閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ソフトバンク光の電話のナンバーディスプレイって何?解約方法も解説!

ソフトバンク光のナンバーディスプレイサービスとは、電話にかかってきた番号を表示できる機能です。

ここではソフトバンク光の電話のナンバーディスプレイの特徴や、解約方法を解説します。

ソフトバンク光のナンバーディスプレイの使用にかかる費用って?

ナンバーディスプレイサービスは、通常、使用開始時と、利用月ごとに費用がかかります。

初期費用

ソフトバンク光のナンバーディスプレイを使い始めにかかる費用を、電話サービスごとに表にまとめました。

電話サービス名 初期費用の名目 申込み時にかかる費用

おうちのでんわ

登録料

1,000円(新規加入時は不要)

ホワイト光電話

工事費

1,000円

BBフォン

登録設定料

700円(新規加入時は不要)

ただし、ホワイト光電話の「基本プランα」「だれとでも定額 for 光電話」料金プランを利用中の場合は無料です。

またBBフォンの場合は、BBフォンオプションパックを申込んだ場合、登録設定料が500円となります。

ナンバーディスプレイ対応機器の費用

ソフトバンク光のナンバーディスプレイを使用するには、ナンバーディスプレイに対応する電話機または、ナンバーディスプレイアダプタが必要です。


(画像出典:http://ybb.softbank.jp/support/sbhikari/option/hphone/numberdisp.php

Amazonやヨドバシカメラなどの通販サイトでも、「ナンバーディスプレイ」と検索することで、必要な機器は簡単に見つけられます。
ちなみに、ナンバーディスプレイ対応の電話機は4,000円前後から販売されているようです。

毎月かかる費用

ナンバーディスプレイの利用に毎月かかる料金は以下の通り。

電話サービス名 月額料金
おうちのでんわ 400円
ホワイト光電話 400円
BBフォン 300円

なお、ホワイト光電話の「基本プランα」「だれとでも定額 for 光電話」を利用中の方は、無料です。

ソフトバンク光のナンバーディスプレイを解約する方法って?

ナンバーディスプレイサービスの解約時のポイントを、チェックしておきましょう。

おうちのでんわの場合は、電話で解約

「おうちのでんわ」を利用している場合、ナンバーディスプレイに加入しているかどうかはMy SoftBankで確認することができます。

しかし解約をするためには、おうちのでんわサポートセンター(0800-1111-820)へ電話をする必要があります。

おうちのでんわサポートセンターは、毎日10時から19時まで受け付けています。通話料は無料です。

ホワイト光電話とBBフォンの場合は、Webや電話で解約

「ホワイト光電話」や「BBフォン」を利用している場合は、インターネットや電話で手続きが可能です。

インターネットで手続きする場合はMy SoftBankにログインの上、「オプションサービスのお手続き」を選択して手続きを進めてください。

電話の場合は、0800-111-2009へ電話してください。毎日10時から19時まで受け付けています。通話料は無料です。

ナンバーディスプレイを解約する際の注意点

ナンバーディスプレイを解約すると、かえって損をする可能性もあります。注意しましょう。

解約月の料金は日割りされない

ナンバーディスプレイサービスを解約した場合、解約した月の利用料金は日割計算されず、1ヶ月分必要となります。

しかし解約を忘れて次の月になってしまうと、新たに1ヶ月分の料金がかかってしまいます。このため、気づいた時に手続きをしておくことがベストです。

番号通知リクエストサービスの利用者は解約に注意!

「おうちのでんわ」または「ホワイト光電話」を利用している方で「番号通知リクエストサービス」を利用している場合、ナンバーディスプレイだけを解約することはできません。

これは、番号通知リクエストサービスの利用条件に番号表示サービス(ナンバーディスプレイ)の利用が条件となっているためです。
このため、ナンバーディスプレイを解約するためには番号通知リクエストサービスも解約しなければなりません。

オプションパックの契約者は要注意

オプションパックを利用している場合、ナンバーディスプレイを解約するとかえって月額料金が高くなる場合があります。

このようなことにならないよう、あらかじめ解約前後の月額料金を調べておくことが必要です。

「おうちのでんわ」を利用中の場合

「おうちのでんわ」を利用中で、ナンバーディスプレイが「おうちのでんわ」オプションパックの対象となっている場合、ナンバーディスプレイを解約するとかえって月額料金が高くなる場合があります。

例えば、ナンバーディスプレイと着信転送サービスの組み合せでオプションパックを利用している場合、本来ならば月額料金が900円になるところを280円で利用できていることになります。

ここでナンバーディスプレイを解約するとオプションパックは解約となり、着信転送サービスの月額料金として500円が請求されますから、かえって高くなります。

BBフォンを利用中の場合

BBフォンのオプションパックを契約中の場合、ナンバーディスプレイだけ不要な場合はオプションパックを解約し、ケータイ割30と転送電話サービスを契約することになります。

しかしこの場合の月額料金は600円と、オプションパック解約前よりもかえって高くなってしまいます。

まとめ

ナンバーディスプレイは、電話をかけてくる相手の番号を通知する有料サービスです。

例えば、営業電話を取りたくない方などに適しています。

もし、ナンバーディスプレイサービスを解約したくなった時、解約方法は契約中の電話サービスによって異なります。またナンバーディスプレイを解約した結果、かえって月額料金が高くなる可能性があります。もし解約したい場合は、事前に解約前と解約後の料金を比較することをおすすめします。

ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに、Web申込で最大70,000円キャッシュバック!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン!

お申込みサイトを見る

関連記事