閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ソフトバンク光を無線LAN接続するには?

ソフトバンク光を契約すると、任意で無線≈LAN≈ルーターをレンタルすることができます。無線LANルーターはパソコンやスマホ、タブレットPC、携帯ゲーム機などのインターネット接続を無線で接続する際に必要になる機器です。

パソコンはLANケーブルの接続機器が内蔵されていれば有線接続が可能になるため必ずしも無線LANルーターは必要ありませんが、スマホやタブレットPCなど有線接続機能のない機器のネット接続には無線LANルーターが必須です。

この記事では、ソフトバンク光を無線接続して使用する際に必要になる機器やオプションのほか、接続方法について解説していきます。

ソフトンバンク光でレンタルできる無線LANルーターとレンタル料金

ソフトバンク光を契約する場合、利用する無線LANルーターは、フレッツ光からの転用か、新規契約かによって異なります。
それぞれについて、レンタルできる無線LANルーターと料金を確認していきましょう。

新規でソフトバンク光を契約する場合

転用ではなく新規でソフトバンク光を契約してルーターをレンタル場合には、

  • 光BBユニットレンタル(月額467円)
  • Wi-Fiマルチパック(月額990円)

の2つのオプションに加入する必要があります。

「光BBユニット」とはソフトバンクの提供するブロードバンドルーターですが、無線LAN接続する場合には「Wi-Fiマルチパック」を申し込む必要があるのです。

フレッツ光からの転用の場合

フレッツ光からの転用の場合、ソフトバンク光でレンタルできる無線LANルーターは、主に以下の2種類になります。

  • ホームゲートウェイ(N)
  • 無線LAN(N)

ホームゲートウェイ(N)はソフトバンク光の固定電話サービスの「光電話」と無線LAN機能の両方を利用するために必要になる機器です。無線LAN(N)は無線LAN機能のみです。つまりオプションで光電話も利用する場合はホームゲートウェイ(N)を選び、無線LAN機能のみの場合は無線LAN(N)を選ぶことになります。

料金は、光電話を利用すれば一戸建ての場合、ホームゲートウェイ(N)の料金は無料、集合住宅の場合はその集合住宅の回線タイプがギガスピードの場合に限り、無線LAN(N)のレンタル料金が、100円になります。

無線LANルーターの接続方法は提供されるルーター機器により異なる

ソフトバンク光では光BBユニットを使用しますが、フレッツ光からの転用の場合、契約内容によってレンタルされる無線LAN機器が変わります。接続方法は、光BBユニットの場合は設定がかんたんですが、NTT提供機器の場合はやや面倒です。それぞれの接続方法を解説していきます。

ソフトバンクの提供機器(光BBユニット)の接続方法

光BBユニットの接続はかんたんです。光回線の工事後に設置されるONUと工事前に送られる光BBユニットをLANケーブルでつなぎ、電源をいれるだけ。あとはWi-Fiを使いたい端末から、光BBユニットにシールで貼られているIDとパスワードをいれればすぐにWi-Fiを使えるようになります。

NTT提供機器の接続方法

光BBユニット以外のNTT提供機器の場合は、WindowsかMacかによって設定方法が異なります。詳しい設定方法は以下のソフトバンクの公式サイトに詳しく掲載されているので、自力での接続が必要な場合は確認してください。

無線 LANルーターは自分で用意すればレンタルは無用

ソフトバンク光から無線LANルーターをレンタルせず、自分で無線LAN機器を用意して使う選択肢もあります。無線LANをレンタルすると月額料金が発生するため、自分で用意すればレンタル料金が浮きます。

無線LANルーターの価格は4,000〜10,000円程度で、何年もインターネットを利用することを考えれば購入したほうがお得です。しかし、IPv6を使ったインターネット接続の場合、光BBユニットのレンタルは必須です。

市販の無線LANルーターはセットアップソフト付きの製品がおすすめ

市販の無線LANルーターは光BBユニットのように自動で設定がされないため、基本的に自分でパソコンから接続設定をする必要があります。このためインターネット初心者には少し敷居が高いかもしれません。しかし製品によってはセットアップのためのソフトが付属CDとして付いてくる場合もあり、セットアップソフトを利用すれば比較的かんたんに初期設定ができます。

一般的な無線LANルーターの範囲と接続数

無線LANルーターを利用すれば無線でインターネット接続が可能になるわけですが、ルーターからどのくらい離れても使えるものなのでしょうか?実はほとんどの製品が電波の届く範囲を明記していません。
Wi-Fiの電波は壁があると電波が弱くなるのですが、もしも壁が全くない場合は100メートル以上離れても届くことが珍しくありません。一般家庭なら、家の中ならどこでも届くと考えてOKでしょう。
自宅内でも、他人の家と思われる電波を拾うことは珍しくありませんが、基本的に暗号キーがわからないため、他人の家のWi-Fiが届いても利用できません。

多くの製品は同時最大接続数を明記している場合が多いようです。安価な製品の場合は同時接続数が3台くらいの場合もあり、これは一人暮らし用です。中堅クラスの価格帯の製品なら10台以上可能な場合が多く、家族で使う場合はそのくらいの余裕が欲しいところです。
ちなみに同時接続数はあくまで目安のため、明記された接続数以上でも接続できる場合もあります。

まとめ ソフトバンク光を無線接続するなら光BBユニットがおすすめ

光回線を無線接続する場合は無線LANルーターの設置が必須になります。多くの光回線契約は無線LAN機器のレンタルサービスを実施しており、ソフトバンク光もレンタルルーターを利用できます。
ソフトバンク光でレンタルできるルーターは契約内容によって光BBユニットと、NTT提供機器の2種類があります。
ソフトバンク光はプロバイダがYahoo!BB一択のため、プロバイダ情報が予め組み込まれている光BBユニットを使うと設定が簡単になり、おすすめです。

無線LANルーターは自分で用意しても問題ありませんが、接続設定は自分で行う必要があります。そして光電話オプションを利用する場合はレンタルルーターが必須となります。

ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに、Web申込で最大70,000円キャッシュバック!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン!

お申込みサイトを見る

関連記事