閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ソフトバンク光のONU(ホームゲートウェイ)の接続方法

ソフトバンク光でインターネットを使うためには「ONU(ホームゲートウェイを内蔵している機種もある)」と「光BBユニット」が必要です。

一般的な定義として、ONUは、光信号をデジタル信号に変換する機器を指し、ホームゲートウェイとは、光電話やNTTの無線LANサービスを利用するためのものです。そして「光BBユニット」は、無線LAN機能と、パソコンを複数台利用するためのルーター機能、BBフォンへの接続機能を兼ね備えた機器です。

ややこしいけど必ず使うのはONU(光回線終端装置)

機能が被ることもあってややこしいのですが、インターネットの接続に必ず使う機器は光信号をデジタル信号に変換するONUです。そしてソフトバンク光の場合、ホームゲートウェイの機能が一緒になったONU、ホームゲートウェイの機能がないONUの2種類あります。

どの機器が必要になるかは、新規で契約するか、転用するかで変わります。例えば、新規でソフトバンク光を契約した場合は、ホームゲートウェイの機能がないONUがNTTから提供されます。もし無線LANや光電話を使うなら光BBユニットをレンタルすればOKです。

どの機器が必要かについては、ソフトバンクからの案内を待つだけでOKです。フレッツ光からソフトバンク光に転用する場合、以前使用していた機器を基本的には活用することができますし、変更が必要な場合もソフトバンクから連絡が来るようになっています。

ONUの各機器ごとの配線方法はソフトバンク光の公式サイトで確認してください。

ホームゲートウェイの接続の仕方はソフトバンク公式ホームページで確認


ホームゲートウェイの接続に関しては、ソフトバンク光の公式サイトにある「らくらく配線ツール」が便利です。らくらく配線ツールでは、質問に答えていくだけで該当する機器とその接続方法がインターネット上で確認できるようになっています。

機器の型番まで確認できたあとは電話サービスの選択をします。使用している電話の種類によっても接続方法が異なるので、わからない方は事前に確認するようにしてください。

最後に番号ポータビリティ(以前の電話番号を引き継げる制度)を利用するかどうかを選択すれば、適切な配線図がわかります。

【おまけ】ホームゲートウェイ・無線LANの料金

ホームゲートウェイと無線LANのレンタル料金は、最大でも月額450円ですが、フレッツ光ギガファミリー・ギガマンション・スマートタイプから転用される場合など、条件によってはもっと安くなることもあるので、ご自身の回線タイプ等を確認してみましょう。

また、フレッツ光やYahoo!BB光など、ソフトバンク光と同系列の回線から転用(回線のみ変更する)場合や、プランの変更があった場合にはホームゲートウェイ、ONUの提供元がNTTからソフトバンクへ変更になることがあります。この場合は、料金も異なるので、ご自身のレンタル料金に不安がある方は、一度ソフトバンクにお問い合わせをお願いします。

【ソフトバンク光 お問い合わせ窓口】
電話番号:0800-111-2009 (通話料無料)
受付時間:10:00~19:00 (年中無休)

まとめ

ホームゲートウェイやONUの配線方法は機器ごとに、または電話回線の使用状況によって異なります。詳細はソフトバンク光の公式サイトで確認できるので、お手持ちのホームゲートウェイがどの型番なのか、配線方法をHPで確認するようにしてください。

ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに、Web申込で最大70,000円キャッシュバック!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン!

お申込みサイトを見る

関連記事