閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドコモ光の契約内容の確認・変更方法と料金の見直しポイント

ドコモ光の契約内容の確認・変更は、ドコモショップ、会員サイトのMy docomoドコモ インフォメーションセンター(0120-800-000)のいずれかで手続きできます。ドコモ光の契約内容の確認や変更手続きの際には、必要なものがあるので問い合わせ前に確認しておきましょう。
また、ドコモ光の契約内容を確認し、料金が高いと感じた場合に見直すべきポイントをまとめたので参考にしてください。

ドコモ光の契約内容を確認・変更する方法

ドコモ光の契約内容を確認するには、My docomoとドコモ インフォメーションセンター(電話)、ドコモショップの3つの方法を利用できます

My docomoやドコモ インフォメーションセンター、ドコモショップでは、契約者の基本状況、ドコモ光の契約内容、料金・割引サービスについて確認できます。その他にも、ドコモスマホ・携帯電話の料金プランや契約中のオプションについても確認・変更が可能です。

【ドコモ光の各種手続きと受付窓口】
可能な手続き 受付窓口
・料金明細書の発行
・契約者の氏名、会社名の変更
・移転(引っ越し)手続きの申し込み
・ドコモが提供する映像サービスの申し込みと解約
・料金・割引サービスの確認
(毎月の請求金額、適用中の割引サービスや申し込み状況)
・ドコモ光の契約内容の確認
(支払い方法、契約中のプラン、プロバイダ名、最大通信速度、オプションの契約状況)
・契約者の基本情報の確認
(ドコモ光の契約ID、契約者氏名、住所、電話番号、ドコモ光の設置住所、電話番号、請求書などの送付先住所、dポイントクラブの情報)
My docomo
ドコモ インフォメーションセンター(0120-800-000)
ドコモショップ
・ドコモ光の契約住所変更
・ドコモ光のプロバイダ変更
・ドコモ光の解約、事業者変更
・「ドコモ光 10ギガ」への料金プラン変更
・ドコモ光電話・ドコモ光テレビオプションの解約
ドコモ インフォメーションセンター(0120-800-000)
ドコモショップ
・ドコモ光の名義変更(契約者変更) ドコモショップ

手続きの内容についての詳細は以下の記事を参考にしてください。

【関連記事】

・ドコモ光の料金明細書の発行手続きや利用料金の確認方法
「ドコモ光の料金の確認方法と明細書の発行方法」
・ドコモ光の引っ越し手続きについて
「引っ越し先でドコモ光を使う最短の方法と必要な費用」
・ドコモ光の解約手続きについて
「ドコモ光の解約方法と注意点」

ドコモ光のペア回線(ドコモ光と紐づけたドコモのケータイ回線)を設定していない場合、My docomoでドコモ光の契約内容を確認できません。そのため、ペア回線を設定していない人は、ドコモ インフォメーションセンターもしくはドコモショップで手続きを行ってください。ドコモ光の支払い料金は、ペア回線を設定していなくてもMy docomoにて確認できます。

なお、上記の問い合わせ先では、ドコモ光のプロバイダの契約内容に関しては確認や変更ができません。プロバイダの契約内容を確認・変更したい人は、プロバイダの会員ページまたはお客様サポートを利用してください

プロバイダの会員ページなどは、ドコモ光契約時にプロバイダから届いた書類で確認しましょう。

My docomoでのドコモ光の契約内容の確認方法

ドコモ光は、ドコモのケータイ回線と契約情報が紐づけられているため、My docomoからドコモケータイのdアカウントでログインすると、ドコモ光の契約内容を確認できます

【My docomoでのドコモ光の契約内容の確認方法】
  1. インターネットでMy docomoにアクセスする / My docomoアプリからログインする
  2. dアカウントもしくはドコモの回線認証を利用してログインする
  3. 「ご契約内容の確認・変更」を選択する
  4. 「ドコモ光の確認・変更」を選択する

