閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

家で使うWi-Fiはスマホに合わせた光回線にすると通信費を節約できる

スマホにかかる毎月の通信費を抑えるなら、自宅にWi-Fi環境を作ることが効果的です。Wi-Fi環境を作るには、インターネット回線の契約が必要になり利用料金がかかります。しかし、スマホの通信キャリアに合わせた光回線を利用することで、結果的に通信費を抑えることができます。

ここでは、スマホの通信キャリアに合わせた光回線を契約して、自宅のWi-Fi環境を作り、毎月の通信費を抑える方法を解説します。

自宅でWi-Fiを使うと通信費を年間約60,000円も節約できる

自宅に通信量無制限のWi-Fi環境を作れる光回線があれば、スマホのギガを消費せずにインターネットが利用できるので、月額利用料の安いプランに変更して毎月の通信費を抑えられます。

また、光回線のなかには、スマホとセットにすることで利用料金が割引されるセット割を行っている事業者があります。セット割は契約者だけでなく家族のスマホも対象になるので、割引が適用されればさらに毎月の通信費を抑えられます。

自宅にWi-Fi環境があればスマホを安いプランに変更できる

スマホの料金プランは、毎月使えるギガ数が多いほど利用料金が高くなります。そのため、スマホで消費するギガ数が少なければ、月額利用料の安いプランに変更して通信費を節約することが可能です。

総務省が発表している「平成30年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」のデータによると、スマホなどのモバイル機器を使って、インターネットを利用する時間は、一日平均、平日で72.9分、休日で107.7分でした。そのうち、自宅で利用する時間の割合は、平日で52.1分と全体の約71%、休日は89.7分と全体の約83%です。

つまり、インターネットを利用する割合が多い自宅でWi-Fi環境が使えれば、毎月消費するギガ数を大幅に減らせるため、ギガ数の少ない安いプランに変更できる可能性があります。大容量プランから小容量プランに変更すると、実際にどのくらいスマホの料金が安くなるのか検証するために、代表的なスマホの通信会社が提供している料金プランを下記の表で比較しました。

【代表的なスマホの通信会社の料金プランの比較】

キャリア 大容量プラン 小容量プラン 利用料金の差額(1ヶ月)
ドコモ ギガホ
(30GB)
6,980円
ギガライト
(~3GB)
3,980円
2人家族の場合:-6,000円
4人家族の場合:-12,000円
au auデータMAXプランPro
(データ容量上限なし)
8,980円
auフラットプラン7プラスN
(~7GB)
4,565円
2人家族の場合:-8,830円
4人家族の場合:-17,660円
ソフトバンク ウルトラギガモンスター+
(データ定額50GBプラス)
7,480円
ミニモンスター
(~2GB)
5,980円
2人家族の場合:-3,000円
4人家族の場合:-6,000円

スマホのキャリアによって差はありますが、大容量プランから小容量プランに変更すると、1人あたり平均して毎月約3,000円の節約ができることがわかります。

ただし、小容量プランに変更すると利用できるギガが少なくなるので、大容量プランよりも通信制限がかかる確率が高くなります。Amazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスは多くの通信量を使うため、外出先で利用する場合は、家のWi-Fiを使って、観たい動画を事前に端末にダウンロードするなどの対策が必要です。

光回線とスマホのセットにすると割引される

光回線とスマホをセットにすれば、セット割が適用されるため、スマホの利用料金が割引されます。セット割とは、どのキャリアでも1GB~以上の料金プランを契約しているなら、家族全員分のスマホの月額料金から永年500円~1,000円割引されるサービス(2019年10月からの新料金プランの場合)です。

