閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光のプラン別速度や料金体系、主なオプションサービスをチェック!

「フレッツ光」は、プランが多種多様かつ複雑のため、どのプランに申し込んだらよいのかわからない、といった声が聞かれます。 この記事では、フレッツ光のサービスの全体像をチェックするとともに、複雑なフレッツ光の料金プランについてかみ砕いてやさしく解説していきます。

光回線サービス「フレッツ光」とは

フレッツ光は「光回線」という光信号の通り道を提供するサービス。 インターネット利用のためには、この光回線のほか、プロバイダと呼ばれる“回線をインターネットにつなげるサービス”が必要です。


出典:NTT東日本公式ホームページ

インターネットに接続したいときは、フレッツ光以外にプロバイダも契約する必要があります。プロバイダ料金は月額500円~1,200円ほど。 代表的なプロバイダは、コチラの記事で紹介しています。 続いて、フレッツ光の各プランを解説します。

フレッツ光東日本なら、にねん割で2年間月額料金最大700円割引き!

フレッツ光東日本にねん割

サポート体制万全!オプション充実!ギガ推しキャンペーンとの併用で月額料金1,000円以上割引き!・・・詳しく見る

「居住エリア・建物・料金体系・速度」によってプランが異なる

フレッツ光のプランは、居住エリア・建物・料金体系・通信速度により細かく分かれます。
どのように分かれていくのか、ざっと説明しましょう。

  • 住んでいる地域によって契約先がNTT東日本か西日本になる

フレッツ光の契約先は、神奈川県以東の東日本地域ではNTT東日本、それ以外の地域はNTT西日本です。NTT東日本と西日本のフレッツ光では、一部プランの名称や月額料金や適用できる割引が異なります。
まずは、住んでいる地域が、フレッツ光サービスの提供エリアかどうかを確認しましょう。

NTT東日本のフレッツ光の提供エリア確認
NTT西日本のフレッツ光の提供エリア確認

  • 住んでいる建物によってプランが異なる

住んでいる建物によってもプランが分かれます。
・戸建て(3戸以下の建物)に住んでいる場合→「ファミリー」がついたプラン
・集合住宅(4戸以上の建物)に住んでいる場合→「マンション」がついたプラン
これは、NTT東日本・西日本共通です。

  • 契約するプランはさらに料金体系によって分かれる

上で述べた戸建て向けの「ファミリー」、集合住宅向けの「マンション」それぞれのプランが、さらに料金体系によって大きく分けられます。 インターネットをどれだけ使っても料金が変わらない「完全定額制」の料金体系のプランが「ネクスト」、固定と変動料金が組み合わさった「2段階定額制」のプランが「ライト」です。この呼び方もNTT東日本・西日本で共通です。

  • 通信速度等によってプランはさらに細分化されている

定額制の「ネクスト」と2段階定額制の「ライト」は、それぞれ通信速度等によってさらにいくつかのプランに細分化されていきます。 それでは、「ネクスト」「ライト」の各プランについて詳しく見ていきましょう。

フレッツ光「ネクスト」の各プラン

フレッツ光「ネクスト」は2018年6月時点で新規に申し込む場合、主流となっているプラン。 通信速度は最大1Gbps。主に速度別にさらに4つのプランに分かれています。フレッツ光「ネクスト」の各プランを、NTT東日本・西日本、戸建て向け、集合住宅向けに分けてまとめてみました。