My docomoは、通信する電波の種類によってログイン方法が異なります。Wi-Fi接続時には、ドコモ光と紐づけている携帯回線のdアカウントでログインします。ドコモのスマホや携帯電話のLTE回線や5G回線での接続時には、ネットワーク暗証番号が求められるので、4桁の数字を入力してください。

dアカウントのIDやパスワードが不明な人は、「ID/パスワードをお忘れの方・ロックがかかってしまった方」をご覧ください。

ネットワーク暗証番号が不明な人は、ドコモ インフォメーションセンターへ電話して設定中の番号の確認、もしくはドコモショップで再発行しましょう。
ドコモ インフォメーションセンターで確認する場合、郵送での通知になるため、ネットワーク暗証番号を確認するまでに数日かかります。急ぎの場合にはドコモ インフォメーションセンターで番号を確認するのは注意しましょう。
なお、ドコモショップでネットワーク暗証番号を再発行するには、ドコモ光の契約者情報を確認するため本人確認書類が必要です。本人確認ができないと契約確認・手続きを行えないので忘れずに持っていきましょう。

My docomoはこちらからアクセスできます。
なお、ドコモ光の料金は、ペア回線に設定したドコモのケータイ料金との合算請求となっています

My docomoアプリを利用すると毎回のログインが不要になる

My docomoは、無料の公式アプリもあります。アプリでもサイトでも確認や変更できる内容は同じですが、アプリだと下記の機能を利用できます

【My docomoアプリの機能】
  • My docomoアプリ起動時にログイン不要
  • 1つのアプリで複数アカウントの利用状況を確認できる
  • Android端末のホーム画面やiOSの通知センターにウィジェットを設置可能(ドコモ回線の通信量や利用料金を一目で確認できるようになります)

ログインが不要になるとセキュリティ面で懸念もありますが、My docomoアプリでは4桁のパスコードを設定できます。

My docomoアプリを使用できる端末は、スマートフォンやタブレットなどです。Android™ OS(5.0~5.1、6.0、7.0~7.1、8.0~8.1、9.0、10.0搭載したドコモのスマートフォン・タブレット、iOS 12.0以上を搭載したドコモのiPhone、iOS 12.0~12.4およびiPadOS 13.1以上を搭載したドコモのiPadがMy docomoアプリに対応しています。

My docomo公式アプリのダウンロードはドコモ公式サイトから行えます。

ドコモ インフォメーションセンターでのドコモ光の契約内容の確認方法

ドコモ インフォメーションセンター(電話窓口)の連絡先は以下です

【ドコモ インフォメーションセンター】

ドコモスマホ・携帯電話からの電話番号:(局番なし)151
一般電話からの電話番号:0120-800-000
スキップ番号:7→1→5
受付時間:9時~20時まで、年中無休(年末年始を除く)

ドコモ インフォメーションセンターでは、自動音声にしたがってスキップ番号を入力すると、ドコモ光のオペレーターと通話できます。オペレーターと通話が繋がった後に、確認したいことや変更したいことを伝えれば、契約内容を調べてもらえます。

ドコモ インフォメーションセンターで契約内容を変更するときに必要なもの

ドコモ インフォメーションセンターで契約内容を変更する際、ドコモ光とドコモの携帯電話を紐づけている場合は、携帯電話番号とネットワーク暗証番号が必要です
ドコモの携帯電話を契約していない場合は、ドコモ光の契約ID(お客様ID)を事前に用意しておきましょう。ドコモ光の契約IDは、以下の11桁または13桁の英数字です。

【ドコモ光の契約ID】
  • CAF + 10桁の数字
  • COP + 8桁の数字
  • CAT+8桁の数字

ドコモ光の契約IDは、My docomoの契約者情報、またはドコモ光の申込後に自宅に送られてくる「開通のご案内」に記載されています。
My docomoで契約IDを確認するには、My docomo「ご契約内容の確認・変更」→「ドコモ光の確認・変更」と操作してください。「基本ご契約情報」のところに契約IDが表示されています。
オペレーターとのやりとりをスムーズにするために、ドコモ インフォメーションセンターに電話をかける前に契約IDもしくはネットワーク暗証番号を確認しておきましょう。