光回線とスマホのセット割は、スマホの通信キャリアによって適用条件が異なるので、下表を参考にしてください。

【各キャリアのセット割の適用条件】

スマホのキャリア スマホとの
セット割の名称
適用条件 適用される範囲
ドコモ ドコモ光セット割 ドコモ光契約者もしくは「ファミリー割引」グループ内で、「ドコモ光」の契約が1回線以上ある場合に適用。 ドコモの定める
三親等(※1)の範囲(全国でOK)のうち、
ドコモ携帯電話 2回線~20回線
au auスマートバリュー 光回線と、オプションの「ひかり電話(500円/月)」の契約。 固定通信サービスとau携帯電話の契約者が同一姓・同一住所の場合。
(50歳以上の家族の場合は、固定通信サービスに契約している住所と別の住所でも申し込み可能。)
ネット回線1つにつき、
au携帯電話 1回線~10回線
ソフトバンク おうち割 光セット 光回線と、オプションの「おうち割光セット(500円/月)」の契約。 「家族割引」の条件と同じく、
家族(血縁・婚姻)、または同姓か同住所であること」(※2)。
ネット回線1つにつき、
ソフトバンク携帯電話 1回線~最大10回線

スマホとのセット割を適用すれば、契約プランによって2人家族なら毎月1,000円~2,000円の割引が適用されるので、年間12,000円~24,000円の通信料を抑えることができます。また4人家族なら年間24,000円~48,000円の割引となるので、光回線とスマホのセット割は、通信費を抑えるのに非常に有効です。

※1【ドコモの定める三親等】


引用:ドコモ公式サイト「 ファミリー割引

※2【ソフトバンクの定める家族の例】


引用:ソフトバンク公式サイト「 みんな家族割+

セット割を適用するには、光回線のオプションサービスに加入する必要があるため月額利用料がかかる場合があります。

オプション料金は、セット割が適用されるスマホの台数に関係なく、1つの光回線に対してだけ支払います。そのため、適用されるスマホが1台であっても10台であっても、オプション料は変わらないので、適用される台数が多いほど割引額が大きくなります

スマホのキャリア別のおすすめの光回線

セット割が適用できる光回線は、スマホのキャリア別に決まっています。
以下をご確認ください。

【スマホのキャリア別のセット割が適用される光回線の一覧】

スマホのキャリア セット割が適用可能な光回線
ドコモ ドコモ光
ソフトバンク ソフトバンク光
NURO光
au auひかり
auひかり ちゅら
So-net光 プラス
ビッグローブ光
@nifty光
@T com ヒカリ
ひかりJ
コミュファ光
eo光
メガ・エッグ光
ピカラ光
BBIQ光

上表のように光回線には様々な種類があります。ですが、NTTのフレッツ光やKDDIのauひかり、NURO光、電力系会社の光回線(コミュファ光、eo光、メガ・エッグ光、ピカラ光、BBIQ光)以外は、すべて光コラボレーションと呼ばれるサービスです。

光コラボレーションとは、販売元の光コラボ事業者が、NTTから借りている光回線「フレッツ光」に独自のサービスを付加し、自社のブランドとしてNTTの光回線を販売することです。

そのため、光コラボレーションの場合、どの事業者と契約してもNTTのフレッツ光と同じ品質で通信できます。

光回線を選ぶ際、auユーザーとソフトバンクユーザーは、セット割を適用できる光回線が複数あるため、選ぶ際にはよく比較しないと損をするおそれがあります。
そこで、キャリア別におすすめの光回線をピックアップしましたので参考にしてください。

ドコモユーザーならドコモ光

ドコモのスマホを利用している場合は、ドコモ光でのみセット割を適用できます。ドコモ光を契約する際に必要な料金は下記のとおりです。

【ドコモ光の料金】

かかる費用 マンション 戸建
初期費用
(新規申込)
契約事務手数料 3,000円
工事料 15,000円 18,000円
月額料金
(プロバイダ タイプAの場合)
4,000円 5,200円

なお、初期費用が高く感じますが、現在ドコモ光では「ドコモ光新規工事料無料特典」という、工事料が無料になるキャンペーンを行っています。それにより、初期費用は契約事務手数料の3,000円のみとなります。

【ドコモ光新規工事料無料特典】

引用:ドコモ光公式サイト「ドコモ光新規工事料無料特典

実際にドコモ光を契約した場合、毎月の通信費の総計は今までよりどのくらい安くなるのかを下表にて計算しました。

【大容量プランのみから、光回線と小容量プランに変更したときの差額(ドコモ)】

料金プラン ギガホ
(30GB)
ギガライト
(~3GB)
差額(1ヶ月)
データ容量 6,980円 3,980円 2人家族の場合:6,000円
4人家族の場合:12,000円
ドコモ光セット割 500円割引 2人家族の場合:1,000円割引
4人家族の場合:2,000円割引
ドコモ光
(マンション)
4,000円 -4,000円
合計金額 6,980円 7,480円 2人家族の場合:3,000円
4人家族の場合:10,000円
安くなる!

