閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

auひかりの料金が高いときの見直しポイント

auひかりの料金が高いと感じるときは、契約プランやオプションを見直すか、他のインターネット回線に乗り換える方法で解決しましょう。

auひかりの戸建ての月額基本料金は5,100円、マンションは4,000円前後に設定されており、それ以上は安くはなりなりません。auひかりの請求金額が月額基本料金よりも高い場合は、プランの見直しで月額基本料金が最大1,700円安くなり、不要なオプションサービスを解約することで最大3,734円安くなります。

一方で、auひかりの月額基本料金がそもそも高いと感じている方は、ホームルーターやモバイルWi-Fiに乗り換えるなど、インターネット回線を見直すことで安くできます。

auひかりの月額料金は他の光回線と同等

光回線を提供している各社の月額料金の相場を見てもらえれば、auひかりの月額基本料金が平均的であることがわかります。下記の表をご覧ください。

■光回線別の基本料金の相場

ネット回線名 戸建て月額基本料金の相場 マンション月額基本料金の相場
auひかり 5,100円 3,400~4,300円
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
フレッツ光 5,200円 3,350~4,350円
NURO光 4,743円 1,900~2,500円

戸建て月額基本料金はどの光回線も5,000円前後、マンションの月額基本料金が4,000円前後に設定されているため、auひかりの料金と大きく変わりません。ただしフレッツ光だけはプラスでプロバイダ料金が500~1,000円ほど加算されるため、他の回線より少し高いです。
また、NURO光は光回線の中で最も基本料金が安く、特にマンションタイプの料金が2,500円と安さが目立ちます。しかし、NURO光が導入されているマンションはまだ少ないので、利用できないケースもあります。もし利用できる環境にあれば迷わずNURO光を検討しましょう。
詳しくはこちらをご覧ください【NURO光とauひかりを比較!安くて速い光回線はどっち?

auひかり月額基本料金の見直しをする

auひかりの月額基本料金は、プランによって1,100~1,700円の差が生まれます。auひかり戸建ての最安値プランは「ずっとギガ得プラン」、マンションは「お得プランA」です。誰でも利用できるプランのため、最安値プランを契約していない場合、プランの変更を検討してください。

auひかり戸建ての料金プランを見直す

auひかり戸建てプランは3種類あり「ずっとギガ得プラン」「ギガ得プラン」「標準プラン」の中から選ぶことができます。

プラン名 1ギガ
月額基本料金
5ギガ
月額基本料金
10ギガ
月額基本料金
ずっとギガ得プラン 5,100円 5,100円 5,880円
ギガ得プラン 5,200円 5,700円 6,480円
標準プラン 6,300円 6,800円 7,580円

auひかりで最も利用されている「auひかりホーム1ギガ」の月額基本料金は、ずっとギガ得プランで5,100円と最も安く、続いてギガ得プランが5,200円となり、最も高いのが標準プランの6,300円です。auひかりホーム1ギガで標準プランからずっとギガ得プランに変更することで月額1,200円安くなります。

auひかりホーム1ギガ以外にも、通信速度が従来の5倍速いauひかりホーム5ギガと、10倍速いauひかりホーム10ギガも提供されています。ただし、利用できる地域は東京、神奈川、埼玉、千葉と限定されています。
auひかりホーム5ギガや10ギガで「標準プラン」を契約している場合、「ずっとギガ得プラン」に変更するだけで月額1,700円安くなります。

ずっとギガ得プランに変更しても問題ないか

auひかりの3つある戸建てプランは、月額基本料金だけでなく違約金の額も異なります。「ずっとギガ得プラン」は違約金が15,000円と最も高いですが契約変更して問題ありません。なぜなら契約更新期間内に解約すれば違約金が発生しないからです。
また、他社に乗り換える際に違約金が発生した場合でも、各社が行っているキャッシュバックキャンペーンを利用することで違約金をまかなえます。

