閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

NURO光でんわの料金、割引、サービスの注意点を解説。

「NURO光でんわ」は、NURO光のオプションサービスです。

アナログ電話(NTT加入電話)の電話番号を引き継げることや、アナログ電話に比べて基本料金や通話料が安くなる可能性が高いことが主なメリットです。

ここでは、NURO光でんわの料金や割引、サービスの注意点などについて解説します。

NURO光でんわの基本料金・通話料は?

まず、NURO光の月額基本料金と通話料を、アナログ電話(NTT加入電話)と比較しながら見ていきます。

  NURO光でんわ NTT加入電話(昼夜)
月額基本料金 500円(関東)/300円(東海・関西) 1,600~1,700円
区域内通話 7.99円/3分 8.5円/3分
隣接区域内通話 40円/3分
区域外通話 72~160円/3分
IP電話へ 10.5~10.8円/3分
携帯電話へ 20円(8~23時)・25円(23~8時)/1分 16~20円/1分

距離が長くなるによって通話料が高くなるアナログ電話に比べ、日本全国どこでも同一料金でかけられるNURO光でんわの方が、ずっと安いですね。

しかし、携帯電話へかける場合の通話料金は、NURO光でんわの方がやや高めです。

ただし、NUROひかり電話同士の通話料は無料に設定されています。

また、NURO光でんわと、ソフトバンクのスマホ・ケータイとの間で通話が0円になる「ホワイトコール24」を申し込むことができますので、次で見ていきましょう。

ソフトバンク関連の料金特典

NURO光はソフトバンクと提携しており、ソフトバンク関連の各種割引特典が受けられます。

ソフトバンクのスマホ・ケータイとの通話が無料

ソフトバンクユーザーで以下のプランを利用している人は、ソフトバンクの携帯電話とNURO光でんわとの通話が無料になる「ホワイトコール24」を申し込めます。

・ホワイトプラン
・標準プラン
・スマ放題 通話し放題プラン
・スマ放題 通話し放題プラン(3G)

なお、「ホワイトコール24」は、申し込み料や月額の定額料金はかかりません。

「ホワイトコール24」を登録するには、NURO光でんわを申し込んだあと、NURO光のマイページから申込書を取り寄せ・返送します。

ソフトバンク提携のIP電話との間で通話が無料

以下のIP電話との通話が無料です。

・ケーブルライン
・BBフォン(光・Mふくむ)
・ひかりdeトークS
・ホワイト光電話

「おうち割 光セット」でスマホ料金が割引

「おうち割 光セット」は、家族のソフトバンクスマホ・ケータイと家のNURO光でんわをセットにすることで、定額パケット代が割引になるというものです。

スマホ・ケータイが1台につき500~1.000円割引、10台まで適用されます。

「おうち割 光セット」については、以下の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。
https://hikari.netde-pc.jp/11768.html

NURO光でんわのオプションと料金

次に、NURO光でんわのオプションサービスと料金を見ていきます。

各種オプションサービスの単品料金は、以下のようになります。

  月額料金 工事費
相手の番号表示 400円 1,000円
番号通知リクエスト(※1) 200円 1,000円
キャッチ電話(※2) 300円 無料
着信お断り(※3) 600円 1,000円
着信転送(※4) 500円 無料

※1.番号通知リクエスト…非通知で電話をかけてきた人に、番号を通知するよう自動的にリクエストするサービス

※2.キャッチ電話…通話中に電話がかかってきた際、割り込み音で知らせ、通話中の相手をいったん保留にし、かかってきた電話に出られるようにするサービス


出典:NURO光でんわ:キャッチ電話サービス(https://www.so-net.ne.jp/option/phone/nuro_hikari/catch_tel.html

※3.着信お断り…迷惑電話の番号を登録することで、次回着信から自動的に「着信お断り」メッセージを送れるサービス

※4.着信転送…NURO光でんわにかかってきた電話を、指定した電話番号に転送できるサービス

複数オプションはパックにするとお得

NURO光でんわのオプションのうち、迷惑電話対策に有効なのが、番号表示・番号通知リクエスト・着信お断りサービスの3つです。

オプションにはパック料金もあり、パック3だと、上の3つ+キャッチ電話(パックでない場合だと計1,500円)を800円で利用できます。
オプションパックだと、オプションの工事費も無料になりますので、必要な人はつけておくとよいでしょう。