マンションに住んでいる人が、大容量プランから、小容量プランと光回線に変更した場合、年間で2人家族なら36,000円、4人家族なら120,000円も節約できます。もし光回線の月額料金が高い戸建タイプの場合でも、2人家族で年間21,600円、4人家族で年間105,600円も今より通信費を抑えられます。

ドコモ光セット割を適用するには申込は必要なく、条件が満たされれば自動で割引されます。
ただ、ドコモ光セット割の適用条件がファミリー割引」グループ内で、「ドコモ光」の契約が1回線以上ある場合のため、ファミリー割引を利用していない場合は申し込むのを忘れないようにしましょう。

ドコモ光のファミリー割引についての詳細はこちらをご確認ください。

ソフトバンクユーザーならNURO光

ソフトバンクユーザーならNURO光がおすすめです。
NURO光は、下り最大通信速度が2Gbpsあるので、大人数でWi-Fiに同時接続しても快適にインターネットを楽しめます。

また、無料でレンタルされるホームゲートウェイ(ONU)に、高速無線LAN機能(Wi-Fiルーター)が付いています。
そのため、Wi-Fiルーターを自分で用意する必要がありません。なお、ホームゲートウェイは設定不要のため、機械の裏に書いてあるWi-Fiのパスワードさえ入力すれば、開通後すぐにWi-Fiを利用できます

加えて、NURO光はソフトバンク光より月額料金が安いです。マンションタイプの場合なら1,300円、戸建タイプなら457円の差があります。NURO光の料金は以下の表を参考にしてください。

【NURO光の料金一覧】

かかる費用 NURO 光G2V
(戸建、マンション)
NURO 光 for マンション
(マンション)
初期費用
(新規申込)
契約事務手数料 3,000円
工事費 40,000円
(36ヶ月分割)
NURO 光でんわ 回線工事費 3,000円
月額料金 基本料金 4,743円 1,900円~2,500円
NURO 光でんわ 北海道・関東:500円
東海・関西・九州: 300円

マンションの場合は、物件によって申し込めるプランが異なり、NURO 光 for マンションを申し込めない物件の場合は、NURO 光G2Vを選ぶことになります。そのため、マンションに住んでいる場合は、自宅が料金の安い「NURO 光 for マンション」プランに対応しているかをこちらから確認してください。

「NURO 光G2V」、「NURO 光 for マンション」どちらのプランでも、基本工事費40,000円実質無料の特典があるため、実質工事費無料で利用できます。実際にNURO光を契約した場合、毎月の通信費の総計は今までよりどのくらい安くなるのかを下表にて計算しました。

【大容量プランのみから、光回線と小容量プランに変更したときの差額(ソフトバンク)】

料金プラン ウルトラギガモンスター+
(データ定額 50GBプラス)
ミニモンスター
(~2GB)
差額(1ヶ月)
データ容量 7,480円 5,980円 2人家族の場合:3,000円
4人家族の場合:6,000円
NURO 光 for マンション
(光電話代込み)
3,000円 -3,000円
おうち割 光セット 1,000円割引 2人家族の場合:2,000円割引
4人家族の場合:4,000円割引
合計金額 7,480円 7,980円 2人家族の場合:2,000円
4人家族の場合:7,000円
安くなる!

大容量プランから、小容量プランとNURO 光 for マンションに変更した場合、年間で2人家族なら24,000円、4人家族なら84,000円も節約できます。NURO光でおうち割 光セットを適用するには、「NURO 光でんわ」の加入(500円/月)が必要です。おうち割 光セットの申込方法は下記のとおりです。

【NURO光からおうち割 光セットの申込方法】

  1. NURO 光申し込み時に「オプション選択」で「NURO 光 でんわ」を申し込む。
  2. NURO光 でんわ おうち割 光セット確認書」を記入し、NURO光へ送付する。
  3. NURO光 でんわ開通後、ソフトバンクショップに行き、「NURO光 でんわ おうち割 光セット確認書」と、「固定電話番号」の情報を申請する。

