閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

インターネットプロバイダの選び方

インターネットを安く利用するには、プロバイダ選びが重要です。プロバイダによって毎月の利用料金や割引の種類が変わるからです。プロバイダの選び方は、プロバイダ単体で選ぶのではなく、ネット回線とセットで選ぶ方法が主流になっています。

プロバイダとネット回線をセットにすることで、スマホ料金の割引やキャッシュバックなどのキャンペーン特典をもらえるため、インターネットにかかる費用を抑えることができます。

ここでは、インターネットを安く利用するために、プロバイダとネット回線をセットにしたサービスの選び方を紹介します。

インターネットのプロバイダとは何か?

プロバイダとは、パソコンやスマホなどの通信端末を、インターネットにつなげる事業者のことです。インターネットは、光ファイバーやケーブルテレビ回線、ADSL(電話回線)など、データの通り道になるネット回線だけでは利用できません。ネット回線の中を通るデータをインターネットにつなげるための接続サービスを提供しているプロバイダも必要です。

そのため、インターネットを利用するためには、インターネット回線を提供する「回線事業者」と、インターネットに接続するための「プロバイダ事業者」の両方を契約する必要があります。

2015年からはプロバイダとネット回線をセットで契約するのが基本

光回線を提供するNTTは、2015年に光回線の卸売りサービスを法人向けに開始しました。それに伴い、多くの企業が光回線事業に参入し、独自の光回線サービスを展開しています。独自の光回線サービスの多くは、光回線とプロバイダがセットになっています。

光回線とプロバイダがセットになっている理由は、NTTの光回線の卸売りサービスを利用している企業の多くがプロバイダ事業者だからです。

プロバイダ事業者は、光回線とプロバイダをセットで契約してもらうことで、両方の顧客を獲得できるというメリットがあります。そのため、2015年以前では、光回線とプロバイダを別々に契約することが一般的でしたが、2015年以降は、光回線とプロバイダをセットになったサービスを利用することが多くなっています。

なお、光回線とプロバイダがセットになった光回線サービスには、NTTの光回線を使った「光コラボ(光コラボレーション)」、KDDIの光回線を使った「auひかり」、So-netの光回線を使った「NURO(ニューロ)光」があります。

auひかりとNURO光もNTTの光回線を利用していますが、NTTから卸売りされた光回線を利用していません。そのため、光回線とプロバイダのセットサービスですが、光コラボとは別のサービスです。

光回線とプロバイダがセットになると利用料金が安くなる

光回線とプロバイダがセットになっているサービスは、NTTが提供する光回線サービスよりも利用料金が安い傾向があります。光回線事業に多くの企業が光回線事業に参入した結果、顧客を獲得するために価格競争が起きたからです。

実際に、光回線とプロバイダを別で契約するNTTのフレッツ光と、光回線とプロバイダがセットになった光回線サービスの月額利用料金を比較したのが下記の表です。

契約形態 サービス提供事業者 月額利用料金
戸建て / 集合住宅
光回線とプロバイダが別 フレッツ光+plala 6,270円 / 4,235円~5,115円
フレッツ光+OCN 6,100円 / 3,650円~4,900円
フレッツ光+BIGLOBE 5,800円 / 3,950円~4,700円
フレッツ光+Yahoo!BB 5,700円 / 3,350円
フレッツ光+So-net 5,700円 / 3,950円
光回線とプロバイダがセット ソフトバンク光 5,200円 / 3,800円
ドコモ光 5,200円 / 4,000円
auひかり 5,200円 / 3,800円
ビッグローブ光 5,180円 / 4,080円
OCN光 5,100円 / 3,600円
ぷらら光 4,800円 / 3,600円
NURO光 4,743円 / 1,900円~2,500円
So-net光プラス 2,980円 / 1,980円

※東日本エリアでの利用料金
※契約期間2年間のプランで比較

フレッツ光と組み合わせたプロバイダは、利用者の多いプロバイダです。比較すると、戸建て向けのプランでは、光回線とプロバイダがセットになったサービスの方が安いことがわかります。たとえば、フレッツ光とplalaを別で契約するよりも、同じplalaが提供している「ぷらら光」を契約した方が、月額利用料金が1,480円安くなります。