以下の一覧で、パック料金と各オプションの有無をまとめています。

パック名 ベーシック パック1 パック2 パック3 パック4
番号表示 × ×
番号通知リクエスト × ×
キャッチ電話 ×
着信お断り ×
着信転送 × × ×
月額料金 600円 900円 630円 800円 530円

NURO光でんわ導入の流れと費用

NURO光でんわ導入にかかる費用は、回線工事費の3,000円です。

NURO光でんわの工事の流れは、以下のようになります。

(1) TA(電話を接続する機器)設置(NURO光と同時に申し込んだ場合は同日)
(2) 番号工事(新規発番は約5日後、LNP(※次項で解説)は約1週間後)
(3) Web明細登録完了案内を郵送(約10日後)

LNP(ナンバーポータビリティ、番号継続)をする場合

LNPする場合には別途料金がかかります。
LNPとは、利用していた電話番号をそのまま他の電話で使えるようにすることです。

NURO光でんわに引き継げる番号は、もともとNTTの加入電話の番号だったものに限られます。

したがって、

(1)固定電話からLNP(休止)
(2)固定電話から他の光電話に移した番号を、いったんNTTに戻して(アナログ戻し)再度NUROひかり電話にLNP(復活・休止)

のどちらかとなります。他の光電話で新規に発行した番号は引き継げません。

(2)の場合、元の光電話の回線は、NURO光でんわの工事が終わるまで解約しないようにしましょう。


出典:NURO光でんわ公式サイト(https://www.nuro.jp/hikari/phone/use.html

アナログ電話休止・復活の際は、それぞれNTTから所定の料金を請求されます。

アナログ電話 復活 休止
用途 他の光電話から一時戻す NURO光でんわへ移行
料金 2,000~10,000円 2,000円

最大12万円の高額還元キャンペーン実施中!超高速通信を実現!

NURO光がお得なポイント

  • 最大80,000円高額キャッシュバック
  • 初期工事費が実質0円
  • 月額基本料が開始月無料

NURO光でんわの注意点

これまで述べてきたNURO光でんわのメリットは、以下の通りです。

・固定電話の番号を引き継いで使える
・固定電話よりも、月額料金および他の固定電話・IP電話への通話料が安い
・NUROひかり電話どうしなら、通話料が無料
・ソフトバンクユーザーなら通話料・スマホ料金が割引

このようなメリットに対し、NURO光でんわにはデメリットもあります。以下で解説します。

停電時に使えない

これはアナログ電話に比した、光電話全般にいえるデメリットです。

常時電話局から48Vの電圧がかけられているアナログ電話と違い、光電話は自宅のコンセントから電源を得ているので、停電すると使えなくなってしまいます。
停電時に連絡をとれるよう、スマホを充電しておくなど対策をとっておきましょう。

停電から復旧したあとも光でんわが繋がらない場合は、以下のことを行ってみてください。

①電話機、パソコンの電源を切る
②TAの電源を切る
③ONUの電源を切る
④ONUの電源を入れる
⑤TAの電源を入れる
⑥電話機、パソコンの電源を入れる

ホームセキュリティ等の一部の電話サービスが使えない

セコムやALSOK等のホームセキュリティサービスには、利用に電話回線が必要なものがあります。光でんわでは使えません。

ただ、最新サービスでは電話回線もネット回線もいらないものも出てきています。(「セコム・ホームセキュリティNEO」やALSOKの「ホームセキュリティBasic」など)

また、ガスや電気の遠隔自動検針ができる「ノーリンギングサービス」も光でんわでは使えません。ただアナログ回線を利用したノーリンギングサービスは、2020年をめどに終了予定ではあります。

一部の番号にかけられない

NURO光でんわには、かけることのできない番号がいくつかあります。具体的な番号は公式サイトに記載されています。

NURO光会員サポート「NURO 光 でんわでかけることができる電話番号 / 電話サービスを知りたい」:https://support.so-net.ne.jp/supportsitedetailpage?id=000011548

しかし、110番や119番、104番(番号案内)や117番(時報)、171番(災害用伝言ダイヤル)など、重要度の高い番号には問題なくかけられます。
また、0120や0800などのフリーダイヤル(着信課金サービス)も利用できます。

複数回線にできない

NURO光でんわは、NURO光1契約につき1回線と決まっています。
現在2番号持っていたとしても、どちらか1つの番号しか引き継げないので注意が必要です。

ネット回線1契約につき、光回線を複数回線契約できるのは、フレッツ光やauひかりなどです。

関東エリアならnuro光!おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

最大速度2Gbpsの圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!人気窓口なら最大120,000円おトクなキャンペーン中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事