閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

NURO光をマンションで契約する方法と注意点

NURO光にはマンションで契約できるプランが2種類あります。一つはNURO光の設備が導入されているマンションで契約できる「NURO光 for マンション」、もう一つは設備の導入状況にかかわらず提供エリア内なら契約できる「NURO光」です。

NURO 光 for マンションのほうが開通までの時間が短く月額料金も安いので、費用負担をおさえて手軽にインターネットを導入できます。マンションでNURO光の契約を検討する場合は、まずはNURO 光 for マンションを契約できるか確認することから始めましょう。

まずは提供エリアを確認しましょう

NURO光 for マンションは、NURO光の設備が導入されている建物で契約できるプランです。建物への設備導入状況は、NURO光 for マンション公式サイトの「導入済み物件検索・お申し込み」で簡単に調べられます。まずは自分のマンションでNURO光 for マンションを契約できるか確認してみましょう。

NURO光 for マンションの設備が導入されていなかった場合は、NURO光公式サイトの「新規お申し込み・エリア確認」で「NURO光」の提供エリア内かどうか調べてみてください。「NURO光」の提供エリア内であれば、NURO光のG2またはG2 Vプラン(マンションミニ)を契約できます。ただし、NURO光 for マンション以外のNURO光のプランを契約する場合は建物に光回線を引き込む工事が発生するため、物件所有者の許可が必要です。

NURO光 for マンション以外のNURO光のプランを契約する際の流れと注意点についてはこちらの記事をご確認ください。

NURO光の申し込みから開通までの流れと注意点

どちらのプランも契約できない場合

NURO光 for マンション・NURO光のどちらとも提供エリア外だった場合は、NURO光を契約できません。すぐに光回線を使いたい場合は他の回線の契約を検討しましょう。NURO光が提供エリア外だった場合のおすすめの光回線については、こちらの記事で解説しています。

NURO光の提供エリア確認方法とエリア外の場合のおすすめ回線

なお、「今すぐでなくても今後提供エリア内になったらNURO光を使いたい」という場合は、NURO光 for マンションの「エントリーフォーム」で利用希望を出すことが可能です。NURO光 for マンションの導入には管理組合の許可が必要などの条件がありますが、条件をクリアして導入できれば光回線の相場より安い料金でインターネットを利用できます。マンションにNURO光の設備が導入されていなかった場合は、申し込んでおくと良いでしょう。

NURO 光 for マンション開通までの流れと注意点

NURO 光 for マンションの申し込みから開通までは次のような流れで進みます。

【NURO 光 for マンションの申し込みから開通までの流れ】
  1. NURO 光 for マンションを申し込む
  2. 宅内工事日を決める
  3. 宅内工事に立ち会う
  4. 開通

2020年7月現在、NURO 光 for マンションの公式窓口から申し込むと、「お申し込み特典」で月額料金が6か月無料になるうえに10,000円のキャッシュバックが受けられます。NURO 光 for マンションはキャンペーンを実施している代理店がほとんどないので、公式のWebサイトか電話窓口から申し込んで特典をもらいましょう。

【NURO 光 for マンション申し込み窓口】
公式サイト:「導入済み物件検索・お申し込み」
電話窓口:0570-099-130または03-5796-6255
※電話窓口の受付時間は10:00~18:00(1/1、1/2とメンテナンス日を除いて年中無休)

ただし、キャッシュバックを受け取るには契約から6か月後に手続きが必要です。また、6ヵ月無料特典期間内で解約した場合は、契約解除料9,500円(税抜)と宅内工事費40,000円(税抜)が一括で請求されます。ですから、6か月以内に解約する可能性がある場合は、NURO 光 for マンションを契約するのは避けたほうが良いです

