閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

NURO光は戸建てで契約すると安い!話題の超高速プランを含めた料金・速度・工事を徹底解説!

NURO光は、So-netが提供する関東・東海・関西エリア限定の光回線。
フレッツ光など他の光回線の最大通信速度が1Gbpsであるなか、下り通信速度最大2Gbpsの高速通信が特徴です。しかし、NURO光の良さは速度だけではありません。月額利用料が他社に比べて1,000円も安く、工事費も実質無料になります。NURO光と他の光回線の戸建てプランの合計費用を比較すると、2年間でおよそ9万円も費用を抑えられます。

この記事では、NURO光を戸建てで利用する際の料金、最新キャンペーン情報や工事についてはもちろんのこと、新たに発表された通信速度最大10Gbps・6Gbpsの超高速プランの概要にも迫ります。

NURO光は戸建てとマンションが同じ金額設定だから安い!

NURO光を戸建てで利用すると、他社に比べてかなり費用を抑えることができます。それは、NURO光にはそもそも戸建てプランが無いからです。

NURO光は、7階建て以下の建物は「NURO光」という標準プランが適用され、8階建て以上のマンションには、「NURO光forマンション」という高層マンション向けのプランが適用されます。

画像出典:https://www.nuro.jp/hikari/

したがって、NURO光の戸建ては、マンションタイプと同じ金額設定なので他社よりも月額料金を抑えて利用できます。

実際にどのくらい違うかというと、例えばフレッツ光の戸建てプラン「ギガファミリー・スマートタイプ」の月額料金が5,700円なのに対して、NURO光の場合は月額料金が4,743円約1,000円も安く金額設定されています。しかもこのNURO光の月額利用料には、無線LAN・セキュリティーサービス・プロバイダ使用料が含まれている金額なので、安く光回線を利用したい方にはうってつけの光回線と言えるでしょう。

公式キャンペーンだけで8万円割引される

2018年10月現在、「NURO光」プランでは4種類の公式キャンペーンが行われています。オプション加入は不要で、全て併用することができます。仮に全て併用すると、総額82,456円も費用を抑えることができます。以下では、4種類のキャンペーン内容をご紹介します。

NURO光公式キャンペーン 概要
公式キャンペーン①

初月月額利用料が1,980円

月額利用料4,743円が契約初年度は1,980円になります。したがって、月々-2,763円、年間-33,156円月額利用料金を抑えられます。
公式キャンペーン②

契約事務手数料が300円割引

契約事務手数料が通常3,000円から2,700円に300円割引になります。
公式キャンペーン③

工事費4万円が実質無料になる

開通工事費が通常40,000円かかりますが、それを30か月の分割払いにすることができます。その本来発生する工事費1,333円(税抜)×30ヶ月分を毎月同額割引することによって、工事費が実質0円になります。
公式キャンペーン④

設定サポート一回分無料

通常一回あたり9,000円かかるSo-net設定サポートが、一回分無料になります。So-net設定サポートでは、光回線の接続設定など基礎的な機器設定を、オペレーターによる遠隔操作または専門スタッフから直接サポートしてもらえます。

以上が2018年10月現在の最新公式キャンペーンです。NURO光の場合、新しい公式キャンペーンが定期的に発表されるので、申し込む際にはNURO公式サイトで最新情報をチェックしましょう。

他社の戸建てプランと比較!NURO光は圧倒的に安い

月額料金が他社に比べて約1000円安いNURO光ですが、他社の公式キャンペーンを利用した場合の総合費用を比較しても、2年間利用した場合の総額は73,376円と、最も安いことが分かりました。

以下は、大手光回線業者の最大通信速度1Gbpsが出るプランを2年間契約した際の合計金額を比較した表です。なお、各社ともプロバイダは最安値の会社を選び、公式キャンペーンを適用した場合の金額です。

フレッツ光

(東日本)

docomo Softbank auひかり NURO
月額料金

(税抜)

5,700円 5,200円 57,00円 5,075円

(ギガ得プラン割引適用後)

4,743円

(初年度1,980円)

契約事務手数料

(税抜)

3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
工事費

(税抜)

18,000円 18,000円    24,000円 37,500円 40,000円

(実質無料)

プロバイダ料金等 500円

(最安値)

500円
2年間

合計費用

169,800円 145,800円 143,800円 174,300円 73,376円

この時点で、nuro光が他の光回線に比べて9万円ほど利用料が抑えられていることが分かります。なお、NURO光はSoftbankの携帯電話料金が割引になる「おうち割」を利用することができます。Softbankの携帯ユーザーは、NURO光を使うと携帯電話料金が割引になるので、特におすすめです。

NURO光のプランは全部で4つ!業界最速の10Gbpsとは?

