閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

auひかりからの乗り換えで違約金を実質ゼロにする方法とは?

auひかりを更新月以外の月で解約すると、解約金が発生します。ただし、解約金が発生するのは、ホームタイプのギガ得プラン(2年更新)、ずっとギガ得プラン(3年更新)を契約している場合のみで、それ以外のプラン、マンションタイプはいつ解約しても解約金がかかりません。

そのほか、解約に際してかかる費用は、工事費の残債ですので、工事費を分割払いにしている方は、どれだけ工事費の残債が残っているかあらかじめ確認することをおすすめします。

なお、auひかりを更新月以外で解約すると違約金が発生してしまいますが、他社のインターネット回線に乗り換える場合には、キャッシュバックキャンペーンを利用することで違約金を実質無料にすることができます。

この記事では、auひかりの解約方法と、解約金の金額や解約金が発生する条件、そしてauひかり以外の光回線業者が行っている違約金負担キャンペーンの詳細をご紹介します。

解約にあたって支払うのは違約金と、工事費の残債の2つ!

解約の際にかかる費用には、主に違約金工事費の残債の2種類があります。以下では、それぞれの金額や、発生条件についてご紹介します。

auひかりの違約金が発生する条件とは?

auひかりを解約する際の違約金は、以下の2つの条件が揃った場合にのみ発生します。

条件①

・ホームタイプの「ギガ得プラン(2年更新)」あるいは「ずっとギガ得プラン(3年更新)」を契約している場合

・マンションプランの「おトクプランA(2年更新)」を契約している場合(全プラン対象)

条件②

・更新月以外の解約をした場合

※ギガ得プランとおトクプランA(2年更新)の場合は25カ月目と26カ月目、ずっとギガ得プラン(3年更新)の場合は37カ月目と38カ月目が更新月

auひかりの更新月は、契約満了から数えて翌月と翌々月です。更新月以外で解約すると違約金が発生しますので、解約を検討する際には契約満了のタイミングを早めに確認するようにしましょう。

更新月以外の月の解約で7,000~15,000円の違約金

違約金の金額は、ギガ得プランの場合は9,500円、ずっとギガ得プランの場合は15,000円、auひかりマンションプランのおトクプランA(2年間の自動更新)の場合は7,000円です。

工事費に関しては、分割払いをしていて全額支払いを終えていない場合は、残りの分を解約月の末日に一括で支払わなければなりません。auひかりの分割払いの期間は、マンションタイプの場合は30カ月間 (1,250円×30ヶ月)、ホームタイプの場合は60カ月です。

画像出典:https://flets.hikakunet.jp/15048.html

高速プランの解約には、別途2,500円かかる

首都圏を中心に展開されている高速プランauひかり ホーム10ギガauひかり ホーム5ギガでは、利用開始から12ヶ月以内に解約された場合、別途高速サービス解除料2,500円が発生します。なお、3年単位の自動更新プランにしていた場合、更新月以外で解除またはプラン変更すると違約金15,000円がかかります。高速プランを利用している方は違約金が多めにかかってしまうので、特に解約のタイミングには気を付けましょう。

プロバイダの違約金は一切不要!

auひかりの場合、どのプロバイダを使っていても、プロバイダ解約時の違約金は一切かかりません。他の光回線の場合はプロバイダ違約金がかかる場合もありますが、auひかりの場合はプロバイダ違約金がかからないので、「違約金」と「工事費の残債」の2つだけに気を付けるようにしましょう。

引っ越しで解約する場合も違約金が発生する

引っ越し先でもauひかりを継続利用したい場合でも、新居のネット環境がauひかりの提供エリア外であった場合、解約せざるを得ません。引っ越しによるやむを得ない解約であっても、解約金や工事費の残債などの支払い対象となります。提供エリア外かどうかの確認はKDDIの公式サイトで確かめることができます。なお、もし提供エリア外であっても、auスマートバリューが使える光回線は、こちら(auひかり エリアの新規記事)でご紹介しています。