ドコモショップでドコモ光の契約内容を確認する

ドコモショップでドコモ光の契約内容を確認する場合、ドコモ公式サイトから「来店予約」をしてからショップに向かいましょう。事前に予約してから行くことで、優先的に案内してもらえるので待ち時間を短縮できます。
ドコモ公式サイト「来店予約」

ドコモショップでの契約内容の変更に必要なもの

ドコモショップで契約内容を変更するには、本人確認書類、支払い手続きに必要なクレジットカードや銀行通帳などが必要です。(コピー不可

【ドコモ光の契約内容の変更に必要な本人確認書類】
区分 本人確認書類
個人(成人) ・運転免許証、または、マイナンバーカード
個人(未成年者) ・運転免許証、または、マイナンバーカード
・親権者の同意書
・親権者の運転免許証、または、マイナンバーカード
法人 ・来店者の運転免許証、または、マイナンバーカード
・委任状、社員証、名刺のいずれか
・登記簿謄(抄)本、または、印鑑証明書

ドコモ光の名義変更をするには、現在の契約者と、名義変更後の契約者の本人確認書類が必要です。
運転免許証とマイナンバーカードのどちらも持っていない人は、健康保険証と補助書類(公共料金領収証もしくは住民票)で手続きできます。補助書類の詳細はドコモ公式サイト「本人確認書類」を確認してください。

また、支払い方法の変更などをする場合は下記の持ち物が必要です。

【ドコモ光の支払い手続きに必要なもの】
支払い方法 持ち物
クレジットカード払い クレジットカード
口座振替 来店者名義のキャッシュカード(※)、または、預金通帳+銀行届け印

※一部利用できない金融機関があります。取扱金融機関は「キャッシュカードによる口座振替申込みの受付」から確認しましょう。

ドコモ光の支払い手続きに必要なものは、名義変更後の契約者のものを持参してください。
また、ドコモ光の名義変更をするには、現在の名義人と変更後の名義人の2人でドコモショップに行く必要があります。どちらか一方が不在、または、代理人が手続きする場合は、不在の人の委任状が必要です。(参考:ドコモドコモ公式サイト「同意書・委任状のダウンロード」
なお、名義変更にかかる手数料は、三親等以内の家族間は無料、その他は2,000円(税抜)です。
契約者死亡による名義変更や、会社間での名義変更は、追加書類が必要です。ドコモ光公式サイトの「ご契約者の死亡による承継」「会社合併などによる継承」から確認してください。

IPv4 over IPv6通信の利用状況を確認する方法

ドコモ光でIPv4 over IPv6通信を利用しているかどうかは、プロバイダの会員サイトや契約書類などで契約情報を確認しましょう
IPv4 over IPv6通信とは、インターネットに接続する際に混雑を避けて通信するため、従来の接続方法であるIPv4 PPPoE通信よりも、通信速度が遅くなりにくい接続方式です。それにより、IPv4 over IPv6通信を利用すると、夕方~夜間などのインターネットが混雑し、通信速度が落ちやすい時間帯でも、IPv4通信で接続したときよりも通信速度が落ちにくくなります。

ただし、ドコモ光の一部のプロバイダでは、IPv4 over IPv6通信を利用できません。また、IPv4 over IPv6通信を利用するには申し込みが必要なプロバイダがあります。詳しくはドコモ光公式サイト「ドコモ光対応プロバイダのIPv6対応状況」から確認できます。

IPv4 over IPv6通信を契約していても、Wi-Fiルーターや端末の設定ができておらず、利用できていない場合もあります
実際に接続できているか確認するため、接続方式の確認サイト10/10と表示されるか確認してみてください。
診断結果が10/10と出ない場合は、IPv4 over IPv6通信を利用できていないので、Wi-Fiルーターやパソコンの初期設定をしなおしてみるなど対処しましょう。ルーターの初期設定の仕方は「ドコモ光のインターネット設定は簡単!機器の接続や設定方法を確認」で解説しています。

