閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

インターネット回線とプロバイダの仕組みを解説

快適にインターネットを利用するには、インターネット回線とプロバイダの仕組みを把握したうえで、通信環境を整える必要があります。インターネット回線とプロバイダの仕組みを把握しておかないと、自身の利用方法に適した通信環境をつくれません。

自身の利用方法に適した通信環境をつくるために、インターネット回線とプロバイダの仕組みを理解しておきましょう。

インターネット回線とはインターネットに接続するための回線のこと

インターネット回線を理解するには、インターネットとインターネット回線の違いを把握しておく必要があります。インターネットとインターネット回線を混同していると、インターネット回線の仕組みを理解できないためです。

インターネットとは、 “インターネット回線を通して情報をやり取りする通信網”のことを指します。スマホやパソコンなどは、インターネット回線を通じてインターネットに接続することで互いに情報をやり取りできるのです。一方インターネット回線は、“スマホやパソコンなどをインターネットに接続するためのケーブルや無線”のことを指します。

つまり、スマホやパソコンなどを持っていても、インターネット回線がなければインターネットには接続できないということです。インターネット回線を利用するには、回線を提供している回線事業者と契約する必要があります。

インターネットに接続するには回線事業者とプロバイダ両方との契約が必要

インターネットに接続するには、インターネット回線を提供する回線事業者のほかに、プロバイダとも契約する必要があります。プロバイダとは、インターネット回線を通じて、インターネットにアクセスする際に必要なサービスを提供している事業者です。プロバイダと契約することで、インターネット回線を通じて、他のコンピューターとデータ通信ができます。

インターネット回線だけでは、データ通信ができないため、プロバイダはインターネットに接続するうえで欠かせない存在です。インターネットに接続する際には、インターネット回線を提供している回線事業者とプロバイダの両方との契約が必要だということを覚えておきましょう。

回線事業者とプロバイダが同時契約になるサービスもある

従来は回線事業者とプロバイダを別々に契約する方式しかありませんでしたが、現在は1社との契約でインターネットに接続できるサービスが主流になっています。

回線事業者とプロバイダをセットにすることで、支払いや問い合わせの窓口が一本化されるため、利便性が高まりました。また、セットで契約すると、回線事業者とプロバイダを別々に契約するよりも利用料金が安くなる傾向にあります。

インターネット回線は固定回線とモバイル回線に分類される

インターネット回線は、固定回線とモバイル回線の2種類に分類されます。それぞれの通信方法は、利用しているケーブルや通信技術が違うため異なる特徴をもっています。

快適なインターネット環境を構築するには、自身に適した回線を選択しなければなりません。自身に適したインターネット回線を選択するために、通信方法ごとの特徴を確認しておきましょう。

固定回線の通信方法

固定回線とは、光ファイバーや電話線などの物理的なケーブルを利用した通信方法です。固定回線は、利用しているケーブルによって4種類に分けられます。

【固定回線の通信方法】

通信方法 利用しているケーブル 特徴
光回線 光ファイバーケーブル ・通信速度が高速
・現在主流の回線
CATV 同軸ケーブル
※一部では光ファイバーケーブル
・通信速度が光回線より遅い
・賃貸物件で利用されることが多い
ADSL アナログ電話線 ・通信速度が低速
・旧世代の回線
ISDN デジタル電話線 ・通信速度が低速
・現在はほぼ利用されていない

光回線は、光ファイバーケーブルを利用したインターネット回線です。インターネット回線に特化した光ファイバーケーブルを利用しているため、通信速度が高速で安定性が高いという特徴があります。

CATVは、ケーブルテレビに利用されている同軸ケーブルや光ファイバーケーブルを利用したインターネット回線です。通信速度は光回線よりも遅いですが、賃貸物件を中心に利用されているという特徴があります。

ADSLとISDNは、電話線を利用したインターネット回線です。電話線の一部を利用しているため、インターネット回線に特化した光回線よりも低速になるという特徴があります。

なお、ADSLとISDNは旧世代の回線で利用者が減少していることもあり、2023年を目途にサービスが終了する予定です。固定回線を新規で契約する人は、光回線またはCATVを利用することになります。

モバイル回線の通信方法

モバイル回線とは、基地局から発信される電波を利用してインターネットに接続する通信方法です。固定回線のように物理的なケーブルを用いないため、電波を受信できる端末があれば、場所を問わずにインターネットが利用できます。

【モバイル回線の通信方法】

通信方法 特徴
LTE ・主に携帯やスマホの通信に利用されている
・障害物に強い
・700Mhz~2.1Ghzの周波数帯域を利用
・通信できるエリアが広い
WiMAX ・モバイルルーターの通信に利用されている
・障害物に弱い
・2.5Ghzの周波数帯域を利用
・通信できるエリアがLTEより狭い