ただし、NURO光はサービス提供エリアが限られています。
サービス提供エリアは以下の19都道府県のみです。

【NURO光のサービス提供エリア】

[北海道]北海道
[関東]東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
[東海]愛知、静岡、岐阜、三重
[関西]大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
[九州]福岡、佐賀

NURO光ホームページで郵便番号を入力すれば、自宅がサービスエリア対象なのか、どのプランに対応しているのかを調べられます。

NURO光が対応していない地域に住んでいる場合はソフトバンク光

NURO光が対応していない場合はソフトバンク光にしましょう。ソフトバンク光は、NTTの光回線を使っている光コラボレーションなので、NURO光よりもサービスエリアが広いです。ソフトバンク光のおうち割 光セットは、以下のうち、3点セットで月額500円となるため、選択項目でどちらかを選ぶ必要があります。

【おうち割 光セットの内訳】

<必須>

  • 光BBユニット(通常467円):高速通信のできるIPv6通信が可能になるルーター
  • Wi-Fiマルチパック (通常990円):光BBユニットのWi-Fi機能を有効にするオプション

<選択>

  • 光電話(通常467円)
  • BBフォン(無料):IP電話(050~)

もし固定電話が必要ない場合は、BBフォンを選びましょう。

なお、おうち割 光セットは申し込みが必要です。ソフトバンク光とスマホの契約者が同じ場合なら My SoftBank から申し込むことができます。異なる場合はソフトバンクショップで申し込めます。

ソフトバンク光は、通常は立ち会い工事費が24,000円かかりますが、こちらの正規代理店から申し込むと、現金30,000円のキャッシュバックを貰えます。公式サイトから申し込むと、新規契約の場合は工事費相当額の負担や割引などがありません。
有料オプションの加入なども不要なので、ぜひこちらからソフトバンク光に申し込むのをおすすめします。


引用:ソフトバンク光正規代理店STORY

auユーザーにおすすめの光回線

Auユーザーは、auスマートバリューを適用できる光回線の選択肢が多いです。
そこで、キャンペーンの割引やキャッシュバック金額、工事費などの初期費用を含んだときの総計が一番安い光回線(5年間利用した場合)を計算し、3つに絞りました。

【auスマートバリューが適用できて料金も安い光回線】

住居タイプ おすすめの光回線 平均月額料金
戸建 大阪、京都、兵庫、奈良、
和歌山、滋賀、福井に住んでいる人 : eo光
4,627円
上記以外の人 : So-net光 プラス 5,026‬円
集合住宅 @T comヒカリ 3,787円

戸建では、eo光が最も料金が安いですが、eo光は関西電力の光回線を利用しているため、サービス提供エリアが近畿二府四県+福井県に限られています。eo光の月額料金などの詳細はこちらから、サービスエリア内かどうかはこちらから確認できます。

なお、eo光にはWi-Fiルーターのレンタルが1年間無料のキャンペーンがあります。また、2年目からもレンタル代が税込105円と安めの設定なので、機械などよくわからない場合はルーターをレンタルするのが良いでしょう。eo光は初期設定サポートが充実しているので設定などが苦手な場合でも安心です。

【eo光の初期設定サポート】


引用:eo光公式サイト「光ファイバーのeo(イオ) eo光ネット(戸建て向け)

また、eo光ではauスマートバリューに新規加入すると、最大10,000円分のキャッシュバッククーポンをもらえるキャンペーンがあります。Auスマートバリュー申し込み後、専用フォームからの申し込みが必要なので、忘れないようにしましょう。
【eo光のauスマートバリュー新規加入でもらえるキャッシュバッククーポン】

引用:eo光公式サイト「 eo光でスマホが安くなる!!