【auひかりプランの違い】

プラン名 契約期間の縛り 違約金
ずっとギガ得プラン 3年 15,000円
ギガ得プラン 2年 9,500円
標準プラン なし なし

「ずっとギガ得プラン」は、3年間の長い契約期間が設けられている代わりに月額料金を最も安く設定されています。ただし、3年の契約更新期間以外のタイミングで解約すると違約金が15,000円かかります。

契約更新期間とは、解約しても違約金が発生しない期間です。たとえばauひかりずっとギガ得プランを2020年1月に利用開始した場合、3年後の2023年1月と2月が契約更新期間となります。更新期間を忘れてしまわないように、普段から利用しているWEBカレンダーにメモしておくと良いでしょう。

「ギガ得プラン」は2年間の契約期間が設けられている代わりに月額料金が標準プランよりも安く設定されています。ただし、2年の契約更新期間以外のタイミングで解約すると9,500円の違約金が発生します。
契約更新期間の考え方は「ずっとギガ得プラン」と同じで、期間3年が2年になるだけです。

「標準プラン」は契約年数の縛りがなく、いつ解約しても違約金は発生しません。その反面、月額料金が3つのプランの中で最も高いです。

auひかりマンションの料金プランを見直す

auひかりマンションは、2年契約縛りの「お得プランA」か、契約期間の縛りのない「標準プラン(契約期間なし)」の2つを選ぶことができます。

【プラン変更で安くなるマンションタイプ】

プラン名 タイプGの基本料金 都市機構Gの基本料金
お得プランA 4,300円 4,300円
標準プラン 5,400円 5,400円

auひかりのプランを変更して料金が安くなるのは、8種類あるマンションタイプの内、タイプGと都市機構Gに加入している2つの集合住宅のみです。
タイプGと都市機構Gで標準プランから、お得プランAに変更することで1,100円お得に利用することができます。ただし、2年の契約更新期間以外のタイミングで解約すると7,000円の違約金が発生します。

その他の6つのマンションタイプは、お得プランAにしても料金は据え置きなので安くなりません。その代わり月額400円の「おうちトラブルサポート」というサービスが無料で利用できます。

基本料金の安いインターネット回線に乗り換えるか見直す

auひかりなど光回線の基本料金がそもそも高いと感じられている方は、ホームルーターやモバイルWi-Fiへの変更を検討してみてください。ただし光回線よりも通信速度が安定していないため、インターネットの利用頻度が低い人に向いています。

家族で利用するならSoftBank Airがおすすめです。
参考記事【通信量無制限のホームルーターを比較

一人で使うならモバイルWi-Fiがおすすめです。
参考記事【一人暮らしのモバイルWi-Fiは通信制限なしの「どんなときもWiFi」がおすすめ

auひかり月額基本料金よりも高い場合はオプションを見直して安くする

auひかりの料金が高い要因として、不要なオプションを契約している可能性もあります。オプションの契約内容をすべて解約することで料金が最大3,734円安くなります。

■各オプション月額料金

  1. auひかり・ひかり電話 月額500円
  2. auひかり・ひかりテレビ&接続機器 月額1,134円
  3. auひかり・おうちトラブルサポート 400円
  4. auひかり・無線LANレンタル 500円
  5. プロバイダのサポートサービス 800円
  6. 請求書発行 200円
  7. 窓口支払い 200円
    合計 3,734円

月額料金が発生するオプションは7つあり、解約しても良いか1つずつ検討していきましょう。

auひかり電話を見直す

auひかり電話を契約すると月額500円の料金が発生します。
固定電話は使わず携帯電話ですべて対応できるなら、ひかり電話は不要となるので解約しても問題ないです。
ただし、auスマートバリューという携帯電話料金の割引特典を受けている方はauひかり電話を解約してはいけません。auスマートバリューの適応条件として、ひかり電話の契約が必須となっているからです。

