閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

auひかりの支払いはどうする?支払い方法の変更から料金未納の対処法まで徹底解説!

タイトル:auひかりの支払いはどうする?支払い方法の変更から料金未納の対処法まで徹底解説!

auひかりの支払い方法には、「口座振替」と「クレジットカード払い」「コンビニ払い」の3種類があり、契約途中での変更も可能です。支払い方法は、KDDIのオンラインサービスであるMY auから変更手続きするのが簡単でおすすめ。また、料金を払い忘れてインターネットサービスが停止しても、Pay-easyやMY auを利用して料金を払い込めば、2日以内にインターネットが利用できるようになります。
この記事では、auひかりの支払方法の変更方法や、料金未納になった時の支払い方法や普段の料金確認方法まで徹底的に解説します。

auひかりの支払い方法は3種類!

参考:写真AC(https://www.photo-ac.com/main/detail/610564)

auひかりの支払い方法は、口座振替とクレジットカード払い、コンビニ払いの3種類です。払い忘れを防ぐために、口座振替かクレジットカード払いにするのがおすすめですよ。以下では、まず支払い方法についてご紹介します。

auひかりの支払い方法その1:口座振替

契約者本人名義の金融機関の口座から利用料金を支払う方法です。大手都市銀行はもちろん、全国のゆうちょ銀行や地方銀行、信託銀行、ネットバンクなど幅広く対応しています。毎月決まった期日に自動的に引き落とされるため、支払いを忘れずに済みますね。

auひかりの支払い方法その2:クレジットカード払い

契約者本人名義のクレジットカードで利用料金を支払う方法です。毎月の引き落とし日は、クレジットカード会社の種類によって異なります。クレジットカードで支払うと、ポイントが貯まるのが一番の長所ですね。

auひかりの支払い方法その3:コンビニ払い

auひかりから送付される振込用紙でコンビニやauショップの窓口で支払う方法です。支払いは現金のみとなり、納付期限までに振り込まなければなりません。auひかりの契約当初は、振込用紙によるコンビニ支払いとなっています。
振り込み用紙での支払いだと、つい払い忘れてしまう場合もあるかもしれません。払い忘れのリスクを回避するためには、口座振替かクレジットカード払いに変更するのがおすすめです。

支払い方法の変更手続きは、オンライン・店頭窓口・電話の3通り!

振り込み方法を変更したい場合、どのような手続きをしたら良いのでしょうか。結論としては、MY auから変更するのが一番おすすめです。auひかりには、支払い方法を変更する窓口が3種類あるので、以下でご紹介します。

オンラインのMY auで簡単に変更手続きができる

auひかりのお客様サポートページである「MY au」から、支払い方法を変更できます。

MY auへのログインには、au IDとパスワードが必要です。ログインに必要なau IDとパスワードは、auひかり申し込み後に郵送される「契約内容のご案内」に記載されていますので、手続きを始める前に確認しましょう。
MY auへのログインはコチラ

画像出典:https://www.au.com/support/faq/view.k20000002331/

パソコンやスマートフォン、auケータイから「MY au」へログインしたあと、「支払い方法変更」を選択して手続きを行ってください。ただし、金融機関やクレジットカードの種類によっては、契約者本人を確認できる運転免許証やパスポートのコピーなど必要書類の郵送が必要になる場合もありますので、あらかじめ用意しておくようにしましょう。

契約内容を相談したい人は、auショップの窓口での手続きがお薦め

auショップの窓口で、auひかりの支払い方法の変更手続きを行えます。ただし、変更手続きをできるのは契約者本人に限られます。さらには、契約者本人を確認できる書類(運転免許証、パスポートなど)の原本と、クレジットカード、金融機関のキャッシュカード通帳印鑑が必要です。auショップの窓口で変更手続きをする際には、忘れないで準備しておきましょう。直接店員に契約内容について相談したい人は、auショップに直接行くのがおすすめです。

