閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドコモ光の速度はv6プラスで改善される

ドコモ光はフレッツ光の回線を利用している光回線なので、フレッツ光の通信速度1Gbpsと変わりません。フレッツ光の回線は他の光コラボ回線も利用してるため、利用者が多く回線が混雑するリスクが高いと言えます。しかしv6プラスを利用すると回線速度が遅くなるリスクを回避できます。

ドコモ光の通信速度が遅くなる原因

ドコモ光は、NTTのフレッツ光回線を使ってインターネット接続サービスを提供しています。

フレッツ光回線を利用している回線業者は多数あります。NTTのフレッツ光はもちろん、ドコモ光やソフトバンク光等の「光コラボレーションの回線」はすべてNTTのフレッツ光回線を利用しています。利用している回線業者が多いため、回線が混み合い、通信速度が遅くなる場合があります。

プロバイダによっては速度が変わることもある

同じ、フレッツ光の回線を利用している場合でも、プロバイダが変わることで通信速度が改善されることがあります。また、使用しているルーターを変えると通信速度が改善されることもあります。Wi-Fiを使ってインターネットデバイスを利用している人は、Wi-Fiルーターの設置場所やルーターの機能によっても、通信速度が大幅に改善されることがあるのです。

ドコモ光を使うなら、どこのプロバイダがおすすめ?

ドコモ光は、光回線はNTTのフレッツ光回線一択ですが、プロバイダは広い選択肢の中から選択することができます。プロバイダを上手に選べば通信速度が改善される可能性もありますので、慎重にプロバイダを選ぶようにしましょう。

速さにこだわるならIPv6対応のプロバイダ

通信速度を期待するならIPv6に対応しているプロバイダを選択することがおすすめです。しかし、“IPv6 PPPoE”もしくは“IPv6 IPoE”のプランでは速度改善があまり見られませんので、“IPv4 over IPv6”のプランがあるプロバイダを選びましょう。

また、You tubeはIPv6に対応していますが、現状ではIPv6に対応しているサイトはそこまで多くはありません。そのため、IPv4のページもIPv6の速度で見ることができる“IPv6 IPoE”と“IPv4 over IPv6”を同時に利用できるプランを選ぶことをおすすめします。例えばプロバイダとしてGMOを選ぶなら、“IPv6 IPoE”にも“IPv4 over IPv6”にも対応可能なルーターを無料でレンタルできます。速さにこだわる人は、検討してみてはいかがでしょうか。

プランを選ぶ前にパソコンをチェックしよう

IPv6を利用できるプランがあっても、お使いのパソコンがIPv6に対応していないならIPv6を利用することができません。パソコンがIPv6対応なのかもチェックしておきましょう。

速度だけでなく料金も注目しよう

ドコモ光では、選択するプロバイダによって料金が異なります。例えば先程紹介したGMOは“タイプA”のプロバイダですので、もっとも安い月額料金(戸建てタイプ:税込み5,200円、マンションタイプ:税込み4,000円)が適用されます。しかし、プロバイダとして“タイプB”のOCNを選択すると、月額料金はタイプAよりも200円高くなってしまいます(戸建てタイプ:税込み5,400円、マンションタイプ:税込み4,200円)。

フレッツ光からドコモ光の乗り換えは工事費不要

ただし、フレッツ光からドコモ光に乗り換えるときは、使用する光回線が同じですので回線工事費は不要になります。フレッツ光からauひかりなどのフレッツ光回線を利用しない回線に乗り換えるときには数万円の工事費が必要になることと比べるなら、かなりお得だと言えますね。

なお、フレッツ光から光コラボレーションへの転用には、“転用承諾番号”が必要です。転用する前にNTTに申請して、“転用承諾番号”を取得しておきましょう。

ドコモ光とドコモケータイのセット割はお得?

ドコモユーザーは、ドコモ光を利用するとケータイとのセット割が適用されます。ドコモケータイとのセット割を提供している回線業者はドコモ光のみですので、セット割を利用したい人はドコモ光を選ばざるを得ません。料金割引の例については、以下を参照して下さい。

<家族で分け合う場合>

パケットパック名 ドコモ光セット割(月額割引額)
ベーシックシェアパック(~30GB) 1,800円
ベーシックシェアパック(~15GB) 1,800円
ベーシックシェアパック(~10GB) 1,200円
ベーシックシェアパック(~5GB) 800円
ウルトラシェアパック100 3,500円
ウルトラシェアパック50 2,900円
ウルトラシェアパック30 2,500円

<一人で利用する場合>

パケットパック名 ドコモ光セット割(月額割引額)
ベーシックパック(~20GB) 800円
ベーシックパック(~5GB) 800円
ベーシックパック(~3GB) 200円
ベーシックパック(~1GB) 100円
ウルトラデータLLパック 1,600円
ウルトラデータLパック 1,400円
ケータイパック 500円
※セット割は“料金割引”と“dポイント進呈”の2つの種類がありますが、こちらでは“料金割引”について表で示しています。

参考:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/charge/

劇的な速度改善を実現する方法

フレッツ光からドコモ光に転用する際に、プロバイダやルーターを変えるなら、通信速度の改善を期待できます。しかし、劇的な速度改善を期待するなら、光回線ごと変更することをおすすめします。

セット割にこだわらずに業者を選ぼう

NURO光やauひかりなどの独自回線を利用するインターネット業者を利用するなら、フレッツ光回線よりは混み合いませんので、通信速度が劇的に改善される可能性があります。NURO光は下り最大速度2Gbpsの超高速通信を提供していますし、auひかりも2018年3月1日より下り最大5Gbpsのサービスや下り最大10Gbpsの超高速通信サービスを開始しています。劇的な通信速度の改善を期待するなら、独自回線への乗り換えを検討してみましょう。

※auひかりの5Gbps・10Gbpsサービスは、東京・埼玉・千葉・神奈川の一部エリアのみで提供しています。
※NURO光は、関東・関西・東海の一部エリアのみで提供しています。

参考:https://www.au.com/cmp/hikari_kousoku/
https://www.nuro.jp/hikari/

スマートフォン自体を乗り換えるのもおすすめ

NURO光もauひかりも高速通信が期待できる回線業者ですが、ドコモ光ではありませんので、ドコモケータイとのセット割は適用されません。NURO光はソフトバンクケータイとのセット割、auひかりはauケータイとのセット割を提供していますので、回線業者を乗り換える際に、スマートフォンも一緒に乗り換えてみてはいかがでしょうか。速度と割引のどちらも手に入れることができますよ。

速度にも料金にもこだわって乗り換えよう

動画視聴やオンラインゲームなどの高速通信を必要とする使途でインターネットを利用している場合、通信速度が遅いのはストレスフルですよね。回線業者を乗り換えて、通信速度の改善を図ってみてはいかがでしょうか。料金が気になる人はスマートフォンも同時に乗り換えることを検討してみましょう。お得に賢く高速通信を利用していきましょう。

おすすめ窓口乗換えはお得な光コラボレーション!
フレッツ光-光コラボトップページ
ネット代も携帯代も安くなる!
ネット料金月額2,800円~!
携帯代金最大2,000円割引!
フレッツ光からの転用なら工事費不要!
さらにお得なキャンペーンも!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事