ドコモ光では事務手数料3,000円(税抜)のみで、プロバイダを変更することもできます。契約中のプロバイダではIPv4 over IPv6通信を利用できず、通信速度に不満がある場合はプロバイダの変更も検討してみましょう。
下記でドコモ光のプロバイダの変更の流れなどを解説しているので参考にしてください。

ドコモ光プロバイダの変更と設定方法

ドコモ光の料金が高いときに確認すること

ドコモ光からの請求金額が高いと感じたときは、契約内容の以下3点を見直してみましょう

【ドコモ光の料金が高いときに確認するポイント】
  • ドコモ光の契約プラン
  • 不要なオプションが付いていないか
  • ドコモ光セット割が適用されているか

なお、ドコモ光の利用開始月の翌月の支払いは、月額料金の他に、契約事務手数料3,000円や開通工事費が請求されます。さらに、ドコモ光電話やドコモ光テレビオプションを契約した場合は、手数料や工事費が月額料金と合算請求されるため、請求金額が高くなる可能性があります。

ドコモ光の契約プラン

ドコモ光 1ギガのプロバイダ一体型のプランは、タイプAとタイプB、ドコモ光の契約期間によって月額料金が異なります。ドコモ光を最安で使うには、ドコモ光「タイプA」の「2年定期契約」で契約しているか確認しましょう。

【ドコモ光の月額料金】
プラン 戸建てタイプ マンションタイプ
タイプA 2年定期契約:5,200円
契約期間なし:6,700円
2年定期契約:4,000円
契約期間なし:5,000円
タイプB 2年定期契約:5,400円
契約期間なし:6,900円
2年定期契約:4,200円
契約期間なし:5,200円

※価格はすべて税抜き表示です。

月額料金を比べると、タイプAよりもタイプBのほうが200円高いです。タイプAとタイプBでは、利用できるプロバイダが異なりますが、ドコモ光の回線品質は同じです。

そのため、タイプBを利用している人は、タイプAに契約内容を変更することで、月額料金が安くなります。プロバイダの変更には手数料3,000円がかかりますが、15か月間以上ドコモ光を利用するならタイプAに変更したほうが安くなります。

また、プロバイダの変更では、2年定期契約の途中でも違約金がかかることはありません。

変更先のタイプAのプロバイダは、高性能Wi-Fiルーターを無料レンタルでき、速い通信方式の「v6プラス」を利用できるGMOとくとくBBがおすすめです。
GMOとくとくBBの詳細やプロバイダの変更方法は以下で解説しているので参考にしてください。

ドコモ光のGMOとくとくBBは5つの基準を満たした理想のプロバイダ

2年定期契約で契約しているか確認する

安くドコモ光を利用したいなら、ドコモ光を2年定期契約で契約しているか確認しましょう

ドコモ光の料金プランには、契約期間の定めがない「契約期間なし」と2年の契約期間が定められている「2年定期契約」の2種類があります。2年定期契約のプランは、契約期間の途中で解約すると解約金が発生しますが、その代わりに月額料金が、契約期間なしのプランよりも戸建てタイプでは1,500円、マンションタイプでは1,000円安くなります

【ドコモ光の解約金】
プラン 解約金
戸建てタイプ 13,000円(税抜)
マンションタイプ 8,000円(税抜)

そのため、長期的にドコモ光を利用するのであれば、2年定期契約で契約したほうが安くなります。契約期間を変更するには、ドコモ インフォメーションセンター(0120-800-000)に電話しましょう。

なお、契約期間なしから2年定期契約への変更に料金はかかりません。

不要なオプションが付いていないか確認する

代理店やドコモショップでドコモ光を契約した場合、キャンペーン特典を適用するために、有料オプションの加入が条件になっていることがあります。全く使っていない有料オプションに加入していることもあるため、契約内容を確認しておきましょう。