電話でも変更手続きはできるが、後日書類の返送が必要

KDDIお客様センターに直接電話をしても、支払い方法を変更できます。
電話で申し込みの際には、契約者本人の確認のために「基本契約者番号」「ご請求コード」「au ID」のいずれかが必要です。「基本契約者番号」「au ID」は、auひかりの契約書類であるご利用開始のご案内に記載されており「ご請求コード」は、auひかりの利用料金の請求書に記載されていますので、電話をかける前に確認しましょう。
なお、電話での変更申し込みは、後日郵送されてくる書類に必要事項を記入したうえで返送しなければなりません。

支払い方法変更の電話窓口はこちらです。
【KDDIお客様センター:9:00~20:00】
auスマホや携帯電話から:157(無料)
auスマホや携帯電話以外と一般電話から:0077-7-111(無料)
上記以外:0120-977-033

支払い方法の変更には「MY au」「auショップ」「電話」の3種類の窓口がありますが、電話は書類返送の手間がかかるので、支払い方法の変更について直接ショップ店員に尋ねたい人以外はMY auで契約変更するのがおすすめです。

料金未払いには要注意!料金未納からサービス停止、そして強制解約に至るまでの流れ

口座残高不足などの理由によってauひかりの支払いが未納になった場合は、未納になった時点から約1週間後に、auひかりから督促のお知らせと振込用紙が郵送されます。指定されている期日までに未納分を支払えば、問題はありません。しかし、振り込みしないままでいると、約1か月の猶予期間を経てauひかりのインターネットサービスの提供が停止されてしまいます。
もしサービスの提供が停止されてから1か月経っても支払いをしない場合、auひかりが強制解約となるので注意が必要です。強制解約では、通常の解約と異なり高額な違約金と延滞金が発生します。たとえば、auひかりホームが強制解約となった場合は、違約金15,000円に延滞金、工事費の残額に加えて光回線設備の撤去費用として28,800円が請求されます。また、同一契約者名義のauひかりを含めたauすべての再契約はできなくなるので、くれぐれも未納し続けないよう気を付けましょう。

料金未納になった場合の支払いは、振り込み用紙を使うかオンライン払込の二択!

料金未納になった場合の支払い方法は、振り込み用紙を使ってコンビニまたはATMで支払えます。また、Pay-easy(ペイジー)というインターネットを利用した支払いサービスでも振り込めます。利用停止になった場合、振り込み用紙でコンビニから支払うのが、一番手間がかからないのでおすすめです。もし振り込み用紙が手元になくても、ネット環境があればPay-easyやMYauを利用して支払えます。もし振り込み用紙もネット環境も無い場合には、銀行ATMまたはauショップに行きましょう。

振り込み用紙を持っていたら、コンビニか銀行ATMで支払おう

auひかりからの請求書が手元にある場合、それが振り込み用紙になっているのでコンビニか銀行ATMから支払えます。

振り込み用紙が手元になかった時の支払い方法①Pay-easyで払込

auひかりからの振り込み用紙が無い場合、Pay-easy(ペイジー)で支払えます。Pay-easyとは、24時間年中無休で対応しているインターネットを利用した料金支払いサービスです。
《Pay-easyを利用した支払い手順①スマホからログイン》
1. MY auへログイン
2. 「請求関連のお手続き」を選択
3. 「料金のお支払い」→「今すぐ支払う」を選択
4. 「Pay-easyで支払う」を選択
5. 支払う金額を選択後、金融機関を選択
6. 支払い内容を確認して「OK」を選択

なお、auひかりが停止されてパソコンでインターネットを使えない場合は、全国の金融機関に設置されているATMからも利用できます。ATMからPay-easyを利用する手順は以下の通りです。
《Pay-easyを利用した支払い手順②銀行ATMで払込》
1. 金融機関のATMのメニューで「料金払込(ペイジー)」または「税金・各種料金払込み」を選択
2. 5桁の収納機関番号を入力
3. 10桁のお客様番号を入力
4. 6桁の確認番号を入力
5. 画面に表示された支払い内容を確認して「次へ」を選択
6. 現金またはキャッシュカードを選択
7. 未払い料金支払い完了
Pay-easyは、ネットバンキングの口座を持っていない方でも手続きができます。ATM での利用には、KDDIから郵送されてくる振込用紙に記載されている「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」が必要ですので、事前に準備しておきましょう。

