閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ソフトバンク光の工事内容と費用は?開通前には無料のレンタルWi-Fiも!

ソフトバンク光は、NTT提供のフレッツ光ネクスト回線を使った回線・プロバイダサービスです。
もし現在、光ネクスト回線を使っているなら、その回線をそのまま「転用」して使うことができます。
そうでない場合は新規に回線を引く工事が必要となりますが、「工事ってどんなことをして、いくらかかるの?」といった部分はなかなか分かりにくいものです。

そこでここでは、ソフトバンク光の工事内容と費用、工事日の決め方について解説していきます。

ソフトバンク光の開通工事4パターン

ソフトバンク光はNTTのフレッツ光ネクスト回線を使ったサービスであるため、工事内容は現在の光ネクスト回線の開通状況によって異なります。
ソフトバンク光の開通工事は、現在の回線状況により、これから紹介していく4パターンに分けることができます。

自分の家の開通状況は、NTT東日本・西日本の窓口で調べることができますよ。
窓口:0120-116-116

また、光回線が部屋まで来ているかどうかは、光コンセントの有無で見分けることもできます。
光コンセントは光回線の差込口です。外見はNTT東日本の公式サイトで確認できます。
https://www.ntt-east.co.jp/info/detail/130308_01.html

それでは次に、各パターンの工事内容と費用について詳しく見ていきます。

1.屋外工事&屋内工事

戸建てで新規開通工事をする場合 屋外工事&屋内工事 24,000円
マンションで光回線が引かれていない場合

これは電柱から光回線を引き込み、さらに室内に光コンセントとONU(※)を設置する作業で、4つのパターンのうち一番時間と費用がかかります。
※ONUは光回線版のモデムのようなもので、光回線をインターネットに繋ぐ役割をしています。

マンションの場合、電柱から共用部分に機器を設置する際に管理会社の立ち会いが必要になることがあるため、事前に確認しておきましょう。

工事時間は1時間ほどで、契約者または家族の立ち会いが必要です。

光ファイバーの設置は多くの場合、電話用の配管を通す形で行います。またエアコンダクト穴等の配管を使って引き込むこともあります。
それらの配管が使えなかった場合、壁に穴を開けることがやむを得ないことがあります。ただし穴開けは最終手段なので、まずは設備状況を確認してもらいましょう。

2.屋内工事のみ

既存の光ケーブルを再利用できる場合、または光コンセントがある場合 屋内工事 9,600円

すでに光回線が部屋まで引かれている場合、屋内工事では、業者が来て光コンセントやONUを設置し、ネットに繋がるか確認する作業をします。

時間は30分ほどです。

※注意!土日・夜間の業者による工事は、割増料金が発生する

上の2パターンのように業者が来て行う工事の場合、土日と夜の工事は割増料金がかかるので注意しましょう。

土日の割増料金は3,000円です。

各種割増料金はソフトバンク光の公式サイトで確認できます。特に夜間・深夜は結構な料金がかかりますね。
公式サイト:http://faq.mb.softbank.jp/detail.aspx?cid=84596&id=84596&a=102

3.自分で機器をセッティング

フレッツ光回線が引かれており、NTT局内の切り替えだけで済む場合 自分でONU設置 2,000円

すでに部屋までフレッツ光回線が引かれている場合、NTT局内工事で光ネクストに切り替えるだけで工事が済むことがあります。前に述べた「光コンセント」がすでに部屋にある場合が、基本的にこのパターンにあたりますね。
この場合業者は来ず、自分でONUを設置してインターネットに繋がれば工事完了です。

4.工事不要の場合(転用)

フレッツ光ネクスト回線を利用している場合 転用手続き 無料

他社プロバイダでフレッツ光ネクスト回線を利用中の場合は、転用手続きのみを行い、工事は不要です。

他社プロバイダの最低利用期間によっては、違約金がかかる場合がありますが、ソフトバンク光の公式キャンペーンを使えば、全額キャッシュバックが可能です。

最大80,000円キャッシュバック!
乗り換えの違約金も全額負担

ソフトバンク光がお得なポイント

  • 最大80,000円キャッシュバック
  • さらに最大24,000円キャッシュバック&24,000円分の特典も
  • 乗換えで他社違約金全額負担
  • SoftBankスマホとのセット割がうれしい