※注意

  • 「お申し込み特典」は6か月以内に解約すると高額な費用が発生する
  • キャッシュバックの受け取りには契約から6か月後に手続きが必要

工事が2回必要な場合がある

NURO 光 for マンションのメリットの一つが、開通工事が1回で済むことです。

NURO光の他のプランでは宅内工事と屋外工事の2回の工事が必要で、それぞれに日程を調整するため、最短でも開通まで1~2か月かかります。一方、NURO 光 for マンションでは、建物内に引き込まれた光回線を各戸へ配線する宅内工事が完了すればインターネットが使えます。そのため、最短で申し込みから2週間程度での開通が可能です。

ただし、NURO 光 for マンションでも、建物の設備状況によっては宅内工事だけでなく屋外工事も必要な場合があります。工事が2回になるとNURO 光 for マンションの開通までに時間がかかるため、早くNURO光を使い始めたい方や乗り換え前の回線の解約が必要な方は、特に注意が必要です。

NURO 光 for マンション申し込み用の電話窓口では、屋外工事が必要かどうか確認したい旨をオペレーターに伝えれば、申し込み前でも屋外工事の有無を確認できます。開通までにかかる時間をより正確に見積もるために、遅くとも契約を申し込む時には、屋外工事の要否を確認しておきましょう。

【NURO 光 for マンション申し込み窓口】
電話窓口:0570-099-130または03-5796-6255
受付時間:10:00~18:00(1/1、1/2とメンテナンス日を除いて年中無休)

工事には立会いが必要

NURO 光 for マンションの宅内工事では、光コンセントの設置などのために担当者が家の中に入って作業を行います。そのため、工事当日は契約者または契約者と連絡が取れる友人や家族の立会いが必要です。工事日を調整する際は、必ず立会いができる日にちを選びましょう。

工事に関する注意点はこちらの記事で詳しく解説していますので、合わせて参考にしてください。

NURO光の開通工事の流れと注意点を詳しく解説

NURO光 for マンションの月額料金

NURO 光 for マンションを利用する場合、「NURO 光 for マンションの月額基本料金」と「Hands-up会費」の合計額を「月額負担金」として毎月支払うことになります。

「Hands-up会費」とは、マンション共有部の設備導入工事費と設備維持管理費のことです。この費用を支払うためにマンション内の「NURO 光 for マンション」利用者で構成される団体を「Hands-up」と呼びます。NURO 光 for マンションを契約するには、Hands-upへの加入が必須です。

「Hands-up会費」は同じ建物内でNURO 光 for マンションを契約している人数によって変わります。契約者数ごとの「NURO 光 for マンションの月額基本料金」と「Hands-up会費」は下の表の通りです。

【NURO光 for マンションの月額料金】
契約者数 NURO 光 for マンションの月額基本料金(税抜) Hands-up会費(税抜) 合計の月額負担金(税抜)
6人以下 1,600円 900円 2,500円
7人 800円 2,400円
8人 700円 2,300円
9人 600円 2,200円
10人 300円 1,900円

他社光回線のマンションタイプの料金相場は3,000~4,500円前後なので、NURO 光 for マンションは他社より安い料金で利用できると言えます。

月額料金の他に必要な費用

NURO 光 for マンションを利用するには、月額料金の他に初期費用が必要です。初期費用は契約事務手数料3,000円(税抜)と宅内工事費40,000円(税抜) で、宅内工事費は36か月の分割払いで支払います。

ただし、NURO 光 for マンション公式の「お申し込み特典」が適用されると、契約事務手数料は無料になります。宅内工事費の分割金相当額が月額負担金から割引されるので、割引期間が終わる41か月目まで利用すれば宅内工事費も実質無料です。

なお、お申込み特典の内容は随時変更になる可能性があります。契約前に必ずNURO 光 for マンション公式サイトの「お申し込み特典」で最新情報を確認してください。

NURO光 for マンションの通信速度

NURO光 for マンションでは、下りの最大通信速度2Gbps、上りの最大通信速度1Gbpsの回線が利用できます。一方、他社光回線のマンションタイプの場合、上下ともに最大1Gbpsのプランが標準的で、建物に導入された回線によっては最大100Mbps以下になることもあります。ですから、NURO光 for マンションは他社と比較すると高速な通信が期待できると言えます。