2種類のモバイル回線の違いは、使用している電波の周波数帯です。使用している周波数帯が異なると、それぞれの通信方法の特徴に差が出てきます。

主にスマホや携帯の通信に利用されている LTEは、WiMAXよりも周波数が低い電波を利用しています。周波数が低い電波には、「電波が遠くまで届く」「障害物に強い」という特徴があるため、LTEは大きな建物内や基地局から離れた地域でも利用できます。

モバイルルーターに利用されている WiMAXは、LTEよりも周波数が高い電波を利用しています。周波数が高い電波には、「電波が近距離までしか届かない」「障害物に弱い」という特徴があるため、WiMAXは大きな建物内や基地局から離れた場所では利用できない場合があります。

インターネット回線は利用方法に合わせて選択する

インターネット回線は、利用方法に合わせて選択する必要があります。自身のインターネットの使い方を考慮したうえで、固定回線とモバイル回線のどちらを利用するか決めましょう。

【各回線が適している人の特徴】

固定回線が適している人 モバイル回線が適している人
・自宅でしか利用しない人
・大容量のデータ通信をする人
・家族で使いたい人
・自宅以外でも利用する人
・大容量のデータ通信をしない人
・自分しか利用しない人

固定回線は安定した通信ができるため、高画質な動画の視聴やゲームなどの、大容量の通信をする人に適しています。ただし、自宅以外ではインターネット通信を利用できないため、外出先でもインターネットに接続したい人には適していません。

モバイル回線は、1台の端末でWebサイトの閲覧や動画の視聴をするには十分な通信速度を備えているうえに持ち運べるため、外出先で利用したい人に適しています。
ただし、3日で10GB以上の通信をした場合には、速度制限がかかるサービスが多いので、長時間の動画視聴やゲームなど大容量の通信をする人には適していません。

固定回線とモバイル回線は特徴が異なるため、適している人が異なります。インターネット回線を選ぶ際は、自身の利用方法に適した回線を選択しましょう。

固定回線はスマホのキャリアと組み合わせる

固定回線を利用したい人は、スマホのキャリアと組み合わせましょう。月額料金の割引オプションを利用できるためです。

【携帯キャリア別のおすすめ回線】

キャリア 回線 割引オプション
ソフトバンク ソフトバンク光 ・ソフトバンクのスマホ1台あたり月額1,000円引き
au auひかり ・auスマホ1台あたり月額500円または1000円引き
ドコモ ドコモ光 ・ドコモのスマホ1台あたり月額1,000円引き
格安スマホ enひかり ・割引制度はない

携帯キャリア主要3社には、キャリアが提供しているインターネット回線とセットにすると、スマホの月額料金から1,000円引きされるオプションがあります。
たとえば、4人家族で全員がauのスマホを利用している場合には、スマホ1台あたり1,000円が割引されるため、合計4,000円の割引になります。

また、格安スマホにも各社のインターネット回線とのセットで割引される制度がありますが、割引額が数百円なので基本料金が安い回線を選択したほうが安上がりです。enひかりは、最低料金が3,300円と最も安いので、格安スマホを利用している人に向いています。

固定回線とキャリアの組み合わせについては、「携帯キャリアごとにインターネット料金比較」の記事で詳しく解説しているので確認しましょう。

モバイル回線はNEXTmobileがおすすめ

モバイル回線を利用したい人は、NEXTmobileがおすすめです。

【NEXTmobileのメリット・デメリット】

メリット デメリット
・2,400円から利用できる
・3日で10GBの通信制限がない
・通信速度が光回線の約6分の1
・最大19,000円の解約手数料がかかる

NEXTmobileのメリットは、最も安い20GBプランであれば、2,400円(税抜)から利用できる点です。また、他社のモバイル回線と違い、3日で10GB使った場合の通信制限もありません。

NEXTmobileのデメリットは、通信速度が光回線の約6分の1程度である点です。通信速度が光回線の6分の1程度とはいえ、Webサイトや短時間の動画を見るには問題ありません。

NEXTmobileは月額料金が安く、Webサイトや短時間の動画を見るのに十分な通信速度を備えているため、大容量の通信をしない人に適しています。大容量の通信をしない人は、NEXTmobileの利用を検討しましょう。

NEXTmobileの情報は、公式サイトのホームページで確認できます。NEXTmobileの詳しい情報を確認したい人は、公式サイトのホームページで確認しましょう。

インターネットおすすめ光回線

 

ドコモ光

     

ドコモ携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

auひかり

     

au携帯電話の割引特典あり

月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス
 

関連記事