閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドコモ光の解約完全ガイド!解約手順と解約金節約方法

ドコモ光を解約するときは、解約手順と解約タイミングに注意を払わなくてはいけません。手順を間違ってもタイミングを誤っても、違約金や解約金の対象になり、多大な出費を求められることがあるからです。損をせずに解約するための解約手順とタイミング、解約金を回避する方法についてまとめました。

ドコモ光の解約手順

ドコモ光の解約はわずか3つのステップで完了します。次の手順で解約手続きを進めて下さい。

1.電話もしくはドコモショップにアクセス

ドコモ光の解約はインターネットの会員ページ(My docomo)上ではできません。ドコモ インフォメーションセンターに電話をかけるか、お近くのドコモショップで手続きをしてください。電話で解約するときは、音声案内が流れたら7→1→3とプッシュすると、スピーディに手続きが進みます。

<ドコモ インフォメーションセンター>
ドコモケータイから:151 年中無休9:00~20:00
その他の電話から:0120-800-000 年中無休9:00~20:00

本人確認をスムーズに済ませる方法

電話で解約手続きをする場合も、ドコモショップで手続きをする場合も、いずれも「契約者本人かどうか」をかならず確認されます。本人確認のためにネットワーク暗証番号もしくは契約ID(お客さまID)が尋ねられますので、事前に準備しておきましょう。ネットワーク暗証番号もしくは契約IDは、契約書類や開通通知書に記載されています。

レンタル品の返却と宅内機器撤去工事

ドコモ光からのレンタル品があるときは、その場で返却手続きについて案内されます。その際、返却期限についての案内もありますので、かならず期限内に返却しましょう。また、宅内機器を工事で取り付けているときは、取り外し工事が必要になります。電話で解約手続きを実施するときは、工事日程についてはその場では分かりませんので、後日、“ドコモ光サービスセンター”から電話がかかってきます。

3.プランによってはプロバイダ業者に連絡

ドコモ光を “単独タイプ”で契約している場合は、プロバイダの解約を別途行わなくてはなりません。プロバイダのお客さまサポートセンターに電話をかけ、解約手続きを実施して下さい。

一方、ドコモ光を“タイプA”もしくは“タイプB”、“タイプC”で契約している場合は、契約しているプロバイダによって、ドコモ光の解約手続きを行うと自動的に解約されてしまうものと“単独タイプ”のように別途手続きが必要になるものがあります。ご利用中のプロバイダが自動解約になるのか分からないときも、取りあえずプロバイダのお客さまサポートセンターに電話をかけ、解約手続きを実施して下さい。

ドコモ光を解約時に必要な費用

ドコモ光を解約するときは通常、解約関連のお金は翌月に一括で請求されますので、引き落とし口座に多めに入金しておくようにしましょう。

解約月の月額料金

解約月の月額料金は日割り計算されません。1ヶ月分が請求されますので、なるべく月初めには解約しないようにしてください。

定期契約をしているときの解約金

ドコモ光は「2年間の定期契約」か「定期契約なし」のいずれかで契約します。「定期契約なし」のときには解約金は請求されませんが、「2年間の定期契約」のときにはマンションタイプで8,000円、戸建てタイプで13,000円の解約金が請求されます。

解約金が発生しないタイミングとは

「2年間の定期契約」をしている場合は契約更新月とその翌月(契約した月を1ヶ月目とすると25ヶ月目と26ヶ月目、その後2年ごとの契約更新月とその翌月)に解約すると、解約金が請求されません。解約金を節約したい人は、2年ごとの契約更新月とその翌月に解約するようにしましょう。

回線工事費の一括請求

ドコモ光に契約したときに、回線工事を実施した人も多いのではないでしょうか。回線工事費を分割で支払い、まだ分割払いが終わっていないときは、残金が一括で請求されます。解約月の翌月、月額料金と併せて引き落とされます。

オプションサービスの解約金

ひかりTVを「ひかりTV2ねん割」で契約しているときは、最低契約期間内で解約すると解約金が発生します。ひかりTVの契約から2年未満で解約するときは、翌月以降に解約金10,000円(課税対象外)が請求されます。

プロバイダの解約金

プロバイダによっては、解約時に解約金が請求されるものもあります。プロバイダごとに最低利用期間や契約期間が異なりますので、解約手続きをする前にプロバイダのお客さまサポートセンターに電話をかけて解約金について確認しておきましょう。

光電話の解約タイミング

ドコモ光の光電話やNTT東西のひかり電話を利用している場合には、ドコモ光を解約すると電話が利用できなくなってしまいます。他のインターネット回線に乗り換えるときは、ドコモ光を解約する前にナンバーポータビリティ等の変更手続きをしておきましょう。

機器返却の期限を守る

レンタル品の返却を期限内に実施しないときは、NTTから書面あるいは電話で督促が実施されます。それでも返却しないときは、機器相当額が請求されます。

他社回線の乗り換えキャンペーンを利用すると解約金を負担できる

auひかり
乗り換え時にかかった解約金や工事費を還元してくれるサービスを実施している回線業者があります。例えばソフトバンク光に乗り換えるなら、解約金や撤去工事費等を最大10万円まで還元してくれますし、auひかりも乗り換え時に発生する違約金等を最大3万円まで還元してくれます。乗り換え時に多大な解約金等が発生しそうな人は、これらの乗り換えキャンペーンを実施している業者を選んでみてはいかがでしょうか

ソフトバンク光
ソフトバンク光では、乗り換えにかかる違約金を最大10万円還元してくれる「SoftBank光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引キャンペーン」があります。さらに代理店から申し込むと24,000円のキャッシュバックを受け取れるキャンペーンがあります。
こちらの代理店を確認してみてください。

プロバイダだけを乗り換える

ドコモ光では、プロバイダの変更も可能です。プロバイダを変更するだけでも通信読度が変わることがあるので、通信速度に不満を感じてドコモ光の解約を検討しているのなら、まずはドコモ光を解約せずにプロバイダの変更を検討してみてはいかがでしょうか。速さにこだわるのなら、IPv4対応のサイトもIPv6の速度で見ることができる「IPv6 IPoE」+「IPv4 over IPv6」のプランを提供している“GMOとくとくBB”などのプロバイダがおすすめです。

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事