下記はドコモ光を契約する際に付けられる可能性の高いオプションです。

【ドコモのオプションの例】
オプション サービス内容
デジタル機器補償サービス
(月額500円)
「ドコモ光」につながるデジタル機器(パソコンやテレビ、ゲーム機、プリンターなど)が故障・破損した際に、修理や代替品の提供(故障したパソコン内のデータの復旧)を行うサービス
ネットトータルサポート
(月額500円)
通信機器(パソコン、パソコン周辺機器、テレビ、コピー機、ルーターなど)の電話サポート・修理・訪問サポート・データ復旧・買取サービス、オンラインパソコン教室を利用できる
ネットワークセキュ リティ
(月額350円)
パソコン向けセキュリティ対策機能を提供する「PCセキュリティ powered by McAfee」、ドコモ光ルーター 01のセキュリティ機能を利用できる
あんしんパック ホーム
(月額880円)
「デジタル機器補償サービス」「ネットトータルサポート」「ネットワークセキュリティ」をパック料金(470円割引)で使える
スゴ得コンテンツ
(月額380円)
200種類以上の人気アプリが、定額で使い放題
(アプリ一例:NAVITIME(乗り換え案内)、産経新聞ニュース、漢検スタート、カラオケJOYSOUND+歌い放題♪など。  ▶コンテンツ一覧 )
my daiz
(月額100円)
出発時間に合わせて天気や電車の遅延を知らせたり、さまざまな問いかけに対話で応えたりなど、利用者に合った情報を音声ナビしてくれるアプリ
クラウド容量オプション プラス50GB
(月額400円)
ドコモのアプリ「データ保管BOX」および「dフォト」でデータを保存できる容量を追加できるサービス
いちおし パック
(月額500円)
「スゴ得コンテンツ」「my daiz(マイデイズ)/iコンシェル」「クラウド容量オプション」をパック料金(380円割引)で使える

※価格はすべて税抜き表示です。

ドコモのほとんどのオプションは31日間無料で利用できますが、それ以降は月額料金がかかります。不要なオプションに加入しているようであればMy docomoから退会手続きをしてください。

ドコモ光セット割が適用されているか

ドコモ光の支払い料金が高いときは、My docomoの料金明細から「ドコモ光セット割」が適用されているか確認しましょう

ドコモ光セット割は、ドコモ光とドコモのケータイ回線を紐づけていれば、割引は自動適用されます。また、ドコモ光契約者と同一ファミリー割引に加入している人のドコモのスマホ・携帯電話も自動で適用されるので手続きは不要です。

ただし、紐づけができていなかったり、家族のスマホがファミリー割引に加入していなかったりすると、ドコモ光セット割が適用されません

ドコモ光の請求金額が高い場合には、契約内容を確認してドコモ光セット割の割引額が合っているかを確認しましょう。ドコモで契約しているプランごとの割引額は下記をご確認ください。

【ギガホ・ギガライトのドコモ光セット割の割引額】
料金プラン ドコモ光セット割の割引額
5Gギガホ 1,000円
ギガホ 1,000円
5Gギガライト/ギガライト <ステップ4:~7GB> 1,000円
<ステップ3:~5GB> 1,000円
<ステップ2:~3GB> 500円
<ステップ1:~1GB> 割引なし
【パケットパックのドコモ光セット割】
パケットパック ドコモ光セット割の割引額
ウルトラシェアパック100 3,500円
ウルトラシェアパック50 2,900円
ウルトラシェアパック30 2,500円
ベーシックシェアパック <ステップ4:~30GB> 1,800円
<ステップ3:~15GB> 1,800円
<ステップ2:~10GB> 1,200円
<ステップ1:~5GB> 800円
ウルトラデータLLパック 1,600円
ウルトラデータLパック 1,400円
ベーシックパック <ステップ4:~20GB> 800円
<ステップ3:~5GB> 800円
<ステップ2:~3GB> 200円
<ステップ1:~1GB> 100円

ドコモのスマホとドコモ光の紐づけ(ペア回線の設定・変更)や、ファミリー割引の加入は、ドコモ インフォメーションセンター(0120-800-000)もしくはドコモショップで行えます。

インターネットおすすめ光回線

 

ドコモ光

     

ドコモ携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

auひかり

     

au携帯電話の割引特典あり

月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス
 

関連記事