閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

So-net 光の速度が遅い? 原因はIPv4かルーターか

So-net 光 の速度がTwitterや口コミで遅いと評判です。

So-net光に限らず、インターネット回線のサービスはベストエフォート型と呼ばれています。このベストエフォート型ではひとつの回線を複数人で利用するため、利用者が増えると、どうしても速度が遅くなってしまうのです。

So-net光では、その混雑を回避するためのv6プラスというオプションがあります。これは無料で利用できますが、利用には申し込みが必要なオプションサービスです。この記事では、そんな混雑を回避するためのv6プラスという無料のオプションと、その他にも速度が遅くなる原因、それらの解決方法を紹介します。

速度が遅い原因はIPv4で接続しているから? v6プラス(無料)を試してみよう

まずV6プラスとは、「IPoE接続方式によるIPv6インターネット接続」と「IPv6ネットワーク上で実現するIPv4インターネット接続 (IPv4 over IPv6) 」のこと。かんたんに説明すると、今まで使っていた混雑しているネットワークを回避して、混雑していない別のネットワークを使ってインターネットに接続するというものです。


引用:So-net

このv6プラスは無料で申し込めるオプションですが、v6プラスに対応したホームゲートウェイ、ブロードバンドルーターが必要になります。ホームゲートウェイの対応している型番はこちらです。ルーターはリンク先の各公式サイトで確認してみてください。

v6プラス対応ホームゲートウェイ
  • RT-S300シリーズ
  • PR-S300シリーズ
  • RV-S340シリーズ
  • RT-400シリーズ
  • PR-400シリーズ
  • RV-440シリーズ
  • RT-500シリーズ
  • PR-500シリーズ
  • RS-500シリーズ (NTT東日本のみ)
V6プラス対応ルーター

ホームゲートウェイはサポートデスクに問い合わせることでレンタルも可能です。

ルーターやケーブルが速度に制限をかけている?

ルーターやケーブルの仕様を把握していますか? ルーターやケーブルによって対応している無線LANの規格が違ったり最大転送速度が違ったりします。いくら光回線の速度が理論上1Gbpsと言っても、使っている機器がその速度を出せる仕様になっていなければ、意味がありません。

まず無線LANの規格は、IEEE802.11acになっていること。この規格は比較新しく、理論上6.9Gbpsまで速度が出せる規格です。そのひとつ前の規格のIEEE802.11nは、600Mbpsまでしか出ないので、物理的に1Gbpsまでの速度はでません。

各ルーターの公式サイトでは、ルーターが対応している無線LANや最大転送速度などの仕様について書いてあります。例えば、最大866Mbps(IEEE802.11ac)と記載されていれば、IEEE802.11acに対応していて、速度は866Mbpsまで出せるという意味です。無線LANの規格は、Wi-Fiを使う側の機器もその規格に対応している必要があることも併せて覚えておきましょう。

また、LANケーブルも規格によって通信速度が違います。


引用:So-net

いろいろな種類はありますが、1Gbpsの通信速度に対応しているCAT5eより大きい数字のLAN ケーブルを使いましょう。ちなみに、カテゴリの数字はLANケーブル自身に印字されているので、今使っているLANケーブルのカテゴリを確認してみてください。

今すぐにできることとして

これまで物理的に通信速度を上げる方法を紹介しましたが、今すぐ試せることとして、Wi-Fiに接続している機器やホームゲートウェイ、ルーターの再起動をすると、速度が改善することもあります。また、遮蔽物でWi-Fiの電波が干渉することもあるので、ルーターと機器の間に遮蔽物になるようなものがないか確認してみましょう。

どうしても速度改善されないときは、他社への乗り換えも

今回紹介した各種対処方法を用いてもなお速度が改善できない場合は、他社への乗り換えを検討しましょう。おすすめなのは、フレッツ光の回線を使っていない、NURO光とauひかりです。この2つの回線は独自で回線を持っているため、利用者の多いフレッツ光回線のユーザーと干渉することはなく、混雑が起きづらいのです。特にNURO光は下り最大2Gbpsに対応しているので、理論上So-net光より速度の出やすい回線です。

最大70,000円の大幅還元キャンペーン中!auスマートバリューも適用!

So-net光がお得なポイント

  • 最大70,000円大幅還元キャンペーン
  • auスマートバリューが適用。スマホ1台につき毎月最大2,000円割引
  • So-net長割for光コラボレーションで毎月500円安くなる

なおSo-net 光から他社回線への乗り換えは、一度解約してから新規契約で申し込むことになります。現在の回線の撤去工事と、乗り換え先の新規開通工事が必要になるので、時間に余裕を持って手続きを進めましょう。

まとめ

So-net 光の通信速度が遅いと感じたら、v6オプションに入ってみること、ルーターやケーブルが物理的に速度がでない設計になっていないかを確認すること。それでも改善しないようなら、NURO光やauひかりを検討してみましょう。

おすすめ窓口最大70,000円大幅還元!
フルコミット
auスマートバリューも申し込める!スマホ1台につき毎月最大2,000円を携帯料金から割引
光コラボレーションで人気のSo-net光!auスマートバリューも申し込める!スマホ1台につき毎月最大2,000円を携帯料金から割引。さらに、この人気窓口限定で最大70,000円の大幅還元キャンペーンを適用することができます!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

インターネットがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月1,080円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

関連記事

    記事はありませんでした

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事