NTT東日本の場合

  • 戸建て向け
プラン名 月額料金(1年目)
ギガファミリー・スマートタイプ
(上下最大1Gbps)
通常5,700円⇒割引後4,600円
割引:ギガ押し・にねん割・マンスリーポイント
ファミリー・ギガラインタイプ
(上下最大1Gbps/Wi-Fiルーターを希望しない人向け)
通常5,400円⇒割引後4,600円
割引:にねん割・マンスリーポイント
ファミリー・ハイスピードタイプ
(下り最大200Mbps、上り最大100Mbps)
通常5,200円⇒割引後4,400円
割引:にねん割・マンスリーポイント
ファミリータイプ
(上下最大100Mbps)
通常5,200円⇒割引後4,400円
割引:にねん割・マンスリーポイント
  • 集合住宅向け
プラン名 月額料金(1年目)
ギガマンション・スマートタイプ
(上下最大1Gbps)
通常3,350円~4,350円⇒割引後2,950円~3,950円
割引:ギガ押し・にねん割・マンスリーポイント
マンション・ギガラインタイプ
(上下最大1Gbps/Wi-Fiルーターを希望しない人向け)
通常3,050円~4,050円⇒割引後2,850円~3,850円
割引:にねん割・マンスリーポイント
マンション・ハイスピードタイプ
(下り最大200Mbps、上り最大100Mbps)
通常2,850円~3,850円⇒割引後2,650円~3,650円
割引:にねん割・マンスリーポイント
マンションタイプ
(上下最大100Mbps)
通常2,850円~3,850円⇒割引後2,650円~3,650円
割引:にねん割・マンスリーポイント

※いずれも価格は税抜
※各種割引については後述

最大速度が100Mbps~1Gbpsのプランがあります。しかし、速度が違うことによる月額料金の差は最大300円程度です。オンラインゲームをより気兼ねなく楽しむためには、1Gbpsのプランをおすすめします。

また、マンションの各プランの料金に幅がありますが、これは、マンション(集合住宅)の規模によって契約できるプランが自動的に決まってくるからです。

各種割引について

表の中に、割引が登場していましたね。これらは全て、NTT東日本が実施している割引です。
各々簡単に説明しておきましょう。

  • ギガ推し!割引:ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプに新規で申し込む人を対象とした割引で、割引の期間は30カ月。割引額は、戸建て300円/月、集合住宅200円/月
  • にねん割:2年単位の契約を前提とした割引。割引額は700円/月
  • マンスリーポイント:「フレッツ光メンバーズクラブ」のマンスリーポイントをNTT東日本サービスの料金支払いに利用する割引。割引額は、1年目は100円/月相当

NTT西日本の場合

  • 戸建ての場合
プラン名 月額料金(1年目)
ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼
(上下最大1Gbps)
通常5,400円⇒割引後4,300円
割引:光はじめ割
ファミリー・ハイスピードタイプ
(下り最大200Mbps、上り最大100Mbps)
ファミリータイプ
(上下最大100Mbps)
  • 集合住宅の場合
プラン名 月額料金(1年目)
マンション・スーパーハイスピードタイプ隼
(上下最大1Gbps)
通常3,200円~4,500円⇒割引後2,850円~3,950円
割引:光はじめ割
マンション・ハイスピードタイプ
(下り最大200Mbps、上り最大100Mbps)
マンションタイプ
(上下最大100Mbps)

※価格はいずれも税抜

NTT西日本は、戸建て・集合住宅共に速度に応じて3プランずつ用意されていますが、料金は戸建てで1種類、マンションでも1種類に統一されています。 マンションの各プランの料金に幅がありますが、これは、マンション(集合住宅)の規模によって契約できるプランが自動的に決まってくるからです。

割引について

NTT西日本では、現在、「光はじめ割」という割引を実施しています。
2018年4月末までは類似の割引として「光もっともっと割」「Web光もっともっと割」がありましたが、それらの新規申し込みを終了する代わりに、5月から「光はじめ割」が始まりました。

  • 戸建ての場合
    契約から1・2年目は、月額料金から1,100円割引、3年目以降1,290円割引
  • 集合住宅の場合
    >契約から1・2年目は、月額料金から350円~550円割引、3年目以降520円~780円割引

フレッツ光「ライト」の各プラン

2段階定額制と呼ばれる、通信量に応じて一部月額料金が変化する料金体系になっているフレッツ光「ライト」。 下記の通り、フレッツ光「ライト」の料金の特徴は、下限料金は低いけれども上限料金は1Gbps定額制のプランよりも高くなってしまう、ということです。下限料金が適用になるのは、NTT東日本でプランにより200MBまでと3,000MBまで、西日本で320MBまでです。

「気兼ねなくインターネットが利用できる」という意味では、やはり定額制のネクストがおすすめですね。フレッツ光「ライト」の通信速度は上り・下り共に最大100Mbpsですが、月額料金と割引がNTT東日本・西日本で異なっています。