工事費が無料になるキャンペーンを利用可能

ソフトバンク光の公式ホームページでは、工事費無料のキャンペーンが随時行われています。

2018年2月現在のキャンペーンは以下の通りです。

(1)乗り換え新規でキャッシュバック/割引キャンペーン(2017年9月15日~)
(2)新生活応援!キャッシュバック/割引キャンペーン(2018年1月19日~2018年5月7日)

(1)他社インターネットから乗り換えるときの工事費と違約金
(2)引っ越し先で新たにソフトバンク光を開通させるときの工事費

これらの料金がキャッシュバック、または月額料金から割引されることによって全額戻ってくるというものです。

また乗り換えや引っ越しでなくとも、代理店の展開するキャンペーンを利用することで、工事費を無料にできる場合があります。

たとえば、ソフトバンク光の代理店、株式会社STORYの「月額6ヶ月分相当還元!」キャンペーンに申し込めば、最大24,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

詳しいキャッシュバック条件は以下のページに書かれていますが、「〇人以上紹介」や「有料オプション加入必須」といった厳しい条件がないので、他の代理店でのキャッシュバックより適用させやすいキャンペーンと言えるでしょう。

STORYキャンペーン:https://hikari-softbank.jp/campaign/waribiki.php

キャッシュバック受け取りには、10カ月目の一カ月間に手続きをすることが必要です。カレンダーやリマインダーに記録しておき、キャッシュバック手続きを忘れないようにしましょう。

おすすめ窓口最大80,000円キャッシュバック!
株式会社STORY
合計180,000円の大幅還元キャンペーン
月額2,800円~で利用できるソフトバンク光はキャンペーン実施中!乗換えで他社からの違約金も全額還元&最大24,000円のキャッシュバック!さらにこの代理店サイト限定で10ヶ月間月額2,400円割引最大80,000円のキャッシュバックも!インターネット料金を安くおさえるなら

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

開通前はレンタルWi-Fiが無料で利用できる

ソフトバンク光の工事を申し込むと、メール(SMS)では2~3日後、書面では1週間程度で開通予定日のお知らせが届きます。

ただし、2~4月の引っ越しシーズンなど申し込みの多い時期は、開通まで1カ月以上待たされる場合もあるようです。

すぐに開通工事ができない場合、ソフトバンク光の「開通前レンタル」を申し込みましょう。
このサービスでは、SoftBank AirまたはPocket Wi-Fiを開通までレンタルして使うことができます。

SoftBank Airは家のコンセントに差して使えるWi-Fiルーター、Pocket Wi-Fiはモバイルルーターです。

開通前レンタルでは、申し込んでから3~4日で機器が届きます。

申し込みは、ソフトバンク光の公式申し込みページで「開通前レンタル(Air/Pocket WiFi)」にチェックを入れればOKです。

インターネット開通までスマホだけで過ごすのは心もとないですよね。Wi-Fiレンタルは無料のサービスなので、ソフトバンク光の申し込み時に一緒に申し込んでおきましょう。

まとめ

ソフトバンク光の工事は、現在のフレッツ光ネクスト回線の開通状況によって変わります。

すでに光ネクストを使っている場合は、契約先のみソフトバンク光に変更する「転用」手続きが可能です。

また公式やソフトバンク光代理店で、工事費を無料にできるキャンペーンが利用できます。

申し込みの多い時期、開通工事日に1カ月以上かかることも考えられます。その場合は公式で提供されている、開通前Wi-Fi無料レンタルサービスを利用することをおすすめします。

月額がおトク!ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに人気窓口は、申し込みで最大60,000円キャッシュバック中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン!

お申込みサイトを見る

関連記事