振り込み用紙が手元になかった時の支払い方法②MYauの利用

料金未納の支払いに関する重要情報が記載されている振込用紙を紛失した場合は、MY auからQRコードを取得してコンビニで支払う方法があります。

1. スマホや携帯からMY auにログイン
2. 「料金のお支払い」を選択
3. 未払い金額の詳細を確認して文中に表示されている「こちら」をタップ
4. 「コンビニエンスストアで支払う」を選択
5. 「支払い」を選択して「お支払い」をタップ
6. 表示された支払い内容を確認し「OK」をタップ
7. 「コンビニ」をタップ
8. 支払いする「コンビニアイコン」を選択
9. お客様番号/オンライン決済番号、またはQRコードが表示されるので保存しておきましょう。
10.取得した情報をもとに、コンビニの窓口で決済すれば未払い料金の支払いは完了です。

振り込み用紙が手元になかった時の支払い方法③auショップの窓口

未払金は、auショップの窓口で現金で支払えます。契約者本人による手続きが前提ですが、確認ができれば代理人による支払いも可能です。auショップで支払う際には、運転免許証などの本人確認書類を持参するようにしましょう。

料金未納の規制解除はいつ?

auひかりの料金未払いによってインターネットの提供が停止されている場合、未納料金を支払った翌日の13:00以降には、順次利用規制が解除となります。ただし、支払った時間が21:00以降の場合は、翌々日の13:00以降に解除されます。
未納料金を支払ったにもかかわらず、インターネットの利用規制が解除されない場合は、auひかりサポートサービスに問い合わせるとよいでしょう。

auひかりの利用料金の確認は、MY auからがおすすめ

料金未払いを防ぐためにも、支払い状況はこまめに確認するようにしましょう。
auひかりの利用料金は、MY auにログインして「WEB de請求書」を確認する方法がおすすめです。「WEB de請求書」とは、パソコンやスマホからauひかりの毎月の利用料金を確認できるサービスです。あらかじめ登録しているメールアドレスに、利用料金の通知を受け取れます。毎月郵送される請求書を開封して保管する手間もなく、いつでも確認したくなった時にチェックできるので、料金確認はMY auから行うのをおすすめします。
さらに、auひかりの請求書の記録を紙媒体で保存しておきたいという方は、「WEB de請求書」で過去6か月分の請求内容を確認できるうえ、PDFでダウンロードして印刷できます。auひかりでは、請求書の郵送にも対応していますが、2015年10月の請求から1請求につき200円の手数料が発生しています。わずかな費用ではあるものの、「WEB de請求書」からのダウンロードの方が費用を抑えられるので、おすすめです。

まとめ

auひかりの支払い方法には、「口座振替」と「クレジットカード払い」「コンビニ払い」の3種類があり、契約途中での変更も可能です。支払い方法の変更はKDDIのオンラインサービスであるMY auから手続きするのが簡単でおすすめです。また、もし料金を払い忘れてインターネットサービスが停止してしまっても、Pay-easyやMYauを利用して料金を払い込めば、2日以内にインターネットが利用できるようになります。もしインターネット環境が無ければ、銀行ATMやauショップで支払うようにしましょう。未払いを防ぐためにも、支払い方法は口座振替かクレジットカード払いにして、MY auの「WEB de 請求書」を活用して支払い状況をこまめに確認するようにしましょう。

auひかりおすすめNo.1窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

最大135,500円大幅還元!
この窓口の人気のヒミツは最大73,000円のキャッシュバック!Web代理店で申込む魅力は、公式サイトにはない代理店独自のキャンペーンがあるんです!auひかりは月額は他回線に比べても格安なため、新規でもお乗換えでも人気の高い回線です!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事