一方、集合住宅では、光回線とプロバイダを別で契約した方が、セットで契約するよりも月額利用料金が安くなることがあります。しかし、光回線とセットになったプロバイダでは、スマホ料金が割引になるサービスが利用できるため、集合住宅に住んでいる人も光回線がセットになったプロバイダを選ぶことでインターネットを安く使えることがあります。

プロバイダは携帯キャリアに合わせて選ぶとスマホ料金が安くなる

光回線とプロバイダがセットになったサービスは、利用している携帯キャリアを基準に選ぶことで、利用料金をさらに抑えることができます。スマホと光回線サービスをセットにすると、スマホの利用料金が割引されるからです。

プロバイダやスマホで加入している料金プランによって異なりますが、スマホ1台につき500円から3,500円ほどが毎月割引されます。

スマホ料金の割引サービスは、契約者のスマホだけでなく、携帯キャリアが一緒であれば、家族のスマホも割引対象になります。そのため、世帯の状況によってはプロバイダを選ぶことで通信費を大幅に下げることができます。

キャンペーン特典が豊富

インターネット回線とプロバイダがセットのサービスは、契約時のキャンペーン特典が豊富なのが特徴です。プロバイダは、キャンペーン特典を充実させて契約者数を伸ばしたいからです。プロバイダのキャンペーン特典には、乗り換え時に発生する他社違約金や回線工事費などの初期費用を負担してくれるものがあります。

たとえば、携帯キャリアのドコモが提供している光コラボ「ドコモ光」では、新規入会で最大18,000円かかる工事費が0円になるキャンペーンを実施しています。

また、携帯キャリアのソフトバンクが提供している光コラボ「ソフトバンク光」では、他社回線からソフトバンク光に乗り換えた際、キャンペーンを適用することで、他社回線で発生した解約違約金などを最大10万円までキャッシュバックしてくれます。

さらに、申し込み時期によっては、プロバイダごとにキャッシュバック特典など現金がもらえるキャンペーンも実施しているため、選び方次第でインターネットがお得に利用できます。

NTT光回線を使っているので通信品質は一定

プロバイダが使用している通信回線は、全てNTTが敷設したフレッツ光回線なので、通信品質に違いはありません。ただし、プロバイダごとにインターネットに接続するための方式が違うため、利用するプロバイダによって通信速度が異なることがあります。

たとえば、一般的なプロバイダは最大通信速度が1Gbpsなのに対し、So-netが提供しているNURO光は2倍の2Gbpsです。また、プロバイダによっては、利用料金が高くなりますが、最大通信速度が5Gbpsや10Gbpsまで利用できるプランも出てきています。

そのため、利用料金よりも通信速度を重視する人は、プロバイダごとの最大通信速度を確認して、数字の大きいプランを検討するようにしましょう。

携帯キャリアごとのおすすめプロバイダ

インターネットのプロバイダは、契約しているスマホの携帯キャリアを基準にして選びましょう。プロバイダによっては、携帯キャリアとセットにすることでスマホ料金が割引になるセット割が適用されるからです。スマホ料金のセット割を利用すれば、世帯全体の通信費を抑えることができます。スマホ料金の割引が適用される光回線と携帯キャリアの組み合わせは下記の通りです。

【セット割を利用できるインターネット回線】

携帯キャリア インターネット回線 セット割の名称
softbank ・ソフトバンク光
・NURO光
おうち割
au ・auひかり
・eo光
・BBIQ
・J:com
・Pikara
・メガエッグ
・コミュファ光
・So-net光プラス
auスマートバリュー
docomo ・ドコモ光 ドコモ光セット割

携帯キャリアとの組み合わせは、複数のプロバイダに対応していることがあります。たとえば、auのスマホを利用しているユーザーであれば、セット割のauスマートバリューが適用できるプロバイダは8社から選ぶことができます。

キャリアごとに最適なインターネット回線は、「インターネット回線と携帯キャリアはセットにするとお得」の記事で解説しています。セット割を利用したい人は、記事を確認しましょう。

