閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

NURO光のプロバイダはどこ?特徴や月額料金についても解説します

自宅で動画を観たり、快適にオンラインゲームをしたりするために、より通信速度の速いインターネット回線を求める人が増えています。そこで注目を浴びているのが、下り通信速度が最大2GbpsのNURO光。ところが、案外知られていないのが、NURO光を利用する場合のプロバイダについて。

ここでは、NURO光で利用できるプロバイダのほか、現在別のプロバイダのメールアドレスを利用している場合の対処方法、さらに現在申し込み受付が始まったばかりのNURO光・10Gbpsのプランについても紹介していきます。

NURO光とはどんなもの?

最初に、NURO光とはどんなサービスなのでしょう。

NURO光は、So-netが提供する光ファイバーを用いた回線サービスです。NTTの所有する、ダークファイバーと呼ばれる使用されていない回線と、国際標準規格の伝送技術・GPONを利用して、有線接続の場合、下り最大2Gbps、上り最大1Gbpsの通信速度を実現しています。

また、月額料金には、
・光回線の利用料
・プロバイダの利用料
・ホームゲートウェイ(ONU)と呼ばれる無線LAN機器の使用料
・セキュリティサービス ※マンション向けプランでは有料(500円/月)
が含まれています。

では、サービス対象エリアや月額料金はどうなっているのでしょうか?

対象エリアは?

サービス提供エリアは関東、東海、関西の一部。詳しくは下記の通りです。

・関東…東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
・東海…愛知、静岡、岐阜、三重
・関西…大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

月額料金は?

・戸建て及び7階建て以下のマンション向けの「NURO光」(2年契約)…4,743円/月
・8階建て以上のマンション向けの「NURO 光 for マンション」…1,900円~2,500円/月
     ※マンション内でのユーザー数により料金が変動

なお、NURO光の料金について、詳しくは、別記事「速くて安いってホント?NURO光の料金について解説」(https://hikari.netde-pc.jp/16932.html)をご参照ください。

NURO光のプロバイダはSo-netのみ

「NURO光の月額料金にはプロバイダの利用料が含まれている」と書きました。それでは、NURO光を利用する場合、どのようなプロバイダが選べるのでしょうか?

残念ながら、NURO光ではプロバイダを自由に選ぶことはできません。NURO光のプロバイダは、So-netのみとなります。この点は、NTT東日本・西日本の「フレッツ光」やKDDIの「auひかり」などの光回線サービスとは異なります。従って、NURO光を申し込んだ場合、付与されるメールアドレスはSo-netのメールアドレスになり、そのメールアドレスは無料で利用できます。

プロバイダを選ぶことはできませんが、プロバイダが一体化されていることによるメリットもあります。具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

別にプロバイダ料金がかからない

例えば、フレッツ光の場合には、光回線の料金とは別にプロバイダ料金が毎月かかります。しかしNURO光ではあらかじめプロバイダ料金も含めた月額料金が設定されているため、別途プロバイダ料金を請求されることはありません。インターネット関連の費用が1本化されることによって、家計の管理がしやすくなります。

問い合わせ窓口が一本化される

トラブルが起こったとき、回線事業者とプロバイダが別れていると、どちらに連絡をすればわからないことがあります。しかし、NURO光では問い合わせ窓口がSo-netに一本化されます。回線事業者のサポート窓口にやっと電話がつながったと思ったら、オペレータにプロバイダの不具合と言われ、再度プロバイダに電話をしなければならなかった、などといった不都合が解消されるでしょう。

今までのメールアドレスを使いたい場合はメールのみ残せる

速度・料金など魅力的なNURO光ですが、今まで利用していた回線から乗り換えたくても、メールアドレスを変えたくないから乗り換えられない、という人もいると思います。そんな時のために、多くのプロバイダには、月額200円〜300円程度でメールアドレスのみを今まで通り使い続けられるサービスが用意されています。ちなみに、今まで利用していたプロバイダがSo-netなら、契約はそのままでコース変更が可能。メールアドレスも変更する必要はありません。

下り最大10Gbpsの「NURO光10Gs」も申し込み受付中

2018年4月、So-netより、上り・下りの通信速度が最大10Gの「NURO光10Gs」が発表されました。現在のところサービス対象エリアは限られていますが、今後の4Kでの映像配信やIoT機器の増加を考えれば、より高速のインターネット回線は魅了的ですね。

現在申し込み受付中で、2018年10以降、順次サービス提供が開始される予定です。

・対象エリア…東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部エリア
・対象住居…戸建て、5階建て以下のマンション
・通信速度下り…10Gbps
・通信速度上り…10Gbps
・無線最大速度…1.7Gbps
・月額料金…5,743円

詳細は公式ホームページ(https://www.nuro.jp/s_plan/)で確認を。

関東エリアならnuro光!おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

最大速度2Gbpsの圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!人気窓口なら最大120,000円おトクなキャンペーン中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事