auスマートバリューを確認する

auスマートバリューはauの携帯電話の契約をしている人だけが受けられる割引特典です。au携帯電話1台につき月額料金500円~最大2,000円が割引されます。

【auスマートバリュー割引特典内容】

プラン名 月額割引金額
ピタットプラン 5G 1GB超~7GBまで月500円割引※1GBまでは割引なし
ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)
データMAX 5G 月1,000円割引
データMAX 5G Netflixパック
auデータMAXプランPro
auデータMAXプラン Netflixパック
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auピタットプランN(s) 2GBまで月500円割引
2GB超~20GBまで月1,000円割引
データ定額1(ケータイ) 最大2年間、月934円割引
データ定額2/3(ケータイ) 月934円割引
データ定額10/13(ケータイ) 月2,000円割引
タブレットプラン20 月1,000円割引

au携帯電話のプランで、ピタットプランの通信データ量1GBまでの契約をしている場合、auスマートバリュー適用外となり、割引を受けられません。割引を受けられなければ金銭的なメリットがなくなるため、auひかり電話が不要な方は解約を検討してください。

auスマートバリューの割引特典を受けられるのであれば、auひかり電話を継続しましょう。たとえ最低額の500円だったとしても、ひかり電話の月額料金500円を相殺できるので、実質無料で導入できます。

auひかりテレビを見直す

auひかりテレビはアニメやスポーツ番組、ドラマや音楽番組などが楽しめる映像サービスです。

サービス名 月額利用料金
ミュージックセレクトパック 634円
プラチナセレクトパック 1,980円
プレミアムチャンネル 1,000円~

auひかり以外に、ひかりテレビのオプションを契約した場合、光回線の基本料金とは別に634円~1980円の費用が発生します。また、auひかりテレビの月額料金とは別に接続機器セットトップボックスの月額レンタル料金500円が発生します。
auひかりテレビの月額料金と接続機器の料金を合計すると1,134円~2,480円が毎月かかります。auひかりテレビサービスの利用頻度が少ない方は解約を検討してみましょう。違約金が発生することもないため注意すべき事項もありません。

地デジが見れなくなる心配はない

auひかりテレビは地デジに対応していません。そのためauひかりテレビを解約したからといって地デジが見られなくなる事はありません。
戸建てで今まで地デジを見ていた方は、屋根にアンテナを立てていたか、ケーブルテレビを利用してみていたので、地上波の番組は継続して見ることができます。
マンションやアパートであれば地デジを見る環境が建物自体に備わっていることがほとんどなので問題ありません。

auひかりのサポートサービスは必要か

auひかりの有料サポートサービスは2つあります。
・おうちトラブルサポート月額400円
・かけつけ設定サポート1回6,800円~

どちらのサポートも、自力で対応できる方にとっては不要なサービスです。

おうちトラブルサポート

おうちトラブルサポートは光回線に直接関係にないサポートで、水まわり、電気設備、ガス設備などのトラブルに対応してくれるものです。
月額400円で年間4,800円かかるため、一年に1回以上利用するのであれば得もありそうですが、そうでない場合はメリットがあるとは言い難いです。
なぜなら、おうちトラブルサポートは設備の部品交換が必要な場合や、60分程度の応急修理を超える場合は、別途料金が発生するからです。
たとえば、蛇口から水漏れが発生した場合、ねじを締めなおして直る程度であればサポート適用範囲ないですが、部品の交換や特殊な作業を要する場合は、おうちトラブルサポートの適用範囲外となり、別途料金が発生するという具合です。
新しい家でしたらトラブルも少ないので不要でしょうし、少しぐらいの不具合であれば自分で直せる人も不要なサポートなので解約してしまいましょう。
詳細はこちら【おうちトラブルサポート

かけつけ設定サポート

かけつけ設定サポートは、自宅に専門スタッフが来てインターネットの接続設定を行うサポートサービスです。
料金の内訳はWi-Fiでインターネット接続を依頼する場合、パソコン1台目9,500円で2台目以降が4,000円です。ちなみに、スマホやタブレットをWi-Fiでインターネット接続する場合の料金は2,800円です。
有線接続の場合は、1台目が6,800円で2代目以降は2,800円です。
インターネットの接続設定は、はじめての方でもマニュアルがあるので自力で対応できるようになっています。かけつけ設定サポートは安いわけではないので、自分でやってみてどうしてもダメなら、利用するスタンスが良いです。

