好きなものを選んで契約することはできません。

●ONUは自由に選べない
そしてNURO光のONUで有線・無線による高速通信をしたい時は、ONUだけがあっても意味がありません。高速通信に対応するLANケーブルやパソコンも、しっかり揃えましょう。

●「下り最大2Gbps」はネットワークからONUまでの速度
利用する時間帯など、環境によってもNURO光の通信速度は変わります。高速通信に対応する機器を揃えても、謳われている「最大2Gbps」などのスピードが実際に出ない場合もあるので注意しましょう。

関東エリアならnuro光!おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

最大速度2Gbpsの圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!人気窓口なら最大120,000円おトクなキャンペーン中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事