閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

NURO光の料金は毎月いくらかかるの?他社と比較して安い?

光回線サービスの中でも通信速度が速く料金が安いと評判なのがNURO光です。

実際に、NURO光の通信速度は下り最高2.0Gbpsになるため、一般的な他社光回線と比較すると2倍の通信速度があります。さらに、月額基本利用料は、他社光回線の中でも低めに設定されているため、まさに速くて安い光回線なのです。

ここでは、NURO光を利用するのに実際どれくらいの料金がかかって、他社とどれくらい違うのかを解説していきます。

NURO光の月額基本料金

NURO光の料金プランには、大きく分けて戸建て向けとマンション向けの2種類があります。それぞれの月額基本料金は下記の通りです。

建物の種類 戸建向け マンション向け
プラン名 NURO 光G2V NURO 光G2 NURO光forマンション
月額基本料金 4743円 7,124円 1,900円~2,500円
契約期間 2年間 なし 2年間
契約解除料 9,500円 なし 9,500円

戸建て向けのNURO 光G2Vは、契約期間が2年に定められている代わりに、NURO 光G2よりも月額基本料金が安いプランです。

契約期間中に解約すると、契約解除料として9,500円がかかりますが、NURO 光G2と比べると、月額基本料金が2,381円も安く設定されています。そのため、戸建てに住んでいて、NURO光を4か月以上利用する可能性が高ければ、契約解除料を含めた利用料金の合計が安くなるNURO光G2Vを契約しましょう。

また、NURO光には、マンション向けに提供されているNURO光 for マンションというプランがあります。NURO光forマンションは、マンション全体の契約世帯数が多いほど月額利用料金が割引されるので、NURO光 G2Vよりも安く利用できます。

NURO光forマンションの契約世帯数と月額基本料金の比較は下記の通りです。

【NURO光 for マンションの契約世帯数別の月額基本料金】


引用:NURO光公式サイト

たとえば、NURO光 forマンションの設備を導入しているマンションで、10世帯以上がNURO光を契約していれば、NURO光を月額利用料金1,900円で利用できます。
ただし、NURO光forマンションは、NURO光の設備が導入されているマンションでなければ契約できません。住んでいるマンションでNURO光の設備が導入されているかどうかは、マンションの管理会社や大家に確認しましょう。

NURO光の月額基本料金は他社と比較してどれくらい安いのか?

NURO光の初期費用と月額基本料金は、他社光回線と比べてどれくらい安いのか、NURO光G2Vと代表的な光回線3社の同等プランと比較してみました。

【光回線の月額基本料金の比較】
通信会社 プラン 月額基本料金
NURO光 NURO 光G2V 4,743円
ドコモ光 プロバイダ:タイプA 5,200円
ソフトバンク光 ファミリー・ギガ・スピード 5,200円
auひかり ホーム1ギガ 5,200円

※契約期間2年のプラン
※戸建てタイプ

NURO光の月額基本料金は4社の中で最も安くなっており、年間およそ5,500円も抑えることができます。

NURO光の月額基本料金は、プロバイダとセットになっているため、追加で料金が発生することはありません。

おうち割光セットでスマホの料金が安くなる

NURO光のおうち割光セットを利用すれば、スマホの月額料金が割引されるため、毎月の通信費を抑えることができます。おうち割光セットとは、NURO光とソフトバンクで契約しているスマホや携帯電話などの端末をセットにすることで、端末の月額利用料金が割引されるサービスです。

おうち割光セットは、契約している端末1台につき最大1,000円が割引され、最大10台まで適用されます。おうち割セットが適用されるのは、契約者と同居している家族だけでなく、契約者と血縁関係が証明できれば離れて住んでいる家族の端末も対象です。

そのため、おうち割光セットを利用すれば、毎月最大10,000円の割引が受けられるため、通信費を抑えることができます。

おうち割光セットを適用するには、NURO光の有料オプション「NURO光電話」の契約が必要です。NURO光電話を利用するには、月額利用料500円(東海・関西エリアは300円)がかかります。

NURO光のおうち割セットについての詳細は、「NURO光のおうち割光セットはどうやったら申し込めるのか?」の記事を参照してください。

NURO光のキャンペーン特典で月額基本料金が安くなる

NURO光公式サイトでは、新規契約のキャンペーンを行っています。NURO光のキャンペーン特典を利用すれば、月額基本料金が割引や、キャッシュバックを受け取ることができます。