プロバイダのサポートサービスは必要か

プロバイダが提供するサポートサービスとして遠隔操作とセキュリティの2つがあります。

  • 遠隔操作サポート(安心トータルサポート)500円
  • セキュリティサービス(安心ネットフィルター)300円

※auひかり提供プロバイダ「au one net」の料金

契約しているプロバイダによって遠隔操作サポートやセキュリティサービスの料金は異なりますが、合計で毎月800円ぐらいが相場となっています。

遠隔操作サポートの見直し

遠隔サポートは、パソコン初心者向けのサービスなので、日常的にパソコンを使っている人には不要なサービスです。

遠隔操作サポートはパソコン設定の相談や遠隔操作による設定代行をしてくれるサービスですが、利用イメージがわかなかったためauひかりが提供するプロバイダau one netに確認しました。auひかり窓口問い合わせたところ、セキュリティソフトの設定や年賀状ソフトの使い方、MicrosoftのWordやExcelの操作方法など多岐にわたっているようです。もう少し詳しく聞きたかったのですが、サポートの作業量や回数については教えてもらえませんでした。
遠隔操作サポートの契約をするなら、具体的にサポートしてほしいことが出てきてからでも遅くありません。具体的にサポートしてほしい内容が決まっているようでしたら、対応可能な範囲なのか確認してから申し込みしましょう。

セキュリティサービスの見直し

au one netのセキュリティサービス(安心ネットフィルター)は、パソコンをウィルスから守ってくれるサービスです。

ウィルスに感染すると、パソコン内の個人情報を盗まれてしまうなど危険があるため、セキュリティサービスは解約しないほうが良いです。ただし、プロバイダのセキュリティサービスを毎月300円で2年間利用するよりも、市販されているウィルスソフトを利用したほうが安いです。たとえば、パソコンへの負荷の少ない良質な市販のセキュリティソフト「ESET」でも6,000円で3年利用できるため、購入したほうが安いです。

無線LANサービス

auひかりの無線LANルーターは無料レンタルできる場合と、そうでない場合があります。
無料レンタルできている家であれば特に問題ないのですが、auひかりの無線ルーターを毎月500円で使っている場合は、解約を検討しましょう。
なぜなら市販で売っている無線LANルーターを購入したほうが安く済むからです。
たとえば、8,000円の無線LANルーターを購入したとしても、auひかりの無線LANに毎月500円払い続けたら1年と4か月で購入できてしまう金額です。
1年以内にインターネットを解約するという予定がなければ、無線LANルーターの購入することを推奨します。

請求書と支払い方法を見直す

auひかりから紙で請求書が送られてくる場合、月額200円の料金がかかっています。
紙の請求書がどうしても必要な場合でも、WEB上で請求書を確認することもダウンロードすることもできますので、解約して問題ありません。

また、支払い方法を郵便局やコンビニの窓口払いにしている場合、別途月額200円かかります。
支払い方法を口座引き落としか、クレジットカード払いにしておくことで、月額200円安くなります。

クレジットカードの支払いでポイントをためる

クレジットカードの支払いの場合、ポイントが貯まるのでメリットはより大きくなります。クレジットカードをお持ちでない方はauが提供するau PAYカードを検討してみてください。au PAYカードのメリットとしては、ポイント還元率が1%と高いところにあります。日本で多く発行されている三井住友VISAカードやJCBカードのポイント還元率は0.5%なので2倍のスピードでポイントが貯まります。
200円で2ポイントが付与される仕組みで1ポイント1円の価値があります。
貯まったポイントはau利用料金に充当することもできるため料金を安くすることができます。
より詳しくはこちら【au WALLETクレジットカードの特徴

auひかりおすすめNo.1窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

最大135,500円大幅還元!
この窓口の人気のヒミツは最大73,000円のキャッシュバック!Web代理店で申込む魅力は、公式サイトにはない代理店独自のキャンペーンがあるんです!auひかりは月額は他回線に比べても格安なため、新規でもお乗換えでも人気の高い回線です!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事