ソフトバンクユーザーが利用できるセット割はおうち割光セット

ソフトバンクのスマホを利用している人が、NURO光またはソフトバンク光を契約すると、「おうち割光セット」が適用されます。おうち割光セットが適用されると、ソフトバンクのスマホ料金が1台につき500円から1,000円割引されます。おうち割光セットは、ソフトバンク光の申し込み者と住所が離れていても家族と認められる書類があれば適用対象です。

さらに、おうち割光セットは、ソフトバンク光1回線につき最大10回線のスマホが対象になるため、最大で毎月10,000円のスマホ料金が割引されます。

ただし、おうち割光セットを適用するには、ソフトバンク光を契約した場合、オプションサービス「オプションパック(月額500円)」の加入が必要です。また、NURO光では、オプションサービスの「NUROひかり電話(500円)」に加入しなければ、おうち割光セットが適用されません。

そのため、おうち割光セットを適用するには、オプション料金として毎月500円の費用がかかることを覚えておきましょう。

auユーザーはauスマートバリューを適用することでスマホ料金が安くなる

auのスマホを契約している人は、auスマートバリューが適用されるプロバイダを選ぶことで、毎月のスマホ料金が安くなります。auスマートバリューが適用されると、auのスマホで契約しているプランによって、毎月500円から1,000円が月額料金から割引されます。

auスマートバリューが利用できるプロバイダは複数ありますが、どのプロバイダも「インターネット回線」と「ひかり電話」がセットになった契約プランを利用することで適用されます。

auスマートバリューは、auで契約しているスマホであれば、最大10台まで適用されます。光回線の申込者と同一性で同じ住所に住んでいる人であれば割引の対象です。また、異性であっても同じ住所に住んでいて家族割に加入している人のスマホであれば、auスマートバリューが適用されます。

auスマートバリューが適用されるプロバイダについては下記の記事を確認してください。

auひかりが対応エリア外でもスマートバリューが使える光回線4社を紹介!

ドコモユーザーがセット割を利用できるのはドコモ光だけ

ドコモのスマホ料金が安くなるのは、ドコモ光だけです。ドコモ光のセット割は、ドコモのスマホで契約しているプランによって毎月100円~3,500円が割引されます。ファミリー割引に入っている家族であれば、離れて暮らしていても最大20回線まで適用されます。

ドコモ光のセット割は、オプションやプランなどの制限はありません。ドコモ光とドコモのスマホの両方を契約していればセット割が適用されます。

なお、ドコモ光はプロバイダとセットで契約しますが、24社のプロバイダから選ぶことができる特徴があります。どのプロバイダを選んでもドコモ光セット割が適用されますが、プロバイダごとに特徴があるため、詳しく知りたい人は下記の記事を参考にしてください。

口コミの評判が良いドコモ光プロバイダに共通する3つの特徴

格安SIMなら月額利用料金が安いSo-net光プラス

格安SIMを契約している人は、So-net光プラスを利用しましょう。So-net光は、光回線サービスの中で利用料金が最安の光回線サービスだからです。格安SIMは、回線とのセット割を適用しても割引額が低い傾向があります。そのため、割引を利用せずに、月額利用料金が安いSo-net光プラスを利用することで、毎月の通信費を抑えられます。

外出先で利用したい人はWimax

外出先でインターネットを利用する機会が多い人は、固定回線ではなく、モバイルWi-Fiの利用を検討しましょう。モバイルWi-Fiの中でもおすすめなのが、Wimaxです。Wimaxは、他のモバイル回線と比較して、メリットが多いためです。

【Wimaxのメリット】

  • 無制限プランの料金が安い
  • 障害物に強いLTEの電波を利用できる

Wimaxには、他のモバイル回線にはないメリットがあります。モバイル回線を利用したい人は、「モバイルWi-fiで安くインターネットをするならWimaxがおすすめ」の記事を確認しましょう。

インターネットおすすめ光回線

 

ドコモ光

     

ドコモ携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

ソフトバンク光

     

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

                   
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

auひかり

     

au携帯電話の割引特典あり

月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら>>

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

NURO光

   

ソフトバンク携帯電話の割引特典あり

         
月額料金
キャンペーン

詳しくはこちら

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス
 

関連記事