So-net光 プラスは、So-netのレンタルルーターを光回線と同時申込すると、月額料金が永年無料(通常400円)になります。ルーターは、最新のWi-Fi規格や高速通信のできるIPv6(IPoE接続)対応なので、性能も申し分ありません。また、訪問設定サポートが1回無料なので、設定に困ったときも心強いでしょう。

So-net光 プラスの月額料金の詳細はこちらから確認できます。

マンションなど集合住宅の場合は、@T com ヒカリが安いです。ただWi-Fiルーターのレンタルなどがないので、ルーターは自身で用意する必要があります。なお、@T com ヒカリは高速通信のできるIPv6 IPoE通信に対応していますが、こちらから申込が必要です。

紹介した3つの光回線の中で最も料金の高いSo-net光 プラスと契約した場合、どれだけ今より通信費が安くなるのか下表にて計算しました。

【大容量プランのみから、光回線と小容量プランに変更したときの差額(au)】

料金プラン auデータMAXプランPro
(データ容量上限なし)
auフラットプラン7プラスN
(~7G)
差額(1ヶ月)
データ容量 8,980円 4,565円 2人家族の場合:8,830‬円
4人家族の場合:17,660‬円
auスマートバリュー 1,000円割引 2人家族の場合:2,000‬円割引
4人家族の場合:4,000円割引
So-net光 プラス
平均月額料金
5,026‬円 -5,026円
合計金額 8,980円 9,145‬円 2人家族の場合:5,804‬円
4人家族の場合:16,634‬円
安くなる!

2人家族なら年間69,648円‬、4人家族なら年間199,608円も今より節約できます。Auスマートバリューの割引額だけでも、4人家族の場合48,000円も減ずるので、忘れずに申し込みましょう。

auスマートバリューの申込方法は、以下のとおりです。

【auスマートバリューの申込方法】

auスマートバリューに申し込むスマホの数 申込方法
4回線以内 My au
電話
連絡先:総合案内(9時~20時)
auスマホ:157、一般電話:0077-7-111
auショップ
5回線以上 auショップ

なお、eo光はMy auから申し込めないので、電話かauショップで手続きしてください。
@T COM ヒカリ利用者がMy auから申し込む場合は、「固定通信サービス情報」に「コミュファ光・ケーブルテレビサービス・ひかりJ」を選択しましょう。
auショップで手続きを行う際、持ち物などの詳細はこちらから確認できます。

光回線を引くのが難しい人はモバイルWi-Fiを使う

大家の許可が下りなくて光回線の工事ができない、立ち会い工事をする暇がないなどの理由から光回線を引くのが難しい場合は、モバイルWi-Fiがおすすめです。

モバイルWi-Fiは、専用の端末が受信した電波を使ったインターネット回線なので、光回線と違い持ち運びができるため、外出先でも利用できます。そのため、通信量無制限のモバイルWi-Fiを利用すれば、外出先でもスマホのギガを消費しないので、契約プランを変更することで通信費の節約ができます。

おすすめのモバイルWi-FiはNEXT mobile

固定回線としてモバイルWi-Fiを利用するなら、通信制限がない「NEXT mobile」が最適です。NEXT mobileを、同じく通信制限のない、「どんなときもWiFi」と比較しました。

【通信容量無制限のモバイルWi-Fiの比較】

モバイルWi-Fi 月額利用料 最大通信速度
NEXT mobile 3,100円
2年間の合計金額:74,400円
下り:150Mbps
上り:50Mbps
どんなときもWiFi 3,480円
2年間の合計金額:83,520円

上記の表をみると、NEXT mobileが2年間ではオプション料込みで計81,200円となり、どんなときもWiFiより7,700円も安いです。ただし、どんなときもWiFiは、大手キャリア3社(ドコモ・ソフトバンク・au)のLTE回線を使える(※)ため幅広いエリアで通信できることや、海外でもそのままWi-Fiを使えることが魅力です。

家で固定回線として使うだけの利用なら必要ない機能かと思われるので、月額料金の安いNEXT mobileをおすすめします。
(※NEXT mobileは、ソフトバンク回線のみ)

なお、最大通信速度150Mbpsに関して、光回線の1Gbpsと比較すると数値が低く感じるかもしれませんが、通信容量のかかる行為である動画視聴をする場合でも、huluでは3Mbps、YouTubeの高画質動画では5Mbps程度あれば再生できます。そのため、大抵のことは問題なくインターネットを利用できるでしょう。ただし、モバイルWi-Fiは無線通信のため応答速度(Ping値)が速くないので、オンライン対戦ゲームなどをする場合はラグが大きくプレイしにくいおそれはあります。


引用:NEXT mobile

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!