NTT東日本の場合

  • 戸建て向け
プラン名 月額料金(1年目)
フレッツ 光ライト
ファミリータイプ
(上下最大100Mbps)
(200MBまで下限料金)
通常2,800円~5,800円

割引後2,200円~5,200円
割引:もっとライトに!割・マンスリーポイント
フレッツ 光ライトプラス
(上下最大100Mbps)
(3,000MBまで下限料金)
通常3,800円~5,500円

割引後3,700円~5,400円
割引:マンスリーポイント

フレッツ 光ライトファミリータイプの料金イメージ

出典:NTT東日本

「フレッツ 光ライト ファミリータイプ」の場合、下限料金が適用になるのは200MBまでですが、「フレッツ光 ライトプラス」の場合3,000MBまで下限料金が適用となります。 NTT東日本によると、200MBで動画なら月に約1時間、ホームページなら月に約133ページが閲覧可能、とのこと。3,000MBと言えば単純計算でその15倍、動画なら月に15時間視聴可能な計算になるので、完全定額制の「ネクスト」を利用するほどはインターネットを利用しない、という人には検討の余地のあるプランとなりますね。

  • 集合住宅向け
プラン名 月額料金(1年目)
フレッツ 光ライト
マンションタイプ
(上下最大100Mbps)
(200MBまで下限料金)
通常2,000円~4,300円

割引後1,900円~4,200円
割引:マンスリーポイント

割引について

マンスリーポイントの割引は「ネクスト」の場合と同じ内容ですが、「フレッツ 光ライト ファミリータイプ」にのみ「もっとライトに!割引」という、2年間月額料金が500円引きになる割引があります。

NTT西日本の場合

  • 戸建て向け
プラン名 月額料金(1年目)
フレッツ 光ライト
ファミリータイプ
(上下最大100Mbps)
(300MBまで下限料金)
通常3,200円~6,000円

割引後2,800円~5,600円
割引:フレッツ・あっと割引
  • 集合住宅向け
プラン名 月額料金(1年目)
フレッツ 光ライト
マンションタイプ
(上下最大100Mbps)
(300MBまで下限料金)
通常2,600円~5,400円

割引後2,200円~4,400円
割引:フレッツ・あっと割引

割引について

西日本独自の割引「フレッツ:あっと割引」は2年契約が条件の割引で、月額料金が400円~1,000円割引になります。2018年4月末まで「光ライト割」という割引もありましたが、現在は申し込み受付が終了しています。

新規申し込み受付が終了したサービス

以前は「フレッツ光プレミアム」「Bフレッツ」と呼ばれるサービスもありました。
「フレッツ光プレミアム」「Bフレッツ」ともに現行とは別タイプの光回線サービスですが、現在はどちらも新規受付を終了しています。

ちなみに、光回線ではないアナログ回線を用いた「フレッツ・ADSL」というサービスもありますが、これについては、「フレッツ光」の提供エリアにおいては、2023年1月31日(火)にサービス提供が終了予定です。

フレッツ光のオプションサービス

「フレッツ光」には、インターネット利用のためだけでなく、光回線を利用したさまざまなオプションサービスがあります。
主なものは、「ひかり電話」と呼ばれる電話サービスと、地デジなどが見られる映像サービス「フレッツ・テレビ」。
これら2つについて簡単に記載しておきます。

  • ひかり電話

光回線を利用した電話サービスで、アナログ電話より音声がクリアです。
料金は、標準プランなら月額500円。この月額500円は基本利用料金なので、別途、通話した分だけ通話料が発生します。
料金プランは他にもいくつかあり、選ぶプランによっては無料通話分が付いたり、通話料金が安くなったりします。
「ひかり電話」について詳しくは、別記事「フレッツ光の「ひかり電話」とは?固定電話として使えるの?」を参照してください。

  • フレッツ・テレビ

アンテナなしで地デジ、BS、CS(オプション)がみられるオプションサービスです
利用料金…月額660円。
提供エリアは限られています。NTT東日本の提供エリア確認はコチラから。
NTT西日本の提供エリア確認はコチラから。

その他のオプションサービスについては、別記事「ひかりTV・ひかり電話・ウイルス対策…フレッツ光のオプションサービスどれがおすすめ?」を参照してくださいね。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事