解約の場合には、auまたはプロバイダに連絡して手続きを行いますが、加入しているプロバイダによって解約方法が異なります。例えば、プロバイダがau one netの方は、auひかり公式ページにあるお引っ越し情報入力フォーム から解約手続きを進め、そうでない方は、プロバイダに別途連絡しなければなりません。自分のプロバイダが何なのかわからない方は先にMy auを利用するか電話にて問い合わせてみると良いでしょう。

■KDDIお客さまセンター

一般電話から:0077-777(通話料無料)

※上記番号がご利用になれない場合:0120-22-0077

※オペレーター対応時間:9:00~20:00

auひかりの解約窓口は、電話窓口のみ!

auひかりの解約については、電話の窓口でのみ受付けています。引っ越しでの解約も、以下の電話窓口から申し込む流れになります。

以下の総合窓口に電話をかけた後、ダイヤル「4番(解約手続き)」⇒「2番(インターネットの解約)」へと進み、手続きを行います。手続きの際には、本人確認として以下の情報のうちどれかを確認されます。

基本契約番号(「ご利用開始のご案内」に記載)

ご請求コード(「WEB de 請求書」の料金明細に記載)

au ID(「ご利用開始のご案内」に記載)

本人確認に備えて、解約の手続きをする際にはあらかじめ請求書などを確認しておくのをおすすめします。

■KDDIお客さまセンター

一般電話から:0077-777(通話料無料)

※上記番号がご利用になれない場合:0120-22-0077

※オペレーター対応時間:9:00~20:00

乗り換える場合は、違約金キャッシュバックキャンペーンを利用しよう

Auひかりを更新月以外で解約した場合は、いかなる場合でも解約金が発生してしまいます。この解約金を免除する方法はありませんが、代わりに他社の乗り換えキャンペーンを利用することで、解約金や工事費の残債の一部、場合によっては全額を負担してもらえます。

さらに、乗り換えの際に、ポケットWi-Fiソフトバンクairを利用すればキャッシュバックキャンペーンを利用できるうえに、工事費もかからないため、全体の費用を安く抑えることができます。

たとえば、ソフトバンク光のあんしん乗り換えキャンペーンを利用した場合は、違約金や残りの工事費用なども全額負担してもらえます。その額およそ、3~4万円。具体的には、開通工事費用(2~4万円程度)と、auひかりの違約金(7,000円~15,000円)、auひかりへの未払い工事費用(総額で30,000円)が含まれます。どのキャッシュバックキャンペーンを使うかで全く金額が変わるので、気になる方はコチラの記事を参考にしてください。

まとめ キャンペーンを上手に利用して違約金の負担を減らそう

auひかりの定期契約プランに加入中で、更新月(契約満了月の翌月と翌々月)以外の時期に解約した場合は、解約金がかかります。

解約金の金額はプランによって異なり、ギガ得プランの場合は9,500円、ずっとギガ得プランの場合は15,000円、auひかりマンションプランのおトクプランA(2年間の自動更新)の場合は7,000円です。

そのほか、解約にあたってかかるものは、分割にしていた工事費の残債のみ。プロバイダの解約金は一切かかりません。

解約金や工事費用を免除する方法はありませんが、他社の乗り換えキャンペーンを適用することで実質無料にできます。この際、ポケットWi-Fiやソフトバンクairを利用すれば、乗り換えキャンぺーンを適用しつつも工事費用が発生しないため、費用を安く抑えることができます。

解約金の負担を少しでも軽減するためには、解約する前に自分のプランの確認をし、乗り換え先の光回線業者もあらかじめ検討しておくと良いでしょう。

auひかりおすすめNo.1窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

最大135,500円大幅還元!
この窓口の人気のヒミツは最大73,000円のキャッシュバック!Web代理店で申込む魅力は、公式サイトにはない代理店独自のキャンペーンがあるんです!auひかりは月額は他回線に比べても格安なため、新規でもお乗換えでも人気の高い回線です!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事