閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

速くて安いってホント?NURO光の料金について解説

光回線の中でも速いと評判の「NURO光」。その料金はどれくらいなのでしょうか?

ここでは、NURO光の月額料金について詳しく説明するとともに、オプション料金や初期費用についても紹介していきます。

住まいによって「NURO光」と「NURO 光 for マンション」を選択

通信速度下り最大2Gbpsを誇る「NURO光」。2018年1月より従来の関東圏に加え、東海・関西エリアの一部でも提供を始めました。

このように快適なインターネット環境を提供してくれる「NURO光」ですが、通信速度下り最大2Gbps、上り最大1Gpsと速度スペックは同じであるものの、住んでいる建物により利用できる料金プランが異なり、主に戸建て用の「NURO光」と、8階建て以上のマンション用の「NURO光 for マンション」があります。

まずは、それぞれの利用料金を確認してみましょう。

「NURO光」の料金(最大通信速度下り2Gbps、上り1Gbps)

<NURO光>
対象:戸建て又は7階建て以下のマンション
料金(基本料金):月額4,743円
契約期間:2年間の継続契約
月額料金について、2018年3月時点では、3月31日(土)までの割引として1年間月額2,980円になるキャンペーンを実施しています。最新のキャンペーンについては公式ホームページをご確認ください。

<NURO光 for マンション>
※このプランを申し込むためには、住んでいるマンションに、NURO光 for マンションの設備が導入されている必要があります。

対象:8階建て以上のマンション※最低4人の利用者が必要
料金(負担金):月額1,900円~2,500円※マンション内の利用人数による

このプランについても2018年3月時点では、3月31日(土)までの新規申し込み特典として、10,000円のキャッシュバックを実施しています。キャンペーンは延長される場合があるので、最新情報については公式ホームページを確認してください。

また、3月1日には、戸建て向けに最大通信速度が上り/下りともに10Gbpsと、上り/下りともに6Gbpsとなる2つの新プランが発表されました。こちらについては4月上旬に該当エリアの発表、申し込み受付開始となっていますが、3月時点で発表されている料金等について記載します。

<新プラン>
対象:関東の一部エリアの戸建て住宅
契約期間:3年
上り/下り 概ね10Gbpsプラン:5,743円
上り/下り 概ね6Gbpsプラン:5,243円

これらの新プランについては、契約期間が3年と2Gbpsプランに比べて長いこと、別途、契約事務手数料、工事費がかかること、2Gbpsプランでも同様ですが、契約期間の途中で解約する場合には契約解除料が発生することに注意が必要なものの、10Gbps・6Gbpsという速さは魅力的ですね。エリアなど詳細の発表を待ちたいところです。

ちなみに現在主流である上り/下り速度1Gbpsの光回線である「ソフトバンク光」の月額料金は、戸建て用で5,200円、マンション用で3,800円(いずれも2年自動更新)、「auひかり」の月額料金は、戸建て用で5,200円、マンション用で3,800円(いずれも2年自動更新)となっています。

これらを比較してみても「NURO光」の料金は低く設定されていることがわかりますね。

ソフトバンクスマホ利用なら、セット割が使える!

「NURO光」の料金に関してもう1つ特筆すべきなのは、「NURO光 でんわ」がソフトバンクの「おうち割 光セット」というスマートフォンとのセット割の対象であること。

詳しくは、オプション料金の章で説明しますが、「NURO光 でんわ」は、「NURO光」のオプションとして加入できる、光回線を利用した月額500円(東海・関西エリアは300円)の固定電話サービス。

「NURO光」+「NURO光 でんわ」+「ソフトバンク端末」のセットで、ソフトバンク端末の月額料金から毎月1,000円(携帯電話は500円)が割引になります。家族のスマホなど最大10台まで適用できるので、通信にかかるトータルの費用を大きく削減できますね。

「NURO光」のオプション

「NURO光」には、オプションとして「NURO光 でんわ」「ひかりTV for NURO」が用意されています。それぞれの料金について見ていきましょう。

NURO光 でんわ

「NURO 光 でんわ」はNURO光の光回線を利用した固定電話サービス。NTT一般加入電話を利用中なら、番号ポータビリティで現在の電話番号がそのまま使えます。

先ほども述べましたが、ソフトバンク端末のパケット定額料金から永年毎月最大1,000円割引になる「おうち割 光セット」や、ソフトバンク端末との通話が24時間無料になる「ホワイトコール24」にも対応しています。

月額料金は関東エリアで500円、東海・関西エリアで300円、通話料金は全国の一般固定電話どこへかけても7.99円/3分です。

ひかりTV for NURO

ひかりTV for NURO」は、2018年3月19日以降、関東エリアで順次サービス開始となった新しいサービス。80ch以上の専門チャンネルと、約73,000本のビデオオンデマンドが楽しめます。

料金プランは、下記の4つ。そのほか、ひかりTV対応チューナーが必要で、レンタルの場合、月額500円がかかります。

プラン名 対象 月額料金 2ねん割(※)適用後の月額料金
お値打ちプラン 専門チャンネルもビデオも、とことん楽しみたい人向け 3,500円 2,500円
テレビおすすめプラン 専門チャンネルを楽しみたい人向け 2,500円 1,500円
ビデオざんまいプラン 貸し出し中や延滞料を気にせずビデオ鑑賞したい人向け 2,500円 1,500円

また、新規加入特典として、月額基本料金とチューナーレンタル料金が最大2カ月無料になっています。

※「ひかりTV2ねん割」とは、利用開始3ヶ月目~24ヶ月目まで月額基本料金が1,000円割引になるサービス。ただし、24ヶ月以内に解約した場合、また「基本放送プラン<下記参照>」に変更した場合、違約金として10,000円がかかります

上記3プランのほか、地デジやBS放送を気軽に楽しみたい人向けに、月額1,000円の「基本放送プラン」がありますが、2ねん割や新規加入特典の対象にはなりません。

「NURO光 for マンション」のオプション

「NURO光 for マンション」にもオプションサービスが用意されています。「NURO光 でんわ」「ひかりTV for NURO」については、「NURO光」と同内容・同料金ですが、それ以外にも豊富なオプションがあるので、代表的なものを2つ紹介します。

カスペルスキー セキュリティ(500円/月)

ウィルス対策、プライバシー保護など豊富な機能を持つセキュリティ商品。Windows、Mac、Androidに対応、最大5台までインストールできます。ちなみにこの機能は、「NURO光」では標準装備となっています。

So-net くらしのお守り(360円/月)

自宅建屋内の水回りトラブル時などに応急処置を行う専門業者を手配する「かかりつけサポートサービス」と、応急処置を超える対応となった場合に超過作業を割引価格で行う「特別価格対応サービス」がセットになったサービスです。

これ以外のオプションサービスと月額料金については、公式ホームページで確認してくださいね。

「NURO光」の初期費用

最後に、契約するにあたっての初期費用を確認しておきましょう。
初期費用としては、事務手数料として3,000円、基本工事費が40,000円かかりますが、2018年3月現在、事務手数料が1,000円引き、工事費は実質無料になるキャンペーンを行っています。

また、初期費用ではありませんが、契約期間中の解約には解除料として9,500円かかることに注意しておきましょう。

「NURO光 for マンション」でも、現在のところ工事費は実質無料です。「NURO光」とは異なり、事務手数料については割引がありませんが、月額負担金が初月無料になっています。

関東エリアならnuro光!おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

最大速度2Gbpsの圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!人気窓口なら最大120,000円おトクなキャンペーン中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事