2019年11月時点でNURO光公式サイトが行っているキャンペーンは下記の通りです。

【NURO光G2Vのキャンペーン】
キャンペーン 内容
1年間月額1,980円 ・開通月から1年間は、月額基本料金が1,980円で利用できる
ワンコイン体験 ・開通月から3か月間の月額基本料金が500円で利用できる
・開通月から3か月以内に解約すれば、違約金や工事費残債の請求なし
・契約事務手数料無料
ひかりTVセット割引 ・ひかりTVとセットで契約すると、開通月から1年間の月額料金が2つ合わせて2,480円~で利用できる
キャッシュバックプレゼント ・33,000円キャッシュバック
【NURO光forマンションのキャンペーン】
キャンペーン 内容
キャッシュバック 10,000円キャッシュバック

なお、どのキャンペーンを利用した場合でも、基本工事費は実質無料になります。
ただし、NURO光の新規入会キャンペーンを利用できるのは、NURO光G2VまたはNURO光forマンションの場合です。契約期間の定めがないNURO光G2では、新規入会キャンペーンを利用できないので注意しましょう。

NURO光の新規入会キャンペーンは頻繁に更新されているため、最新の情報はNURO光公式サイトで確認してください。

NURO光G2Vのキャンペーンはこちら
NURO光forマンションのキャンペーンはこちら

月額基本料金以外でかかる費用

NURO光を契約した際は、月額基本料金以外に初期費用がかかります。また、解約時には契約解除料がかかる場合があるため、請求金額が変わることがあるため確認しておきましょう。

初期費用

NURO光を契約すると、初期費用として契約事務手数料3,000円と、基本工事費40,000円がかかります。しかし、NURO光の基本工事費は実質無料になるため、契約者が支払うのは契約事務手数料だけです。そのため、NURO光の初期費用は、他社光回線と比較しても金額の大きな違いはありません。

下記は、NURO光と代表的な他社光回線の初期費用を比較した表です。

【NURO光と他社光回線の初期費用の比較】
通信会社 初期費用
NURO光 契約事務手数料:3,000円
工事費:40,000円(実質無料)
ドコモ光 契約事務手数料:3,000円
工事費:18,000円※
※キャンペーン適用で無料
ソフトバンク光 契約事務手数料:3,000円
工事費:24,000円※
※他社からの乗り換えで実質無料
auひかり 契約事務手数料:3,000円
工事費:37,500円※
※キャンペーン適用で実質無料

契約事務手数料は、利用開始月の翌月分で請求されます。
たとえば、2019年10月がNURO光の利用開始月だった場合、契約事務手数料が請求されるのは、2019年11月利用分です。そのため、NURO光の契約後2回目の請求書は、契約事務手数料3,000円分が加算されるので、請求金額が高くなります。

工事費は実質0円になるので負担なし

NURO光の基本工事費40,000円は、新規入会キャンペーン特典で実質0円になるため、契約者が負担することはありません。NURO光の基本工事費40,000円は、契約開始月の翌月から基本利用料金と一緒に分割で請求されます。分割回数は、NURO光では30か月、NURO光forマンションの場合は36か月です。

しかし、NURO光を契約すると、工事費実質無料のキャンペーンが適用されるため、基本工事費の請求額と同額の金額が毎月割引かれます。

キャンペーン割引は、基本工事費の分割回数分行われるためNURO光では、31か月、NURO光forマンションでは37か月以上継続して利用すれば、基本工事は実質0円にできます。

NURO光の解約金

NURO光は解約するタイミングによって、解約時に契約解除料と基本工事費の残債が一括で請求されるため注意しましょう。

NURO光の契約解除料は、更新月以外で途中解約した場合に発生します。更新月とは、利用開始月から25か月目の1か月間です。

たとえば、2019年10月がNURO光の利用開始月だった場合、25か月目の2021年11月が更新月です。契約月をまたいでしまうと、契約が自動更新されてしまいます。そのため、更新月の翌月にNURO光を解約すると契約解除料が発生するため注意しましょう。

解約時に基本工事費の残債が一括請求される

NURO光の解約時に基本工事費の残債が残っている場合、解約時に一括請求されるので注意しましょう。NURO光G2Vの基本工事費は、利用開始月の翌月に1,351円が請求され、2回目以降は1,333円が請求されます。
NURO光forマンションの基本工事費の請求額は、利用開始月の翌月に1,118円、2回目以降は1,111円です。

たとえば、2019年10月にNURO光G2Vを利用開始して、4か月後の2020年1月に解約した場合の基本工事費の請求金額は下記のようになります。

【NURO光を解約する際に請求される基本工事費の残債】
利用開始月 解約月 支払済の基本工事費 請求される工事費残債
2019年10月 2020年1月 4,017円 35,983円

さらに、契約期間中の解約で契約解除料9,500円が発生するので、45,483円が解約時に請求されるため、NURO光を解約する際には請求される金額に注意しましょう。

関東エリアならnuro光!おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

最大速度2Gbpsの圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!人気窓口なら最大120,000円おトクなキャンペーン中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事