2018年10月現在、NURO光には4つのプランがあります。標準プランである「NURO光」と、超高速プラン(NURO光10G, NURO10Gs, NUEO6Gs)の計4種類です。

標準プランである「NURO光」は、下り速度最大2Gbps、上り速度最大1Gbpsと、フレッツ光が利用しているNTTの回線速度(下り・上り1Bbps)よりも通信速度が速いのが特徴でしたが、今年さらに速い超高速プランが発表されました。以下では、これら3つの超高速プランの概要をご紹介します。

超高速プランに対応しているエリアは一部地域だけ!月額利用料5,243円から使える

2018年4月現在で対応しているエリアは、大都市圏の一部に限定されています。

プラン 対応エリア
NURO光(標準プラン) 関東、東海、関西
NURO光10G 東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、奈良の一部
NURO光10Gs/6Gs 東京、神奈川、埼玉、千葉の一部

 

住んでいるエリア・物件が利用対象かは、NURO光10Gs/NURO光6Gsの専用公式エリア確認サイトで確認することができます。興味のある方は、まずエリア確認をすることをおすすめします。

NURO光の超高速プランは2019年3月から提供予定!

新しく発表された「NURO10Gs, NUEO6Gs」の2つの超高速プランは2018年4月から申し込みを受付けていますが、設備工事に時間がかかっていることから、サービス提供開始時期は2019年3月下旬以降を予定されています。

10G, 10Gs, 6Gsプランの月額利用料はいくら?『おうち割』は使えません!

NURO光の超高速プランは、3年間の継続契約するタイプと、継続契約が無いタイプの2種類があります。継続契約が無いタイプだと解約金がかかりませんが、その分工事費が実質無料になりませんので注意しましょう。また、工事費も通常のプランに比べて2万円ほど高額に設定されています。

対応速度 月額料金 工事費
【参考】NURO光 下り最大2Gbps・上り最大1Gbps 4,743円

(2年契約の場合)

40,000円

(30ヶ月利用で実質無料)

NURO光10G 下り最大10Gbps・上り最大2.5Gbps 6,480円

(1年目は3,980円)

40,000円

(30ヶ月利用で実質無料)

新発表!NURO光10Gs 下り最大10Gbps・上り最大10Gbps 5,743円

(3年継続契約の場合)

60,000円

(60ヶ月利用で実質無料)

新発表!NURO光6Gs 下り最大6Gbps・上り最大6Gbps 5,243円

(3年継続契約の場合)

60,000円

(60ヶ月利用で実質無料)

 

また、新しく発表された10Gs/6Gsでは、NURO光でんわが利用できません。つまり、NURO光でんわのオプション加入が必須条件となっている『おうち割』を使うことができないのです。Softbankユーザーは、おうち割が適用される10Gのプランを利用するか、10Gs/6Gsがおうち割の対象になるのを待った方が良いでしょう。

超高速プランを使えるのは、戸建てか5階建て以下のマンションだけ!

標準プランである「NURO光」では、対象住居は戸建てと7階建て以下の建物でした。それに対して、超高速プランである10G/10Gs/6Gsでは、対象住居が戸建てと5階建て以下のマンションに限定されています。したがって、戸建てで利用する分には問題なく超高速プランを契約することができます。

nuro光の戸建てプランでは、どんな工事が必要なの?

NURO光を戸建て住宅で利用したい場合は、開通まで時間がかかるため、早めの申し込み手続きがおすすめです。ここからはNURO光を戸建て住宅で契約する流れを解説します。

申し込み後、開通工事が2回行われる

NURO光の申込みから開通までの流れは、以下のとおり。

①公式サイトの「エリア確認・お申し込み」から自宅での対応状況を確認後、契約を申し込む
(申込時に工事希望日を選択、電話やメールで工事日を決定)

②宅内工事で自宅内に光ファイバーケーブルなどの機器やONUを設置

③屋外工事日を決定

④屋外工事で電柱からケーブルを引き込み、宅内まで接続

開通工事は2回行われます。2回目の工事が終わるまでは利用できないので、注意しましょう。なお、2回の工事を終えてNURO光が開通するまでには、1~2ヶ月かかります。

注意!賃貸物件の戸建てはオーナーと交渉が必要

開通工事の際は「光キャビネット」やケーブルの留め具、金具を設置するために、外壁に穴を開けます。したがって、賃貸の戸建て住宅では、事前にオーナーとの交渉が必要です。

交渉はNURO光に代行してもらうことはできず、自分で行う必要があります。工事内容をオーナーと管理会社に説明し、了解を得てから申し込み手続きを進めましょう。

とにかく最初はエリア確認をしよう!

2018年10月現在、NURO光は関東、東海、関西の対応エリア内に住んでいる場合に契約できます。他の地域では契約出来ないので、まずは対応エリアを確認するようにしてください。

ただし該当エリアでも場所によっては契約できない場合があるので、まず「提供エリア検索」から確認しましょう。

まとめ

NURO光は、So-netが提供する関東・東海・関西エリア限定の光回線です。そもそも戸建てプランという枠組みが無いので、戸建てで利用すると他社に比べてかなり費用を抑えることができます。また、下り通信速度最大2Gbpsの高速回線ですが、2018年3月には通信速度最大10Gbpsのプランも発表されました。超高速プランの場合、利用できるエリアや月額料金・工事費が標準プランとは異なるほか、Softbankの「おうち割」を使えない点に気を付ける必要があります。

NURO光の場合、web代理店を経由して契約すれば、高額なキャッシュバックを受け取ることができます。NURO光の代理店を比較した記事がありますので、参考にしてください。

関東エリアならnuro光!おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

最大速度2Gbpsの圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!人気窓口なら最大120,000円おトクなキャンペーン中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事