ただし、NURO光 for マンションはマンション内の契約者で回線を共有して利用するため、契約者が増えると回線が混雑して速度が落ちやすくなるおそれがあります。一方、NURO光の他のプランの場合は回線が契約者ごとに引かれるので、利用者の増加による回線混雑の心配はありません。そのため、NURO光 for マンションよりもNURO光の他のプランのほうが通信速度は安定する可能性があります。

通信速度の速さを重視したい場合はNURO光 for マンション以外のプランの契約も検討してみましょう。なお、NURO光の通信速度についてはこちらの記事で解説していますので、参考にしてください。

NURO光の通信速度に関する評判と注意点

NURO光 for マンションは解約時の費用に注意

他社より安い月額料金で他社より通信速度が速い回線が利用できるNURO光 for マンションですが、メリットばかりではありません。特に解約時の費用に関して、以下の2点に注意が必要です。

【NURO光 for マンションの注意点】
  • 2年単位での自動更新契約でしか契約できない
  • 設備導入工事費の残債負担が発生する場合がある

上記の2点をきちんと理解しておかなければ、解約時に想定外の費用を支払うことになってしまうおそれがあります。

2年ごとの自動更新契約でしか契約できない

NURO光 for マンションは、必ず2年ごとの自動更新契約での契約になります。他社回線やNURO光の他プランでは契約期間の縛りがあるタイプとないタイプが用意されている場合が多いですが、NURO光 for マンションでは契約期間の有無を選べません。

2年契約の更新期間以外にNURO光 for マンションを解約すると、契約解除料9,500円(税抜)がかかります。NURO光 for マンションを解約する際は、キャンペーンなどで他社違約金を還元してもらえる回線に乗り換えると良いでしょう。

なお、契約更新期間中に解約した場合は、契約解除料はかかりません。契約更新期間は、NURO光 for マンションの利用開始日を含む月から24か月ごとに設定されています。つまり、NURO光 for マンションの利用期間が25か月目、49か月目、73か月目…の月が契約更新期間です。利用期間はNUROのマイページで確認できるので、解約を申し込む前に確認しておくと良いでしょう。

解約時にかかるその他の費用

NURO光 for マンションを解約する際、契約解除料9,500円(税抜)以外にも費用がかかる可能性があります。

【NURO光 for マンションの解約時にかかる費用】
費用名 金額(税抜) 説明
契約解除料 9,500円 2年契約の更新期間以外に解約した場合に発生する
基本工事費の残債 最大40,000円 基本工事費の分割払いが終わる前(契約から41か月以内)に解約した場合、未払い分が一括で請求される
回線撤去工事費 10,000円 光コンセントなど設備の撤去工事が必要な場合に発生する。(撤去工事は任意)
機器損害金 11,000円 レンタルしている機器を紛失・破損した場合や返却期限までに返却しなかった場合に発生する

特に、契約から短期間で解約した場合には解約費用が高額になるおそれがあります。短期間で解約する可能性がある場合は、NURO光 for マンションの契約は慎重に検討しましょう。

設備導入工事費の残債負担が発生する場合がある

マンション内でNURO光 for マンションの利用者がいなくなった場合、Hands-upで負担していた設備導入工事費(60,000円(税抜))の残債の支払いが発生する可能性があります

NURO光 for マンションの利用者(Hands-up会員)がいなくなったマンションでは、NURO 光 for マンションのサービス提供が終了されます。サービス提供が終了した時点でマンションの設備導入工事費の支払いが終わっていない場合、サービス提供終了月にNURO光 for マンションを利用していた方で残債を等分して負担しなければなりません。そのため、場合によっては高額な費用を負担することになるおそれがあります。

設備導入工事費の残債が気になる方は、NURO 光 for マンションのサポートデスクか、管理組合などでHands-upの取りまとめを担当している方に確認してみると良いでしょう。

NURO光おすすめ窓口

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事